Heightfield Crop

Node Type: Heightfield Operator

ノード説明と目的:

『Heightfield Crop』ノードは、これが付属するファイトフィールドの一部の範囲を切り取る時に使用する事が出来ます。

設定:

Crop 切り取りの有効/無効 チェック時、有効になります。以下の設定でハイトフィールドをどのように切り取るかを正確にコントロールします。
Bottom left 左下の座標 ハイトフィールドの基点(これは『Heightfield Shader』ノードの[Locate]タブで設定された基点位置("Position Left"や"Position Center"など)より、切り取る範囲の左下の座標を設定します。切り取りは、設定した右上と左下の対角線を結ぶ長方形で行います。
Top right 右上の座標 ハイトフィールドの基点より、切り取る範囲の右上の座標を設定します。
Include top right "Top right"を含む (暫定)チェック時、上の"Top right"の設定座標までを有効にします。チェックの無い場合は、"Top right"の設定座標のエッジ部分がスムージングされます。
Pad outside original 原形の外側に引き伸ばし 切り取ったハイトフィールドの基点座標を、原形の基点座標に基づいて配置します。『Heightfield Shader』ノードで、"Position Center"にしている場合、切り取ったハイトフィールドは下の画像のように配置されます。

サンプル:

ハイトフィールドの原形。
『Heightfield Shader』ノードで"Position Center(中央配置)"に設定。
Bottom left = 0,0
Top right = 500,500
Bottom left = 500,500
Top right = 1000,1000