frame_decoration

デイジーダック

名前:Daisy Duck
デビュー:『ドナルドのダンス大好き』(1940年)

概要

ドナルドダックのガールフレンド。怒りっぽいドナルドとは対象的に落ち着いた女性のダック。キュート系のミニーマウスに対し、セクシー系のキャラクターとして位置づけられている。ピンクのリボンがトレードマーク。

短編映画への出演は意外と少ないが、後のシリーズで大幅に優遇され、ディズニーの重要なキャラクターとなった。

コミック『Flip Decision』からは姪のエイプリル*メイ*ジューン*が登場。『ドナルドの日記帳』(1954年)では、デイジーの両親が登場している。

クワック・パック*』や『ドナルドダック デイジーを救え!*』などでは、TVレポーターとして活躍している。『ハウス・オブ・マウス ミッキーとディズニーのなかまたち*』では受付を担当。『ミニーのリボンショー*』では、ミニーのブティックを手伝っている。

デビューから1950年代まで

デイジーの前身にあたるキャラクター、ドンナ・ダックは『ドナルドのメキシカン・ドライブ』(1937年)にて登場。

デイジーとして登場したのは、『ドナルドのダンス大好き』(1940年)から。短編アニメーション時代にはドンナ時代を除き、11本に出演。

エピソード

ミッキーのクリスマスキャロル

エベニーザー・スクルージ(スクルージ・マクダック)の青年期のガールフレンド、イザベル役を演じる。

フェジウィッグ氏*トード氏)のもとで働いていたスクルージとダンスパーティーで出会い、恋に落ちる婚約に至る。しかし、スクルージの仕事が軌道に乗ってくると、彼はお金に固執するようになってしまう。そしてある冬の晩、イザベルはついにスクルージの元を去る。

ミッキーのクリスマスの贈りもの

第1話「ドナルドのクリスマスは大変だ!」に登場。ヒューイデューイルーイが「クリスマスがずっと続いたらいいのに」と願って眠りにつくと、なんと再び同じ朝が訪れていた。クリスマスのループが繰り返され、何が起こるかを把握した三人はいたずらを仕掛ける。いたずらがエスカレートし、めちゃめちゃになった部屋からドナルドダックデイジーダックの心温まるカードを見つけた三人は悔い改める。

次のループでは改心したヒューイ、デューイ、ルーイは良い子になり、クリスマスのループは終わりを告げた。

映画のフィナーレでは仲間たちと合唱する。

ファンタジア2000

威風堂々』に登場。

ミッキー、ドナルド、グーフィーの三銃士

フランス*のお姫様ミニーマウスの侍女を演じる。夢見がちなミニーとは対象的に現実的な性格ではあるが、彼女の世話に手を焼いており流されてしまうことも。デイジーはドナルドを恋愛対象外として見ていたが、物語を通して成長したドナルドと距離が近くなっていく。

ミッキーマウスのワンダフル・ウィンター

第3話ではスケートを楽しんでいる。

ミッキーマウスのワンダフル・スプリング

第1話では植物に扮したデイジーが仲間たちと音楽を演奏する。第2話ではハチに襲われるドナルドを見てそっとその場を去る。

ゲーム

ドナルドダック デイジーを救え!*』では、魔法使いマーロック*によって攫われてしまい、ドナルドが彼女を救い出すことがゲームの目的となる。

デイジーを操作することができるパーティーゲームは、『ディズニーのマジカルパーク』『ミッキーのポケットリゾート』『ディズニー・シンク 早押しクイズ』などがある。『ディズニースポーツ*』シリーズではメンドリたちのチームであるベルズ*のキャプテンとして登場。高いアジリティを誇る。

Kinect: ディズニーランド・アドベンチャーズ

デイジーはグリーティングキャラクターとして登場。「メインストリートUSA」と「ミッキーのトゥーンタウン・フェア」に出現する。ミニーとデイジーは、トゥーンタウンの市長選に向けたデコレーションの依頼をしてくる。また、市長選での結果発表も務める。

KH

デイジーはディズニーキャッスルの王宮魔道士ドナルドダックのガールフレンドとして登場。

キングダム ハーツ

世界の異変に気付いて旅に出た不在の王様ミッキーマウスの書き置きに従い、ドナルドダックグーフィーキーブレード使い探しの旅に送り出し、王妃ミニーマウスとともに留守を守っている。

キングダム ハーツII

王様の留守をミニーと守り続けている。1作目の冒頭以来、久しぶりに帰ってきたドナルドにデートの約束が無くなってしまったことを怒っていた。

キングダム ハーツ バース バイ スリープ

フェスティバルを実施しているディズニータウン*に登場。

テーマパーク

ミッキーマウス・レビュー」では、チェロを演奏していた。

登場作品

1930年代


1940年代


1941年
ドナルドのゲーム、ゲーム、ゲーム(カメオ出演)
ミッキーの青春手帳(カメオ出演)

1943年
ドナルドの軍隊行進(カメオ出演)





1950年代



1970年代

1971年
ミッキーマウス・レビュー ※マジック・キングダム

1980年代




1990年代









2000年代








2010年代









2020年代

2020年
ミッキーとミニーのランナウェイ・レイルウェイ ※ディズニー・ハリウッド・スタジオ
ディズニー ソーサラー・アリーナ ※2020年10月追加









最終更新:2022年09月02日 23:21