すべての報われなかったもの達が眠る場所



旧校舎(きゅうこうしゃ)

  • 登場作品:学怖,学怖S,VNV,AMC1,AMC2,学恋,学恋2,特,学恋V,追加,最終,極,ドラマCD
  • 種族:スポット
  • 関連人物:
  • 関連用語:七不思議の集会,七人目,嬰児,秘密の地下室,戦争,


概要

 鳴神学園で昔使われていた木造校舎。現在では老朽化によって取り壊し、第二体育館の建設が決定して、立ち入り禁止となっており、それをきっかけとして新聞部は「七不思議の特集」を企画した。つまりは全ての元凶といえる建造物である。

 鳴神学園の創設や成り立ちの経緯は不明であるが、戦前戦中に防空壕があったり、避難場所や死体置き場にされていたりで少なくともその頃から存在していたことは確かである。
 その影響なのかどうなのか、霊的現象やスポットもその多くが旧校舎に存在し、現在では床板が腐って落ちていたり、窓ガラスが割れていたりで物理的にも危険であるため、立ち入り禁止区域にされている。

 だが、生徒の多くは旧校舎に忍び込み、またはその怪異を突き止めることが一種のステイタスと化しているため、その冒険譚が多く登場する。しかしその裏で犠牲になる者達も数知れずであり、教師陣ですら夜の見回りをためらうようになっている。

 学怖の時系列的には無事取り壊しそのものは成功したものの、そこで大量の人骨や死体が見つかったために第二体育館の建設は延期(隠しシナリオ01)、ついでに七不思議の特集もお流れとなってしまう。
 そして二年後、改めて体育館建設が決まった折りに、新聞部部長となった坂上から一年生の新人記者、田口真由美へとこの企画が受け継がれ、またしても七不思議の怪異が始まる……はずである。(隠しシナリオ02)

アパシー・シリーズ



VNV



AMC1



AMC2



学恋



学恋2



特別編



学恋V



 「呪われた旧校舎」に登場。
 『学校であった怖い話』初のRPGと銘打たれた探索型シナリオの舞台となる。
 三階建てで各階には三つの教室と一つのトイレ、加えて二階には音楽室、三階には理科室と図書室、そして忘れてはいけない屋上と玄関、などの設備が用意されている。


ドラマCD

 Disc.1 オープニング「七不思議の集会」、Disc.6 福沢玲子「十三階段」、Disc.9 エンディング type.B「鬼ごっこ」、Disc.10 エンディング type.C「フクさん」「シミケン」に登場。



最終更新:2021年03月15日 16:03