た2


索引


只野義信(ただの よしのぶ)

  • 登場作品:極,新生2
  • 種族:人間
  • 職業:鳴神学園高校 生徒
  • 関連人物:綾小路行人《取巻》,坂上修一
  • 関連用語:
 『極』「人肉食堂」に登場。
 こちらでの名義は「男子生徒B」。
 たまたま猫の悲痛な鳴き声を聞きつけた主人公が公園を立ち寄った際、同じくガラの悪そうな「男子生徒A」と共に猫をいじめ殺そうとしていたところを目撃する。主人公の勇気ある言葉が幸いしたか、ふたりは立ち去って行った。
 だが、それは主人公にとって人生の転機となる「しゃべる猫」との出会いだったのである――。

 なお、この両名についてだが一応シルエット立ち絵は付いているものの、名前がついていないことからもわかる通り、作中での立ち位置はモブ以外の何者でもない。
 話の事の発端になっただけあり、ふたりがその場を引いた種明かしもされることもあるが、やはり特段語るようなことはない。
 展開によっては再登場することもあり、そちらで印象的な動きを見せることもあるがやはり姓名が明らかにされる機会もない。

 『新生2』「藤丸地獄変×人肉食堂」に登場。
 新展開のラストでまさかのフルネームが明らかになる。間違いなく「ただのモブ」のもじりだろうぞんざいなネーミングだが、名前であることには変わりがないため本wikiでも項目が立つに至る。

 相方の「男子学生A」が謎の忍者によって一刀のもとに斬り伏せられると捨て台詞と共に逃げていった。今度も立ち絵は元より出番だって、やはりない。
 物語上は巨魁「綾小路」の使い走りをしているだけのただのチンピラでしかない。

 『藤丸地獄変』のパロディである「後日談」でも前述の通り登場するが……。
 その人柄などがボロクソにけなされた挙句、自業自得の末路を迎えた。
 ついでに言えば、当時は「男子学生B」と呼ばれていたらしいが、いったい誰に、何のために、そんな演劇の端役みたいな名称が使われていたかは(ギャグ抜きにすれば)おそらく永遠の謎である。

 身も蓋もないことを言ってしまえば究極的にはただひたすらにどうでもいい問題である。
 ついでに言えば彼らの肩書は、シナリオ上では「男子生徒」と「男子学生」の表記が混在しているが、それこそ輪にかけて考えること自体が時間の無駄と断言せざるを得ないだろう。


多々良晴久(たたら はるひさ)

  • 登場作品:2008
  • 種族:人間
  • 職業:鳴神学園高校 三年A組
  • 関連人物:朝比奈卓也《知人》
  • 関連用語:演劇部《所属》
 『2008』1話「十三年目」に登場。
 2008年度の演劇部部長を務めている生徒。学内での悪い意味での有名人である袋田が新聞部部室に入っていったのを目撃し、近くにいた朝比奈部長に呼びかける。


ダチ

  • 登場作品:学怖S,学恋2
  • 種族:人間→幽霊
  • 職業:鳴神学園高校 生徒
  • 関連人物:新堂誠《友人》,まつげ,まゆげ《恋人》
 新堂三話「親友が残した映画のチケット」に登場。
 新堂さんの友人。本名不明。
 交通事故に遭い、時間をおいて亡くなってしまう。
 直後は大したことのない様子だったが、


 『学恋2』新堂編「まつげ」ルートに登場。



館伊織(たち いおり)

  • 登場作品:新生2
  • 種族:人間
  • 職業:鳴神学園高校 二年生
  • 関連人物:岩下明美《部活》,館久之《父》
  • 関連用語:演劇部《所属》
 『新生2』「正義のゴネシエーター」に登場。


館久之(たち ひさゆき)

  • 登場作品:新生2
  • 種族:人間
  • 職業:不明&鳴神学園高校 PTA会長
  • 関連人物:岩下明美《噂》,館伊織《娘》
 『新生2』「正義のゴネシエーター」に登場。
 上記「館伊織」さんの父親。視野が狭く、反権力の名の下に暴走しがちな保護者代表として劇中では取り上げられている。
 部のホームページに書き込まれた、部長「岩下明美」を誹謗中傷する真偽不明の荒らしコメントを鵜呑みにしてしまった。

 PTA会長を務めるだけある信任の厚さと発信力の強さが災いし、彼をはじめとした父兄は学校サイドに対して圧力をかける。
 そのため岩下さんは自発的に部を去ることにしたのだが、皮肉なことにこれは父親の下から娘が去ることと同義でもあった。
 すべては久之氏が演劇部の副部長を務める娘可愛さと心配さがあまったことと思われるが、当の娘の感情と意見を無視していたことは下記の経緯を辿れば明白である。

 ここで補足しておくと、荒らしコメントの原文は「大篭哀子」と「瓜田茄子」を筆頭とする総勢七名の「反岩下勢力」が岩下さんを吊るし上げるための材料として楽しんでいた謎の怪文書『岩下明美の実態を暴く真実のレポート』である。
 単に岩下さん個人を名指しにしてことを彼女の腹の内ひとつに収められるうちはまだよかった。
 だが、演劇部部長という学校部活動とは言え公人として、組織の責任者としての彼女に禍が及ぶとどうだろう。

 流言飛語は周囲にも飛び火し、ナンバーツーである「館伊織」さんに対するいわれのない誹謗中傷として結実してしまう。
 結果が岩下さんの代役として主演を務めるはずだった、館さんがそれを苦にして舞台上で首を吊ったという重大事件である。

 そんなわけで、父は自身の軽率な行動が回り回って娘の首を絞めるという悲喜劇の助演俳優となった。
 すると娘の首が絞まったら次は自分の番なのか、連続怪死(首吊り自殺)事件の第一号になってしまう。事件は最低でも八連続で続くのだが、彼が事件の端緒を開いたことからは、どれだけ娘が父親のことを疎んでいたかが察せられてしまうかもしれない。

 ちなみに彼の遺体の傍らにはの悲痛な訴えが書かれた遺書が置かれていたという。
 補足しておくと、館氏の死が自殺か他殺か、人為的なものか心霊的なものか、その両方かは断言されていない。プレイヤーの好きな解釈で読み解くとよいかもしれない。


立川(たちかわ)

  • 登場作品:晦
  • 種族:人間
  • 職業:小学五年生
  • 関連人物:前田良夫《友人》,小坂
  • 関連用語:わらし様
 良夫一話「実在した『わらし様』」に登場。
 前田家の近隣には本家と同じような年代物な茅葺きの家が幾つか点在しているのだが、彼の住んでいる家もそんな建物のひとつである。
 その家には「わらし様」なる謎の存在が住んでいるらしい。
 その話を聞いた良夫達の班は去年の夏のグループ研究の題材としてその妖怪?を調べることにするのだが……。

 藪を突いて蛇を出す。
 ずっと魔物の棲みかに住んでいたのになぜか犠牲になったのが立川の人間でなく同じ班の他人だったと言う展開では、了解の上で自分達を呼び込んだのでは? と危惧されることも。確かに台風の目でも無いのに張本人が被害に遭わないのは怪しい。
 しかし、良夫一話を総合すると彼が犠牲になる展開は小坂とほぼタイのため、先の言い分が必ずしも全てに適用されるとは限らない。
 通り魔的に、あっけない形で命を奪われることも。

 おそらく一番有力な結末では彼と家に棲む妖との関係が描かれる。
 立川家に伝わる業は深く、幼い彼はわらし様の私怨に抱かれ、じわりじわりと沈んでいく。それは死者に生かされた命脈が少しずつ切られていく事。

 良夫は今も彼と友達をやっている。
 死んだ後までは友人をやれそうにないから、残りは短そうだが。



立花ゆかり(たちばな ゆかり)

  • 登場作品:学怖,学怖S,ドラマCD
  • 種族:人間(ヤンデレ),悪霊
  • 職業:鳴神学園高校 生徒
  • 関連人物:岩下明美《噂》,塚原浩《恋心,復讐》,早坂桃子《取引》,田口真由美,坂上修一《犠牲者》
  • 関連用語:校門,花壇《出没》,自殺,赤い傘青い傘
 岩下四話「赤い傘青い傘」に登場。
 岩下さんの十八番である恋に忍ぶ女生徒の中でも代表格。
 おそらく「平井香苗」と並び『学怖(S)』に登場するヤンデレの中でも筆頭クラスに位置し、世の男性方には一途で真面目でも御免こうむる御人かもしれない。
 実際に岩下さんからの評価も非常に高い。そうそう、「相合傘」と言う言葉があるように恋愛や文学では傘は手放せないもの。 

 彼女、野々宮さんよろしく可愛らしいがあまり人目を引くタイプではなかったらしいが、そんな人こそ化けると怖い。
 最低男・塚原浩に恋をしてしまった彼女は、とある雨の日に意を決して彼に自分の傘を差し出したのだが、気を良くした塚原は彼女と付き合うこととなる。
 が、奴にとっては立花さんの純愛も所詮卓上に並べられた料理を摘んでいたくらいの気分だったようで、弄ばれて一週間もしない内に捨てられてしまう。
 それから彼女はけなげにも思い出に変えて生きていこうとするが、調子のいい塚原が再び関わろうとしたことが悲劇を生む。
 [……ここまでだけだとヤンデレと言うよりは、むしろ古き良き「男に都合の良い女」である気もする。
  少なくとも、この後に塚原が辿る末路は調子こいた彼の100%自業自得であり、彼をヤンデレ被害者のカテゴリに入れようとするならば、他の被害者陣から猛烈なクレームがつく事だろう。]

 彼女が差してた「赤い傘」。もう一本の「青い傘」。「赤い傘青い傘

 ――雨の日に惨劇が起こる。
 ちょっとしたいざこざから身の危険を感じた彼女は奴を持っていた「青い傘」で滅多刺しにして殺してしまう(『学怖S』では少し前に彼女が自殺していたとしても同じことが起こる分岐が存在したりする)。
 そして、彼女は罪悪感から自らの喉を傘で突いて自刃。きっと、より強い痛みに耐えれば罪も雨のように洗い流されると信じて、清水さんの呪いと同じく普通なら出来るはずのない所業に及んだ。現場に残された「青い傘」は不思議なことに赤い色で染め抜かれ「赤い傘」になっていたのだそう。そして、ひとつの恋に懲りた彼女はまたひとつの恋を求めて雨の日の校門に居着く霊になったそうである。
 さて、牙突の使い手である彼女だが、実際に傘を凶器として用いることは不可能ではない。特に作中にあるように目や喉などを狙った場合は容易く人を殺すことも出来るものである。しかし、喉を貫通するまで突くとは武士の娘のようであります。

 なお、「雨」「」などのキーワードがかの「花壇の番人」早坂桃子嬢と通じるものがあるのか「隠し02」の『学怖S』追加分岐では彼女達が提携を結んで悪事を働いている。
 花壇の前に傘を置き、いざターゲットが傘を拾うと殺意に取り憑かれ、人を殺して傘と花が生き血を啜るという仕組みである。実際、恋に敗れた田口真由美は坂上部長を殺し、その勢いで自害。二人を潤す結果になった。


 ところで、彼女の話では『学怖S』に移行するにあたり削除された分岐が存在する。
 それは「酸性雨」に当たると赤い斑点が体中に出来てしまう言う設定で展開される二種類のENDである。単純な残虐描写と言うわけでないのは他の追加分岐を見れば分かるとおり、おそらくは「病気を伝染す」と言う設定が偏見に基づくものだとしてソニーチェックに引っかかったのだろう。
 その代わりといっては何だが『学怖S』では随所に岩下トラップが仕掛けられ、ちょっと気の抜けた・気に障る答えを返すと……
⇒「そしてすべてが終わった」羽目となる。

 「傘」から受ける印象は煩雑か優雅か? きっと、この話を聞いたなら優雅な心持になれるでしょう。岩下さんは雨が好きなら傘がお嫌いのようですが、きっと立花さんは傘が好き。何たって人を飲み込む傘をお持ちになるくらいなのですから。
 [ところで立花「ゆかり」と言う名の由来は赤と青の中間色である「(ゆかり)」からかもしれない。]

 『ドラマCD』Disc.4 岩下明美「赤い傘青い傘」に登場。



 「赤い傘青い傘」のワードは『アパシー 鳴神学園霊怪記』のチラシにもしっかり記されている。夏を待ちましょう! 待ちましょう!

ダックス・フント

  • 登場作品:男怖
  • 種族:犬(ダックスフント)
  • 関連用語:狭間の部屋,お犬帝国
 『男怖』「お犬帝国」ルートに登場。



立石すみれ(たていし-)

  • 登場作品:特,学恋V
  • 種族:人間→幽霊
  • 職業:鳴神学園高校 生徒
  • 関連人物:天音瑞希,吉島春香
  • 関連用語:
 『特別編』福沢シナリオ「恋愛教」に登場。
 天音瑞希率いるいじめグループの標的にされてしまった女生徒。
にもらった鞄を大事にしており、その執着が




伊達守(だて まもる)

  • 登場作品:学怖,学怖S,学恋2
  • 種族:人間
  • 職業:鳴神学園高校 三年生
  • 関連人物:岩下明美《噂》,矢口節子《恋人》
  • 関連用語:つくも神,悪魔の電話《犠牲者》,ロミオとジュリエット《比喩》
 岩下五話「恋人達を引き裂く魔の公衆電話」に登場。
 岩下さんのクラスメート「矢口節子」と付き合っていたが二人の家は厳しく、展開によってはモンタギューとキャピュレットの両家よろしく反目しあう仲に発展してしまう。
 よって、両親の目を盗んでは頻繁な手紙や電話で愛を確かめ合う間柄だった。そして、ある日禁忌とされている「悪魔の電話」からいつもの語らいの電話をかけるのだが、それが原因で二人の仲は裂かれようとする。

 発端を作ったのは彼だが、比較的彼が被害に遭う確率は低いように思える。
 「つくも神」ルートでも彼は手首を失うだけで済むなど、比較的災厄は相方が引き受けている感がある。ついでに言うと「悪魔の電話」はターゲットを矢口さんに絞っているためである。一方で実の両親に誤って殺されてしまうなど、一方的な終わり方も存在するため、その辺りは面目躍如(?)。

 考えてみれば、岩下さんが二人の関係を例えた「ロミオとジュリエット」は周囲の環境に恋人達が翻弄される運命の物語だった。二人の末路は共に助かるなら最上。次は共に冥路を歩み、最低は彼一人が生き残る道か。
 その場合は恋人の死の真相すら知らず、自分が引き金を引いたことを知らず、彼は新しい道を歩もうとするのかも知れない。その先を矢口さんが許すかどうかは別の話になるのだが。
 どの道、残酷な話である。無知は罪ですか?

 そして、『学恋2』岩下編では岩下さんと矢口さんの出会いが夜イベント(連鎖)で描かれることになるのだが、彼はやっぱり駄目だった。無惨。


田所京平(たどころ きょうへい)

  • 登場作品:レンタル
  • 種族:人間
  • 関連人物:篠田俊郎《仕事》,田所多恵子《妻》
  • 関連用語:レンタル家族《仕事》,ワールド・レンタル・コーポレーション《所属》
 『レンタル家族』「家族写真」に登場。
 篠田俊郎



田所多恵子(たどころ たえこ)

  • 登場作品:レンタル
  • 種族:人間
  • 関連人物:篠田俊郎,田所京平《仕事,夫》
  • 関連用語:レンタル家族《仕事》
 『レンタル家族』「家族写真」に登場。



田所芳樹(たどころ よしき)

  • 登場作品:学怖,学怖S
  • 種族:人間
  • 職業:鳴神学園高校 生徒
  • 関連人物:新堂誠《噂》,川口
  • 関連用語:バスケット部《所属》,ドッペルゲンガー《犠牲者》,悪魔,髑髏,記憶喪失《取引》,第一体育館
 新堂三話「バスケット部の秘密のノート」に登場。
 今から十年くらい前にバスケット部のキャプテンを務めていた男。
 戦力強化のためにその年の新入生であった「川口」のことを陸上部に先約済みであったに関わらず激しく勧誘。その勢いは部活を放り出さんばかりで、手段と目的を取り違えるにもほどがあった。

 当然問題になり、彼はキャプテンを辞めさせられる。
 だが、歪んだ情熱は昏い感情に成り果てる。手始めとばかりに勝手な理屈で部を辞めるのはいいが、同じ部員に嫌がらせを仕掛けるとは実に最悪。
 また、妄想の中で自分だけの部活を結成(『学怖S』追加分岐)という奇行に出ることすらある。
 まったくもって自らを省みることを知らない極めて独善的な性格で、新堂さんが言うように「サイコ野郎」としか言いようのない男である。

 その極みとして(『学怖S』追加分岐)では第一体育館で恨み言を残して自殺するわ、死んだ後は男女問わずあの世に勧誘しようするわで、運動部は怪我人が続出することになった。どこまでも迷惑な奴である。
 こんな奴は大人しく『学怖』通りの結末であっさり片付けてしまった方がいいかもしれない。要は腐り果てた自分自身(ドッペルゲンガー)を目の当たりにして心臓麻痺(適当)で死んでもらうか、悪魔に頭蓋骨を抜いてもらうかのどちらかである。 

 もっとも後者の結末には少々物悲しいものを覚える。
 記憶を司る悪魔を呼ぶ儀式を行おうと思った田所は自分が嫌われているという自覚があり、今度は間違わないようやり直そうとする気概があり、志半ばで倒れた部員の霊を弔おうという優しさがあったのだから。
 命こそ失ったものの、バスケ部の面々や川口達は彼についての悪い記憶をすべて失っていたのだから一応儀式は成功と言える。
 ま、死んでは元も子もないという意見もあろうが、スポーツマンにとっては結果がすべて。それが死後の名声であっても、彼はかけがえの無いものを手に入れたのだろう。



田中(たなか)

  • 登場作品:学怖,学怖S
  • 種族:人間
  • 職業:鳴神学園高校 生徒
  • 関連人物:福沢玲子《噂》,平井香苗,美和子《恋人》
 福沢六話「真夜中の魅惑の恋愛占い」に登場。
 注:先に平井香苗の項を参照下さい⇒「平井香苗

 平井香苗の運命の相手その2。と言っても本人自体の出番はあまりない。しかも二股をかけておきながらそれをとがめられることもないようだ。単に平井香苗の未練なのか?
 平井香苗の恋路はどれを取っても正直見てて嫌になるほどのスラッシャー恋愛ばかりな気がしないでもないが、こと彼に限っては人間関係のゴタゴタに巻き込まれることはない。どの分岐でも至極平穏に暮らすことになる。
 むしろ彼が登場する分岐では平井さんの恋敵の美和子がメインである。
 しかし、男としてどうなのだろうか、それは?もしホラーの犠牲者になりたくないなら、究極的には登場しなければいい。だが、そうすると空気になってしまう……。


田中(たなか)②

  • 登場作品:新生2
  • 種族:人間
  • 職業:鳴神学園高校 三年生
  • 関連人物:日野貞夫《噂》,新堂誠,吉川,松原
 『新生2』「赤い靴下」に登場。
 心霊スポット「四丁目の廃倉庫」に度胸試しや箔付けのために深夜訪れた四人の生徒の一人。
 中でも田中は「吉川」と並ぶ言い出しっぺだったようだ。

 そんな田中が体験した霊障は「足音を聞いた?」というもので、二番目の祟りとして原因不明の吐き気に襲われて一週間ほど快復に時間を要した。

田中眞子(たなか まこ)

  • 登場作品:特
  • 種族:人間
  • 職業:鳴神学園高校 生徒
  • 誕生日:7月20日
  • 関連人物:福沢玲子《噂》,山寺《親友,憎悪》
 『特別編』福沢シナリオ「愛と友情の狭間」に登場。
 同じクラスの山寺さんとは、平日は勿論休日も一緒に居るくらいにとても仲のいい親友。
 ホラー映画の大好きな彼女は山寺さんを何度も誘って一緒に観ていたのだが、ある日「ホラーなんて好きじゃない。もう誘わないでほしい」と言われ、喧嘩してしまう。

 向こうから仲直りを言い出したため、田中さんは言葉の上ではそれを受け入れ、一見して関係は元の鞘に戻ったと思われたものの……。

 実のところ、彼女の方もまた山寺さんの持ち出す特定の話題に辟易していた。
 一方的に仲直りと言われても、田中さんとしては腹に据えかねていた怒りと嫉妬はどうしようもなかった。
 実際のふたりの関係は破綻したままだったのである。

 そして山寺さんがトラブルに巻き込まれた際には、静観してわざと見殺しにしてしまう。
 自分から積極的に事態を引っ掻き回すような動きは見せなかったものの、最後の最後で趣味も兼ねた意趣返しと思える悪趣味な行動を取った……と言及される場合もある。
 [ちなみにその行動が伝わっている場合、彼女の行動に対する証言者は得られない。
 福沢さんの作り話か、もしくは田中さん本人が自身の体験を噂として流した、などの仮説が立てられるが真相は不明である。]

 ちなみに彼女、本編中では名字しか出ていない。
 フルネームは特典「サブキャラクターブック」に掲載された際に判明したものである。


谷川彩名(たにがわ あやな)

  • 登場作品:レンタル
ゆず


谷口美智男(たにぐち みちお)

  • 登場作品:AMC1,送り犬
  • 種族:妖怪,人間
  • 職業:会社員
  • 関連人物:仙田秋成《友人》,白井まどか
  • 関連用語:送り犬《正体》,つごもり橋
 『AMC1』『送り犬』「」ルートに登場。
 財部美穂仙田秋成と知り合った合コンに出席していた男性。
 美穂の抱いた印象は赤い眼鏡をかけたチャラ男君と言った感じで、恋愛対象としては論外らしい。しかし、性格上か役柄か美味しい目を持っていくことが多い。

 仙田さんと付き合っていく上で、彼が出たところは要注意? と言うより、美穂が彼と再び顔を合わせた時、十中八九碌な結末を迎えることが無い。別に彼が悪いわけでないのだが、仙田さんの同僚と言う立場にいることもあり、恋路がもつれた時なぜか度々顔を出すことになるためか。
 その中で本人はちゃっかりまどかとくっ付いていたりすることもあるのだからいい気なものである。ちなみに送り犬としての彼は柄の悪いチンピラタイプ。 

 そんな彼にもエリートコースを外れ、左遷される羽目にあった境遇を悲観して、つごもり橋から身を投げようとしたところを美穂に止められ、生きる希望を取り戻すと言う心温まるエピソードが存在する。調子に乗っている人からは本音が見えなくなっているのか? 善意と言う本性も然り。


谷村祐二(たにむら ゆうじ)

  • 登場作品:晦
  • 種族:人間
  • 職業:大学四年生
  • 関連人物:山崎哲夫《噂》,峰崎英二《部活》
  • 関連用語:無限ループ
 哲夫一話「不思議な登山者との遭遇」に登場。
 彼が率いる山岳部(構成は彼を含めた男三人と女二人)はとある山にアタックすることになったのだが、山頂を目前として妙な空間に迷い込んでしまう。

 彼ら、霧の中で何度も何度も同じような人達とすれ違う。
 登山者として珍しい年配の方々に、最初の頃は挨拶もそこそこに通りすがる。
 だが、それも繰り返して行くと疑念に変わり、次第に不安が巻き起こる。
 もしかしたら、あの人達は同じ人なんじゃないのか?
 それにもう山頂まで着いていい頃なのに全然その兆しは見えない!

 彼はリーダーとして決断を迫られたが、どうあがいても大変な事になる。



種田三郎(たねだ さぶろう)

  • 登場作品:特
  • 種族:人間→霊
  • 職業:旧制鳴神学園高等学校 生徒→海軍予備生徒
  • 誕生日:8月8日
  • 関連人物:荒井昭二《伝承》,三上康幸《親友》
  • 関連人物:旧校舎《出没》,戦争,骸骨
 『特別編』荒井シナリオ「戦下の友情」に登場。

 大東亜戦争末期、学友の三上康幸らと共に徴兵された旧制鳴神学園の生徒。
 徴兵されたのは本来卒業する半年前、終戦まであと一年と迫った頃であった。そして、そこで自分たちが特攻隊員として訓練されていることを知る。
 特攻に関してはその内容に多様な意見が見られるが、こと彼らに関してはまだ恵まれていたケースだろう。種田は自分の意思を持って志願することが出来た。

 親友の代わりとなったか一人決心したかの違いはあると言え、彼は決めた。
 前者の場合、流石に窮乏していた最前線と比べると軍部も鷹揚であったらしく故郷に婚約者を残し、かつ一人息子と言う三上の事情を汲んでくれたことになる。
 彼は旅立ち南の空へと去っていった。


 彼が役目を果たせたかは触れられていないか、もしくは無情にも撃ち落とされたと語られている。が、どうあっても彼は日本に戻ってくることが出来た。
 「約束の楠」と言う道標を知っていたなら老いた親友の下に誓いを果たし、そうでなければほとんど白骨化した魂であったが、自力で帰ってくる。
 後者の場合、今の終戦記念日の辺りに旧校舎に行けば、彼と会うことが出来るらしいが、まず止めておいた方がいいだろう。

 骸骨の声に、誠実な答えを返せると言うなら話は別だが。
 余談ながら彼の話にはトラップ選択肢が仕掛けられており、初見では明らかに失礼な態度を取ったために英霊の怒りを買って祟り殺される(溺死)。
 攻略本に記載されている開発中の画像を見れば、製品版では素直な選択肢から変更されていることがわかる。まず、現代人は彼らの思いを知るべきと言うことだろう。


玉井佳子(たまい よしこ)

  • 登場作品:学怖,学怖S,極
  • 種族:人間(ヤンデレ)
  • 職業:鳴神学園高校 生徒
  • 関連人物:福沢玲子《噂》,志田直子《取引,恋心》
  • 関連用語:百合,屋上
 福沢二話「血なま臭い水の謎」に登場。
 ユーザー間ではその華やかさから美男美女ばかりがクローズアップされがちであるが、ホラーを支えるためにはむしろ醜悪さの方に天秤が傾くだろう。

 彼女はそんな人間の代表格で、外見・内面共に高レベルで腐っている。
 福沢の言う外見についての寸評も散々なもの。本文から抜粋すると「牛乳瓶の底みたいな眼鏡かけてて、ぶくぶくに太ってて、顔中ニキビだらけでおまけにとっても息が臭い」と、まるでいいところがない。
 大川などの人外を差し引けば、学怖きっての○○○○である。

 そんな彼女の唯一といえるオアシスが、大の友人であった志田直子であった。

 顔の醜悪さはさておき、彼女の持つ性格もまた問題があったようだ。周囲の人間を何となくイラつかせる程度ならまだ良いが、友情を大金で買っていたと周囲にバレた途端にむしろ開き直り、退学処分すら金の力ではねのけてしまった。地獄の沙汰も何とやら。
 だがその結末は、直子を諦めきれずに貯水タンクに監禁、死体となっても固執し続けたり、蛇口から出てきたオレンジジュースにむしゃぶりついたりしている。
 容姿だけでなく性格も醜い人間には、やはり悲劇にあって欲しいという我々の願望なのだろうか……?

 『極』「SNS怪談」に登場。
 志田さんとの間に謎の交友関係を持っていた事情が、『極』内に加筆修正のうえ再掲された上記の話の派生として語られる。
 ここでは玉井さんと志田さんの印象を反転させた新解釈の下に描かれる。キーを握るのは現代のツール「SNS」、それを介することでふたりの間に巻き起こった愛憎の物語が語られる。

 なお、この話を語る前に『極』の前身である『学怖inよんはち』時代から追加されている結末のひとつについて触れておく。
 これつまり、玉井さんと志田さんは金銭などとは全く関係なく真に愛し合っており、親の反対を振り切るあまりに心中してしまうというものである。実のところ「SNS怪談」に置いて語られる二人の絡んだ感情はそれほどには単純でないのだが、ある意味ハッピーエンドとして心の隅に置いておくと話を理解する助けとなってよいかもしれない。



田村一義(たむら かずよし)

  • 登場作品:レンタル
  • 種族:人間
  • 関連人物:田村恵子《妻》,田村朋恵《娘》
 『レンタル家族』「帰る場所」に登場。
 原口瑞希(田村裕子)が赴任してきた田村家の主で恵子の夫。
 ちなみに田村家はまだ子どものいない家庭と言う事もあったが、「レンタル家族」を長期契約するなど家計に問題なくむしろ裕福と思わせる描写がいくつか存在する。

 ただしお互いの就業時間の関係上(夜間就業の出来ない児童と定時に帰らないサラリーマン)瑞希と顔を合わせることは少なく、ゲーム中での露出度も実際控えめであった。
 年頃の子どもにとって母に比べると父の割合はそう大きくない。
 貢献はしているのだが、隠れて見えない部分が大きく挽回の機会も乏しい。

 そのため作中では悪い印象ばかりが目立つことになってしまう。
 妻によからぬ入れ知恵をしたり、育児のストレスをぶつけられた苛立ちとは言え、家庭を顧みない男にはありがちな台詞を吐いてしまったりと実に散々である。
 妻が母として一歩進めた以上、彼も父としての役割に期待したいところだが、さて。 


田村恵子(たむら けいこ)

  • 登場作品:レンタル
  • 種族:人間
  • 関連人物:田村瑞希,原口瑞希,田村朋恵,田村皐月《娘》,田村一義《夫》,猫ばばあ
  • 関連用語:レンタル家族《依頼》
 『レンタル家族』「帰る場所」に登場。
 原口瑞希(田村裕子)が赴任してきた田村家の奥さん。

 住み込みでない瑞希にとっての仕事相手と言えば、なかなか帰ってこない夫一義でなくこの人に当たる。




田村瑞希(たむら みずき)

  • 種族:人間
  • 職業:小学生
  • 関連人物:原口瑞希《?》,田村正行《父》,田村恵子《母》,田村皐月《妹》,相田純平《幼馴染》,高岡優輝《友人》,猫ばばあ
  • 関連用語:猫ばばあ,トラック
 メロンブックスおまけシナリオ「猫ばばあ」の主人公。
 注:先に原口瑞希の項を参照ください⇒「原口瑞希

 『レンタル家族』本編における原口瑞希の原型と思しく、立ち絵も共有している。
 ただし性格はかなり異なり、同級生の高岡のことも尻に敷くほど、ちょっとキツい。ひょっとすれば我侭とも取れる女の子として描かれている。
 それはと言うもの、親の顔も知らない境遇で育った方の瑞希とは違い、こちらは親が揃っている他に小さい妹までいるのに、その妹のせいで母が構ってくれないからという理由で大絶賛反抗期中の身であるため。

 素直になれない辺りはどうにもこうにもツンデレである。
 そう言えば製品版のおまけ要素に「キャラクター表情集」があったが、原口瑞希に表情「ツンデレ」があったのに違和感を覚えた方も多いのではないか?
 あっちの彼女が「ツン」を見せるシーンはなかった上、そもそもデレがどうとか言うキャラでもなかった。反面、こちらは年相応の幼さを見せつつもどっか似たもの同士な猫ばばあと一緒にちょっと素直になっていたりする。

田村皐月(たむら さつき)

  • 種族:人間
  • 年齢:2歳
  • 職業:幼児
  • 関連人物:田村恵子《母》,田村瑞希《姉》
  • 関連用語:トラック
 メロンブックスおまけシナリオ「猫ばばあ」に登場。
 髪の色が同じことから本編の田村朋恵と互換する関係と思われる。
 もしかしたら、本編でも少し成長した朋恵と言うことで彼女のグラフィックが使用されていた可能性があったのかもしれない。娘は二歳

 嫌われていることを知る由もなく、実姉の瑞希を「ねーやん」と呼んで慕っている。見ての通りの小さい子で、まだ幼児言葉が抜けていないぐらいなのだが……。




情報提供・文章の補足、編集方針の動議その他諸々歓迎します。
もし興味を召されたなら下のコメント欄に書き込みなどされると嬉しいです。

名前:
コメント:


最終更新:2021年03月23日 10:30