索引


妖怪(ようかい)

  • 登場作品:学怖,学怖S,四八,AMC1,AMC2,送り犬,特,
  • 種族:カテゴリ
  • 関連人物:逆さ女,妖怪ベロリ,しりとり小僧
  • 関連用語:都市伝説,すねこすり,ぬらりひょん,座敷童子,モノノケ様,送り犬,通り悪魔,
 日本に古来から伝わる超自然的存在。
 似た概念である「幽霊」は死後の存在であるが、かと言って類似した存在である妖怪が生きている生物かと言えば、単にそういった枠組みでくくることは出来ない広範なカテゴライズとされる。現代の未確認生物を妖怪の範疇で捉えると言う見方も存在するが、果たして……?

 その真の姿とは古代から連綿と繋がる人にとって形に出来ない畏れに人格や姿を与え、実体化させたものと言える。無論、これはひとつの定義に過ぎない。種々の異論ありきにせよ。
 故に、そこに肉体の有無もしくは架空・実在の差異はさして関係の無いことである。

 たとえば一般的に大妖としてイメージされる「鬼」。
 これの成立過程を取ったとしても一言で説明するのは難しい。
 最初期の中国から伝わった「鬼(キ)」と言う概念は「死者の魂」を意味し、この時点で日本人が抱く剛人としてのイメージと大きく乖離している。
 一応「幽鬼」と言う言葉は存在するが、中国語の「日本鬼子(リーベングイス)」と言う罵倒語が当の日本人にはさして効果がなく、挙句の果てには萌えキャラにされてしまったことなどからわかるように、むしろ妖は現代では親しまれ愛でられる対象となっている。

 また山や海に住んで神の様な力や知恵を持ったものもおり、妖怪を単なる怪物と捉えるには難しくしている。
 妖怪を神の零落したものと解釈したのは柳田國男であり、現在では否定する声も大きいものの「一つ目」を軸にした説明は現代でも広く受け入れられている。

 どちらにせよ大抵は人間に危害を加え、その肉を食らったりしているが、その行動には何らかの法則があり、それを守れば退けることも可能である。
 中にはあまり害を及ぼさないかわいらしいものもあるが、それすらも油断すればなんらかの手段で命を奪ってくるので要注意である。


現代妖怪(げんだいようかい)

 現代妖怪とは比較的最近、近代から現代にかけて生み出された妖怪。
 戦前では「怪人赤マント」、戦後は「口裂け女」や「人面犬」などがその代表格である。

 そのバリエーションは彼らを培養する都市伝説の隆盛に合わせ、非常に豊富だが、人間もしくは「幽霊(悪霊)」に起因する妖怪が多く、わかりやすい異形としての妖怪があまり見られないのが特徴として挙げられるだろう。
 下手を打てば単なる変質者や異常者として扱われるほど、人間の特徴を色濃く残している。

 現代の病理に即したと言うべきか「通り魔」的な行動パターンを持つ妖怪も多く、四肢の一部に欠損が見られ、同時に四肢を奪ってくるというのもよく聞く特徴の一つである。
 都市伝説全般に言えることだが、偏見や差別意識が生み出した恐怖は色濃い。

 また、姿を持たない存在や噂が錯綜していて詳しいビジュアルが伝わっていない怪異も意外と数多い。
 「メリーさんの電話」や「赤い紙青い紙」を代表格とする電話/声を介した怪異や姿がはっきりしないことがキーになっている「くねくね」などが挙げられる。
 怪談文化華やかしき江戸時代においてはいわゆる妖怪画、現代において多様な漫画が妖怪のキャラを成立させてきた中でこれは異例の事態と言える。


洋館(ようかん)

  • 登場作品:晦,四八,秘密
  • 種族:スポット
  • 関連人物:真田泰明,藤村正美《噂》,中山,恭介,更紗
  • 関連用語:黒バラの城
 欧米圏との通商貿易に際してやってきた外国人が現地日本に居住するため建築された西洋風の建物。
 長崎や神戸などの居留地に集中しており、観光名所として今もなお人々の目を楽しませている。
 または触発された日本人によって西洋の様式を模して建てられた建物「擬洋風建築」等を加えての総称を指す。主としてゴシック様式であり塔型建築、玄関先に張り出した「車寄せ(エントランス)」などの特徴を踏襲しつつ日本建築の要素も採り入れられている。

 日本家屋を中心とする当時の日本の街並みからことさらに目立つこれら建築物を区別するために「洋館(西洋館)」という呼称が発生し、用いられるようになったとされる。
 戦後に入ってからも全体としては少数にとどまるものの、擬古風な洋館風の新築が注文されないこともないなどと……、日本人の舶来への信奉やレトロ・アンティーク趣味は根強いものといえるだろう。

 また、従来の開放的な日本家屋と比べ、密閉性が強く城塞を思わせる重厚な印象や明治~昭和初期まで華族や財閥等のハイソサエティ―な富裕層が居住していたことによって生まれる歴史(なイメージ)の裏付けも見逃せない。
 そのため一見すると華やかではあるのが内部では前時代的な因習や一族間のいざこざが渦巻いており、なんらかのきっかけを経て発火点を迎えて連続殺人事件が発生し――そしてだいたい最後には炎上する。などという創作ジャンルにおける風聞も色濃い。

 そちらでは戦前からの「探偵小説」や作家「綾辻行人」が『十角館の殺人』を端緒にして主導する「館シリーズ」などの――新本格推理/ミステリ小説から派生した、ある種のお約束を軸とした(擬)古典、もっと狭く言えば館ものミステリが挙げられる。

 そういったわけでシリーズでは探索型アドベンチャーとして「洋館」の内部を探っていく……。
 もしくは館に住まう住人たちの思惑を探っていくなどのシチュエーションに何度か恵まれている。下手を打たずとも百年以上前の、日本とは異なる文化圏の住人が持ち込んだ現代日本ではめったにお目にかかれない物品は探索に彩りを添えてくれるだろう。

 『晦』泰明六話、正美一話、正美五話、隠しシナリオに登場。
 元々題材が広くばらけている『晦』だが、舶来品にまつわる話など海外からやってきた「怖い(不思議な)話」もいくつかみられる。日本から離れずに海外の風物を存分に楽しめ、また歴史が生み出す恐怖を味わえる「洋館」もその好例である。

 テレビマンとして亡き大作家の因業を詰め込んだ空き家を訪れた「真田泰明」と。 
 富裕層の看護をする機会があり、仕事の関係から看護人の住居である洋館に招かれた「藤村正美」からそれらの話が聞ける。

 泰明六話「洋館に宿った尾岳冬良の魂」。


 (執筆者募集中) 


 正美一話「不思議な人物・中山さん
 初めて正美さんが入院患者「中山」さんに出会った時、不思議な光景を幻視する。
 それは「花が咲き乱れる丘と、その上に建っている古い洋館。遠くには、青く光る山脈」というものだった。

 ただ、この映像を見た一幕が伏線として機能するのは後述の隠しシナリオに派生する展開に限られている。

 正美五話「恭介と更紗の住む家


 (執筆者募集中) 


 隠しシナリオ「「遠い追憶の日」


 (執筆者募集中) 


 『四八』長崎シナリオ「信愛」に登場。


 (執筆者募集中) 



予言(よげん)

予知(よち)

  • 登場作品:学怖,晦,学怖S,極
  • 関連人物:ヒナキちゃん
  • 関連用語:死神鉛筆
 「予知」とは未来のできごとをあらかじめ起こるまでに知ること、もしくはその能力。予見とも。
 中でも予言ははっきりとした形で言葉に出して言うことを指す。そのため、言葉そのものに力があるという言霊思想と結びつき、予言をしたために未来の方がねじ曲げられるという形で悲劇を演出する道具として創作上用いられることが多い。

 自称予言者は星の数だけ存在するが、その真偽を実際に起こるまで本当の意味で図ることは難しい。
 仮に本物の予言者であっても情報のあふれかえる現代、カッサンドラの二の舞を演じてしまうことはままありそうである。

 未来を知る技術としては「占い」が存在するが、そちらはカードやカップの染みなどから読み取った漠然としたイメージを未来に向けたメッセージとして解釈する。
 もしくは心理的技巧を駆使して他者を誘導ための技術というもので、予知や予言とは微妙に分野が異なるといえるだろう。

 神から託宣を受け、その言葉を預かる「預言」とは微妙に用法が異なる。


 (執筆者募集中) 


 荒井四話、風間四話、福沢六話に登場。


 (執筆者募集中) 




 (執筆者募集中) 


 風間四話「風間のインチキ降霊術」。


 (執筆者募集中) 


 福沢六話「真夜中の魅惑の恋愛占い」。


 (執筆者募集中) 



寄姫転生(よりひめてんせい)

  • 種族:同人誌
  • 関連人物:
  • 関連用語:


 (執筆者募集中) 



夜イベント(よる-)

 「学恋」シリーズに実装されているシステム。
 平日のコマンド終了後にランダムで挿入されるイベントである。
 大まかな流れとして夜、自宅にいる主人公の所に怪奇現象が起こるか、何らかの訪問者(主に語り部達)がやってくる、もしくはその両方というもの。
 内容は多種多様で一つのゲームを取っても軽く見積もって百を越える。

 主人公に襲いかかる怪奇現象は前フリがあったりなかったりと実に様々だが、理不尽かつ横暴と言う点で共通している。刺されたり、喰われたり、場合によっては殺されてしまったり、などと言った惨劇もけして珍しくない。
 ただし、その多くは「夢オチ」で処理される。
 そのため本編とは関係ないところでのバッドエンドとして扱われることはない。主人公は何事も無かったかのように起床して新たな一日に臨むのであった。

 また、主人公によっては遭遇する夜イベントの傾向には差が出る。
 メンタリティが普通人に近い坂上・倉田・新堂・あなたには怪異襲来系のイベントが多く、深夜番組を楽しむなど普段の生活はとっても普通である。
 まぁ、その中でも倉田はかなり異彩を放っているが……。
 反面、存在自体が理不尽な風間・岩下は単純に被害に遭うことはなく、訪問者系のイベントが多いことが挙げられる。


 一応「ランダム分岐」の一種ではある。
 が、実際は特定の発生条件を持っており、本編で特定の人物と会っておかないと夜イベントにも登場しない等と、直前までの本編進捗度にも左右される。
 また、単独でなく連続のストーリーを持つイベントも存在するため、自力で全てを見ることが難しいもの(特に『学恋』)も存在した。

 制作サイドも全てを見せるような仕組みにはしていない旨を語っている。
 ただし、一応要望に答える形か『学恋2』では全ての夜イベントを見ることが出来るオマケ「夜イベントビューアー」を条件は厳しいにせよ追加、『学恋V』では連続イベントを見るための条件が緩和されている。


 本編とあまり関係ないオマケとしての要素が強い分、どんなに唐突な状況であっても珍しい(もしくは既に退場した)キャラを登場させることが出来、各々のキャラの交流を補完することも出来る。また、意外な裏設定を知ることも。
 もちろん唐突に出たり出なかったりする怪奇のドッキリを愉しむも良し。
 本編と切り離すことによって「ランダム分岐」の本来の目的である何が飛び出してくるかわからないビックリ箱的楽しみを実現させたシステムと言える。 


夜の科学界(よるのかがくかい)

  • 登場作品:小学怖,新生
  • 種族:組織
  • 関連人物:松戸博士,当摩《所属》,松岡奏次郎《噂》
 さまざまな分野に渡って有望な研究を行っている科学者たちの集い。
 国や企業との関係はなく、あくまで個人研究者の集団でありフリーターも在籍しているようだ。

 一般での知名度はほとんどないようだが、最年少会員である「松戸博士」はここに属していることを誇りに思っており有意な交流を楽しめているということから、会員のレベルは高いことが察せられる。
 ただし現状の作中での描写範囲では互助団体としての側面は不明である。

 その一方で松戸くんはここのコネクションから科学界の現状や一般層での知名度の低い危険人物などの情報を引き出しており、情報源として捉えるならばその精度はかなり高いようである。

 『小学怖』月曜日「全自動安全運転システム」に登場。
 人工知能を研究する「当摩」氏


 (執筆者募集中) 


 『新生』「危険な転校生」に登場。


 (執筆者募集中) 




情報提供・文章の補足、編集方針の動議その他諸々歓迎します。
もし興味を召されたなら下のコメント欄に書き込みなどされると嬉しいです。

名前:
コメント:


最終更新:2022年06月11日 15:16