索引


前田一族(まえだいちぞく)

 前田葉子をはじめとする前田家の血縁者からなる一族。
 本家は昔ながらの藁葺屋根の屋敷で、いわゆる旧家である。一族の規模や周辺地域との関わりについてはあまり語られないため、詳しくは不明。

 前田和子は本家長男の嫁であり、良夫は本家の後継ぎである。
 作中で明かされる設定などを照合すると、泰明は良夫の父の姉か妹の子供、葉子の父は良夫の父の弟の子供である。和子は高齢出産で良夫を授かっており、婚期が遅かったのか、なかなか子供を授からなかったのかは不明。

 隠しシナリオのみ語られる鈴木由香里の祖父は、和子いわく「後継ぎになれなかった」男子、とされており、本家に近い人間だったと思われる。葉子らの祖父の兄弟か、あるいは従兄弟辺りと推測される。
 正美と哲夫に関しては直接的な血縁関係は不明。和弘に関しては展開によってはいくつかのパターンに分かれる。

 前田一族には「おふるど様」と呼ばれる神に生贄を捧げ一族の繁栄をもたらす、という作品のイメージを一変させる展開が存在する。ともすればネタ的な展開の一つに思えるが、由香里のシナリオから派生する形で和子と良夫の二人に同様の設定の隠しシナリオが発生する。それまでの和やかな空気が一転し、由香里と和子・良夫の対立からはじまり、一族全体に関する闇が明かされる。ある意味裏メインシナリオとも言えるほどの重厚感がある。

 名前が固定しているOPを除き、主人公の苗字を変更すると一族の名称も変わる。素直にデフォルトのままでいくか、自分の苗字、あるいは「坂上」や「風間」といった姉妹作と関係する苗字にするも良し。泰明や由香里などと同じ名字にすると一族の血縁関係などを若干操作している感もあり、人によってはなかなか楽しめる設定である。


魔王少女☆あけみん(まおうしょうじょあけみん)

 初出はTwitter企画『殺人クラブジャック』。
 七転び八転がりのTwitterアカウント運営を「殺人クラブ」のメンバーが一人ずつ交代で担当し、その三人目として登場した。

 『秘密』に登場。


凶夢(マガユメ)

  • 登場作品:探偵局
  • 種族:ゲーム? 都市伝説?
  • 関連用語:都市伝説探偵局
 『凶夢』とは飯島多紀哉が提唱する「アパシー・シリーズ」の一環を形成するタイトル(プロット)の一つである。「応援本」においてはじめて存在が確認された。
 また、『AMC1』攻略本において、各作品の主人公がフル出演する作品であり、『(新・晦)庚申講の夜に』、『アパシー最凶作 凶夢』(おそらくは応援本と同一の作品であろう)共に日丸屋秀和に原画を依頼することがアドリブではあるが明らかとなっている。
 構想上では救われないシナリオしかないらしい。

 同時にアパシー作中世界では最悪の部類に入る都市伝説の名称であるらしい。
 作品の性質は飯島氏の口から後に断片的に語られたが、端的に言えば「死病のように次々と感染していき見たものを殺していく悪夢」というもの。第一犠牲者は「日野貞夫」であり、下手を打てば鳴神学園壊滅に至るまで事態が悪化するらしい。
 『探偵局』で触れられたところでは「殺人クラブ」や「七不思議の集会」と並び、禁忌となる都市伝説であるらしい。作中では詳細が語られることもなく、前述の特徴を合わせ、「探偵局」シリーズのメインストリームに組み込まれることはないものと考えられる。 

 現在の日丸屋氏の多忙や一応のゴール地点を『完全版』と考えている公式サイド(ファンサイド)の風潮を考えると、遠大な試みになり、このゲームが実体化する日は遠く思える。されど、悪夢は泡沫のように弾けさせる方が良いのかも……? 
 ましてや、凶夢は……。


呪いマンシール(まじな-)

  • 登場作品:特


魔女(まじょ)

  • 登場作品:学怖,晦,学怖S,四八,特,学恋V,小学怖
  • 種族:カテゴリ
  • 関連人物:岩下明美《比喩》,飴玉ばあさん,園部茜,黒井きらら,中山真美華,藤森美沙
  • 関連用語:悪魔,黒魔術,黒魔術研究会
 魔女とは悪魔と交わり魔力を得た女性、もしくは魔女術(ウィッチクラフト)を修めた呪術者。
 対義語は「聖女」、ひょっとしたら「仙女」かもしれない。
 後者はグリム童話などに登場する善き女魔法使いの訳語である。

 必ずしも悪魔が関わるわけでなく、邪悪な存在と言い切れる職業ではないのだが、いずれにせよ両者は混同されることが多い。門外漢からすると「魔女狩り」で一緒くたにしてかられる存在と偏見の目で見てしまう。

 どちらにせよ怒らせるのは危険であることに変わりはなく、シリーズ内では多かれ少なかれ魔術的な要素が関わる女性に対し、畏怖もしくは罵倒の意味を込め、この呼称が使われることも多い。

 立花ゆかりのような報われない女の子を守る魔女と自称した岩下さんや園部茜の凶行を見て罵倒した良夫などはその一例である。彼女たちに流れる悪女的なイメージはどことなく「運命の女(ファム・ファタール)」的かも知れない。

 あと、変わったところでは黒いとんがり帽子を被った、正統派過ぎる魔女スタイルを踏襲した黒井姉妹が登場する(軽く魔法少女混じってるような……)、彼女たちの場合は職業「魔女」であると同時に種族「魔女」であるようにも見受けられる。
 こちらは児童文学やキッズ向けアニメなどにみられる魔界からやってきた異邦人的なニュアンスが強い。
 人に害をなす悪魔との縁は皆無ではないようだが、どちらかと言えば人助けをしてくれるいい人(?)たちである。

 『小学怖』シリーズに登場。
 六年六組のひとり「藤森美沙」は現実的に魔女になることを目指し、実際に呪いも学び、悪魔についても造詣が深い、そんな小学生である。



マスコミ

  • 登場作品:
  • 種族:組織
  • 関連人物:
  • 関連用語:



マネキン

  • 登場作品:特


マメダマメオ

  • 登場作品:学怖
  • 種族:セリフ(迷言)
  • 関連人物:岩下明美《迷言》,坂上修一《言わした》
 岩下四話「赤い傘青い傘」に登場。
 折り畳み傘をいつも持ち歩くマメな主人公に向けて言い放った迷言。岩下さんをはじめとした女の子の間ではとってもまめな男の子を尊敬の意味を込めてこう呼ぶらしい。
 主人公はまんざらでもないと思いきや、そんなわけもなかったようだ。
 確かにまめな子はよくモテると言いますが……。似た言葉の「便器ナメオ」君よりかはマシだと思わなければいけないのでしょうか?

 実はこのセリフ『学怖』限定だったりする。
 岩下四話「赤い傘青い傘」は倫理コードに引っかかったためか削除された展開が存在し、また全編に岩下トラップが仕掛けられた都合もあったのだろう。
 彼の雄姿を見る機会はついぞ現れなかった。ここは後継者たる「メンド・クサガリーナさん」に後進を託したと、好意的に解釈……出来ない。

 『学怖S』に移植されるに辺り、シナリオ面で大きな強化を図られ「どの分岐を選んでも同じ展開」と言うことがなくなった一方、意外な名台詞を見逃していることが多い。
 コアなファンであっても、分岐/結末以外の細かい変化は見逃すことは多いが、ここはひとつ消されたマメオ君に倣い、比較してみるのもいいのではないだろうか?


麻薬(まやく)

  • 登場作品:VNV,AMC1,,流神A,男怖,
  • 種族:アイテム
  • 関連人物:飴玉ばあさん
  • 関連用語:シャンプー



漫画研究会(まんがけんきゅうかい)

  • 登場作品:特
  • 種族:部活(公認)
  • 活動日:毎週 月~土
  • 活動場所:部活棟二階・漫画研究会
  • 関連人物:如月唯,桐谷智美《所属》
  • 関連用語:新聞部《友好》,予知
 隠しシナリオ「七人目は私」に登場。



マンドライド

  • 登場作品:特



情報提供・文章の補足、編集方針の動議その他諸々歓迎します。
もし興味を召されたなら下のコメント欄に書き込みなどされると嬉しいです。

名前:
コメント:


最終更新:2021年05月11日 00:01