ぐふっ(断末魔)

登録日:2011/09/22(木) 22:51:21
更新日:2021/06/27 Sun 19:59:34
所要時間:約 3 分で読めます





お おのれ くちおしや…
この ハーゴンさまが お前らごときに やられるとは
しかし 私をたおしても もはや 世界を 救えまい!

わが 破壊の神 シドーよ!
今 ここに いけにえを ささぐ!
ぐふっ!

「ぐふっ」とは、ドラゴンクエストシリーズにおける断末魔の一つであり、おそらくシリーズ中で最も多くのキャラクターの最期の言葉である。

グフといっても、どこぞのモビルスーツとは違う。グフとは違うのだよ、グフとは!
ただ、ザクッと斬られたヤツが「グフッ」と言って死ぬという妙な関連はある。

そもそもの発端は、プロデューサーの堀井雄二が北斗の拳のファンであり印象的な断末魔を好んでいたため、
ドラクエキャラは死に際にこの台詞を発するようになった。魔法陣グルグルでもメタネタとして使用されるぐらい定着している。

大抵のキャラはこの言葉の後、ただのしかばねと化す。

例:

「どうか……ごぶうんを……ぐふっ!」


「へんじがない ただのしかばねのようだ」
この断末魔は広く使われており、名も無き兵士から一般市民に盗賊や国王、小者なザコモンスターから上級魔族、
果ては可憐で清楚なエルフの美少女や世界を恐怖に陥れた闇の魔王まで、ジャンルを問わず様々なキャラクターに使われている。
(ただし、エルフの美少女はリメイク版でこの断末魔は無くなっている)

たった4文字で「このキャラは死にましたよ」と簡潔に伝えることができる、容量にもやさしい演出である。
たまに言ったのに死んでないこともあるが。

伝言を伝えて「ぐふっ」

倒れている所を話しかけられて「ぐふっ」

戦闘で敗れて「ぐふっ」

感動的で切なげなシーンでも死に際は「ぐふっ」

勇者に倒された大魔王が最期の高笑いの後にも「ぐふっ」


ドラクエユーザーなら誰もが見たことあるであろう断末魔。
ヘビーなユーザーになると、自キャラが倒された際に「ぐふっ」と呟いてしまうとか……。


ファイアーエムブレムシリーズでもたまに使われる。
特にトラキア776に登場したシヴァの断末魔
「なかなかやるな…ぐふっ」はよく考えるとおかしい台詞として有名。



【派生断末魔】
「ぐふっ」以外でシリーズ内でよく見られる断末魔。

◆「ぬわーーーーっっ!!」
ドラゴンクエストⅤにて、パパスが燃え尽きる寸前と燃え尽きた直後に二回発する強烈な断末魔。
詳しくはパパスの項目にて。


◆「ぎょえーーーーっっ!!」
リメイク版ドラゴンクエストⅡにて、ムーンブルク王がハーゴンの配下に殺された際に発する、場の空気ブチ壊しなトンデモ断末魔。
以降の作品でも何度か使われており、普段なら「ぐふっ」と死ぬはずがたまにテンション高いヤツがこの断末魔と共に息絶える。
グレイス王やイブール等、人間や魔物の中でも位の高い人物が発するケースが多い。
ビルダーズ2では生前のムーンブルク王が登場したが、驚くたびに「ぎょえーーーーっっ!!」と叫んでおり、口癖であることが判明した。


◆「げぐぁ~っ!!」
リメイク版Ⅴにおいて、ゲマが死に際に発する断末魔。
リメイク版では見せ場も増えて悪のカリスマ的存在としてラスボス以上の存在感を見せていたゲマだが、最期の最後でやらかしてくれた素晴らしい断末魔。
奇しくも、パパスに上記の断末魔を言わしめた本人も凄まじい断末魔と共に死ぬという皮肉な結果となった。
ちなみにこの断末魔、死んだ妻を迎えに来ていたパパスの魂にもしっかり聞かれていたりする。



どうか……、追記・修正をお願いしま……。


ぐふっ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年06月27日 19:59