ゴジラサウルス

登録日:2012/01/05(木) 23:01:35
更新日:2018/08/09 Thu 16:14:08
所要時間:約 3 分で読めます




ゴジラサウルスはコエロフィシス科に属する肉食恐竜。

今から2億2000万年前から2億9000万年前、中生代三畳紀後期頃の北アメリカに生息していた。
肋骨や歯など骨格の一部しか発見されていないが推定全長6.5mと三畳紀では最大の肉食恐竜であり、同じ科のコエロフィシスの倍程の大きさであった。


追記・修正をお願いします。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/
































   *   *
 *   + 釣りじゃないですよ。
  n ∧_∧ n
+ (ヨ(*´∀`)E)   +
  Y   Y  *





   *   *
 *   + 本当に釣りじゃないですよ……
  n ∧_∧ n
+ (ヨ(;´∀`)E)   +
  Y   Y  *





そう、これはフィクションでも特撮でもなく本当の話。間違いなく中生代に生息していた『恐竜』である。


英語ではGojirasaurus
マグロ喰ってるやつが『Godzilla』だったのに対してこっちは『Gojira


本物である



そして何よりその巨大さ、最大の肉食恐竜であるまさに恐 竜 王。いや怪 獣 王といっても過言ではないだろう。


その大きさたるや驚くなかれ、


6.5mもあったのだ!!!



……。


    あれ反応鈍くね?
  n ∧_∧ n
  (ヨ(;´∀`)E)  
  Y   Y 

6.5m。泣いても笑っても6.5m(参考値:ティラノサウルスが15m)
「おい、どこが最大の肉食恐竜だって?」という方まずは落ち着いて欲しい、いや落ち着いてくださいお願いします。

世界最大の肉食恐竜という看板にはちゃんと偽りはないのだ、こいつの生きていた頃の話だけどな。


ゴジラサウルスの生息していた『三畳紀』は恐竜が地球にはじめて姿を現した時代である。
この頃の恐竜はまだまだ小さく両生類のほうが恐竜よりもデカイなんて時代で、3mもあればデカイ恐竜という時代だったのだ。



そんな中でこのゴジラサウルスは6.5mもあったのだ。標準サイズの二倍以上こりゃデカい。

まさに世界最大の肉食恐竜だったのである。三畳紀の

因みにこのいかにもな名前についてだが
実はこれ怪獣王様に比べて後発、というか名前の元ネタ……もといパクりである……オマージュともいう


これはゴジラサウルスを発見した人が大の怪獣マニアだったから。
その大きさ故にテンションが有頂天になった、頭の中に我が世の春が来た挙げ句の命名だった。

Gojiraなのも日本の怪獣だから日本らしい発音にしたかったからである。

ちなみにその発見者ケネス・カーペンターは東京生まれで、母が日本人であり、幼少時に母と共にゴジラの映画を観たことが恐竜学の道に進む切っ掛けであった。

















最早いうまでもないが本家本元に登場したゴジラウルスとは一切合切これっぽっちも種族のつながりも関係もございません。
ラゴス島に行っても生存してないしベーリング海の孤島に行っても卵はないバース島で親子仲良く暮らしたりもしないしバース島の核分裂に巻き込まれてバーニングしたあげくメルトダウンすることもないったらないんです。


追記・修正をお願いします。















同じノリでシネミス・ガメラと命名された白亜紀前期の亀もいる。(命名者は別人である


この項目が面白かったなら……\ポチッと/