ファイター


最初から選択できる職業。
剣と盾を装備し、近接戦闘を得意とする。敵の攻撃をジャストタイミングでガードすると、敵の体を弾き飛ばす事ができる。
力が強く、重い物を持つ・敵を羽交い絞めにする・敵の拘束から素早く脱出する等が可能だ。
 サンプルモデル①    ② 

  • 装備可能武具… 〔片手剣 / 盾〕 〔鉄製などの重装具〕

ジョブ概要

基本職の一つ。剣と盾を駆使し攻撃と守りに優れた近接特化タイプ。
攻撃は敵を吹き飛ばしたり拘束しながら攻撃するなど敵を一時的に無力化するスキルを駆使しアグレッシブに近接戦闘を行うことができる。
守りは防御力の高い重装具が装備でき、攻撃や魔法を防ぐことができる盾ガードと盾を構えながら攻撃したり無敵時間のある攻撃スキルも多いため生存力が高い。
敵のヘイトを一手に担ったタンクとしても立ち回ることができる。
地上では優れている反面、空中の敵には対抗する手段がないため弓や魔法など対抗手段を持つ仲間との連携が重要になる。

盾ガードについて

盾ガード中はスタミナが回復しない。空中でも盾ガード可能。
ガードに成功するとスタミナを消費する。スタミナが0になると体勢を崩されるのでスタミナゲージに注意。
直前ガードする事で相手の体勢を崩す事が出来る。「盾弾き」習得後は直前ガードの猶予が延長されスタミナ消費が0になり反撃ダメージを与える。

スキル解説

剣スキル

  • 一閃突き (汎用スキル)
    • 敵めがけて突進し突きを放つ。ランク上昇で移動距離の延長と威力の上昇。EXは発生時に演出が追加される。
    • 左スティック入力方向へ突進する。ニュートラルだと自動的に前方の敵をホーミング。近くにいる画面外の敵にも反応。
    • 突進中に段差があっても落ちる事はない。
    • 発生が速く吹き飛ばし力が高い。適当に連発しているだけでもかなり強い。発動後の硬直は長め。
    • 弱点狙いには向かないため大型の敵にはダメージを与えにくい。
    • ポーンに装備させても安定した活躍を見せてくれる。

  • 天蓋斬り 
    • 前方斜め上を繰り返し薙ぎ払う。頭上付近へのまともな攻撃手段がないファイターにとって貴重な対空技。ボタン連打で攻撃回数が増える。1で最大6ヒット(2回攻撃3セット)、2で最大12ヒット(2回攻撃6セット)。
      • 追加攻撃は素早いボタン連打必須。左右に斬り返す2回攻撃がワンセットの動作で、その間にボタンを最低4回押していることで次が発動する仕組み。キャンセル入力発動ではないので注意。
    • スタミナ消費量は中程度。一発の威力は低いがヒット数が多く、総ダメージ量は高め。
    • 立ち止まりながら攻撃し続けるので対空技としてだけでなく竜の下に潜り込んでの心臓狙いなど打点の高い連続攻撃手段としても使える。
    • キャラクター左側にも多少の攻撃判定はあり、向きを考えて敵に密着すれば横方向へも一応は攻撃出来る。
    • 対空技ではあるが上空へのリーチが短く攻撃範囲も狭いので肝心の動き回る飛行型敵に当て難い上にそもそも届かないという場面も多い。
    • あくまでもファイターは地上接近戦のエキスパートなので対空技としての使い勝手はイマイチ。

  • 逸らし斬り 
    • バックステップ後に突進斬り。バックステップに無敵時間有り。2になると攻撃威力上昇。EXでは無敵時間の延長と、突進斬りがより強力な2段攻撃に変化する。
    • バックステップで敵の攻撃回避に成功するとスロー演出が発生して攻撃力アップ。
      • カウンター発動技と違って敵の直接的な攻撃以外でも風圧や地響きはたまたフィールドの炎などにも反応する。
    • バックステップはスティック入力方向の逆へ飛び退く。突進斬りはスティック入力方向へ正面180°まで方向転換可能。スティック入力無しなら自動補足。
    • バックステップは動作の途中から着地までにジャンプと盾ガードでキャンセル可能。スタミナ消費のタイミングは攻撃時なのでスタミナ消費無しで何度でも無敵回避動作を行える。
      • LとRボタンを押しっぱなしにすれば簡単に無敵回避動作を繰り返せる。ただしガードキャンセルした瞬間にスキがあり、無敵状態を完全に維持出来るわけではない。
      • スタミナを消費しないとは言っても動作中は回復もしないので注意。
      • 2段攻撃になるEXでは1段目の攻撃後にキャンセルポイント追加。
    • 突進してから前方を攻撃するので場合によっては敵を通り越してしまい当たらないこともある。

  • 円月斬り (汎用スキル)
    • 剣で左右に薙ぎ払う範囲攻撃。1は2ヒット。2は4ヒットし攻撃範囲アップ。
    • 発生時に無敵時間有(ダークアリズンで下方修正)。被弾中にも発動可能。
    • 吹き飛ばし効果は後方へ払う最後の一撃のみなので正面の敵には追撃可能。
    • ミスティックナイトで魔撃砲を叩くのにも使うので覚えて損はない。

  • 払い斬り (汎用スキル)
    • 回避しながら薙ぎ払う。1は後方へ、2は左右にも回避可能。
    • 発生時に無敵時間があるが攻撃範囲がかなり狭く打点も低いので当てるのが難しい。

  • 刀牙昇斬 (汎用スキル)
    • 汎用スキル。打ち上げ斬り。2になると多段ヒットし吹き飛ばし効果が強化される。
    • 一閃突きと較べてリーチと発生速度で劣るが威力と吹き飛ばし力で勝る。
    • 横方向の判定が薄く、まっすぐこちらに向かってこない相手にはスカることも多々ある。
    • 空中コンボが強いゲームではないので純粋に拘束用。ポーンが追撃してくれる事がある。
    • 吹き飛ばし力が強いことから魔法を使う敵の詠唱妨害に有効。

  • ワタえぐり
    • 剣で突き刺した敵を更にえぐり蹴り飛ばすロック技。2で拘束時間と連撃回数アップ、EXで連撃回数と連撃速度アップ。
    • ヒット中にキャンセルボタンで即蹴り飛ばしが出せる。ロック出来ない敵には蹴り飛ばしが即時発生。
    • ロックすると強制的に敵を立たせて正面から剣を突き刺した状態になる。ロック出来ない敵は立たない。
      • ロック出来る相手には必ず胴に攻撃する性質上、リザードマン系のように胴が固い敵に対してはダメージを与えにくい。
    • 連撃一回はほぼ弱攻撃と同威力。連撃部分では敵を倒せず中断されられるか、蹴り飛ばした後に倒れる。
    • EXになると蹴り飛ばしの効果がアップ。遠くへ吹き飛ばすので崖から転落させるのも簡単になる。
    • 問答無用で相手を拘束する強力な技ゆえにロック出来ない敵も多く、ロック中は無防備という欠点がある。
    • ワタえぐり中の敵に対しても攻撃可能。ポーンがワタえぐりをしていたら追撃してやったり、プレイヤーが強敵を拘束し続けてポーンに追撃してもらうというのも手。

  • 直下突き (汎用スキル)
    • 剣を両手で構えて足元に力強く突き立てる。
    • 威力はそこそこ高いがリーチがなく発生が遅く全体モーションも長め。
    • EX版になると引き抜く時に衝撃波が発生し周囲の敵をよろけさせる。
    • ワタえぐりや弐段突き(アサシン)と性質が被る。

  • 岩体術
    • 30秒間被ダメージを半減し、よろけ・吹き飛ばしを防ぐ。2になると効果時間が60秒に伸びる。
    • 約5秒の溜め動作があるので戦闘時は若干使いづらい。戦闘前に使っておくのが良い。指示をすればポーンも使ってくれる
    • ウォーリアーのアビリティ「渾身」をセットすれば溜め動作開始から即被ダメージ半減となり、約5秒の溜め動作を逆にメリットとすることができる。
    • 効果時間中に再度セットボタンを押すと効果が解除される。上書きで常に強化状態を保つということは残念ながら出来ない。
    • 自己強化なのでどんな状況でも役に立つ。一例として、
      • しがみつき中に被弾してもかなり落ちにくくなる。
      • 地響きでよろけなくなるので大型の足元でも戦いやすくなる。
      • 吹き飛ばされることで命取りになるような高低差のある地形では保険にもなる。
    • 説明文には一切怯まなくなると書いてあるが、防げない攻撃も多々あるので気を付けよう。

  • 蜂舞斬
    • 高い威力と強力な吹き飛ばし性能、長い無敵時間、巻き込んだ敵を技終了まで拘束するなどファイターを象徴したような高性能スキル。
    • 左右へ連続して周囲を薙ぎ払う。2になると威力・攻撃範囲がアップ。動作速度も速くなる。
    • 発生時にスロー演出。攻撃中は無敵。攻撃範囲が広めで引き寄せ効果もあるため全段ヒットさせやすい。
    • 被弾中も発動可能。一部の吹き飛ばされた状態からも出せる。
    • スタミナ消費が多いのが難点。低レベル時やハードモードでは連発しにくい。
      • スタミナ小回復アイテムを利用した、スキル発動(スタミナ切れ)とスタミナ回復を繰り返す戦法と相性が良い。所持重量が軽く安価で大量に持ちやすいキノコの出番。
      • またウォーリアーのアビリティ「達人」(武器スキルのスタミナ消費を25%抑える)も有効だ。
    • ポーンも使いこなすことができるがスタミナを切らせない工夫が必要となる。スタミナを切らしてしまうと、性格によっては蜂舞斬→スタミナ切れを繰り返すこともあるため注意。

盾スキル

  • シールドバッシュ
    • 盾を使った連続攻撃。1で3回。2で5回まで追加攻撃を出せる。
    • 最後の一撃で小型の敵を吹き飛ばす。
    • 黒呪装備の付加効果「盾、魔道盾の威力が増加する」を得ることができれば、強力な打撃攻撃と化す。

  • シールドアタック (汎用スキル)
    • 盾で殴りつけてよろけさせる。
    • リーチが短く攻撃力は低いが、ガード崩し効果がありよろけ力が高く攻撃の起点に優秀。
    • ガード頻度の高いリザードマン系に特に有効。何気に厄介なオーガ系の縮こまりガードにも有効。
    • 動作が遅いので高速で移動中の敵に当てるのは難しい。
    • 大型の敵でも連打すればよろけ、2になると動作中も盾ガード状態になるので積極的に使っていける。

  • 盾惹き (汎用スキル)
    • 盾を叩いて敵の注意を惹く。2になると挑発モーション追加、ウォリアーの「獣惹き」と同程度の効果範囲になる。
    • スタミナを消費しない優秀なヘイトコントロールスキル。盾役として運用したい時は必須。
    • 2の挑発部分は盾ガードでキャンセル可能。アサシンなら発動即構え直しで効果を残してキャンセル可能。
    • ポーンに装備させる場合は性格とパーティ構成を考える必要がある。性格によっては盾惹きで注意を引いた後に、後衛がいるところまでモンスターを連れて来てしまうことがある。
    • 第一・第二優先から「覚者の安全を~」「安全を優先して~」を外しておくと安定しやすい。

  • センチュリオンスパイク
    • 盾を構えたまま連続突きを繰り出す。1で5回、2で10回、EXで15回までボタン連打で攻撃回数を増やせる。また、2で攻撃速度上昇、EXでさらに攻撃速度上昇。
    • スタミナ消費量がとても少なくピンポイント連続攻撃によるダメージ効率が非常に優秀なスキル。
    • リーチが短いのが欠点。
    • 攻撃中は盾ガードが発動。正面からの物理・魔法攻撃を防ぎつつ攻撃出来る。また、装備中の盾性能に関わらずガードを崩されない。
    • 盾ガードするとスタミナを消費するので注意。強力な攻撃を連続で受けようものならあっという間にスタミナを減らされてしまう。
    • 聖属性を付けて強心剤を飲んで密着から連打すれば大抵の敵を完封出来る。
    • EXになると凄まじい瞬間火力が出せるようになる。
    • 盾スキルだが剣で攻撃するためダメージや属性などはメイン武器(右手)依存。素手攻撃ダメージアップの指輪が追加されたDA版では、剣を装備せずにこれで殴るという荒業も。
    • ポーンでこのスキルを使う場合、火力と安定性を天秤に掛けることになる。
      • 敵の側で連続突きを決めることができれば圧倒的な火力を出すことができる。
      • 反面、スキルの性質上ガードを伴う攻撃のため敵の強力な攻撃を盾ガードしてしまいスタミナ口渇に陥ってしまうことが多い。
      • また一部の敵では上手く扱うことができず、一打だけ攻撃しスキルを再度繰り返し使う行動も見受けられるためスタミナ消費に見合ったダメージを出すことができないことがある。
      • タンクをさせる場合はセットしないという選択も有効だ。

  • 空舞の盾 (汎用スキル)
    • 盾で味方一人を空中へ放り上げる補助スキル。1で約6m、2で約10m放り上げる。
    • ポーンはドラゴンなどの大型モンスターの側によると掛声し放り上げる準備をすることがある。

  • マーズソウル
    • 全方位からの多くの攻撃に耐える防御の構え。2になるとスタミナ消費量軽減。
    • 盾ガードの上位版。構え中は移動が出来なくなりスタミナを消費する。
    • 構えは移動以外の行動で好きなタイミングでキャンセル出来る。
    • 掴みや風圧は防げない。(ドラゴン系の掴みはガードできるのを確認)※要検証
    • ポーンはほぼ全ての攻撃に当スキルを使用してしまうためスタミナ口渇に陥りやすい。

アビリティ

  • 筋力(解放JR5)
所持重量を20.0上昇させ、Very Lightのゲージ幅が増える。
レベルでは所持重量は増加せず、体格が小さいと装備品だけで移動が遅くなるのでどんな職でも重要になる。

  • 猛攻(解放JR8)
攻撃力を10%増す。ウォリアーの「奮迅」(攻撃力を20%増す)の効果と累積する。


ステータス成長率

ステータス成長は、HP・物理攻撃力・物理防御力が伸び、物理防御力の伸びは全ジョブの中で最高値。
LV100を超えてからもHPと物理防御力は高い成長率を誇る。
成長にファイターを経由させると死亡しにくくなり生存力が上がる。

  • レベル 2~10
HP ST 物攻 魔攻 物防 魔防
ファイター 30 20 4 2 3 2

  • レベル 11~100
HP ST 物攻 魔攻 物防 魔防
ファイター 37 15 4 2 4 1

  • レベル 101~200
HP ST 物攻 魔攻 物防 魔防
ファイター 15 5 1 - 3 -



片手剣スキル

名称 解放JR 必要JP 詳細
一閃突き 1 初期 敵に向かってダッシュした後、鋭い突きを放つ。小型の敵であれば吹き飛ばす事が可能。
一閃突き2 3 600 一閃突きの上位版。移動距離が延長される。
一閃突きEX     移動距離がさらに延長され、突進速度も上昇する。「片手剣極意の指輪」が必要。
天蓋斬り 1 250 真上に向かって剣を振る。空を飛ぶ敵や高い位置にある部位など、通常では届きにくい場合に有効。
天蓋斬り2 4 1300 天蓋斬りの上位版。連続斬りの回数上限が増加。
逸らし斬り 4 1300 一度後方へ身を引いた後、敵に斬りかかる。攻撃を避けつつ即座に攻撃を始められる。
逸らし斬り2 6 1800 逸らし斬りの上級版。敵の攻撃を回避した後の攻撃力増加
逸らし斬りEX     回避後の斬撃が2段攻撃に変わり、さらに高威力の反撃を狙える。「戦士極意の指輪」が必要。
円月斬り 5 1400 体を捻り円弧状に剣先を一回転させる。攻撃を受けている時にも発動可能で、緊急脱出手段としても使える。
円月斬り2 7 2000 円月斬りの上級版。多段ヒットに変化、攻撃範囲増加
払い斬り 1 200 薙ぎ払いを繰り出しながら避けつつ後退する。
払い斬り2 4 1000 薙ぎ払いを繰り出しながら避けつつ後退する。左右に方向転換可能に
刀牙昇斬 2 400 敵に武器を突き刺し、上方へ切り上げる技。小型の敵であれば浮かせる事ができる。
刀牙昇斬2 6 1600 刀牙昇斬上位版。より重い敵を打ち上げられる。斬り上げ時に多段ヒットする。
ワタえぐり 3 300 敵の体に剣を突き刺してその場に拘束しつつ連撃を加える。動きの素早い敵にも大ダメージを狙える。
ワタえぐり2 6 1800 ワタえぐりの上位版。長時間拘束、攻撃回数増加
ワタえぐりEX     連撃回数上限がさらに拡張され、連撃中の攻撃速度も上昇する。「戦士極意の指輪」が必要。
直下突き 5 1400 -
直下突き2 7 2000 直下突きの上位版。刺してから抜く2段攻撃に変化。攻撃力が増加し、効果範囲が拡大される。
直下突きEX     抜く動作の攻撃に多段ヒット性能が付き、さらに攻撃力が増加される。「片手剣極意の指輪」が必要。
岩体術 6 2000 気合を溜めこみ、耐性強化状態となる。一定時間、攻撃を受けても一切怯まなくなる。受けるダメージ量も軽減。
岩体術2 8 4000 岩体術の上位版。効果時間延長。
蜂舞斬 9 5000 高速・高威力の連撃を広範囲に繰り出す。被攻撃時にも発動可能。スタミナの消費が激しいため要注意。
蜂舞斬2 9 7500 蜂舞斬の上位版

盾スキル

名称 解放JR 必要JP 詳細
シールドバッシュ 1 250 盾で素早く敵を殴る。3回まで連続して出せ、3発目のヒットは小型の敵を吹き飛ばせる。
シールドバッシュ2 4 1300 シールドバッシュの上級版。攻撃回数が増加する。
シールドアタック 1 200 力を溜めた後、盾で豪快に敵を殴りつける。怯ませる効果があり攻撃の起点として優秀。
シールドアタック2 4 1000 力を溜める動作が短くなり、さらに動作中はガード効果発生。
シールドアタックEX 敵の態勢を崩す性能が強化される。「盾極意の指輪」が必要。
盾惹き - - 敵の注意を自分に引きつけるスキル。ポーンが敵に囲まれた時や、敵をまとめて攻撃したいときに重宝する。
盾惹き2 3 600 敵を引きつける効果の範囲が拡大
センチュリオンスパイク 3 800 防御体勢のまま剣で連続突きを繰り出す。攻防一体の便利な技だが後方は無防備なので注意。
センチュリオンスパイク2 6 1800 -
センチュリオンスパイクEX     連撃可能回数が増加し、攻撃速度も上昇する。「戦士極意の指輪」が必要。
空舞の盾 2 400 盾を踏み台として構えて仲間を空中へ放り上げる補助技。壁越えや高所への攻撃など使用用途は幅広い。
空舞の盾2 6 1600 空舞の盾の上級版。
マーズソウル 6 2000 特殊な防御体勢で構える。盾の性能にかかわらず、あらゆる攻撃を防御する。
マーズソウル2 8 4000 マーズソウルの上位版。スタミナゲージの減少が大幅に軽減される。

ノーマルスキル

名称 解放JR 必要JP 詳細
強連撃 1 600 ノーマルスキル。初期装備スキルの上級版。連続技の派生パターンが追加される。【片手剣・メイス】
強刺し崩し 1 600 ノーマルスキル。初期装備スキルの上級版。鋭い突き攻撃の後に体当たりの追撃を放つ。【片手剣・メイス】
回り受け身 - 1200 ノーマルスキル。転倒の瞬間に素早く回転し、受け身体勢をとる。
盾弾き - 200 ノーマルスキル。敵の攻撃にタイミングを合わせてガードすると、スタミナを消費せずにガードできる上、ダメージを与えつつ敵を弾き飛ばす事が可能になる。通称ジャストガード。

アビリティ

名称 解放JR 必要JP 詳細 海外表記
剛腕 2 700 持ち上げや羽交い絞めのスタミナ消費が半減
活性 2 700 体力の上限が上がる 最大HP100増加
速離 5 2800 敵の掴みから簡単に逃れられる
筋力 5 2800 最大重量が10kg増える
本領 7 4500 体力が一定以下の間、攻撃が1.5倍になる
見極 7 4500 ジャストガードを容易にする
猛攻 8 6000 攻撃力を10%増す

◆ 黒呪島では

序盤こそ火力に押されるが周回に入るごろにはバランスのいい装備、スキルのおかげで攻守ともに立ち回れる。
エリミネーターの装備などで吹き飛ばし能力を上げると各種攻撃スキルが更に使い勝手がよくなるし、
自動回復のある不滅装備などで非常に硬くなれる。
前線を直前防御やマーズで防ぎ、攻撃スキルで吹き飛ばすことで維持が可能。
ただし大幅に強化されている飛竜系には飛ばれたり、ガードが難しい(直前のみ可能)ブレスに悩まされる。
懐で注意を引きつけ対空攻撃をもっている仲間に転倒まで支援してもらおう。
心臓などの弱点に攻撃する分には変異3強化までいった片手剣であれば問題なく削ることが出来る。


▼ 情報提供はこちら

追記はできないけど、情報提供がしたいという方はこちらへ。
(追記の手順: ページ上部の“ページ編集” → 該当部分をコピペして書き換え → “ページ保存”でOK。簡単です)

不確定情報の議論以外の雑談・質問は Dragon's Dogma wiki BBS でお願いします。

  • いまさら過ぎるし既出だろうけど、強刺し崩しってあれ盾攻撃扱い…?(アルマスでリザードマンに食らわせたら、左手分では凍らなかった ガードされてたのかもしれないけど - 名無しさん 2015-11-28 15:21:06
    • ↑ああ、ごめん”体当たりだから”無属性って事なのか(ほんとごめん - 名無しさん 2015-11-28 15:23:02
  • ワタえぐりの説明にリザードマンは全段ガードでダメージ減って書いてあるけど、リザードマンの胴体がダメージ通りにくいだけでしょ - 名無しさん 2015-12-18 18:50:16
  • 闘志リング二つ装備してセンチュリオン面白いわ - 2016-01-16 08:54:02
  • 岩体術が盾スキルなら理想の戦い方ができたのだが・・・ - 名無しさん 2016-07-12 17:07:17
    • 岩体術がウォリのサブスキルなら理想の戦い方ができたのだが・・・ - 名無しさん (2018-07-21 19:24:40)
  • PS4版だとポーンの頭がかなり良くなっててマーズソウルもうまく使ってくれるね。頼もしいわ - 名無しさん (2018-10-27 13:38:09)
  • とてもそうは思えない - 名無しさん (2018-12-02 04:14:36)
    • 上の人ほどファイターポーンを絶賛する気もないが、PS4版だとPS3版の時よりずっとマシな動きしてる印象はあるな。シールドアタック2のガード判定中に攻撃受けつつ崩しをしっかり入れたり、ダウンした敵を押さえつけたりとかよくやるぞ?性格の構成を見直して、積極的に~を第1、強い魔物に~を第2にしたからかもだが。 - 名無しさん (2018-12-03 09:28:06)
      • 押さえつけ羽交い締めはファイウォリであれば当然の行動でもとからやりまくる。やってほしくないのにやりまくる。シールドアタックはどうだろう・・・?ガード判定有り攻撃なんだから攻撃を受ければとうぜんガードしながら攻撃になるのは当たり前だよね。 - 名無しさん (2019-07-29 02:55:12)
  • エリア切り替え直後に目の前にいたワーグ*4を盾惹き→蜂舞斬で華麗に処理したのを見てからメインポーンは常にファイターにしてる。たまにアホの子だけど - 名無しさん (2019-05-31 23:00:22)
  • 「蜂舞斬」はファントム系の取り憑きも自力で振り払える。発売当初から今まで7年間プレイしてるけどファイターは間違いなくスペックが高い。 - 物理特化メイジ (2020-01-30 01:28:52)
  • 「蜂舞斬」はドラゴン系の掴み技に合わせればカウンター攻撃は出来るが、ハーピー系のモンスターの空中からの急襲や、エリミネー踏みつけ等の拘束技に「蜂舞斬」を合わせてもカウンター攻撃は出来ずに潰される。 - 名無しさん (2020-04-12 01:43:35)
  • ファイターの各スキルに(汎用スキル)表記。アビリティや成長の説明を適切な場所に移動。各スキルに情報を追記、変更。 - 名無しさん (2020-05-18 10:36:23)


.
|