ときめきメモリアル大辞典

「白雪 真帆」の攻略

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

登場条件

白雪美帆が登場すれば、真帆も登場した扱いになる。

参照パラメータ

容姿雑学だが、攻略本には目標値に関しての記述は特に無いので、高いほど良いという事だろう。
余裕を持ってクリア可能な状態にするには、各180以上あれば問題無いだろう。

呼び名

普通以上 白雪さん・白雪ちゃん
ときめき 美帆ちゃん・美帆さん
絶対NG 白雪・美帆・みほぴょん

隠しキャラ対応の攻略本・「完全攻略&ビジュアルガイド」では、「美帆」「みほぴょん」がときめき状態になれば呼べると書かれているが誤り。
(クリア不可・クリア可能双方のときめき状態共に呼べず絶対NGである、遊び半分にみほぴょんなどと呼び続けようものなら、友好度が下がり続けてクリアできなくなる)

デートスポット

好きな場所 カラオケゲームセンター
嫌いな場所 美術館
追加デートスポット ファーストフード ゲームセンター・ボウリング場水族館プール
映画ではライオンとゴッドリラー以外で「わりと良い印象」以上の選択肢がある。
コンサートはアオシス・TMレクリエーション・GLOYが好印象。
ちなみに、クリスマスパーティーのプレゼント交換でTMレクリェーションのCDが貰える事があるが、真帆が提供した物である模様(2年間ともCDだが、ジャケットのデザインは2年目と3年目で異なるので、その時点での新譜と思われる)。

誕生日プレゼント

1年目と2年目は、真帆に直接渡す方法は無いと思われる。美帆の評価を上げ過ぎない為に誕生日は美帆の不評を買うプレゼントを渡すか、何も渡さないようにすると良いだろう。

3年目は誕生日当日に真帆とデートをした場合のみ、誕生日プレゼントをあげることが出来る。
(デートをせずに自宅を訪れた場合は美帆に渡すことになる)
順調に攻略できていれば「誕生日決戦」が発生するのでお目にかかることはまずないだろうが、
「誕生日決戦」の発生条件を満たさずに当日真帆とデートした場合のみ、真帆単独の「普通の誕生日」となる。
「誕生日決戦」で直接評価はされないが、誕生日プレゼントの好みは以下の通り。

3年目
イヤリング
システム手帳
× タロットカード

選択肢は美帆と同じだが評価はやはり真逆。
好感度が高ければ部屋にも上げてもらえるが、当然「誕生日決戦」が発生しなければこの時点で攻略は失敗である。

真帆から主人公に誕生日プレゼントをくれる事はある。
通常キャラ同様に友好以上である事が条件だが、1年目などは陽ノ下光や美帆に妨げられてリロードの繰り返しになる事は必至。

ホワイトデーも同様の扱いかと。美帆に渡すと美帆の評価だけが大きく上がるので、体育祭二人三脚(後述)等を狙う場合は渡すかどうかの判断を慎重に。
2年目のホワイトデーなら、一度セーブをした上で渡さずに進めて、3年目のクラス替えで美帆と同じクラスになれるかどうかを確認し、同じクラスになれなかったらリロードして美帆にお返しを渡す…等の対応をしよう。

なお公式ガイドDXには真帆好みのプレゼントも載っている。
1年目から順に「最新ヒットCD」「銀のネックレス」「イヤリング」となっているが、1年目は美帆同様選択肢が違う。

エンディング

1種類のみ

その他


美帆以外の爆弾の影響は受けないが、美帆の爆弾を爆発させると劇的に好感度が低下する。
(ときめきに近い状態の友好から一気に普通まで落ちる事もある)
美帆自身もときめきから普通まで落ちる事もある。
真帆クリアには美帆の好感度もある程度必要なので、真帆攻略時の爆発は絶対避けよう。

イベント

イベント名 発生時期 評価 その他の条件等
ビーチの女王 3年目夏 ときめき 海水浴デート
占い当日 2001.11/3 ときめき 美帆と同じクラスで、文化祭で「占いの館」を選択
二人だけのクリスマス 2001.12/24 ときめき クリア可能・タワーデート可能・プレゼントすると以降の服装が変化[1]
本命チョコ 2002.2/14 ときめき 美帆からチョコを貰い、真帆から本命チョコを貰う(2年目(DISC3)でも発生)[2]
誕生日決戦 2002.2/24 ときめき 美帆の評価が友好以上。クリア必須イベント[3]

真帆を狙うなら「美帆に電話をしてデートの約束をしたらセーブ、デート当日に美帆が来たらリロードして真帆が来るまでやり直す」というプレイスタイルが基本になる。
真帆が来る確率を上げるために、美帆が嫌って真帆が好むようなカラオケやスタジアム・室内プール辺りに集中的に行くのも効果的である。
特に、スタジアム・室内プール・冬場のスケート場の3ヵ所は、美帆の好感度が真帆のそれを大きく上回っていても真帆が来る事が多く、真帆攻略時は狙い目のデートスポットである。
ゲームセンターは美帆もさほど嫌ってはいないようだが(パーフェクトガイドより)、真帆が一番好きな場所の1つなので、真帆が来る確率が高い。

室内プールでのイベント「瞬間移動」は美帆のイベントであり、真帆のアルバムには収録されない。
真帆攻略時に発生させるメリットは無いので、美帆が来たらリロードして真帆と通常のデートをしよう。
上記のように、確率としては真帆が来やすい場所である。

美帆と真帆の見分け方についてだが、以下の3つ。
1.胸の大きさで見分ける
真帆の方が大きいので、慣れるとそれだけで見極めがつくようになる人もいる。
ニコニコ動画などに比較動画があるので参照してみると良いだろう。デート時の私服については、左胸の影や右胸のはみ出している量に注目。
真帆とデートを重ねてときめき状態になると自前の服装になるので、簡単に美帆との区別がつくようになる。
なお、変化するのはデート時の私服だけでなく、下校などの制服姿・体育祭の体操服・縁日浴衣も変化する。
クリスマスイベント後の物も含めると4種類(冬のみ・他の季節は3種類)の服装で登場するが、美帆と異なり初デートの時点で既に友好の服装である(姉と同じ服ではあるが)。
真帆の普通以下の服装をアルバムに残すには美帆の爆弾を1発爆発させる必要があり、他キャラのフォローも含めてそこからクリア可能まで持っていくのは相当な難易度だと思われるが、興味のある人は挑戦してみよう。
もしやるなら姉妹が登場したら、なるべく早く実行すべきだろう。

2.台詞や選択肢の反応で見分ける
2箇所以上デートの待ち合わせを設定して、遅れて来た時笑って誤魔化すのが真帆・妖精さんのせいにするのが美帆。
ショッピング街でデートをしても、行き先を決めた際の反応が異なるので分かりやすい。

下校時に嫌がる呼び方もそれぞれ異なる
美帆「妖精さん、その呼び方は秘密のはずですよ。赤の他人に教えちゃ駄目ですよ。」「ちょっと待ってください。私の占いだと、その呼び名は不吉ですね」「恥ずかしいですから、その呼び方はやめてください」
真帆「誰の事ですか?私の名前とは違いますね。」「止めて!二度とその名前で呼ばないで!!…くださいね」「…むかつく人ですね。その名前で呼ぶと、シカトしちゃいますよ」 (真帆の場合は怒り表情になるからわかる)

美帆・真帆共に友好の場合は、台詞テキストの出方で区別出来る。
美帆「声で分かりましたよ。今日も元気ですね。」
真帆「○○さん。声で分かりましたよ。今日も元気ですね。」
美帆「まあ、どうしたんですか。(改行) 息が荒いですよ。」
真帆「まあ、(改行) どうしたんですか。息が荒いですよ。」
となり、違いがある。なお、美帆と同じクラスの際に教室内で見かけるのは必ず美帆である。

3.アペンドディスクでEVSデータを作成して見分ける
美帆のアペンドディスクを持っている場合はこれが一番楽で、まずEVSデータを美帆で作成orロード。
すると、白雪姉妹が主人公の名前を呼んでくれるようになる。
その名前を呼んでくれた時に口が動くのが美帆で、口が動かないのが真帆である。

真帆は体育祭・縁日・インターハイor甲子園の応援に来る事はあるが、修学旅行花火大会お見舞いイベントには来ない。
体育祭では二人三脚・騎馬戦で組む事も出来るが、それには美帆と同じクラス、かつ美帆とも友好状態以上である事が必要。
(上記攻略本には「3年目から可能」と書かれているが誤りで、条件を満たせば2年目からでも可能である)
また、美帆・真帆共に友好状態、もしくはときめき状態の場合、真帆の好感度の方が高くないと真帆は出て来ない。
真帆がときめき状態でも、美帆が普通以下の状態だと坂城匠と組む事になる。
美帆は真帆と比べてときめき度が非常に上がりやすいので、展開次第では美帆とデート0回でも二人三脚で美帆が登場してしまう事も少なくない。
二人三脚はその時点での好感度によって登場キャラが完全固定なので、リロードしても無駄である。
真帆を確実に登場させたい場合は、美帆と同じクラスになった後で、爆弾が発生・爆発しない程度に美帆からのデートの誘いを拒否したり、デートをすっぽかす等で美帆の評価を下げる方法もある。

真帆と初詣に行けるのは元日に真帆から誘いに来た時のみで、電話で美帆を誘った場合だと真帆は来ない。
美帆とは晴着が異なる(美帆はピンク・真帆は黒)ので分かりやすい。
なお、真帆が誘いに来るのは2年目の初詣から。
二人三脚と異なり、リロードする事によって違うキャラが来る事もあるので、一度美帆が来たからといってすぐ諦めてはいけない。

匠についても注意が必要で、「主人公は真帆狙いだが匠は美帆狙い」の時もバッティングは成立している。
この時、匠に美帆を持っていかれると真帆のクリア必須イベントの「誕生日決戦」が発生しなくなり、真帆のクリアが不可能になってしまうためである。この対策については匠の項目を参照のこと。

真帆の評価を上げつつ、美帆の評価を出来るだけ下げる(上げない)ようにしたい(匠とバッティングしない場合)。
誕生日決戦」の発生条件である友好までは落としても大丈夫なので、3年生進級後は美帆に冷たくするようにする。
特に、主人公が演劇部の場合は、少し油断するとすぐに評価が美帆>真帆になってしまう。
真帆は他校の生徒であり、帰宅部でもあるので、当然部活で友好度を稼ぐ事は出来ない。
(ただし、期末テスト・体育祭・文化祭等の学校行事の結果は影響する)
この点も美帆と比べて攻略が難しい一因である。
以上の理由から、慣れないうちは極力演劇部以外に所属した方が良い。

2人いるせいか、下校イベントの出現頻度が作中最多レベルなので、これも効果的に使いたいところである。
出現した時にNGの呼び方で呼び(両者とも絶対NGの「白雪」が良い)、真帆ならリロード、美帆ならそのまま進める。
これを繰り返せば美帆の友好度はがた落ちになる。傷心度の上昇は微量であり、そうでなくても美帆の傷心度は白雪家にデートの誘いの電話をする事で下げられるので、他キャラの攻略時とは違い、何度でも実行しても大丈夫だろう。
(2年生までは使わないように。多用すると穂刈純一郎の本命が美帆になったり、3年目に違うクラスになってしまう事がある)

美帆の参照パラメータ3つのうち、真帆と共通である容姿以外、文系芸術を低く抑えておくのも美帆の好感度を上げないためには有効な方法である。
その為にも、演劇部は避けた方が攻略しやすく、登場人数を抑えたいなら帰宅部も避けた方が良い。
とにかく、真帆を狙う際に最大の障壁になるのが美帆と匠である事は忘れるべからず。

脚注

  1. ^上記の攻略本では「シルバーリングを渡すと…」と書かれているが、実はプレゼントは何でも良い。
  2. ^2年目のバレンタインデーでも美帆を友好以上、かつ真帆をときめき状態に出来ればこのイベントは起きる。
    なお、この時の真帆との会話は美帆からチョコを貰っていない場合、美帆のチョコが義理の場合、美帆のチョコが本命の場合でそれぞれ変化する。
  3. ^本イベントなしでクリア出来てしまう例がいくつか攻略系掲示板で報告されているが、そのときはアルバムが0枚となる。美帆の評価がギリギリで友好のときに発生するバグの一種と考えられる。

関連項目

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

目安箱バナー