溝口誠

登録日:2010/01/21(木) 16:20:32
更新日:2020/05/27 Wed 10:09:52
所要時間:約 ? 分で読めます




ワイが浪花の喧嘩百段や!!


◆プロフィール

格闘スタイル:喧嘩空手
出身:大阪
生年月日:1966年1月1日
年齢:28歳
職業:高校生
身長:188cm
体重:95kg
血液型:B型
趣味:乾布摩擦
得意スポーツ:空手
好きな物:牛丼たこ焼き、浪花恋しぐれ、千絵(彼女)
嫌いな物:病気、騒がしいヤツ、学問
CV:森田典志、Kay稲毛(KOFMIA)


◆概要

溝口誠は、今は亡きデータイーストの格闘ゲーム「ファイターズヒストリー」シリーズの登場キャラ。
\ミゾグチィ/

彼は本来脇役だったが、存在感が異常に濃く、主人公と勘違いするゲーマーが続出した。
結果、マジドロキャラ、カルノフ、牛、チェルノブと並び、デコの看板キャラとなった。
そして本来の主人公であるレイ・マクドガルの立場を完全に喰ってしまった

自社の「水滸演武」のほか、スパイクの「喧嘩番長3」にもゲスト出演。
「喧嘩番長3」においては、彼を倒すとごっついタイガーバズーカが伝授されるうえ、更に彼をチームメイトに出来る。


因みに彼は28歳だが、未だに留年続き。しかも高校で。
成績は決して良くなく、英語も小学生レベルですら解けない。
ちなみに「溝口誠」は音読みすると「こうこうせい」になる。

エンディングではやっとこさ日本に帰ってくるも、何処かで見たことある中華オヤジに拉致され、格闘大会に出るハメになる。

ちなみに上のプロフィールにもあるように、こんなんでも彼女持ちである。しかもかなりの美人。
…どういう経緯で馴れ初めたのか、是非とも知りたいもんである。

◆性能

一見、所謂「波動昇龍竜巻」で安定して立ち回れるように見えるが、その実は結構癖のあるキャラ。
通常技は使いやすく割と素直で、「虎流砕」は隙が少な目で無敵もありなかなか高性能なのだが、
飛び道具の隙がかなり大き目で、迂闊に撃つと痛い目を見やすい。
代わりと言っては何だが、「チェスト(空中連続蹴り)」を用いたコンボが強烈。なので、これが最大の狙いとなる。

一発を貰わない様に立ち回り、逆に択一攻撃から強烈なコンボを狙う…という点では、
ストリートファイターシリーズで例えると、リュウよりもむしろケンに近い性能だと言える。

◆必殺技

  • タイガーバズーカ
溝口を象徴する必殺技と言えば、やっぱりこれ。
腰を落として虎の顔の形をした気弾を飛ばす。
「タイガーバズーカじゃ!」
しかし飛び道具の判定こそ大きいものの、隙が大き目で実は結構使いにくい。
キャンセルから出して少しでも誤魔化したり、撃つと見せかけて全く撃たずに攻めることも時には必要。
「水滸演武」では空中から出すことも可能。

  • 虎流砕
前進しながらアッパーカットを放つ。
相手は浮き上がらないが風神拳を想像すると良い。
地に足をつけながら撃つため、比較的前後の隙が少な目。
もちろん出掛りに無敵もあるので重宝する。
カウンターに、コンボに、大車輪の活躍を望める…というか、活躍させなくてはいけない技。
飛び上がらないのでリーチには注意。

  • チェスト、チェスト、チェスト!(空中連続蹴り)
初出の「ファイターズヒストリー」では追加入力で三段蹴りを相手にかます。
しかし最後まできちんとつながらないため、ぶっちゃけ死に技。
「ダイナマイト」では地上版は5発まで、空中版は4発まで出るようになり、
最後まで連続技としてきちんと繋がるのでコンボのメインウェポンになった。
連続技に組み込むと頭部が弱点のキャラ(自分含む)を瞬殺可能。
尚、CAPCOMからパクりだと訴えられた「FH」だが、この追加入力式コマンドは溝口のチェストが元祖だと考えられている他、他にも「FH」が先鞭を付けて、CAPCOMやSNKが真似して広まったといわれるアイディアは他にもあったりする。
ガードさせると隙があり反撃されるので、決める時はきっちりと。
チェストチェストチェストチェストチェストォ~!!


  • ごっついタイガーバズーカ
タイガーバズーカの強化版。
「ダイナマイト」から登場した4つボタン押しの大技。
通常のタイガーバズーカよりも更にごっつい気弾(虎も上半身までイメージ化される)を飛ばす。
ごっつい気弾は通常の飛び道具をかき消す効果がある。
威力はアホみたいに高いが、出るまでがクッソ遅く、ガードされると他の技と削りダメージが変わらないので注意して使うべし!
「ごっつう・・・タイガーバズーカじゃ!!」
尚、当時から流行の超必殺技的な技だが通常必殺技である。
「ダイナマイト」では気絶でもさせなければCPUすら当たってくれなかったが、主演作「溝口危機一髪」では意外と当たってくれるようになった。

  • 通天砕
矢張り「ダイナマイト」から実装された、此方も破格の破壊力を誇る4つボタン押しの大技。
虎流砕の強化版と思われるが技の性質は大きく違っており、此方は回転しながら飛び上がるジャンピングアッパーとなっている。
技の見た目、性質ともにケンの神龍拳として説明されるが登場はこっちの方が早い。
ごっつい同様に通常必殺技の扱いであるが、客演した「KOF MIA」では共に超必殺技に格上げされている。(ごっついが1ゲージ、通天砕が2ゲージと此方の方が格上。)
尚、全能力がアップする3ゲージ使用の超必殺技の新世界(リミッター解除技)使用時には「ダイナマイト」時と同じコマンドで元祖・通天砕を使用可能となる。

  • 羊の呪い
「水滸演武」限定技。
ピンク色の羊を出し、相手をピンク色の羊に変えてしまう。
元ネタは「トリオ・ザ・パンチ」の羊の呪いから。




いちびっとるヒマあったら追記・修正や!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/