ケン・マスターズ(ストリートファイター)

登録日:2010/07/05 (月) 22:51:52
更新日:2021/05/07 Fri 00:50:13
所要時間:約 4 分で読めます





いつでもいいぜ。かかってきな!



●プロフィール

出身地:アメリカ(一部資料では日本生まれ日本育ち)
格闘スタイル:暗殺拳をルーツとした格闘術
生年月日:1965年2月14日
身長:176cm
体重:83kg*1
スリーサイズ:114・82・86*2
血液型:B
好きなもの:スケボー、パスタ類*3、家族
嫌いなもの:梅干し、ソープオペラ
特技:料理(パスタゆで)
趣味:ドライブ
声優:岸祐二(Ⅲ3rd、CAPCOM VS. SNKシリーズ、Ⅳ以降)
   岩永哲哉(ZEROシリーズ、EX、EX3、MARVEL VS. CAPCOMシリーズ
        スーパーパズルファイターⅡX、ポケットファイター、NAMCO x CAPCOM等)
   戸部公爾(Ⅲ1st、Ⅲ2nd)
   山根剛(EX2)
   モンスター前塚(現・前塚あつし)(SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS)
   羽賀研二(劇場版アニメ『ストリートファイターⅡ MOVIE』、テレビアニメ『ストリートファイターⅡ V』)
   関俊彦(ドラマCD『ストリートファイターⅡ 復讐の戦士』)
   二又一成(ドラマCD『ストリートファイターZERO 外伝 ~春麗旅立ちの章~』)
   一条和矢(OVA『ストリートファイターZERO -THE ANIMATION-』)
   花輪英司(OVA『ストリートファイターALPHAジェネレーション』)
   藤原啓治(実写映画版『ストリートファイター』吹き替えテレビ版)
   江原正士(実写映画版『ストリートファイター』吹き替えソフト版)

●概要

ケンとはストリートファイターシリーズのキャラクター。リュウとともにシリーズ皆勤賞キャラクターでもある。
本名は「拳・マスターズ」。全米格闘選手権チャンピオンでマスターズ財団の御曹司。後に社長になる。

真紅の道着に長髪の金髪。『ZERO』シリーズでは赤い布で長髪を後ろで纏めており、後にこれをリュウに託し彼のトレードマークの赤鉢巻きになる。
出で立ちからわかるように戦いに華を求めるタイプ。それゆえ昇竜拳と蹴りをベースにした格闘スタイルで、リュウよりも派手な技が多い。


●キャラクター

孤高の求道者であるリュウのライバル。リュウとは対照的に社交的で明るく、軟派で気安い軽い性格をしている。
派手好きで自信過剰なビッグマウスではあるが、努力を惜しまない有言実行なタイプである。
全米格闘選手権のチャンピオンでもあり、それをよく公言してアピールする事が多い。
『Ⅱ』でイライザと結婚し、『Ⅳ』では1人息子を授かり幸せな家庭を築くが、その一方でリュウに遅れを取っていることに焦りを感じている。
『Ⅲ』では焦りを克服し、以前よりも落ち着いた雰囲気になっている。

本来の髪色は黒だが、両親の不仲が原因で不良になった時に金髪に染めた。眉毛だけが黒いのはそのため。
両親が仲直りした後も「仲良くしてないとまた不良になるぞ」という警告として金髪を保っている。
瞳の色は茶色のときもあれば青のときもある。『Ⅳ』に至ってはキャラセレのイラストでは茶なのにCGでは碧という不整合を見せている。カラコンなのか?
ちなみに元々はアメリカへ武者修行へいっているリュウの親友である日本人という設定だった。設定がちょくちょく変わったり、顔付きも大きく変動したりする事も多い。

北米版の『2010 ストリートファイター』では『I』から25年後のケン*4が主人公になっており(日本版では別人が主人公)、
『I』の後に格闘家を引退してなんと科学者になっている。意外と万事に才能に優れていたようだ。
『II』以降の設定とは繋がらないのでパラレルワールドと思われるが、この作品を見るにケンが早期に格闘を引退してしまうととんでもない事が起きるらしい。そういう意味では『I』でサガットを倒し、『II』でケンを格闘家として再起させたリュウの功績は大きい。

劇場用アニメ『ストリートファイターII MOVIE』では、フルネームが初めて設定された。
修業時代に怪我をしたリュウのために、自身の赤いリボンを包帯代わりに巻き、以降は2人の友情の証となる。
アメリカの人気格闘家であるが、リュウと同門であることを知ったシャドルーに捕らえられ、洗脳されてしまう。
リュウとの戦いで正気に戻った後、タッグでベガを倒す。
イライザも登場しており、彼女とのキスシーンや結婚を申し込むシーンもある。

テレビアニメ『ストリートファイターII V』では、大金持ちの息子として登場。容姿はゲーム版と同じ。
リュウとは幼なじみであり、日本にいた頃、一緒に武道を習ったことになっている。
大富豪であることを活かして、リュウと共に武者修行の旅に出るが、身代金目的でシャドルーに捕らえられてしまう。
だが、監禁場所で波動に目覚め、シャドルーに反撃。洗脳されたリュウを正気に戻し、タッグでベガを倒す。
本作オリジナル技として、波動昇龍拳を使用。後に『UMvC3』でリュウの技になった。

流派はリュウと同じだが殺意の波動に目覚めるような描写は一切ない(代わりに変なパワーに操られることはあるが)。
そういう意味では格闘家としてリュウより上かもしれない。

●性能

初代』ではリュウの2Pキャラとしての扱い(今でいう色違いキャラ)だった。
『II』で細かい部分の差(一番大きな違いがK投げの地獄車)が見られるようになり、『ダッシュ』から別キャラとしての調整がされ始める。
基本戦術は波動で飛ばして昇龍で落とすスタンダードな性能。CPUはやたら昇龍拳を打ちたがる。
リュウと比較した場合、波動拳の性能が低い代わりに昇龍拳と竜巻旋風脚が強力で、より攻撃的な戦法を得意とする。
また多段ヒットする技が多く、Kボタンが強い傾向にあるのも特徴。堅牢な守りのリュウと対照的になっている。

『Ⅳ』では→中Kを出始めキャンセルしての背負い投げがスライド投げとなり、実質ザンギのスクリュー以上という驚異の投げ間合いを持つ。
強力すぎたためか、バージョンアップによって投げ威力の低下という調整がされてしまった。
このテクはコツさえ掴めば昇龍とセービングにも応用が利く。

●スマブラSP

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』ではリュウのダッシュファイターとして参戦。
特設リングでのリングネームは「紅蓮の格闘王」。
ダッシュファイターは一部の性能の違いはあれど、基本的に元のモデルになったファイターとほぼ同じ感覚で扱えるが、
ケンに限ってはリュウより移動速度が速かったり、コマンド入力による必殺技や最後の切りふだがリュウと異なったりと、ダッシュファイターの中でも元のモデルになったファイターとの性能差が大きい。


●主な技

○必殺技

ご存じ両腕で練った波動を気弾にして発射する飛び道具。
リュウに比べると、発生が遅かったり、撃った直後の硬直が長いなどの調整がされる事が多い。
しかし、実は「全体フレームを見ると」リュウと大差なかったり、ケンのほうが僅かに隙が短かったりする作品もある。
『スーパー』からはリュウは大きな気弾、ケンは手の形が入った従来型とグラフィック自体別物にされていた。
そこから徐々に波動拳はリュウ、昇龍拳はケンの得意分野という風潮になっていくが、近年ではリュウも昇龍拳を別方向に特化した傾向にある。
リュウと比較するとやや貧弱で隙が大きいとはいえ、全体から見れば優秀な飛び道具である。

屈伸から上昇して飛び上がるアッパーカット。ケンの代名詞とも言える技。
『II』ではCPUケンが昇龍拳を乱発する様を「ドラゴンダンス」と呼んでいた。これが後の昇龍裂破へと繋がる。
リュウとの大きな違いは多段ヒットと移動距離。『スーパー』以降は強Pで出すとファイアー昇龍となる。
その軌道と性質から、対空だけでなく地上でのコンボパーツとして使うことができる。スパコンとの相性も良い。
上述の通りケンの得意技であり、威力も判定もリュウより強い。特に弱昇龍は顕著で、攻撃発生も着地の隙もリュウ版よりかなり優秀。
ただ、派手に飛ぶので(特に中昇龍以上の場合)着地までの隙は大きい。

空中を竜巻のように回転しながら回し蹴りを連続で放つ蹴り技。
ダッシュから大きく仕様が変更され、超高速で回転して多段ヒットするようになった。
ただし、リュウと違ってダウンを奪えないため反撃を受けやすい。ターボから空中でも出すことが可能になった。
外部出張作品で大きくアレンジされる事が多く性能もバラつきがある。もちろん空中竜巻旋風脚もある。
発生が早く多段ヒットするので、作品によってはコンボの締めとして使いやすく、主力技となることも多い。
昇龍拳はケンの方が得意な風潮だが、リュウも殺意の波動を制御できるようになるにつれて、「真・昇龍拳」のような一撃必殺の昇龍拳を放てるようになった。
これを受けてか、昇龍拳は両者の決め技のような位置に落ち着き、代わりにケンは足技が得意というようになっていく。

  • 烈風波動蹴
『ウルIV』のオメガエディションで「波動拳」と差し替えられた技。跳び内転後ろ回し蹴りで「波動の弾」を放つ。
軌道変更が可能だが出が非常に遅い為、飛び道具としてはかなり使いづらい部類になる。
その代わり蹴りにも当たり判定があるので、中距離での駆け引きには使えなくはないトリッキーな技。
そこまでして足で波動拳出す必要はあるのか謎だが、派手好きのケンらしいっちゃらしい。
火力でゴリ押し気味なケンの技の中では変則的なため意外な使いどころも多い。

○スーパーコンボ・ウルトラコンボなど

  • 昇龍裂破
『スパII X』から登場した前進しながら二回、もしくは三回連続で昇龍拳を繰り出すスーパーコンボ。
『Ⅱ』のドラゴンダンスの発展形と言える。『ZERO2』のサイドストーリー設定上では
「全米格闘技戦の決勝戦(対戦相手は不明)で、昇龍拳を見切られ苦戦した際に、とっさに小さい昇龍拳を放ち
 それをフェイントにして着地の隙を狙ってきた相手にもう一発昇龍拳を撃ち込んで見事勝利。
 後にこの技に名前を付けて使用するようになった」とされている。
急いで昇龍拳を出そうとして誤発する事が多い。割り込み性能は高く当て易いが、威力はスパコンにしては控えめ。
その代わりにコンボに組み込みやすいので、型にはめきればかなり強力。ケンを代表する超必殺技。

  • 神龍拳
『ZERO』から登場した炎を纏いながら回転する多段ヒット昇龍拳。ボタン連打でヒット数が上がる。
真上に飛ぶため当てるには慣れが必要だが、威力は非常に高い。ただし若干ロマン技の傾向もある。
『Ⅳ』ではウルトラコンボⅠとして登場。連打の仕様が無い代わりに、根本で当てると疾風迅雷脚のような乱舞演出が入る。
『スマブラSPECIAL』では、ケンの最後の切りふだの1つとして実装された。

  • 神龍拳(Ⅳ版)
初段でヒットすると相手をロックし、連撃の後に神龍拳を放つ。ロックが発生しなくてもヒットはするがダメージが下がる。
ちなみにダルシムの伸びた腕にアッパーを当てると、ダルシムが一瞬で近くに移動して演出に突入する。
発生が遅いためぶっぱはまず当たらない。
セービングヒット時、または強昇龍→セビキャンで入れるのが基本運用だが、コンボでのフルヒットは状況が限られる。

  • 疾風迅雷脚
『III』から登場。ケンの蹴りの集大成で、多種多様な蹴りから竜巻旋風脚に移行し、相手を巻き込みながら上昇する。
発生・リーチ共に優秀で扱いやすく、かの有名なウメハラの『背水の逆転劇』の締めを飾った技。
『III』のケンのSA(スーパーアーツ)は三種あるが、3rdで確定反撃最強SAであるこれを選ぶ人が多い。

  • 紅蓮旋風脚
『スパⅣ』で追加されたウルトラコンボ2。簡単に言えば炎を纏った竜巻旋風脚。
当てづらい神龍拳とは打って変わって発生が速くコンボや割込みに使いやすい。
また出始めの無敵時間が長めな上、動作中は飛び道具に対して無敵と割り込み性能も高い。
一方で威力は神龍フルヒットよりも低く、竜巻旋風脚同様しゃがんでいるだけで完全回避できてしまう。

  • 紅蓮炎迅脚
『ストⅤ』で用意されたクリティカルアーツ。簡単に言えば疾風迅雷脚からの紅蓮旋風脚といったコンボ。
炎を纏ったソバットから、更に蹴りを叩き込み、一度距離を置いて怯んだところに炎を纏った竜巻旋風脚を叩き込む。トドメは顔面への蹴りの直撃。
しゃがんでるだけで躱せてしまう紅蓮旋風脚の欠点をカバーし、射程も長くあらゆる状況で狙える。
それでいて威力もかなり高いので、劣勢でも通常技→キャンセル必殺→紅蓮炎迅脚は一発逆転も充分狙える。

  • 九頭龍裂破(くずりゅうれっぱ)
『EX2 PLUS』でメテオコンボとして登場した技。
疾風迅雷脚の連続蹴りから竜巻をキャンセル昇龍拳、更に昇龍裂破、ダメ押しの神龍拳まで放つ大技。

  • 神武滅殺(じんぶめっさつ)
「洗脳されたケン」のオリジナル技で、「SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS」で一試合に一回だけ使えるEXCEEDとしての採用が初出。
その後『ウルII』で洗脳ケンが登場した際にスーパーコンボとして採用された。
蹴りと突きの乱舞技を叩き込む打撃系の瞬獄殺。乱舞→ラストを「昇龍拳」で締めるので、ダンの「必勝無頼拳」に似てなくもない。
また、打撃系であるため瞬獄殺とは違いガードされてしまう点も注意。


そのほか

  • 移動投げ
「せーの!」
一度転ばせたらめくりとこれで延々と粘着するのが『Ⅳ』シリーズでのケンの基本スタイル。嫌われる。
但し投げ間合いが広い分、威力そのものは標準的なキャラクターと比べると低め。それでも強いが。

  • 地獄車
相手の胸倉を掴み、後ろに倒れ込んで相手と回転し最後に巴投げをする投げ技。
初代『ストⅢ』および『ストⅢ 2nd』では採用されず、替わりにただの巴投げを使用する。
『スパⅡ X』ではなんと空中で相手を掴んで投げる地獄風車が存在した。

  • W真空波動拳
『マヴスト』にて登場。リュウとタッグを組んだ時のヴァリアブルコンビネーションでのみ使える。
本作では真空波動拳は極太のビームなのでその様は圧巻。

  • 双龍波動拳
『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』で登場。こちらもリュウと一緒に真空波動拳を放つ。

  • ハドウバースト
『NAMCO x CAPCOM』で使用するが、本来は弟子であるショーンの技。

  • 双龍拳
『NAMCO x CAPCOM』でのリュウとのMA攻撃。二人で挟み撃ちにした後、昇龍拳で締める。

  • 波動昇龍拳
アニメで使った「波動拳」と「昇龍拳」の合体技。
波動を極限まで高めて全身に纏い、壁を蹴って横跳びに黄金の波動エネルギーで突撃する昇龍拳。ケン版サイコクラッシャー。
後に『UMvC3』で同名の技をリュウが使うが、こちらは斜め上に波動拳を撃ちながら昇竜拳を繰り出すという技になった。
「全身に気を帯びて金色に輝く昇龍拳」という意味では、ダンの真・晃龍拳に似てなくもない。

●ケンと関わりのある人々


  • リュウ
「不思議だ。お前と拳を合わせると、いつも違う何かが見えてくる…」
ご存じ同門の親友であり、永遠のライバル。
ケン自身や周囲からはリュウに劣ると思われているが、当のリュウは互角と思っている。(実際、勝ち負けは同じぐらい)
何かと自由奔放なリュウを心配しており、家族ともども彼の事を気にかけている。

  • 剛拳
「その拳勢こそが、お前の武器 我が言葉をしかと胸に刻めよ、ケン」
師匠。豪鬼に殺されたかと思っていたため、死を偽っていたことを問い詰めようとする。
また、中平正彦の漫画『ストリートファイターZERO』では「リュウが殺意の波動に目覚めたときには彼を殺してでも止めるように」と命じている。
暗に殺意の波動に目覚めたリュウにもケンなら勝てる可能性があると思われてたのかもしれない。
実写映画『STREET FIGHTER 暗殺拳』では自らの炎の昇竜拳で火傷したケンに、波動の炎にも耐えられるという謎の籠手を渡した。


人の枠に留まる限り、我には届かぬ!
師匠の仇。もっとも上述の通り死んでなかったので恨みつらみはない。
リュウほど仇にこだわっていないが、リュウと闘う上では超えなくてはならない壁だと考えている。
ただ豪鬼本人には「殺意の波動に目覚めず、人の枠を超えられぬ若輩」とあまり相手にされていない。

  • ショーン
強引に弟子入りしてきた弟子。
面倒くさいヤツだと思っており、リュウに押し付けようとしたこともある。

中平正彦の漫画『さくらがんばる!』ではZERO時代に格闘大会で出会い、当初はリュウの妹か娘なのかと疑っていた。
勝負に勝つには勝ったものの、あばら骨を2~3本折られており、そのことを隠して平気なふりをして見せていた。

同門にして兄弟弟子。『ストZERO2』で乱入してきて、自分の技を真似るパクリ野郎だと喧嘩を売ってくる。
中平版でも格闘大会で相手し、真・晃龍拳を神龍拳で打ち負かして見せた。
金持ちとイケメンと長髪が嫌いなダンにとって、全てを兼ね備えて可愛い妻子持ちなので非常に嫌われている。

  • 若葉ひなた
ケン・マスターズ流通信空手の受講者。ついでに上述のさくらの親友でもある。
なお、マスターズ流では手足から炎を出す方法等は一切教えていないはずなのだが、
ひなたは「技名に炎がついてるから」等の理由で自力で出せるようになってしまっており、
実際は彼女自身の才能なのだが通信空手の賜物だと信じ込んでいる。
ちなみにケンが紅蓮旋風脚を生み出す前から彼女は燃える竜巻旋風脚を自力で編み出していた。
この世界の女子高生なんなん…。

「全米最強」を自称するデブで弁髪のアメリカ人勘違い空手家。一方的にライバル視されている。

長いもみあげと紫の胴着が特徴の、やはりどこか勘違いしている空手家。
全米格闘王選手権の予選でケンに惨敗し、それ以降一方的にライバル視されている。
とはいえ、ケンを手本に技を磨いた結果、「ソウルフォース」「ライジングドラゴン」として波動拳・昇龍拳を独力で習得してしまうなど、
格闘家としての資質自体は並々ならぬものがある。その上オリジナル技も結構持っているし。

  • イライザ
妻。作品によって顔が違う。基本的にはかなりの美人で、スタイルもなかなか。AC版Ⅱ無印は忘れろ。
なお、彼女には姉ユリアがおり、その縁でガイルとも関係が深い。

  • メル
息子。やんちゃ坊主。Ⅲではアレックスにリュウの面影を抱き、彼の鉢巻きを託した。

イライザの姉、ユリアの夫。つまり義兄。しかしガイルはチャラチャラした男が嫌いなため不仲。
ガイルが妹のように可愛がっていたイライザを知らないうちにかっさらってしまった、という点もわだかまりであるようだ。

リュウと同門であること、優秀な格闘家であることから狙われている。

SNKの顔。カプエスシリーズにて共演。
明るいアメリカン同士ということで仲が良く「このチームは最高だぜ!」とコメントしている。
なんとスマブラで再会を果たす。




「よし! 今回は俺の追記だな! 修正、楽しみにしてるぜ!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年05月07日 00:50

*1 『Ⅱ』では76kg、『ZERO』『Ⅳ』では72kg。

*2 『ZERO』ではB110。

*3 『Ⅱ』ではスパゲティ。

*4 リュウではなくケンが『I』で優勝したことになっている。