ヒバチ(怒首領蜂シリーズ)

登録日:2009/11/07(土) 16:02:17
更新日:2020/11/08 Sun 01:31:08
所要時間:約 7 分で読めます









死 ぬ が よ い









高級料亭刑武の味を貴方に
特選ふぐ刺死セット


















『ヒバチ』とは、CAVEの弾幕STG、怒首領蜂シリーズに登場する真ボス達。
全てが小さい、火を纏った蜂の形をしている。

条件を満たすと突入できる2周目の最後に登場し、圧倒的な弾幕によって数多くのシューター達を絶望のドン底にたたき落としてきた。

またボムバリアも標準装備している為ごり押しも出来ない。

その為、『ヒバチを倒す』というものは一種のステータス的な物になり、それをなしえたシューターはもう立派な一流のシューターと言えるだろう。


作品毎にあてられる文字が異なる為、本項目では個別に説明をする。

と、言いたいところだがヒバチの弾幕は得てして正に筆舌に尽くし難い代物の為ここの記述ではその内容(魅力)を正確には伝えられない。
気になる者は実際にプレイするなり動画を見るなりして死ぬがよい。



  • 火蜂(怒首領蜂)

弾幕STGの元祖であり金字塔とされる怒首領蜂の真ボス。
巨大なスズメバチに似た、最終鬼畜兵器・蜂を倒すと爆炎の中から登場する。

当時、最強と呼ばれていたバトルガレッガのブラックハートmk-2を超える弾幕を放ち、幾多のシューターの度肝を抜いた。

全ての攻撃がランダムであり、それに加え火蜂自身も激しく動き回る為にパターンで対処できない。
よって『弾を見て避ける』というシューターとしての本当の地力がなければ倒すことは出来ない。
ついでにボムバリアも装備してるので、ボムによるゴリ押しは通用しない。
ボム撃つのであればレーザーよりスプレッドボムで撃つ。
ボムバリアの効果時間の関係で、終わり際に微妙にレーザーを当てる時間が発生するため。


【第一段階】
1-1
複数種のnway弾をランダムに撃ちまくる。
種類が多い為弾の見極めが困難。

1-2
画面端に当たると四つの小弾に分裂する弾を画面中にばらまく。弾速はゆるいものの、圧倒的な弾数が上下左右あらゆる方向から襲い掛かる。

1-3
真っすぐ下に下りてくるワインダーとピンクのway弾の複合攻撃。
下手に避けると詰む為、先を見る能力が必要。

1-4
ワインダーと自機狙い手裏剣弾。手裏剣が横に広がることが多く、場合によってはワインダーをくぐらなくてはならない。

HPが半分まで減ると発狂状態に入る。


  • 発狂
火蜂の針から紫の鱗弾が大量に全方向に向かい、放たれる。
その様から「ふぐ刺し」と呼ばれる。

その画面全体に鱗弾が埋まる映像は当時衝撃的であり、かのゲーメストでは大きく取り上げられた。


圧倒的な弾数を放つ火蜂だが、実は基板の性能上、255発の弾しか表示出来ていない。(プログラム上ではもっと撃とうとしてる)
…ぶっちゃけ見掛け倒しであり、発狂よりその前の方がきつい。
正面からしか弾が来ない上に、255発のうち1/4ぐらいしか自分の方に飛んでこないというのが一番大きい。

なお前座の最終鬼畜兵器からこの火蜂までが「2周目7面」という扱いで、ステージノーミスボーナス800万点が設定されている。
スコアアタッカーは究極的にはこれを計算に入れることになる。正気か?…と言いたいが、ボーナス獲得例は報告されている…



  • 火蜂(怒首領蜂・青ver)
怒首領蜂にはSS版のスコアタ優勝者に贈られた特別バージョン、通称「青蜂」が存在する。
この基板は優勝者のNAI氏とcaveが保管する二枚しか存在しておらず、優勝者用に調整してある為により難しくなっている。
しかしNAI氏所有基板はコンデンサーパンクで不動となってしまったらしく、現状1枚しかない。

当然火蜂も強化されており、弾数制限解除(上限は315発に)、処理落ちはなし(動画等で遅くなっているのはコマ落ち)と酷いことになっている。

この火蜂は「青火蜂」と呼ばれ、「発狂までは緋蜂より強い」とまで言われている。
相変わらず発狂は単なるばら撒きなので他よりマシ。



  • 極殺兵器・緋蜂(怒首領蜂大往生)
現在でもなおSTG最強ボスの筆頭と語られるヤツ。
基板の性能上、前作よりもさらに弾数が減ってしまったが、それを補うように全てが圧倒的な超高速弾&変化球になっている。
一応IKDの言い分は「自機の近くに来るときには変化が終わって直線軌道なのでセーフ」全然セーフじゃない。
その為、反射神経・動体視力という絶対的な壁が存在し、倒せない者には絶対倒せないとまで言われる。

本編の難しさ、鬼畜さも手伝い、家庭用発売までの1年間で倒せたのはわずかに5人しかいなかった。
その後、家庭用、及びその付属のDVDにより研究が進み、極力弾避けを回避した対緋蜂決戦用パターン、通称『三機落とし』が開発され、撃破する人も増えたが、依然攻略難易度はSTGでも最高峰である。
ボムの撃つタイミングや、ボムの種類を間違えただけでパターンが瓦解するというのが一番のネックである。


なお、白版はランクMAX固定だが、黒はランクの変動がある。
しかし代わりにランクの上限が上がり、黒の最大ランクは白版より弾が速くなる。


1-1
16wayの針弾を超高速で乱射してくる。まず人類には避けることは出来ない*1
一部の人外さまが抜けているが。
なので普通はハイパーとボムで飛ばす。
黒版DVDにはランクを下げた状態でだが避けきっている映像が収録されている。

1-2
幾つかの青の丸弾が連なって波の様に襲い掛かる。
凄まじいスピードだが慣れるとレーザー状態でも避けられる。
但し黒の最高ランクでは無理らしい。

1-3
一列に連なった弾が薙ぎ払うように左回転する。
回れば楽じゃねーかと思うかもしれないが緋蜂より上に行くと自機狙いに変化。自分は死ぬ。

ある程度ダメを与えると発狂に移行

  • 発狂
まず四本の回転するピンク弾の列。
次に今度は逆回転が四本。
一拍おいて画面を覆い尽くす大量の超高速青弾が渦を巻いて襲ってくる。
ある程度時間が経つと青弾は逆回転する。
その画面は美しいの一言。

発狂の様子は誰が言ったが知らないが正に『洗濯機』
知らない人は一度見てみることをオススメする。

当時は 神レベルのプレイヤーですら5秒避けられない とまで言われた。
動画サイトとかで見るとまあなんとかなるんじゃない?と思うが、実機だと画面サイズや画面との距離の関係で、冗談抜きの剛速球。
対緋蜂特化で「2周目道中辛くてもボムが多いので粘れるレーザー強化の方がマシ」とまで囁かれたほど。
だが人間の進化とは恐ろしい物で、緋蜂単独でならノーミスノーボムノーハイパーというわけのわからないものが達成されている。
白往生の通しプレイでも洗濯機1ミスの残4クリアなるものが。

そして2018年1月
ついにブラックレーベルの通しプレイノーミスALLが達成された。
ほんと意味わからないんですけどこの人

何故かオンゲキに出てきたが、その弾幕もほぼコレ準拠。半年は陥落しないと思ったら半日で陥落しました…えっ?


  • (真)緋蜂-改
PS2版大往生のオマケであるデスレーベルモード(よくあるボスラッシュモード)ではこちらの緋蜂が出る。

緋蜂が二匹現れ、それぞれが弾幕を展開する。

1-1の針弾弾幕のみ、青のワインダーか上から降り注ぐピンク弾のどちらかの弾幕に変わっている。

また、発狂前にピンク弾のばらまき攻撃が追加されている。

発狂時の弾幕は二層式ならぬ二葬式洗濯機と呼ばれる。

一応攻略としては開幕でボム3発消化、次の1-2青弾でもう一発ボム消化してハイパー取得→ちょっと粘ってハイパーOn
1-3は気合で抜けて、ピンク弾ばらまき中に降ってくるハイパーを発狂前の隙間で取得、洗濯機開幕でハイパーOn
残りは動体視力の勝負。

一周目では一匹が本家緋蜂の半分の弾を放ち、それが二匹なので弾数は同じだが、発射地点の分散、残機が多い理由から緋蜂よりは楽と言われる。

だが二周目では残機没収&エクステンドなしという鬼畜というのも生温い仕様(当然全ボス超強化+ボム使用でボスHP回復)に加え



真・緋蜂-改


となって再登場。
今度は弾数は一匹ずつが本家と同数、つまり単純に緋蜂二匹と同じ。

ぶっちゃけムリゲーと呼ぶのすらおこがましい。
真緋蜂様に謁見が叶ったのは5名のみである。


2010年9月18日、ついに



 陥    落 


CAVE…というかMの人に人類が勝利した瞬間である。

因みに達成者のMON氏曰く「きちんと調整されてた」とのこと。


…あれで?
ちなみにデスレーベルの調整を担当した三原氏曰く
「緋蜂を落とせるプレイヤーが避けられないように調整しました*2
なんで倒せるんですかね?
倒せる要素のないボスを投入してきた本家CAVEより有情ってだけだよね。

今の所A-L、B-L、A-S(←!?)での撃破報告が来ている。そしてクリア者は2018年5月現在4人(内1名A-L、B-L、A-Sの3部門クリア)とのこと。
B-Sは遅すぎで、両EXは一応到達した人までは出たので後は時間の問題。
緋蜂自体は1周目と同じ方法で攻略出来る、弾数が圧倒的だけど流れは一緒。
目が追いつくかは別の話。

  • ]-[|/34<#!(怒首領蜂大復活)
(アルファベットのHIBACHIをLeet表記、所謂ハッカー語で変換したもの。通常は「ヒバチ」と片仮名で書かれる。)
今作のヒバチは大復活の特徴であるレーザー相殺とハイパーカウンターがあることを前提に作られたボスであるため、
弾幕の密度はかなり濃く、レーザー相殺なしでは回避不可能な弾幕を出してくる。
とはいえ、自機性能の高さやゲームシステムも相まって、緋蜂よりは有情という声も多くクリア者も多めな部類。


1-1
緋蜂の洗濯機の強化版。
初見は確実に度肝を抜かれ、殺されたであろう。
ハイパーで処理をかけて避けることも出来なくは無いがボムる方が無難。

1-2
ビットを展開し、ビットからは降り注ぐレーザー、ヒバチからは超高速の薙ぎ払うような弾。
二回逆回転になり、その時に事故りやすい。

1-3
左右どちらかからレーザー、ヒバチからは薙ぎ払うような弾、次は逆から、最後は両方からレーザーがくる。
両方からレーザーの攻撃はほぼ確実に避けられないのでそれまでに勝負を決めておきたい。

1-4
下からはレーザー、上からはビットの自機狙い。
この攻撃まで撃破が遅れると大体がもう手遅れだったりする。

ある程度ダメージを与えると人型に変型、発狂に移行。

  • 発狂
ヒバチからは超高密度の放射状レーザーとふぐ刺し弾、レーザーは相殺すると打ち返しが発生。
その様は正に『後光』ありがたやありがたや〜
攻略?気合しか無いです。
ボムが無いパワスタは本当に気合。
レーザーだと相殺で余計に弾数が増えるので、なるべくショットで打ち込むぐらいか。
あと下手にハイパー使うよりかは、手動ボム撃ったりあえて自決してペナルティレベル1まで下げて最後に賭けるぐらい。

しかし……初期Verではヒバチにはあってはならない安全地帯が存在していた!(ver1.5で修正済み)
ノーミスノーボムは達成済み。

2016年にはSTGの枠を超え音ゲーの舞台に降臨しそちらの世界でも多くのプレイヤーを屠ってきた解禁当日に返り討ちもといEXTRA解禁条件達成されたことは密に密に

  • _@-zv_@(怒首領蜂大復活ブラックレーベル)
(アルファベットのHIBACHIを8文字前にずらしてZATSUZA→Leet変換したもの。通常は「ザツザ」と片仮名で書かれるか、アルファベットで「ZATSUZA」表記。)
基本的にヒバチの強化版、攻撃パターンもほぼ同等。
最後の発狂で太レーザーが増えてたりとかイミワカンナイけど!
残機が残ってるの&オートボムOffが前提でハイパーOn→ちょっと耐えてOff→ちょっと耐えてOnで細かく弾消ししながらやるのが理想か。
お約束ですがノーミス達成済。
ちなみにBLアレンジだと_@-zv_@の代わりにエヴァッカニア・ドゥームが出ます。


余談だが、設定資料集によればこいつの人型形態は他のエレメントドーターと同じく女の子型だったりする。


そして2012年…CAVEは最後の刺客を放った……




  • 陽蜂(怒首領蜂最大往生)

「辿り着いてしまいましたね」

最大往生には二周目が存在しないため

  • 蜂アイテムパーフェクトを三回
  • ミスが1回以内

で5面ボス「幸龍」を倒すと現れるEXボスで、CAVEでは珍しく社員声優ではなく豪華声優陣を使用している(他のキャラにも言えるが)。
特徴としては  よ く 喋 る  コレに関しては実際に聞くとわかる、そして誰が言ったか通称「ウェヒヒ蜂あと「まどか蜂」
一応「ひばち」と読むはずなのだが、ユーザーからはもっぱら「ようはち」、もっと言って「ようちゃん」呼ばわりされる。
ちなみに某秋葉原のゲーセンでは一週間で通算87回も出たことから*3、社畜蜂だの地下ドル*4だの言われてたり……そして2016年11月、ついにそのゲーセンの中の人に「陽蜂ちゃんは毎日元気に14時間労働です!」とネタにされる始末。

そして攻撃パターンはほとんどが歴代の蜂のオマージュばかり。
IKD曰く「過去を思い出せば撃破出来ると思います」

1-1
「だだだだだだだー!」
前方にレーザー状の高密度針弾、そして全方位に超高速の弾をばら撒く。
これくらいで被弾してたら陽蜂をぐはー★させるのは無理。
超高速弾故に正直運ゲーな所もあるが。
元ネタは全ての始まりである「首領蜂」の真ボスの1-2から。

1-2
「流石に、ここまで来た人ですね♪」
画面端に着弾すると3~5WAYに分裂するクラスター弾
弾数が滅茶苦茶減ってるのですごく楽。
元ネタは火蜂の1-2から。

1-3
「私のお花畑~♪」(←マジで言ってます)
全方位に規則性をもったばら撒き。
A-Lでもランクによってはレーザーのままでは避けられない。
緋蜂の1-2から。

1-4
「もう、じっとしててよ!」
最後に]-[|/34<#!の1-4から(ただし、最大ではレーザーカウンターが無いため、レーザーではなく下からいやらしい密度の赤弾、上から青弾を放ち代用している)。
基本密着可能なためハイパーを貯める絶好の機会。
だだだだだだーを3周受け切る自信がなければ、陽ちゃんの左端から避け始めて、追い越しそうになったらハイパー起動して左に戻り、また右移動していくとハイパー起動させた場所辺りでちょうど終わる。
ハイパー中のだだだだだだーこそ運ゲーなのでボムを撃ってしまうのも手。
だだだだだだーを受けきれるならハイパー使わずに1区画ずつ左に戻る。

そして、一定量のダメージを与えると発狂に突入。


発狂
「変っっっ身っっっっ」



「楽しくなーい!もうさよなら!」
緋蜂の洗濯機と火蜂のふぐ刺しを一定間隔で変えながらやってくる、チェンジの際に一瞬だけ弾幕が混ざるので要注意。
基本的にはハイパーとボムで洗濯機を飛ばし、ふぐ刺しは気合で避ける、ボムが無くなったら普通に死んで以降繰り返し…でここまでノーミスなら足りる。
ただボムが無いEXのオートボムOnの場合は洗濯機をかなり粘る必要あり。
…が、B-EXで洗濯機とふぐ刺しを避けきってぐはー★させた良くわからない人が存在する。

っと、ここまで見て「オマージュばっかで最後の刺客にしてはなんか拍子抜けだな」と思った人がいるだろう……
しかも弱いし*5





しかしその後、CAVE真の最後の刺客にして極殺最凶最終鬼畜兵器が現れ、プレイヤー達は怒首領蜂シリーズ最大の地獄を見ることになる………







真EXボス 最終極殺兵器・陰蜂(インバチ)
人類がより高みに到達するために、まずその肉体が不要なのです……計画の邪魔者は、排除いたします……

そう、実は最大往生には幸龍撃破時に

  • ノーミス・ノーボム・蜂アイテムパーフェクト全ステージ達成
  • 一定ランク数(30?)突破

を達成するともう一つの裏ボスである陰蜂が登場する。
因みに最後の条件は未だによく分かっていないが、おそらく15000~30000HIT(強化タイプによって可変)と言われている。
上記の超が付くほど明るい陽蜂と違い、こちらはかなりダウナーな感じになっている。
そして、特筆するべきはこいつの撃破数で、2019年12月現在の陰蜂の撃破数は




0



である……

因みに家庭用版で撃破してもノーカウントで、AC版で撃破することで初めて認められる*6

攻撃パターン
全てが緋蜂発狂並みの弾幕なので動体視力と反射神経の限界を超える程の能力が無いと直ぐに殺られる。
基本的にランクが低いと密度にやられるので(特に1-3)、とにかく高ランクを保ち続ける動体視力が必要。

1-1
「新たな形に成れるから」
全方位に赤と青の高速連射針弾を放つ

1-2
「当たらないものだな」
3方向に回転しながらビット弾に2方向の赤子弾を放ち、4方向に変えた後、高速ビット弾を放つ

1-3
「まだ動いているのか?」
ビット弾を扇形に放ち、自機狙いの赤針弾を放つ

1-4
「イライラする」
全方位に高速青大弾と低速青小弾を回転しながら放つ
そして一定量のダメージを与えると蜂に変型し発狂に入る

発狂

「しぶといな………」

「終わりだ、死ぬがよいッ!」

回転オプションから高速大型青弾を放ち、本体からは二層式洗濯機とふぐ刺しの複合攻撃という最狂の攻撃をする。
この攻撃で全てのプレイヤーが絶望に叩き落とす、まさに極殺最狂発狂と言われている。
この最狂の発狂を攻略し陰蜂を倒すシューターは現れるだろうか………?
2018年9月、第一形態でコンテニューしてランク0+A-EXでボム2発+オートボムOnに、初期残機5機設定、発狂に7ハイパー持ち越しという超ハンデ戦でようやく撃破動画が上げられた*7
人類の勝利はまだまだ遠そうである。
そして元号が『令和』になっても撃破した者は現れなかったのでもはや陰蜂は『平成最後の置き土産』となってしまった。




このさきには_______
暴力的で_________
鬼のような________
アニヲタどもが______
あなたをまっています。__
それでも追記修正しますか?



 ⊂はい⊃  上等  正に恐悦至極 

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2020年11月08日 01:31

*1 理論上は避けきる事ができるらしい。

*2 PS2版大往生では、アーケードで緋蜂を落とした面々がテストプレイヤーとして開発に呼ばれていた。

*3 しかも3台中配信台となっている1台だけで である。後2台も普通に稼働していて普通に陽蜂が出て普通に撃破されるので、1週間合計で100回ほど出勤しているはず。

*4 ちなみにそのゲーセンの地下はメロンブックス…

*5 2017年12月の某ゲーセン配信台で1日15回撃破された。ちなみに初日に0-14と完敗を喫するわ、最終成績が15勝71敗1引き分けと散々な配信に…。お陰で陽蜂が勝つとおめでとう!って煽られる始末

*6 理由は箱版だと全体的に処理落ちしているため。あとNew360モードなら落とせる

*7 ちなみにプレイヤーはデスレーベル4人目の達成者という超上級者の1人である。