バウンサー(遊戯王OCG)

登録日:2012/05/01(火) 13:02:44
更新日:2018/07/22 Sun 13:52:10
所要時間:約 4 分で読めます




バウンサーとは遊戯王OCGのカテゴリーの一つであり、全て戦士族で統一されている。
因みにバウンサーとは用心棒という意味。




……戦士族である。






いやいや、どうみても獣戦士族です。

ご覧の通り、殆どのモンスターはとても戦士族には見えない外見をしているが、まぁイルカハンバーガーよりは戦士族らしい外見だろう。


どのモンスターも攻撃力が高く、タイプとしては典型的なパワータイプと言える。
今のところ数は少ないので、デッキ構築の幅は狭まりがちだが、ニトロよりはマシなので頑張ろう。
戦士族の強力なサポートカードと高い攻撃力を生かした戦術を用いるのが望ましいだろう。



以下モンスター一覧

ハンマー・ラッシュ・バウンサー
攻撃力2300/守備力2000/地属性/戦士族/星6
相手フィールドにカードが存在し、自分フィールドにカードが無い場合にリリース無しで召喚できる半上級モンスター。
また、自分フィールドに魔法・罠カードが無い時に攻撃した場合、相手の魔法・罠カードの発動を封じる事が出来る。

ブレード・バウンサー

攻撃力1800/守備力1400/地属性/戦士族/星4

手札を1枚捨てる事で相手モンスターに追加攻撃出来る。
ただし1ターンに1度だけ。アニメでは回数制限なし

ファントム・バウンサー

攻撃力2400/守備力1200/地属性/戦士族/星6

破壊された時に「バウンサー」を2体デッキから手札に加える事が出来る。
タイミングを逃さないが、必ず2体手札に加える点に注意。

フォトン・ストリーク・バウンサー
攻撃力2700/守備力2000/光属性/戦士族/ランク6/エクシーズ

レベル6モンスター×2

相手モンスターの効果を無効にし、1000のダメージを与えるという非常に強力な効果を持つバウンサーの切り札。
地味にフォトンのサポートを受ける事が出来る。


彼らはアニメにも登場しており、ドラガンそっくりな決闘者、ゴーシュ(19才)が使用。
高い攻撃力を生かしたごり押し戦法で遊馬を苦しめた。
余談だが、彼がアニメで使用したバウンサーは全てOCG化されている。














……さて、本題に入ろう。
実はこのカテゴリーはやや不遇な扱いを受けている。

まず数が少ないという点だが、この点ならドロワが使用した《幻蝶の刺客》の方が不遇だった為まだ良い。

次に下級モンスターがなんと1種類しか居ない為、《バウンサー》で統一すると確実に事故る。

それに彼らはぶっちゃけそこまで強くないので、そもそもバウンサーデッキを組む意義が薄い。

第一、

ハンマー・ラッシュ×1
ブレード×3
ファントム×3

こんなんでバウンサーデッキを名乗って良いのか?

まぁ今はフォトン・スラッシャーを積んだだけでフォトンデッキを名乗れるので問題無いだろう。

また、属するモンスターの内2体はスーパーレアに設定されており、集めるのが面倒。
しかも非常に使いづらいハンマー・ラッシュ・バウンサーがスーパーという謎仕様のせいで、ドリルジャンボをも上回るカスレア扱いされる事が多い。


そして、実はこいつらは……












もう増えないかもしれない。



もう増えないかもしれないのである。

というのも、使用者のゴーシュ(19才)がなんと彼らを使うのを辞めて《ヒロイック》に浮気してしまったのである。(バウンサーは借り物のデッキで、ゴーシュ(19才)の本来のデッキはヒロイック)

《ヒロイック》にチェンジしてから《バウンサー》は一回も出てきて無いので、彼らの新規カードはもう出ないかも知れないのである。

出てきてまだ1回しかまともにデュエルしてないのにこの扱い…全くノリが悪いぜ。

尚、よくある話だが彼らもアニメ効果から多少弱体化しているのである。

そして案の定バウンサーは未だに増えていない。しかも幻蝶の刺客は後々コレクターズパックにて新規モンスターに加えフォトン・アレキサンドラ・クィーンという専用エクシーズが登場しバウンサーを裏切ってしまった。

しかもヒロイックは結構増えたので、非常に不遇に見える。

だがしかし、《フォトン・ストリーク・バウンサー》は超☆強化されたので、それで満足するしかねぇ!





追記・修正はノリの良い人にお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/