ダークハンター(世界樹の迷宮)

登録日:2012/03/04(日) 14:44:52
更新日:2020/01/30 Thu 16:34:48
所要時間:約 6 分で読めます




世界樹の迷宮&世界樹の迷宮Ⅱに登場する職業の一つ。
略称は「ダクハン」「ダク」など

世界樹の迷宮に登場するクラスはファンタジーにおいて割りとスタンダードな職業・素直な見た目が多いのだが、このクラスは少々違う。
どう見てもSMプレイでよく見られるボンデージファッションに身を包み、手には鞭が…。
当然専用武器は鞭。剣も扱えるが、絵では大体鞭を持たされる。
こんな見た目なのでプレイヤー達の脳内では大抵Sキャラやエロ担当に設定される。
二次創作でも大抵そんなキャラに。


戦闘ではその鞭や剣を使ってトリッキーに戦う前衛職。
追加効果付きの攻撃スキルを得意とし、単純な火力ではなく搦め手で勝負するタイプ。
素早さも高く、鞭・剣の速度補正もあって大抵の敵には先手が取れる。

その性質上、敵の数が多い雑魚戦よりもFOEやボス戦が得意。

反面HPや防御は前衛にしては少々低く、紙耐久のブシドーほどではないがあっさり倒れてしまうこともよくある。
やはりボンデージファッションは守りには向いていないようだ。

Ⅲでは職業が一新されたので他職同様使うことはできない。
だが復活を望む声も多いようである。


  • グラフィック
♀1(金髪お姉さん)
ボンデージファッションが似合う、まさに女王様といった感じの外見。しかもおっぱい。
鞭が一番似合っている。なので剣を使わせると違和感である。
おばさん呼ばわりすると縛られるかも…
愛称:「金ダク子」「ダク姉」

♀2(ピンク髪ドリル娘)
恐らく一番人気の外見。
ピンク髪にドリルツインテ、そして金髪と比べるとロリ体型なのが特徴。ひむかいさんだからしかたがない。
愛称:「桃ドリル」「ドリ子」

♂1(青髪男)
青髪でものすごい色白な外見。
「小物臭がすごい」「顔色悪すぎ」「髪型が鬼太郎」とか散々な言われようであるがそれもプレイヤーの愛である。
薄い本では以外とマトモなキャラになる事が多い。
愛称:「青ダク」「鬼太郎」

♂2(褐色男)
褐色肌に銀髪な外見。
それぞれ妙なインパクトを持っている他の外見3つに対し、そこまで特筆する要素もない。
良く言えば一番普通。
愛称:「褐色ダク男」


【スキル】
主に相手に状態異常を与える剣スキル、相手を縛る鞭スキル、に分かれている。


◆剣スキル
クセがないため使いやすい反面、突出した強さはない。

  • ○○バイト/カタストロフ
斬属性ダメージ+確率で状態異常付加。
(ドレインバイトはHP吸収・カタストロフは石化)
ヒュプノバイト(眠り)・ドレインバイトは使いやすい。


  • トラッピング
カウンター技。
自分と両隣の仲間が攻撃された時にカウンターで大ダメージを与える。
本領を発揮するのは三竜のブレス等の全体攻撃に対してであり、1人がダメージを受けるたび発動するので複数回カウンターが可能。
ダークハンターの隠れた火力である。
Ⅱでは鞭でも使用可。



◆鞭スキル
剣と比べてクセが強めだが、ハマった時に強い。

  • アナコンダ
斬属性ダメージ+確率で毒付加。
鞭で一番クセのない攻撃スキル。
因みに本物のアナコンダに毒はない。何故この名前にした?

  • ○○ボンデージ(ヘッド・アーム・レッグ)
斬属性ダメージ+確率で対応部位(頭・腕・足)を縛る。
スキルの出が速いので先制で相手を縛ることも可能だが、成功率は平凡。

  • エクスタシー
通常時は普通の攻撃だが、相手の頭・腕・足3箇所全てが封じられている場合のみ特大ダメージを与える。
有効な状況が非常に限定されるロマン技。
Ⅱでは後述の「オールボンデージ」を使えば、1回はほぼ確定で決めることができる。
ある意味ダクハンというクラスを代表するスキル。
そして何より二次ネタに使われる美味しいスキル。なんてったってスキル名が「エクスタシー(意味:絶頂)」である。
エクスタシー」なのはダクハン自身なのか、それとも全身を縛られた敵のほうなのか。
君はここから想像を広げていってもいいし、広げなくてもいい。

  • ジエンド
一定以下までHPが減っている敵に当たると即死+HP&TP吸収というスキル。
条件を満たさない場合や耐性のある敵には普通にダメージ。
吸収効果は正直オマケ。
Ⅱでは即死条件が最大でHP55%以下(Lv10)と、HPの高い敵に対して強力。


  • オールボンデージ
Ⅱのフォーススキル。
敵1体の頭・腕・足の3箇所全て一気に縛るというもの。
特殊攻撃はどこかの部位に依存していることが多く、これが決まれば1~3ターンほど時間を稼ぐことができる。


追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/