ナマズギラー(ショッカー怪人)

登録日:2011/10/12(水) 13:22:43
更新日:2018/11/26 Mon 18:14:19
所要時間:約 2 分で読めます




行くぞ仮面ライダー!貴様の実力を試してやる!


所属組織:ショッカー
モチーフ:電気ナマズ
登場作品:『仮面ライダー
話数題名:第61話「怪人ナマズギラーの電気地獄」


【能力解説】
南米から一時日本に戻ってきた死神博士が、地獄大使に提供したナマズ型の改造人間。
パッチリした目は電気を帯びると発光する。
10万ボルトの放電ムチを武器とし狭いアジトだろうが戦闘員が居ようが構わず振り回す無鉄砲者。
仮面ライダーの抹殺だけを考える恐ろしい怪人。
鳴き声は「アラララララ!」と発する。


死神博士配下の怪人の為か、地獄大使には横柄な言葉遣いをする。
そんなナマズギラーに対しても怒るような素振りを見せない地獄大使の大人ぶりにも注目する回である。
声は関富也が担当している。


【仮面ライダー】
第61話にて行川アイランド地下のショッカー秘密基地に死神博士が南米から潜水艦に乗って一時帰国し、地獄大使にナマズギラーを提供する。
その間に地獄大使が洗脳した五郎に5万ボルトの電気を蓄積することで電気人間にし、立花藤兵衛等を襲わせるが本郷に見つかって失敗。
その後五郎が攫われたトンネルに本郷と滝が現れた為、今度は滝を拉致して電気人間にし本郷を襲わせるが、またも失敗。
相次ぐ失敗にならばと自らライダーを抹殺しようと放電ムチで苦しめるが、地獄大使がナマズギラーのボルトを上げたことで一気に電気が無くなり弱体化してしまう。
実はナマズギラーの電気は無限ではなく、太陽光線を塔に反射させて充電しなければならない為、太陽光戦を必死に求める。
だが、塔の反射板は藤兵衛達にロープで固定された為、結局充電できず最期は塔を蹴って繰り出したライダー反転キックが炸裂して爆散した。


【仮面ライダー11戦記】
秘密結社ガイストの再生強化怪人として復活。
ガイストの進めているKD計画について調査中のアマゾンに襲い掛かり、生体改造故に電撃のダメージを受けやすいアマゾンを苦しめる。
だが乱入してきた城茂に「こんな電気じゃ、おやつにもならないぜ。悪いが腹一杯になるまで吸い取らせてもらうぞ!」と電気を吸い尽くされ、電撃を使えなくなったところで大切断でトドメを刺された


【ゲーム】
PS2『仮面ライダー 正義の系譜』
V3編の敵キャラクターとして登場。
やはり狭い場所でも放電ムチを振り回す。
V3と戦い倒された。





―――追記・修正を怠る者には死、あるのみ。
この項目が面白かったなら……\ポチッと/