ハエトリバチ

登録日:2020/03/28 (土曜日) 22:22:55
更新日:2020/04/02 Thu 20:57:39
所要時間:約 ? 分で読めます





仮面ライダーは、汚い名前で呪われるのだ!


所属組織:ゲルショッカー
モチーフ:ハエトリソウ+ハチ
身長:166㎝
体重:51㎏
出身地:バルバドス島
声:山下啓介


『仮面ライダー』の第92話「兇悪!にせ仮面ライダー」に登場した怪人。


【概要】

食虫植物ハエトリソウとハチの能力を合体させた合成改造人間で、出身地はバルバドス島。
頭の右半分にハエトリソウが丸ごとくっついた、ちょっとバランスの悪そうな姿をしている。弱点は足がもろい事。
ショッカーライダーの最初のパートナー怪人で、アンチショッカー同盟の壊滅と首領の正体が記録されたコンピューターテープの奪取が任務。

最大の武器は頭のハエトリソウから発射する緑色の溶解液「ハエトリ液」で一瞬で人間を溶かしてしまう。
右手は毒針になっていて相手を突き刺し、取り外して投げて攻撃する事もできる。
作中では未使用だが、凄い力で相手を組み伏せる「ハエトリ固め」という技を使う。
頭のハエトリソウから出すのは相手の自由を奪う痺れ液とする設定もあるが、ハエトリ液と使い分ける事ができるのかは不明。
観葉植物に変身する事もできる。

ショッカーライダーとは共に訓練を行い、がっちり握手を交わすなど信頼関係があるように見えたが、に消えた後は特に心配されるような様子はなかった。

ショッカーライダーとの訓練を見たブラック将軍の判断によると、ショッカーライダーと実力は五分五分らしい。


【活躍】

改造人間の性能テスト用の囚人に、ハエトリ液を噴射して殺害。
そこに現れたショッカーライダーと実戦形式の訓練を行い、終了後ショッカーライダーと握手を交わして実力を称えあう。

アンチショッカー同盟を壊滅させるためショッカーライダーと共に出撃すると、ショッカーライダーからの情報でアンチショッカー同盟のメンバー・石神千絵を狙って襲撃する。
しかし、そこに本郷が駆け付け戦闘になるが、ライダーが千絵の救出を優先したためこの場では決着はつかず。

その後、ライダーと戦うショッカーライダーに加勢して2対1で攻め立ててライダーを断崖絶壁に追い詰める。
崖に掴まるライダーを蹴落としてとどめをさそうとしたが、ライダーに足を掴まれて共にに転落してしまった。
その後は登場せず、生死不明扱いとされる事もあるがおそらく死亡したと思われる。

第98話で復活。
パルパル遊園地で姿を現して撤退した後、ムカデタイガーエイドクガーと少年ライダー隊本部に乗り込んで藤兵衛やライダーガールズ達を人質に取る。
浜名湖の決戦では、2号と戦うも湖に投げ込まれて倒された。
ちなみに、今回も爆発はしなかった。


PS2ゲーム仮面ライダー 正義の系譜』にも登場。声は槐柳二。
仮面ライダーBLACKと戦い、ハエトリ液のほかテレビでは使わなかった蔓のでの攻撃を行う。またこれまでの怪人の似た攻撃と異なりハエトリ液はジャンプしてもかわすことができない。


―――追記・修正を怠る者には死、あるのみ

この項目が面白かったなら……\ポチッと/