一文字隼人/仮面ライダー2号

登録日:2011/08/30 Tue 15:35:04
更新日:2022/05/21 Sat 13:04:36
所要時間:約 6 分で読めます







「お見せしよう、仮面ライダー!!




『仮面ライダー』に登場するもう1人の主人公であり第2の男…
仮面ライダー2号

である。


この項目ではTV版の一文字隼人と仮面ライダー2号について記述する。

漫画やリファインなどの設定は以下のリンク先参照。


演:佐々木剛

【一文字隼人】

世界中を回っているフリーのカメラマン。女は撮らない主義。
明るく誰に対しても親しみやすい性格。
だが、報道をも超えた悪に対する怒りや悲しみは本郷と同等かそれ以上である。
柔道六段に空手五段の武闘派実力者でオートバイの腕も一流である。

その能力に目を付けたショッカーが捕縛し、「仮面ライダー」を抹殺する為の「更なる男」として本郷と同じバッタの改造人間にされてしまう。
しかし、脳改造前に本郷に助け出され脱出に成功。
本郷と同じく人類の自由と平和の為にショッカーと戦う事を決意。
仮面ライダー2号を名乗る。

余談になるが、一文字は宮城県に実在する苗字である。


【仮面ライダー2号】

一文字隼人が変身した姿で1号と同じバッタの改造人間。
「2号ライダー」または「一文字ライダー」という呼ばれ方をする。
性能は1号と同等だが、素体となった一文字隼人が高い格闘能力を持つために豪力を活かした戦闘スタイルで敵に立ち向かう。
この姿勢から「力の2号」の異名を持つ。


《旧2号》

姿は旧1号とほぼ同じだが、違いとしてマスクの中央や腕や脚の部分に白いラインがある。
ベルトは帯が赤く風車の部分にはシャッターが追加されている。
変身の際にこのシャッターが開き風車が回るという構造になっている。
色は深緑と黒で旧1号に比べれば若干明るめの配色である。
このスタイルはあまりにも体色が暗く、ナイトシーンにおける視認性に問題があった1号ライダーのリニューアル案として考えられたもの。
ただ、深緑の塗料はやや調達が難しかったらしく、旧2号編後半になるとマスクの補修には手に入りやすい黒の塗料が使われるようになり、次第に暗い色になっている。
スーツは旧1号の改造であり、ベルトもエピソードによっては旧1号のそれを流用している。
マスクはその後リペイントされ、桜島1号のものと併せて新1号に流用された。


《新2号》

1号と同じくパワーアップした姿。
新1号と同様の姿と配色だが、手袋とブーツは赤くなり、より力強い印象を増している。
また、横のラインも一本線と区別できる部分はある。
特訓によってパワーアップしたと語られているが明確な設定ではないので不明である。再改造を受けたとする説もある。
尚、客演時の際に新2号と新1号にはっきりとした区別を付けるためにマスクを何度か旧2号と似た黒いマスクの仕様にしていた。
RXでの客演時以降は元の明るいマスクに戻している。
なお、佐々木氏はバージョンアップにあたって手足が赤くなったことについて「補修にあたって使える塗料のストックが赤しかなかったので、仕方なく全部赤一色にした」と証言している。
スーツは旧2号を改造したものと、新1号の予備スーツを改造したものの2つあり、またマスクも本編で使用されたものは全て新1号の流用。


【2号の必殺技】

1号と共通した技が多いが2号ならではの必殺技もある。

《1号と共通した技》

2号の必殺技の中で最も多くの相手を仕留めた。必殺技を模索していた旧1号編に対し、ようやく絶対的な必殺技として定着を果たしたと言える。
ただし当初は「垂直に飛び上がり、前宙して蹴る」という一連の流れは完成しておらず、実にさまざまなパターンが生み出された。

  • ライダーパンチ
「力の2号」を象徴するような技。だがイメージに反してトドメになったのはカニバブラー、トリカブト、黄金狼男の三戦だけ。
ただし前者2体はライダーキックを耐えており、狼男には実験体の時点でライダーキックが効かなかったため、「ライダーキックが効かない相手をライダーパンチで葬った」ことになる。

  • ライダーチョップ
シンプルな技だが、技名の呼称が成されたのはスカイライダー客演時のウニデーモン戦のみ。

  • ライダー返し
柔道六段の腕前にふさわしい豪快な投げ技……だがこれによって仕留めたのは再生サラセニアンのみ。

  • ライダーきりもみシュート
新1号が多用した必殺技だが、2号もエイドクガー戦で披露。1号との違いは左肩で抱えて投げ飛ばす点。

《2号ならではの技》


  • ライダー卍キック
通常のライダーキックを爪のカウンターで叩き落としたアリガバリ対策のために滝との特訓を経て編み出した2号初のオリジナル技。
きりもみ回転が単に威力を増すためだけでなく、アリガバリのカウンター攻撃への対策となっている点が他のライダーの類似した技との大きな違いである。

  • ライダー回転キック
子供を轢き逃げしても何の呵責も持たない男が改造されたハエ男に対して使用した技。通常のライダーキックよりも大幅に前宙を増やした技であり、類似した技が1号にはないのも一際目立つポイントである。

  • ライダー反転スクリュー返し


《1号との合体技》

  • ライダーダブルキック
  • ライダーダブルパンチ
  • ライダーダブルパワー
  • ライダー車輪       ショッカーライダーを倒した


【専用マシン】

1号と同じく2号も専用バイクを持つ。

《改造サイクロン》

2号が最も使用したサイクロン。
日本を守る際に本郷に託されたバイクで旧サイクロンよりも性能が高い。
ベース車はホンダCB350

《新サイクロン》

サイクロンの全ての性能を最大限に活かすことができるバイク。
1号用に開発され、後に2号用の新サイクロンも開発され乗りこなしている。
ベース車はスズキハスラーで、ショッカーライダーNo.1が搭乗していたショッカーサイクロンをリペイントしたもの。
『仮面ライダー(新)』では劇用車が残っていなかったらしく、ポピーの出資で新しいものが用意されている。ただカウルの造形がかなりお粗末になってしまっており、ファンからは「ブサイクロン」だの「ダサイクロン」だのと呼ばれている

46話ではスノーモービルに乗って戦ったこともある。


【最近の客演】

物語終盤にて大ショッカーの軍勢に苦戦するディケイドとディエンドを救う為に 2号用の新サイクロンに乗り歴代ライダー達と共に駆けつける。
戦闘員や怪人達を倒していき、大ショッカーの幹部怪人ガラガランダを太陽の子天の道を行き総てを司る男の攻撃で怯んだ隙に1号とのライダーダブルキックで撃破する。
大ショッカーの野望を打ち砕いた。

この時の声は藤本たかひろが担当。


仮面ライダー生誕40周年記念作品にメインの仮面ライダーで登場。
1971年に1号と共にショッカーと戦っていたが、歴史改変により誕生したショッカーグリードに敗れて洗脳されてしまい、ショッカー最強の怪人としてオーズ達の前に立ちはだかる。
終盤人々の思いによって復活した歴代ライダー達と共に戦う。
1号と共にショッカーグリードに再戦し必殺のライダーダブルキックが炸裂、見事リベンジを果たした。
岩石大首領戦では新サイクロンに搭乗し仮面ライダーの40年の思いを結集させたオールライダーブレイクでショッカーの野望を打ち破った。

この映画で2号の声を佐々木剛氏本人が演じ話題となった。


伝説の7人ライダーとして登場。
1984年に放送された仮面ライダーZX特番の客演以来、およそ27年ぶりに黒いマスク仕様となっている。
声は藤本たかひろが担当。
※リンク先参照。


仮面ライダーSPIRITS

村枝賢一が再び連載を始めた漫画作品「新仮面ライダーSPIRITS」では番外編として本郷の旧1号時代と一文字が改造される前日談の2号誕生編が描かれている。
俺が「1号」?

そうだ。何故なら、俺が「2号」だからさ


また、一文字と同じく1号を抹殺するため死神博士に改造されたショッカーライダー(姿は旧2号と同じ)も登場しダブルライダーと死闘を繰り広げた。
ちなみにに本編での新2号は新1号と区別を付けるために黒いマスク仕様になっている。

へ…確かに…この体は兵器に違いねぇ…

だがなショッカー!!

こいつは貴様らを叩き潰す為に使わせてもらうぜ!!


【余談】

番組スタート直後の撮影中に起こった藤岡弘、が事故を起こして入院する、というアクシデントから生まれた存在。番組の存続にも関わるアクシデントをスタッフは2号ライダーの登場で乗り切った。

だが、実は佐々木氏は隼人役を引き受けた当時大型二輪の免許を持っておらず、そのため1号の特徴だった「バイクで走りながら風を受けて変身する」というプロセスが使えなかった。
そのため、苦肉の策として「ポーズをとって変身する」という代案で対処したのだが、結果的にはヒーロー性を強調し、子供たちの真似しやすいこれが大当たりし、令和ライダーまで続く伝統となった。
しかし、佐々木剛自身は「免許を所持していなかったから変身ポーズが加わったと説明は受けていない」と述べている。

ちなみにちびまる子ちゃんは一文字派である。

ウルトラマンタロウ』第52話「ウルトラの命を盗め!」に客演したウルトラマンジャックの手袋とブーツが赤くなっていたのは二号(新)の新衣装を意識したと言われている。

当初はなんと三浦友和氏が候補に挙がっていたのだが、所属事務所に断られたために幻のものとなった。
もし実現していたらその後の『仮面ライダー』の歴史も含め、どのような事になっていただろうか……


争いのない世界、
それが私の願いだ―

記者 一文字隼人



仮面ライダー/一文字隼人は改造人間である。
彼を改造したショッカーは世界征服を企む悪の秘密結社である。
仮面ライダーは人間の自由のためにショッカーと戦うのだ。




「ほほぉ…いい性能だな…」
「貴様の作戦目的とIDは!?」

正義
仮面ライダー2号








本郷
「いくぞ、一文字!」

一文字
「ああ、本郷!追記・修正だ!」


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年05月21日 13:04