グローザ星人 ヘルへヴン/リコモ星人 ケバキーア

登録日:2021/04/17(日) 10:37:51
更新日:2021/05/12 Wed 23:50:01
所要時間:約 8 分で読めます





イーヒヒハハハ!騒げ!怯えろ!ちっぽけな地球人共ッ!

余計なことをするな!デカレンジャーが来るぞ!!

来させるためにやってんだよ、それくらいなくちゃつまんねーだろ

クゥゥゥ!やめろ!!とっとと衛里香を捕まえるんだ!!


グローザ星人ヘルヘヴンリコモ星人ケバキーアとは『特捜戦隊デカレンジャー』に登場する怪人である。


概要

フラグラント星人の王家が持つパワーを大幅に増幅させるウェルネスストーンを兵器として売り捌こうと狙って共謀した2人のアリエナイザー
正確な関係はケバキ-アが事件の首謀者であり、ヘルヘヴンはウェルネスストーンの分け前で雇われた用心棒兼部下といったところ。

エージェント・アブレラから購入した怪重機・デビルキャプチャーを使ってフラグラント星人の王女・衛里香を誘拐して、彼女を人質にしてウェルネスストーンを要求する営利誘拐を企んだ。
だが利害一致のためだけで手を組んだため、暴れるのが好きな乱暴者のヘルヘブンと神経質で慎重派のケバキーアはあまりソリが合わない。

なおこのエピソードにてデカレンジャーのリーダーにして今までミスを犯さず常に完璧を求めるホージー彼とは真逆で単純なバンのコンビに焦点を置いており、こちらもコンビで悪事を働くという立ち位置となっている。


グローザ星人ヘルヘヴン


テメエらだけは絶対にこの世から消してやる!

CV:酒井敬幸

ドラマチックな一生を送る者が多いグローザ星出身のアリエナイザーで、すでに29の星で殺人を犯した逃亡中の凶悪犯。
ウェルネスストーンから得た利益の分け前でケバキーアに雇われたが、本来の目的をよそに怪重機で暴れたり、アジトで酒を飲みまくるといった典型的のチンピラであり、その大雑把で粗暴な性格から相方のケバキーアの指示通りに動かないことが多い。
興奮によって1.5倍に膨張した怒り肩を威嚇や攻撃に使用し、その他にも斧を武器にする。

グローザ星人の社会は肩が大きければ大きいほど良いという慣習があり、そのため全宇宙でグローザ星人より肩幅が広い宇宙人はアリエナイらしい。


リコモ星人ケバキーア


ようこそ!ボクの世界へ!!

CV:戸部公璽

住民全員が自分のホームページを持っているとされるリコモ星出身のアリエナイザーで、今回の誘拐事件の黒幕。
一人称「ボク」である知性派であり大雑把なヘルヘヴンにキレることが多いが、急に画面から顔を飛び出しておどかそうとしたり喋る時に顔をカクカク動かす素振りを見せるなど情緒不安定な一面がある。

リコモ星人は自分の体をデジタル化することでネット世界に入れる能力を持った種族であり、ケバキーアはその能力を悪用し自分の「家」であるノートパソコンに引きこもり、相手をネット世界に引きずり込んだり、左腕に付けたリモコンで電脳空間を思うがままに変えて自分によって有利なフィールドに変えることができる。*1
また、意外にも戦闘が得意な方でありを使った接近戦を行う。
しかし、リコモ星人は他の星の現実世界に出てしまうと体が崩壊してしまい、回復には20時間も必要でその間はコンピューターから出られないという欠点を抱えている。
そのためケバキーアは現実世界で行動する際にはヘルヘブンなどの自分の手足となる駒を使い、自分はコンピューター世界に引きこもっている。


活躍

Episode.03「パーフェクト・ブルー」

ヘルへヴンがコンピューターの中にいるケバキーアに代わって怪重機デビルキャプチャーを使ってパーティーに出席していた衛里香を狙い襲来。
しかし、ヘルヘヴンは衛里香の誘拐をよそに破壊を愉しむためにデビルキャプチャーでパーティー会場を荒らしまくりその結果デカレンジャーロボが駆け付けてしまい戦闘となるもケバキーアの指示によって衛里香を誘拐し逃走。
衛里香をケバキーアの隠れ家であるネット世界に監禁し、ヘルヘヴンがホログラム通信を通してウェルネスストーンを要求する。

その後のスワンの調査でウェルネスストーンがエネルギーを大幅な威力に変換する性質があることが判明し、ヘルヘヴンの目的がウェルネスストーンの兵器利用であることが判明。
バンは衛里香の命を優先して取りあえず要求に応じることを提案したが、ウェルネスストーンがアリエナイザーの手に渡れば幾つもの星が犠牲になることを危惧したホージーはその意見を却下。

いや、ウェルネスストーンが犯人に渡ればいくつもの星が犠牲になる

あの子を見殺しにしろってか!!

誰がそんなこと言った!

だってそうじゃねぇかよ!!

馬鹿!!俺達はプロだぞ、当然両方守るんだ!!


その後ホージーの作戦の元、ウメコが衛里香の父に変装し本物のウェルネストーンを持って行き、センとジャスミンがパトカーによる人質確保、バンとホージーが援護とデカライセンスを使った人質の本人確認の位置による陽動作戦を実行する。
そして人質の受け渡しの時、作戦は予定通りに実行されるが衛里香の本人確認の最中に突然デカライセンスの画面が乱れてしまう。バンはもう一回確認しないと提案するもホージーは作戦に支障が出る判断し衛里香本人であると判断してそのまま作戦を続行。

作戦は成功し、衛里香を解放しセンとジャスミンが運転するパトカーに乗せて安全な場所まで確保。

「どっちも渡しません作戦」大成功っ!

ギェアアア~!!大失敗!

人質を奪われ後が無くなったヘルヘヴンは大量のアーナロイドや自動操縦のデビルキャプチャーを召喚して応戦するもアーナロイド達は全滅しデビルキャプチャーも大破してしまう。

そして営利誘拐と22の星による大量殺人の罪でジャッジメントされデリートとなり、ホージーのストライクアウトを受け倒される。

これにて一件コンプリート!
スーパークールに…PERFECT!!

衛里香も無事に助けられウェルCTネスストーンも奪われずに済みこれにて一件落着と思われたが…

「どうもありがとうございました。」

「これが無事で心からホッとしています。」

なぜならこれが無ければ……帰れないからねぇボクの世界に

なんと衛里香の正体は変装したケバキーアだった。
デカレンジャーの動きに感づいたケバキーアは衛里香に扮してウェルネスストーンを自らの手で奪い取ることにしたのだ。先ほどのデカライセンスに生じた画面の乱れはその機能を乱す電波によるもの。
まんまと騙されたデカレンジャーを嘲笑いながらケバキーアはウェルネストーンとともにネットの世界に消えるのであった。


Episode.04「サイバー・ダイブ」


ウェルネスストーンの強奪に成功したものの衛里香に成り済ますために1度外の世界に出てしまったため20時間のインターバルが必要になったケバキーアは、エージェント・アブレラから注文したバーツロイド1体とアーナロイド数体に隠れ家のノートパソコンを運ばせようとする。

一方地球署のデカレンジャーは、リコモ星人ケバキーアの身元と20時間コンピューターの中にいなければいけないという特徴を掴み、スワンが開発した生身の人間でもデジタル空間に入れるデジタル変換装置によるケバキーアがいるネット空間への潜入と逮捕、そして今度こそ人質の衛里香の救助に踏み切る。

そのためドギーはバン・ジャスミン・セン・ウメコにケバキーアが棲んでいるコンピューターの捜索、ホージーにはネット世界でのケバキーアの居場所を突き止めるように指令するが、

自信がありません…

あの時俺はミスを犯した…俺は…プロ失格なんだ……。

バッカじゃねぇの!あんなミスくらいで!しっかりしろよ相棒!!

ケバキーアの妨害電波を見逃した事によって不測の事態を招いてしまったホージーは責任を感じひどく落胆する。そんな時でも一刻の猶予もないデカレンジャーはケバキーアの捜査に入るのであった。

バン達4人がジャスミンのテレパシー能力から得た残留思念の情報*2とセンの推理によってコンピューターの場所が池やタワーがあるプラネタリウムであることが判明するが、ホージーは失敗のショックから入力ミスを続けざまに起こしスランプに陥いり、ケバキーアの捜索は一向に進展していなかった。

そのことを聞いたバンは猛ダッシュで地球署に戻る。

何やってんだよ相棒!!

…すまん……。

スマンじゃねぇだろ!!!

スランプで陥りいつもの強気の態度のないホージーにバンは怒りのドロップキックを喰らわせる。

『相棒って言うな!』って言えよ!おい!!もっと偉そうにしろよ!!情けねぇぞちょっとミスったぐらいで!!


わかんねぇよ!!……俺なんていつも失敗続きだからな、んなこと落ち込んでるヤツの気持ちなんて全然分かんねぇよ!

そのままバンは「悩んでるお前よりは馬鹿でもやる気満々な俺の方が百倍マシだ!!」と吐き捨て自分が代わりにケバキーア捜索に挑むがパソコンの入力がまともにできず全く進展しない。
が、言いたいように言われたうえその姿を見たホージーの心は再び燃え始め…

そんなわけ…そんなわけ…あるかぁ!!

ひよっこのお前に何ができる!!いいか!腐っても俺は戸増宝児だ!!

スランプから脱したホージーは素早いデータ入力によってケバキーアのコンピューター世界での位置を特定。同時にデジタル変換装置が完成しバンとホージー2人がネット世界に入ってケバキーアのコンピューターに入り込むことに成功する。*3

突如自分のコンピューターの中に現われたホージー達に動揺するがすぐさま衛里香を人質にして2人まとめて始末しようとするも、バンの挑発に乗せられつい見せた隙を突かれ衛里香を奪還されてしまう。

その後は左腕のリモコンを使ってコンピューター空間をヘリポート→鉄道→車両用トレーラーの荷台と次々変えながら翻弄させるも、最後はバントホージーのコンビネーションによってリモコンを破壊され逆転され、最後は営利誘拐の罪によるジャッジメントでデリート許可を受けケバキーアは倒されるのであった。

ケバキーアの死によってコンピューター世界の崩壊とデジタル変換器の故障によってネットから出られなくなりかけたが、セン達がバーツロイドからケバキーアのコンピューターを手に入れたことで何とか現実世界から帰還する。

......が、エージェント・アブレラがケバキーアの残存データをデビルキャプチャー2のコンピューターに移植した事で復活する。

許さないぃぃぃぃぃぃ!!ボクを倒したヤツは許さないぃぃぃぃぃぃ!!!

怨霊の如くデビルキャプチャー2の体に乗り移ったケバキーアはデカレンジャーへの呪詛の言葉を叫びながらそのまま暴れ出すが、デカレンジャーロボによって右手を切断。最期はジャスティスフラッシャーを喰らって断末魔と共に怪重機もろとも今度こそデリートされた。


余談

  • グローザ星人ヘルへヴンの元ネタは『七人の侍』の監督として有名な黒澤明監督による映画『天国と地獄』*4、リコモ星人ケバキーアは引きこもりと秋葉系から。

  • ヘルへヴンが22の星で大量殺人を働いたことからデリートされるのは妥当ではあるものの、ケバキーアは営利誘拐の罪だけでデリート許可が出ている。
    これには
    「ケバキーアはコンピューターでしか存在しないことで長時間現実世界の刑務所に置くことができないから」
    「すでに滅んだ星ではあるものの、王族などの重要人物に危害を加えたことは重罪であるから」
    「リコモ星では自分たちの能力を悪用することは重い罪に問われることとなっているから」
    など様々な考察が挙げられている。

  • ちなみにケバキーアとは別のリコモ星人が『スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー』で登場してセンとウメコの結婚式に参列している。あれ?お前らそんなに現実世界にいて大丈夫なの?



許さないぃぃぃぃぃぃ!!ボクの項目を追記・修正したヤツは許さないぃぃぃぃぃぃ!!!


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年05月12日 23:50

*1 ケバキーアの住処である電脳空間は、奥の壁が巨大なテレビ画面になっている白い部屋といったもの。

*2 内容はドームのような物体、星空、高いタワー、水、数字の1と丸い点といったもの。バンはナイター中継と推理したが全然違っていた。

*3 当初はバンとホージーが自分が行くと言い争っていたが、面倒くさくなったスワンが2人同時に転送させた。

*4 こちらのストーリーも誘拐関連。