EZコレクション(トランスフォーマー)

登録日:2021/05/06 Thu 23:20:00
更新日:2021/06/08 Tue 23:19:17
所要時間:約 5 分で読めます




EZコレクションは、変形ロボット玩具トランスフォーマーシリーズにおける商品展開の1つである。
海外での展開における「リージョンクラス(レジェンドクラス)」及び、日本においては『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』期に展開された「サイバーバース」についても記述する。


概要

EZとは「イージー」、要はデラックスクラス以上で発売されているTFを簡易化、小型化した廉価版のことである。
大きさもある程度そろえられており、原作での大きさとはやや違和感が出るが、一方で並べた時の統一感はある。「コレクション」はそこからきているのだろう。
『ギャラクシーフォース』期に初めて発売され、それ以降のシリーズにもまたいで展開されている。

小型で安価な変形玩具という事もあって、マイクロンの後継商品と思ってもらえるとわかりやすい。最も、マイクロンと同時展開している作品もあるが。
違いとしてはマイクロンよりは多少大きいこと、そしてオリジナルのキャラクターであるマイクロンに対し、EZコレクションは既存キャラクターの廉価版という事である。

主な入手方法としては、単品販売、セット販売、ブラインドボックスでの販売、キャンペーンやイベントでの配布、果ては雑誌付録など。

海外では「リージョンクラス」あるいは「レジェンドクラス」と呼ばれていることが多い。日本と比べても単品販売されていることが多いのも特徴だろう。

先ほどから廉価版と言っているが、似たビークルでありながら変形パターンは通常版の省略ではなく独自の変形パターンを兼ね備えていることもあり、侮れない。
特にコンストラクティコンは通常サイズより先にロボットモードへの変形とデバステーターへの合体を両立した傑作である*1


商品展開

ここからは、主に日本国内での商品展開について記述する。

ギャラクシーフォース

ユニクロン三部作3作目である『ギャラクシーフォース』でEZコレクションが初登場。
初期ゆえか若干大きさが異なり、リージョンクラスより少しだけ大きい。
ちなみに日本でのパッケージは海外版パッケージに多少の変更を施したものである。

「マスターガルバトロン」は雑誌『電撃ホビー』の付録として配布されている。最も内容は「マスターメガトロン」の色違いに過ぎないが。

実写版1作目

2007年の『トランスフォーマー(実写版)』では、すばる堂(現タカラトミーアーツ)から食玩で発売された。

まだまだ黎明期であり、ディテールなどに甘さがみられるが、ラチェットなど、おもしろい変形をする商品もある。

リベンジ~アニメイテッド

実写版2作目『トランスフォーマー リベンジ』ではタカラトミーから発売。残念ながらブラインドボックスになっており、何シリーズか展開されている。

ジェットファイアーと合体できるリベンジ版オプティマスはオプティマスとしては特異的な変形ながら、以降のシリーズでも何回も使われ、10年たってもお目にかかる長寿型である。
ツインズやラヴィッジなど、変わり種も。

途中から『トランスフォーマー アニメイテッド』のEZコレクションも追加。実は本来はこっちの方が先に作られている。
アニメイテッド独特のカートゥーン調デザインがうまく落とし込まれていて出来がいい。

コンストラクティコンのみ、ブラインドボックスではなく個別で販売されている。

ダークサイド・ムーン

実写版3作目『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』では海外版に合わせて「サイバーバース」シリーズという名称で展開。いくつかの変更が行われた。

1つ目はデザインが大幅に洗練され、通常版と比べても見劣りしにくくなったこと、2つ目に従来の「リージョンクラス」とは別に大型の「コマンダークラス」が登場するようになったこと、3つ目に基地遊びが出来るようになったこと、4つ目に武器が追加され、3㎜ジョイントによりある程度のカスタマイズ性が追加されたことである。

youtubeで展開されている『トランスフォーマー サイバーバース』とは関係ない。名前被りはTFにはよくあること。

クロニクル

『トランスフォーマークロニクル』でのEZコレクションではG1デザインの商品が登場。目玉は小型ながらしっかりと銃に変形するメガトロンか。

途中からはG2や実写版の商品も登場している。

プライム

トランスフォーマー プライム』は海外では引き続き「サイバーバース」として展開されているが、日本では「EZコレクション」に戻っている。とはいえサイバーバースでのいくつかの変更点は健在。

基地遊びに関しては、日本ではアームズマイクロンと組み合わせて遊ぶことも推奨されている。大きさ的におかしなことになるが。

プライム終了後はG1を中心に展開されたが、続編となる『参乗合体 トランスフォーマーGo!』でEZコレクションとは書かれてないながらも同等の大きさである*2「ゴラードラ」(海外ではオボミナスとして発売)が登場している。

遊園地のアトラクション「トランスフォーマー・ザ・ライド」登場キャラクターである「イーバック」も何故かプライムのEZコレクションとして発売*3

ロストエイジ

実写版4作目『トランスフォーマー ロストエイジ』では、簡易変形シリーズ「ロストエイジシリーズ」に成り代わってしまっている…

一応海外では過去商品の再販がなされている。日本でも通常ラインの「ムービーアドバンスドシリーズ」でコンストラクティコン(デバステーターとしてセット販売)が再販され、驚いた人もいるだろう。
何故かゴラードラのジュララ(海外ではリッパースナッパー)が「グリムロック」として発売されているが。

アドベンチャー

トランスフォーマーアドベンチャー』では簡易変形が「イージーダイナミックシリーズ」として登場しながらもそれとは別に発売。海外でも「サイバーバース」シリーズから従来品に近い仕様に戻っている。
しかし、4体セットで4000円(1体1000円)とやたら強気な価格設定になっている。テレビマガジンなどの付録やキャンペーン配布などは一応行われているが…

なお、「EZコレクション」という名称はアドベンチャーを最後に使われなくなった。

最後の騎士王

トランスフォーマー 最後の騎士王』では実写版での商品展開が復活し、「ロストエイジ」登場キャラもようやくリージョンクラスで登場した。
スキャンした車種やデザインが変更されたオプティマスやバンブルビーは変わらず「ダークサイド・ムーン」以前のものが使われてるが。

しかし、日本ではトイザらス限定やテレビマガジンの付録でごくわずかに登場しただけである…

また、このころからより小型な「タイニーターボチェンジャー」シリーズが発売され(日本未発売)、アニメの方の「サイバーバース」ではそちら一択になっている。

バンブルビー

バンブルビー(映画)』では、「エネルゴンイグナイターズ」というシリーズの一環としてユニットと組み合わせて自動走行するギミックが付与された。
そして何より、リベンジ以来久々に新規造形オプティマスが登場している。

日本ではてれびくんなど、雑誌付録以外の入手方法はない。


余談

トランスフォーマーGTではEZコレクション限定キャラの「セーフティプライム」がイベント限定で配布された。
内容自体は一般販売されている「プロール」のリカラーだが、中学生以下限定であり、コレクターは入手に苦労するかもしれない。

映画バンブルビー以降、リージョンクラスの商品はバッタリなくなっている。もっとも、休止してから時間があまり経っていないので後々復活するかもしれない。

日本では雑誌付録という形であるが細々と展開を続けている。特に2019年刊行の講談社MOOK「トランスフォーマーファンブック」では980円(税抜き)で日本未発売のリージョンクラス2体が付録になった。
これはこれまでのTFの雑誌付録どころか、他コンテンツの講談社MOOKと比べても屈指のコスパである。完全に本がオマケ。
翌年の「ファンブック2020」では日本発売済みの商品でありながら、値段*4やリージョンクラス2つという圧倒的コストパフォーマンスは変わっていない。


追記・修正はEZコレクションをコレクションしている方にお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年06月08日 23:19

*1 リベンジ当時の通常版は変形するが合体しない単独版と合体するが個別の変形はない合体版に分かれていた。通常サイズでの変形と合体の両立は『スタジオシリーズ』になってようやく成し遂げられている。

*2 海外ではサイバーバースシリーズに入る。

*3 海外ではダークサイド・ムーンの商品として発売している。

*4 増税でわずかに高くなっているが。