ジャンプロープ チャレンジ

登録日:2021/12/06 (月) 18:17:58
更新日:2021/12/08 Wed 19:46:13
所要時間:約 3 分で読めます






なわがなくても「なわとび」ができる




ジャンプロープ チャレンジとは、2020年6月16日に任天堂から配信されたNintendo Switch専用のフィットネスゲーム。

概要

2020年の世間が新型コロナウイルスの感染騒動に揺れ動く中、任天堂が電撃的に突如として発表したゲーム。ただし、公式では「運動ツール」扱い。
2020年9月30日までの期間限定で無料配信という形でニンテンドーeショップからダウンロードが可能とされていた。

Nintendo Switch Liteでもゲームのダウンロードは可能だが、Joy-Conが別途必要になる。
Switch Liteでこのソフトをダウンロードすると、Joy-conの所持を要求する警告メッセージが流れる。
任天堂曰く、Stay at Home期間に少しでも運動不足の解消に役立つことを願って開発したらしい。
在宅勤務の中で製作したとのことで、短期間にUnityを利用して開発したことが明かされている。
Nintendo of Americaによると、ゲームエンジンであるUnityを用いて任天堂の社員が在宅のリモートワークで2ヶ月で開発したとのこと。

配信直後から瞬く間に話題となり、配信開始から3日間で世界中でジャンプされた回数が2億回を突破したことが公式Twitterで発表された。
無料という敷居の低さ、自粛期間という生活環境におけるゲーム需要の拡大、運動不足を感じる人々の多さ、このように様々な需要が集結した結果と言える。
また、本作の配信時は任天堂から発売されていた『リングフィット アドベンチャー』がヒットによる品切れ不足を起こして入手が難しい状況が続いていたため、とりあえず運動効果がありそうなフィットネスゲームということで代用品としての需要もあったようだ。

無料配信だけには終わらず、2020年7月2日には無料アップデートが追加で行われた。
ゲームの設定上限の引き上げやコスチュームシステムの強化などが実施されている。
2020年9月30日時点で全世界累計で25億回のジャンプ回数を達成するなどのアクティブユーザーが存在し続けていることを受け、無期限での無料配信の継続が決まった。

システム

Joy-Conを両手に持ちながら、縄跳びをするように手を回すことで画面のうさぎのキャラが縄跳びをし始める。
ジャンプをせずともひざの屈伸運動をしたり、ジョイコンを持った手をくるくる回すだけでもカウント可能。
屈伸運動や腕を動かすだけでも最低限の運動にはなるため、夜中や近所への配慮が必要なマンションでもプレイは非ジャンプでのプレイが推奨されている。
後に後進によって、腕を速く回すと疑似的な二重跳びの実現が可能となった。

Joy-Conのおすそ分けプレイによる2人での協力プレイも可能で、このプレイでは2人が跳んだ回数の合計が記録になる。
運動が苦手なユーザーでも他者との協力でジャンプ回数の達成を行えるという仕組みになっている。

ゲームのクリア条件的な要素はないが、1日に100回のジャンプの達成が目標として設定されている。
後のアップデートによって1日3000回までに目標上限の設定が可能になった。
また、ジャンプをするごとに犬や猫の鳴き声が鳴るという仕掛けも。

画面の背景画像やウサギのグラフィックなどを変更する機能もある。
ただし、ゲーム中に何かしらのBGMなどが流れることはなく、縄跳びを跳んでいる音(SE)だけが流れる実質的な無音状態である。

衣装

上述したようにウサギのコスチュームの変更が可能であり、トレーニングウェアやタキシードなどの衣装が用意されている。
後にアップデートによって任天堂キャラクターのコスチュームが追加されており、公式でも「どこかで見たことのあるコスチューム」と表現されている。
任天堂オールスターとも呼べるメジャーな顔ぶれの中、本作以前に登場した任天堂のウサギもいる。

◇アップデートによって追加されたコスチューム一覧

服装 作品
マリオ マリオシリーズ
ルイージ
ピーチ
クッパ
キノピオ
ワリオ ワリオシリーズ
リンク ゼルダの伝説シリーズ
サムス メトロイドシリーズ
しずえ どうぶつの森シリーズ
インクリング(ガール) Splatoonシリーズ
インクリング(ボーイ)
バイト バッジとれ~るセンター




追記・修正はジャンプロープ チャレンジで1日3000回跳んでからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年12月08日 19:46