キアイドー

登録日:2011/09/06(火) 20:59:54
更新日:2019/06/12 Wed 01:42:14
所要時間:約 4 分で読めます




赤き海賊の眼前に、過去より赤き刺客現る。

画像出典:海賊戦隊ゴーカイジャー第28話「翼は永遠に」より
2011年2月13日から2012年2月19日にかけてテレビ朝日系列にて放送/全51話
© 2011 東映・石森プロ・東映エージェンシー・テレビ朝日


CV.杉田智和
スーツアクター.今井靖彦

海賊戦隊ゴーカイジャー第28話「翼は永遠に」に登場したキャラクター。

概要

連戦連勝のキャプテンマーベラス率いるゴーカイジャーを倒すためバリゾーグが呼び寄せた宇宙一の賞金稼ぎ。
これまで150の賞金首を捕らえ総額1億ザギン(約360億円)以上を稼いだとされる。

細身のソードを武器に様々な宇宙の体術を駆使した戦闘を行い、全身を覆うアーマーは赤熱磁場でコーティングされ、あらゆる弾丸も弾き返す。
また強化改造により得た「動体視力強化アイ」と「ハイスピード筋肉」の併用により驚異的な速さと動体視力を発揮する。

さらに赤き海賊団時代のマーベラスを倒した経歴もある強敵である。



ここまでならTDN強者キャラであろう。

キアイドーが今までの強者キャラと違ったのは、










完璧にイカレたキャラ。









だったことである。

退屈をもっとも嫌うキアイドーは退屈しのぎのためならどんなこともいとわないヤツだったのだ。
先のマーベラスを倒した逸話もただ倒しただけではなかった。

マーベラスを圧倒的な力の差で蹂躙したキアイドーはいきなり「今のままでは退屈で死にそうだ……」と呟くはいなや。



「フンッ!!!」




自分の剣で自分の胸を突き刺したのだ


これにはマーベラスも目を見開いて見つめることしかできなかった。そして……。


「これでどうだッ! この胸の傷が俺の弱点となった!」


「ここを狙えば、勝てるかもしれんぞぉ?」


なんとキアイドーは退屈しのぎのために自らの体を傷つけたのだった。


なんだこのキ○ガイは……

よい子のみなさんは決して真似しないように!

この出来事から心にキアイドーへの恐怖を植え付けられたマーベラスは、しかし今の自分なら勝てるはずとタカを括っていた。
しかし同じように片手で一斉射撃を受け止められ、過去のキアイドーへのトラウマがフラッシュバックしてしまうのだった。

「弱い、弱すぎる。もっと楽しませてくれッ!」




キアイドーの圧倒的な力の差に打ちのめされるゴーカイジャー。

バイオマンの力・スーパーエレクトロンやマスクマンの力・メディテイションを使うも全てが跳ね返されてしまう。

マーベラスは最後の力を振り絞り胸の弱点を狙いゴッドハンド(レッドマスクの必殺正拳突き)を放つも……。


「ふぅ、甘い……ヘアッ!」


なすすべもないゴーカイジャー……。しかしキアイドーは、


「……逃げろ」
「見逃してやるといってるんだ。消え失せろ」


ゴーカイジャー達を倒すことなく逃亡を即し、見逃すのであった。









当然ワルズ・ギル殿下から怒りを買うキアイドーは、「この俺から逃げたという噂が立てばますます賞金が上がるだろう。豚は太らせてから食え、だ」と賞金稼ぎとしての矜持を口にする。





「所詮は金か、薄汚い賞金稼ぎの考えそうなことだ!」



「俺の虚しさを埋めてくれるのは金と戦い」
「それとも、この中の誰かが、退屈を紛らわせてくれるのか?」


この時、ザンギャックを不穏な空気が支配した。
キアイドーの獲物を見定めるような視線に身構えるバリゾーグとインサーン、怯える殿下。
そして極上の獲物を見つけたかのように溜め息をつくキアイドー、その視線の先にいたのはダマラスだった。



「ほう、お前なら楽しませてくれるかもな」


そして一笑するとキアイドーはその場を後にする。









ゴーミンを引き連れ再び地球に降り立ったキアイドーの前に現れたのは、かつての仲間を守るために帰ってきた戦士・結城凱だった。



「ほう、俺と遊んでくれるというのか?」



「ああ、楽しませてやるぜ。泣くほどな。」



「貴様が何者でも構わん。ただ強くあってくれればなぁ。見せてみろ!」


ゴーミンを斬りつけ鼓舞し、凱にけしかけるキアイドー。
ブラックコンドルに変身しゴーミンを蹴散らした凱は、キアイドーと互角の剣を交える!



「やるな、嬉しいぞ!」


キアイドーの激しい剣撃の前に押されるブラックコンドル。
その間に立ったのは、凱の戦う姿にジェットマンの大いなる力を感じとったゴーカイジャーだった!

再び剣を交えるキアイドーとゴーカイレッド=マーベラス。
しかしそこに過去の恐怖に負け、それから逃げるために大いなる力を求めた者の姿はなかった!






「ジェットマンで決めろ、ゴーカイジャー!」




ジェットマンにゴーカイチェンジしたゴーカイジャーの連続攻撃をその身に受けるキアイドー。
そしてジェットマンの真の力巨大な不死鳥の一撃をくらい倒されるのであった。

しかしそのときキアイドーはまるで満足したかのように高笑いを挙げていた。
もしかしたらキアイドーは死の瞬間に本当に退屈を忘れることができたのかもしれない。









フハハハ……、アーッハッハッハァッ!!!





◇余談

モチーフは『タコ』とスター・ウォーズの『ボバ・フェット』
スーツはモモタロスのものを改造流用したものである。


『テレビマガジン』2011年12月号の付録DVD「オールヒーローなんでもBEST5」では、担当声優の杉田智和氏が数々の特撮作品を紹介してきた。
しかし、ゴーカイジャーの紹介の時にいきなりキアイドーに話をふりやがったのだ。


杉田
「いかがでしたか、キアイドーさん?」

キアイドー
「強かったぞゴーカイジャー、また戦いたいものだ。フフフ…ハァーッハッハッハ!」


勿論杉田の一人芝居である。
杉田、いや、キアイドー自重しろ。







追記・修正は150の賞金首を捕らえ1億円を稼いだ方がお願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

添付ファイル