パムーン(金色のガッシュ!!)

登録日:2011/05/07 (土) 00:17:19
更新日:2020/04/07 Tue 13:10:11
所要時間:約 3 分で読めます






「ラララァァアアイ!!!」
「ラララララララァイ!!!」



パムーンは金色のガッシュ!!の登場人物。
本編の千年前に開催された魔界の王を決める戦いに参加した魔物の子の一人。
CV:松岡洋子

本の色:ライトイエロー(レモン色)
パートナー(現在):
ランス(CV:安澄純)
パートナー(千年前):
シェルビィ(CV:佐藤晴男)

ゾフィスが石板から復活させた千年前の魔物で、中でも強力な魔物としてガッシュ達の前に立ち塞がる。

多数のファンネルのような星型の武器を自在に操り、術もほとんどがそのファンネルもどきを介して放たれる。





以下ネタバレ





デボロ遺跡内部の戦いにて、仲間と離れ離れになったガッシュウマゴンの前に立ち塞がる。当初は千年というブランクをうめるため、地下に姿を隠してファンネルもどきを操っていた。


千年前、石のゴーレンを相手に勝利目前まで迫ったが自身の甘さから形勢を逆転され石板に封印されてしまう。

その間の石の呪縛への恐怖からゾフィスに服従していた。
ガッシュ達との戦いでは四天王と呼ばれるに相応しい実力で彼らを圧倒。
実質勝利する。
が、ガッシュ達との戦いを通して「ガッシュの強さ」と「自身の弱さ」とを認め、またガッシュの言葉で1000年間の孤独から救われたため、ゾフィスからの離反を決意。
ガッシュへの協力を宣言したが、ゾフィスの不意打ちにより本を燃やされてしまう(この時清麿はゾフィスが魔物達を操る根拠に関して、ある確信を得る)。


それでも




「地位になんの価値がある?」


「てめえの小汚え口から出た地位が、どれほどオレを助けた?」


「何も助かっちゃいねえ…石から戻されても何もな…」



「オレを正気に戻したのはこいつの言葉だ!」



最期までゾフィスに言葉を浴びせるも二度目のラドムで本を更に燃やされ、魔界へと送還された。




なお、清麿が発見し色々と「自由な発想」で調べていた石板はこのパムーンが封印されていた石板である。




「やはり貴様、あの時の屈辱の――!」




案の定ブチ切れました。
ちなみにアニメ版ではティオと布団で添い寝してもらっている。 


その後クリア・ノートとの最終決戦で再登場、ガッシュに加勢する。




<使用術>

●ファルス
姿を現す前に使用していた術。特有の武器(以下星と表記)から直線のレーザーを放つ。

●ファルガ
貫通力の高い強化版ファルス。

●ファシルド
星を介してピラミッド型のバリアを張る防御呪文。ファンネル・バリア。

●デーム・ファルガ
星からレーザーを放射し続ける術。組み合わせて格子状のレーザーカッターのようにしたり、位置を固定してのMAP兵器化も可能。

●エクセレス・ファルガ
X型の大出力レーザー。

●オルゴ・ファルゼルク
全身に星を纏う肉体強化呪文。強化呪文をかけたガッシュとウマゴンを同時に相手取るパワーを持つ。
その上、エネルギーを纏った星を鞭のように伸ばし相手を拘束する事もでき、その拘束力も強化術の掛かったガッシュとウマゴンを同時に封じるほど。
更に、相手を拘束した状態で他の術が発動可能という地味にチート術。

●ディオガ・ファリスドン
ディオガ級呪文。星を円周状に集め、回転を与えた強烈な大出力のレーザーを放つ。
劇中では上記のオルゴ・ファルゼルクで拘束して一纏めにした清麿たちに上空から照射したが、
強化術が解けたことで身体が縮み拘束から抜けたウマゴンによってギリギリで清麿たちが直撃は免れた。

●ペンダラム・ファルガ
パムーンの最大術。星を模した5つの顔を持つ巨大なエネルギー攻撃を放つ。バオウさえも打ち破る強力な術
完全版のおまけコーナーではシン・クリア・セウノウスのような意志を持つ呪文であることが判明。ビョンコ&アルヴィンペアやパートナーのランスとともに千年間の孤独で傷ついたパムーンを慰めていた。 


●フェイ・ファルグ
自身や他の人間・魔物などを宙に浮かせる術。

●ファルセーゼ・バーロン
クリアとの最終決戦でガッシュの金色の本に現れた術。
「シン」ではない。
星を大量に召喚する術だが効果に関しては不明。作中ではビクトリームの術の発射台として用いられた。






「このパムーンが教えてやろう…追記・修正が生みだす良項目もあるということを!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/