加藤一二三

登録日:2011/09/10(土) 07:11:12
更新日:2021/07/02 Fri 00:22:35
所要時間:約 6 分で読めます




直感は、百ひらめいたうち九十五くらいは正しい。残りの五か六を読むわけです。でも迷ってから無理に考えたときは駄目です。直感のほうが正しいですね



生年月日 1940年1月1日
出身地 福岡県嘉麻市
師匠 南口繁一九段 → 剱持松二八段
タイトル獲得合計 8期
優勝合計 23回
あだ名 ひふみん 神武以来の天才 一分将棋の神様
洗礼名 パウロ


加藤一二三は将棋の棋士であり「神武以来の天才」と評される。なお、神武以来(じんむこのかた)とは日本建国以来のという意味である。
特徴的な名前もさることながら、その個性豊かな性格と言葉の数々から多数のファンがいる。
通称「ひふみん」は本人も公認の愛称。
「加藤一二三九段」を「加藤1239段(千二百三十九段)」と意図的に誤読してネタにされることも多い。
ちなみに囲碁界には「3717段」がいた事があるが、ひふみんは十段のタイトルを取って「12310段」だったこともある。

敬虔なカトリック教徒でもあり、ローマ教皇に謁見もしている。
1986年にはバチカンから、聖シルベストロ騎士勲章を授与している。
つまり棋士であり騎士でもある。
史上初の中学生棋士であり、2016年まで62年間最年少プロ入り記録を持っていた。
また、唯一の3世紀の生まれの棋士と対局した棋士である。

他にも
全ての昇級の最年少記録
  • 最年少A級 18歳
  • 最年少A級陥落 21歳
  • 最多A級昇級(降級) 5回
  • 最年少A級返り咲き 22歳
  • 最年少名人挑戦 20歳
  • 順位戦でのデビューからの4期連続昇級
  • A級順位戦最多勝利 149勝
  • A級順位戦最多対局 313局

と多くの記録を持っておりその実力の程が窺える、…がA級なのに勝率は3割台であるためA級に5回も昇級するという珍記録を持っている(普通の一流棋士は一度A級になったら長期間居座る)
棋風は半世紀に渡り居飛車党で数多くの定跡の発展に貢献し、相居飛車戦での急戦の戦法は「加藤流」と呼ばれるものがあり、多くの棋士が使用している。
棒銀の使用率が多く周りの流行に流されず常に棒銀を使い続けている。*1
棒銀を指すのは「作戦負けになる事は無いから、負けるパターンは途中で判断の誤りで負けてしまう。判断の誤りを無くせば勝てる」
常に最善の一手を考えるためもち時間がすぐになくなる。六手目に2時間程長考をしたり1手に7時間かけたこともある。


ひふみんといえば食事の面でも有名である
一般的に対局中の棋士は極度の緊張状態にあり、あまり食が進まないのが普通とされているがひふみんは

  • トースト8枚に2倍のオムレツ、それにホットミルク、ミックスジュース、コーンスープ。飲み物は全部2杯ずつ
  • 王位戦の昼食に、すしにトマトジュース、それにオレンジジュースとホットミルク、天ざるを注文、3時にはメロンにスイカ、ホットミルク3杯にケーキ、を注文し食べる。(対局相手の米長も蜜柑お盆いっぱいを注文)
  • 十段戦で、米長との蜜柑食い決戦、記録係が「蜜柑臭くて死にそうです。」と助けを求める。
  • 鍋焼きうどんとおにぎりを3個注文したが、塾生が間違えて3個パックを3つ購入。しかし特に問題無く完食
  • 食事は基本的に昼夜同形。昼が特上寿司なら夜も特上寿司。昼が鍋焼きうどんにおにぎり9個なら、夜も鍋焼きうどんにおにぎり9個(と林檎ジュース7本。この時ひふみん69歳)
  • バナナは房からもがずに食べる。対局中にも十数本のバナナを房からもがずに完食。
  • おやつに板チョコ10枚。
  • チョコレートは明治の昔からあるタイプのものしか食べない。無いときは対局中でも隣町まで買いに行く
  • タイトル戦でケーキを3つ注文。対局相手と記録係の分も頼んだ思っていた周囲は、一人で3つ完食するのを見てびっくり。
  • 対局中に目の前で板チョコを食べるひふみんに対して、米長は「俺にも食べさせてくれないか」と申し出て、分けてもらって二人で食べたことも。
  • 75歳にして夕休憩で定食を2つ同時に食べる
  • 他の棋士もひふみんの食事が気になるのか、奨励会員の人がメニューを聞きにいくときはシーンとしずまりかえる

などという逸話を残してきている。
最近は冷やしトマトがお好みらしい。


またひふみんの食事として最も有名なものがうな重であり、ポケットにはうなぎ代2100円が2セット用意されていた。
立会人を務めた時、千日手になりそうになって関係者が夕食の心配をしているのを見て「食事は、簡単に食べられるうな重あたりがよろしいのではないですか」という言葉を送ったことも。


対局時の奇行も有名であり

  • 加藤「あと何分?」→記録係「残り〜分です」を繰り返す。(「もうありませんって言ってんだろ!」と、ぶち切れた記録係もいたらしい。)
  • テレビ東京の30秒将棋に出場したときも「あと何分?」
  • 他人の対局でも「あと何分?」
  • 立会人でも「あと何分?」
  • 解説に出てきても「あと何分?」
  • 駒を勢い良く打ちつける(飛車を真ん中から割ったことも)
  • 盤を割ったことがある。脇息を割ったこともある。
  • 空打ち
  • 空咳
  • ズボンを膝立ちになりずり上げる
  • 相手の後ろに回り込み腕組みして盤を見下ろす(先後同形でも行う)。局面の上下を逆転させることを「ひふみんアイ」と呼ばれるようになる。
  • 駒に触る(相手のも)
  • 対局中に賛美歌を歌う
  • エアコンの温度設定を22℃に設定、対局者に24℃まで上げられるが、19℃まで下げ直して対局。
  • マイストーブを対局室へ持ち込み、対局者に向けて対局
  • テレビの対局で投了するような形勢になったが、解説が面倒くさいので粘って戦っていたら、逆転勝ち。
  • テレビ中継中の対局で待った→相手と大喧嘩
  • 名人戦で詰みを発見して「ウヒョー!
  • NHK杯戦(羽生善治対中川大輔)で解説役を務めた際、最終盤で中川の玉のトン死(急転直下で羽生の勝ち)の筋に気づき、「あれー?!あれ、あれ、あれ、待てよ、あれ、あれ、おかしいですねぇ?あれ、もしかしてトン死?えと、こういって、あれれおかしいですよ。あれー、あれ、あ、歩が三歩あるから、あれ、トン死なのかな?えー。これとん死?トン死なんじゃないですかねー?(中略)大逆転ですね。たぶん。これは詰んでますよ。ですねきっと。ヒャァー。」を連発。
  • タイトル戦の最中におやつを買いに外出
  • 一分将棋の神様だからか一分将棋の対局中にトイレに立つ
  • はさみ将棋で負けたことに気付かず指し続ける
  • 対局相手とエアコンのON・OFF合戦を繰り広げる
  • 対局中に対局場の庭の滝を止めるよう要請(複数回)
など様々な事を対局中にしている。

また、対局中でなくとも

  • ネクタイが異常に長い
  • 手紙に30枚ぐらい切手を貼る
  • 感想戦で二歩
  • 解説で解説をせずに一人で納得
  • 解説に解説が必要なときがある
  • 詰め将棋のヒントを求められ 「まず王手をします」(詰め将棋は王手しか出来ません)
  • 自戦記、「私は・・と指した。すると、・・と受けた。私は・・とした。(以下繰り返し)」
  • 自戦記で「キリスト教について」の話が出てきたり、いきなり「聖アウグスティヌス」の話が出てくる
  • と言うか自戦記の半分ぐらいがその話
  • 無人島に持って行きたいもの「羽生さん」
  • 森下卓九段との対局前に眠れない→ワイン飲む→眠れない→快勝!
  • 自宅マンションそばで野良猫を餌付けしたため近隣住民より提訴されて敗訴
 (ただし、餌付けの理由は避妊手術を野良猫に施すためであり自費でやっている)。
  • 野良猫に対して「ハロー」と挨拶
  • 師匠を逆破門
  • 対局姿勢について将棋連盟会長の二上達也九段から直々に注意を受ける


…これらの常人には計り知れない行動・言動の数々も人気の秘訣なのかもしれない。
「ニコ動最年長アイドル」という名誉な(?)称号も得ている。

なお、フランスの将棋掲示板でも人気があるらしい。

数々の記録、盤上・盤外で伝説を打ち立て、ファンを楽しませてきたが
2017年1月11日 順位戦(名人戦の挑戦者決定リーグ戦)の規定により引退がほぼ決定。
予定されている棋戦での対局が全て終了した時点で引退することとなった。
引退決定後も、最年長勝利記録を更新したり、史上初の通算2500対局を達成するなど意気軒昂である。
6月20日の竜王戦6組昇級者決定戦で高野智史四段に敗北。同日をもって現役引退となった。

通算成績は史上最長62年10ケ月
最終的な通算成績は 対局数2505、1324勝1180敗1持将棋
対局数と負数は歴代一位、勝数は歴代三位で棋士生活を終えた。


追記・修正は旅館の庭の滝を止めた状態でお願いします
この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年07月02日 00:22

*1 棒銀は初心者にも使いやすい戦法なのだが、プロともなれば対策があり対策を取られると勝率が今一つになりやすい。