ユェン・ソイレン


「私に力を貸して・・・!」

名前:ユェン・ソイレン(水蓮 由縁)
年齢:18歳
職業:宇宙統一同盟軍超鋼兵部隊大尉
性格:穏やかで寡黙(だが一度話し出すと止まらない)
趣味:歌を唄う事、ピアノ
乗機:超高機動剣闘機ガイスレィ
コメント:「この機械の身体がみんなの役に立つなら・・・」

甲機洋祐(現・カツキ洋介)氏製作のオリジナルキャラクター。
現在は氏のHPの移転・リニューアルに伴い公開停止。

ユェンは「超脳力兵士計画」で生み出され、唯一人正常に生き残った人間である。
その後、保護された施設で彼女は健やかに育てられたが、常に戦争の悲しみと隣り合わせに生きて来た。
戦争を憎みながら成長した彼女は16歳の時に「戦争を終結させる」ため、「ガイスレィ」への搭乗と自らの改造手術を志願する事となる。
そのため、神経系等を中心に彼女の身体の50%は機械化されている。
スプライトの原型は恐らく『RB餓狼伝説』の不知火舞だと思われる。
ボイスは対戦格闘ゲーム『サイキックフォース2012』のパティとウェンディーのものが使用されている。


性能

高い機動力、やや隙が大きいがあらゆる状況に対応できる必殺技に、
ゲージを一本消費する代わりにあらゆる局面で使える万能の割り込み技「クラッシュガン」を持つ優秀なキャラである。
必殺技が豊富で派生技も多く、ド派手なエフェクトのおかげで見ていて飽きない。
MUGEN初期のキャラでありながらデフォルトでAIを搭載しているのも見るべき点である。
しかし火力面で問題を抱えており(後述)、AIも現在見られるような高精度のものではないため、あまり対戦成績は芳しくない。
また、残念な事に現在は公開されておらず、最終的な完成度は63%でストップしている。
つまり現在のユェンは本気の63%で戦っているのだ!
彼女が100%の力で戦えばどんなキャラも太刀打ちできないに違いない…。

立ち回り性能は優秀だが、実戦では火力の低さに足を引っ張られてしまう。
どうやらデフォルトでattackの数値が42とかなり低く設定されている事や、コンボ補正が若干キツい事が低火力の原因らしい。
技の威力そのものはそれほど悪くないのだが、コンボに組み込んだ途端に火力がガタ落ちする。
彼女の代名詞とも言える3ゲージ技「モータースレイヤー・プラズイットディバイダー」はその最たるもので、
単発で当たると体力の5割を吹き飛ばすのだが、コンボに組み込むと3割弱にまで落ち込んでしまう。
さらに言うと、同じコンボに2ゲージ技(単発火力は4割程度)を使った場合でも3割強は持っていくので、
ダメージのみを考えた場合コンボに3ゲージ技を使う必要性は全くない。
また、デフォルトAIはダメージ源である超必殺技を上手に扱えているとは言い難く、
火力の低さをより強く印象付ける一因となっている。
尤も、立ち回り性能が非常に優秀だからこそバランス調整のために意図的に火力を下げてるとも言え、
総合的な強さは並キャラ程度なので一般的な格ゲーキャラとも良い勝負ができるが。
attackを100にすればその見た目に違わぬ超高火力となる
42のままでも意外と火力ある…?

製作者曰く「戦略攻撃型」なので、優秀な立ち回りでペースを握り続けて戦うのが想定された戦い方なのだろう。
本来は飛び道具系の技が更に充実するロボット形態「ガイスレィモード」を搭載する予定だったようだ。
+ 本wiki初公開、これがガイスレィモードの性能だ!
飛び道具系の技が更に充実するロボット形態「ガイスレィMk2」。
ただし当たり判定が拡大し、移動スピードが落ちてしまう上、敵の攻撃を1度でも食らうと解除されてしまうので注意が必要。
ECHOフィールドによるブロッキングを駆使して必殺のモータースレイヤーを狙えッ!
技名 コマンド 備考
レーザーバルカン A 万能対地バルカン砲
ジェノサイドナパーム B 対地ミサイル
GXマグナム C 短距離剛拳
変身解除 X 変身解除
ECHOフィールド Y 全方位ブロッキング
オーバークラッシュキャノン(Lv1) Z 広範囲クラッシュガン
プラズイットチャージ S ゲージ溜め

ゲージ技 コマンド 備考
ブライテックテリトリー(Lv1) 236236+A 絶対不可侵の領域を展開
プラネットブレイカー(Lv2) 236236+B 超巨大レーザーナックル
モータースレイヤー「レジェンドオヴインパルス」
和名=神魔皆罰・天震地滅剣(Lv3)
236236+C 光剣ブン回し

しかし、前述の通りこのモードが搭載されていない現在の彼女は、その力を63%しか引き出せていないのである…。

必殺技の名前もエフェクトに負けず劣らず派手なものが多く、
「和名&カタカナ名」という独特の(少年漫画的な?)ものが多い。
一例として彼女の3ゲージ超必殺技は、「モータースレイヤー・プラズイットディバイダー」と、
「閃剣絶刀・蓮牙征月断(センケンゼットウ・ハスガセイゲツダン)」の二種類がある。
ちなみに氏はファイルの中に英語の説明書も同封しており、そこでは「メガ・モータル・スラッシャー」という名で紹介されている。

なお、ユェン製作中止の理由を後述の動画でのコメントのような粘着・荒らしなどのせいだというコメをたまに見かけるが、そういうわけではないらしい。
彼女を主人公とするweb小説『閃鋼機ガイスレィ』の関連ファイル数が増えすぎた(1000以上だとか)ためという可能性もあるようだ。
そもそも最終更新日は2001年、ニコニコが存在しないどころかMUGENの知名度がまだ低かった時期である。
言うまでもないが、後述のようなキャラを中傷していると取られかねないコメントは(例えそれがネタのつもりであっても)控えるべきである。

製作者氏のHPで配布されていたものとそれ以外のものではAIが違い、立ち回りが大きく異なる。
後者のAIは某掲示板にて配布された無断改変物であり、製作者氏は改変許可を出していないので注意。
早期に公開が停止された事もあり、今まで知名度は低かったが、
某トーナメントに出場した事で認知度は上がっているようだ。
……が、その際視聴者の増加に伴い、その90年代を思わせる派手な演出を「恥ずかしい」と評する声も出てくるようになり、
それがいつしか定番ネタのようになってしまった。
恐らくはゲージMAXシングルトーナメント【Finalゲジマユ】がネタの初出である。
当然ながらキャラと製作者に対して失礼な行為であり、この過剰なコメントがユェン製作中止の原因になったと考える人が今も多い。
世代によってはむしろど真ん中ストライクの演出でもあるので、コメントの際は恥ずかしいと称されるのを嫌がる人もいる事をご一考願いたい。

2010年にはおまけの人氏による外部AIも公開された。

  • お勧めコンボ
コマンド 備考
5B→5B→ECHOブレード→JA→JB→JC→インパルスブリット 5Bが離れているとJA→JBが繋がらない事がある。受け身が早い相手の場合はJCで止める。
近5C→派生5C→派生J2C→派生J6C 近5Cは2ヒットさせてから派生5Cに繋げるとダメージアップ。
スタンブラスト→空ダJC→5B→5B→ECHOブレード→(やや前進してから)近5C→派生5C→JB→JC→インパルスブリット ノーゲージで火力は3割程度。近5Cの拾いは高すぎるとJBが当たらず低すぎると派生5Cが当たらないので注意。
ガトリングスライダー→バーチカルクラッシュガン ゲージ1本使用で1割減るか減らないか。これこそユェンの真骨頂。
ECHOブレード→インパルスディザスター インパルスディザスターへの繋ぎは猶予がかなり短い。ゲージ2本使用で火力は3割強。これこそユェンの(ry
ECHOシステムビット×3→(最後のビットのレーザー2ヒット目か3ヒット目に)モータースレイヤー・プラズイットディバイダー ビットマーク3+ゲージ3本使用。相手のライフを8割強消し飛ばす驚異のロマン連携。ビットは攻撃を受けると壊れるので死守しつつ相手のガードを崩そう。

出場大会

+ 一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
凍結
削除済み
非表示

出演ストーリー



最終更新:2024年04月07日 10:57