当真未亜


「お兄ちゃんの体中から、あの女の匂いがするよッ!!」

戯画から発売された18禁爽快アクションファンタジー『DUEL SAVIOR』のメインヒロイン。「とうま みあ」と読む。
後に製作されたファンディスク『Xross Scramble』『オトメクライシス』にも登場している。
CVはPC版は歌織女史。PS2版は 下屋則子 女史。
通称「キモウト」

平和な世界に住んでいた当真未亜と義兄の大河(両親とは死別しており兄妹二人暮らし)。
ある日の下校途中、とある事情から散らばった本を片付けている時に古ぼけた赤い本を拾う。
だが、突然光と共に根の世界「アヴァター」(剣と魔法のファンタジー世界)へと飛ばされてしまう。
「アヴァター」は救世主を必要としており、2人は他の救世主候補達と学園生活を始めるのだが……。

お兄ちゃん大好き人間だが、あまり素直になれない。大人しい性格で、甘え上手。
戦いにおいても救世主になるためではなく、大河を守るため戦う。
一人称は普段は「私」だが、少し興奮したりすると、自分のことを「未亜」と言う。
女の子のことで暴走する大河を止めるしっかりした一面もあるが、女の子に言い寄られている大河に嫉妬することが多い。

+本編ネタバレ
その心の中では彼女自身でさえ気付いていない欲望が渦巻いている。
彼女の心の劣等感や嫉妬や憎悪は、自身を大切に扱ってくれる大河への愛情という名の執着心として変質し、
幼少時に複数の男子生徒に輪姦(大河の救出により未遂)されかけたことによって爆発した女性的ヒステリックと結び付き、
破滅的な爆薬として彼女の精神の奥深くに閉じ込められた。
異世界であるアヴァターに召喚されたことにより、不幸な元の世界から逃げ出すことが出来たと感じていた彼女であったが、
アヴァターにおいても不幸に連続して見舞われた事によって世界を憎み、世界の破滅を願うようになる。

召喚されたのは事故によるものだと思われたが、実は白の書(敵側からの召喚)によって見出され召喚された白の救世主。
「真の救世主候補」である白の救世主として覚醒した彼女の能力はそれまでの物とは完全に別次元であり、
現実で核兵器に相当する威力のレベリオン(極大レーザービーム)を正面からやすやすと受け止め消滅させる程である。
また、このビームの反撃により街を一つ壊滅させている。
精神的にも遠慮や自制心といったものを捨て去ってしまっている。
一時は大河の抱擁によって落ち着きを取り戻すものの、その際にヒロインの一人、リリィの体臭を大河から嗅ぎ取ったために逆上。
自身と大河以外の全てをこの世界から破壊し尽くし、二人だけの楽園を創造するために暴走を開始する。

選択肢によってはラスボスとなる。戯画の妹はラスボスという系譜はここにも受け継がれている。

召喚器は光の矢を放つ弓「ジャスティ」。
また、白の救世主として覚醒すると、ジャスティの形状が代わり性質も格段とパワーアップしている。
追加シナリオにおいては本人も知らなかった大河との血縁の事実が明かされる。

(以上、Wikipediaより引用・改変)

+キモウトの所以
  • 兄の側にいるのは当然だと思っている
  • 兄が他の女にちょっかいを出そうものならクドクドガミガミ
  • 兄に近づく女に激しく嫉妬する(一応、内に秘めはする)
  • 兄に媚薬を盛り逆レイプ
  • 兄に近付くクラスメイトの女を全員石化させて抹殺しようとする
  • 兄と関係を持ったリリィを実力行使で亡き者にしようとする
  • 兄と二人だけの世界を創造するために世界を消滅させようとする
  • 兄をオカズに幼少時から自慰行為をする
似たような別の表現を使うとヤンデレ
冒頭の「あの女の匂いがするよ」に連なる長台詞はキモウトの集大成と言えるだろう。

また、『Xross Scramble』のパッケージにもデフォルメながらその片鱗が垣間見える。
……戯画は狙ってやったのか?

ちなみに、「キモウト」という言葉は現在では(エロゲー界隈において)汎用的に使われており、
未亜はその代表例として君臨しているが、言葉としての起源は未亜ではなく『永遠のアセリア』の高嶺佳織である。
とは言っても佳織は病んだりしていない真っ当な妹キャラなのだが、
妙に立ち絵のバランスが悪かったことから「(立ち絵が)キモい妹」→「キモウト」という流れで発生したとされている。
これが原因か定かではないが、囚われのヒロインという重要ポジションにも拘らず人気投票で最下位になってしまった。
なお、PS2版ではグラフィックが描き直されている他、続編でもデザイン変更されたことを、本人の名誉のために追記する。


キャラクター性能

弓を武器として戦う遠距離キャラ。
矢の発射溜めにより、矢の発射数増加や矢に特殊効果を付与することが可能。
これにより敵に接近させずに倒すのが理想的。
横一列に敵が並んだ時はレーザービームのような矢により一掃出来る。
その反面、囲まれた際の乱戦は苦手。
また、白の救世主として覚醒した未亜も独立した別キャラクターとして存在しており、
覚醒前の未亜の超必殺技通常技として使用可能になっていたりと凶悪な性能を誇る。


MUGENにおける当真未亜

Iwakick氏による『Xross Scramble』のスプライトを用いたものが存在。
MUGEN1.0以降対応版も同梱されている他、AIもデフォルトで搭載済み。

『Xross Scramble』を元に若干のアレンジを施したとのことで、弓がメインとなる遠距離キャラとなっている。
通常攻撃のリーチはあまり長くないが、密着ヒット時はチェーンコンボによりエリアル始動のニュートラル中まで繋げ、空中コンボに持ち込むことが可能。
最大ゲージ数は5だが、超必殺技はいずれも1ゲージ消費と燃費が良く、主に矢の大量発射、連射、上空から雷矢の連続発射などが使用可能。
地上ダッシュや空中二段ジャンプ、そして若干上昇する空中ダッシュも可能と、機動力も中々のもの。

特殊システムとして原作の攻防ゲージをアレンジしたものを搭載しており、
ラウンド開始時は最大1ゲージまでストック可能でゲージ増加量は時間経過のみだが、
敗北後次ラウンドで1ゲージを追加して最大2ゲージまでストック可能となる。
「GIGA CANCEL」というドリームキャンセルのような超必殺技を超必殺技で繋ぐ際に消費する。
また、体力が減少すると『餓狼MOW』のT.O.P.IN風に防御力が30%上昇する他、
アルカナフォースのような喰らい抜けも1ラウンドにつき1回使用可能。
また敗北後の次ラウンドより、T.O.P.INまでは防御力が5%上昇する。

この他に「1ラウンド取得時・未亜のライフ3割以下・相手のライフ半分以下」の条件を満たすと、
3ゲージ消費で高速に放たれる光の矢による一撃必殺技が使用可能となる(read meの技名では「光の矢」ではなく「白の矢」と明記)。
なお、ヒット時には主題歌の「Fatally」が流れる。
即死が使用された動画(ネタバレ注意)
8:16~
5:28~
3:12~

出場大会

プレイヤー操作



最終更新:2021年08月05日 00:25