パラガス


「パラガスでございます」

映画『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』に登場するキャラクター。
CVスレイヤーなどでお馴染みの家弓家正氏。
ゲーム『ドラゴンボールヒーローズ』や映画『ブロリー』では、『ONE PIECE』のゲッコー・モリア、ジンベエ(2代目)を演じた宝亀克寿氏が担当している。
ファンからの呼び名は「親父ぃ…」これは作中で気持ちよく寝ていたブロリーの第一声から由来する。

あの伝説の超サイヤ人・ブロリーの父親であり、
かつて生後間もないブロリーの異常なまでの戦闘力を恐れたベジータ王(ベジータの父親)によって親子共々打ち捨てられる…が、
フリーザの襲撃で惑星ベジータが崩壊した際にブロリーの超サイヤ人としての能力が覚醒し、すんでのところで死の淵から逃れる。
だがブロリーの戦闘力と凶暴性は成長するにしたがって制御しきれないほどに増大していき、
あるとき暴れるブロリーを制止しようとした際にパラガスは片目を潰されてしまう。
(この時、普通の人間なら激痛で発叫しているはずだが、
 彼は『DOORどわっ!』と叫んだだけでその後は潰された左目を抑えながらも暴れるブロリーを見据えており、案外精神力が強いことが分かる)
その後タコ科学者にブロリーの気をコントロールする装置を開発させ、ブロリーを制御することに成功したパラガスは彼のパワーを利用し、
北の銀河で最も美しい惑星・地球を本拠地とした帝国を建設して、全宇宙を支配しようと目論む。

手始めに自分たち親子を手にかけたベジータ王の一族であるベジータに復讐するため、あらかじめ南の銀河をブロリーに破壊させ、
グモリー彗星の接近によって崩壊の運命にある星を「新惑星ベジータ」に仕立て上げ、
好戦的なベジータに"伝説の超サイヤ人とのバトル"をダシにして彼をそこの王に迎えるという大芝居をうつ。
このため銀河のいたるところからならず者を兵として集めたり、
惑星シャモをブロリーに襲わせその民を奴隷として従わせ、宮殿と見せ掛けの廃墟までつくらせた。
邪魔者をここで戦わずして消し去り、地球をほぼ無傷で手に入れることを計算に入れたまわりくどい一石二鳥の策であった。
いかなる手段によってか、宇宙に居ながらにして未来人であるトランクスがベジータの息子であること、
カカロットが地球では孫悟空と言う名前であるということ、その悟空がバーダックの倅であることを調査済みだったりと、
情報収集能力と人脈作りは驚異的である。
制御状態のブロリー(戦闘力1万未満)よりは強いようだが、自分で直接動かず策を弄することを得意とするのはサイヤ人には珍しいタイプといえる。
アニメコミックスでは「野望に満ちた策略家」と称されている。

しかし、孫悟空が「南の銀河を破壊したサイヤ人」の気を追った結果惑星にたどり着き、ブロリーと居合わせる。
そしてパラガスも知らなかったブロリーのカカロット=悟空に対する本能的とも言える憎悪が爆発。
制御装置をもってしても抑えきれず、ついに「伝説の超サイヤ人」へとなったためにパラガスの手に負えなくなり、彼の計画はとん挫してしまう。
そのためブロリーを置き去りにして、グモリー彗星衝突による崩壊までいくばくの余裕もない新惑星ベジータからポッドで脱出しようとするが、
そこをブロリーに見つかり、ポッドごと押しつぶされ死亡。そのまま空の彼方に投げ飛ばされてしまった。
+一人用のポッド
後述するようMUGENにおけるパラガスに深く関連するためここで解説する。
サイヤ人が一般的に使用する丸型宇宙船で、ツフル人の技術を奪って用いている。
(ただし、GTに登場したツフル人の生き残りであるベビーは、ある日ツフル人の星にこの宇宙船が雨あられと降り注いでサイヤ人が襲来したことを証言している)
悟空も赤ん坊の時にこれで「飛ばし子」として地球に送り込まれてきた。
何度も使用することが可能で、ギニュー特戦隊のポッドはナメック星に来たあとヤードラット星に飛ぶようプログラムされていた。
また悟空が送り込まれてきた宇宙船は大型化して悟空がナメック星へ行くのに使われたが、後にフリーザの宇宙船を見た悟空が
「乗ってきた宇宙船とほとんど同じだ」と言っているのでフリーザ軍の共通規格のようだ。
モチーフは『西遊記』の花果山の岩が産んだ卵と人類初の有人宇宙飛行に成功したボストークカプセル。
宇宙船なのだから勿論相応に頑丈ではあるが、武器は搭載していない、はずなのだが……(後述)
初めの方では物腰柔らかい落ち着いた態度が目立っていたものの、
息子のブロリーの力を自らの野望のため利用する、惑星シャモの住人を奴隷として連れて来て食べ物もろくに与えずこき使う、
グモリー彗星が接近しつつあるのを観て狂喜、それを見ていた部下のモアをエネルギー波で殺害、惑星崩壊の際には一人だけで逃げようとするなど
本質的には野心に加えてサイヤ人らしい凶暴さ、残忍さを併せ持った人物である。
とはいえ、ブロリーに対しては赤ん坊だった彼の処分が決定した際に
「ブロリーの戦闘力は、将来ベジータ王子の役に立ちます!!」と叫んで彼の助命を嘆願したり、
新惑星ベジータから逃げようとした際にも「かわいそうだが…」と口にしており、親としてそれなりの情は抱いていたであろうことがうかがえる。

後に『復活のフュージョン!!悟空とベジータ』において
あの世とこの世の混乱で地獄から蘇った悪人たちの1人としてほんのわずかながら登場している。

グリーンランドで上演されたアトラクションショーにもまさかの親子出演。
とぼけたキャラで観客に笑いを与えた。
最後は苦しむブロリーを連れて帰るなど、親子の仲は悪くないようだ。
「もしかして…壊れたのかお!?」

2018年公開の映画『ドラゴンボール超 ブロリー』にも登場。
自身はエリート戦士であったが、まだ赤ん坊であるブロリーがその秘められた力を危険視したベジータ王により辺境の惑星へと飛ばされる。
パラガスはそれを追ってたどり着き、そこでフリーザ軍の一員、チライとレモに助けられるまでの41年間、親子で生き延びていた。
そして地球に降り立つと、ベジータ王の息子と邂逅。復讐を果たすべく、ブロリーにベジータを倒させようとする。
長い間孤独な惑星で恨みを募らせてきたせいか、本作のパラガスは旧劇場版に比べてより深く復讐に囚われており、
息子であるブロリーへの接し方も復讐を果たす為の『道具』とみなしているという側面が強調されている。
ブロリーが幼いころから来るべき復讐の時に備えて過酷な訓練を課し、思うようにブロリーが動かなければ制御装置*1を使った折檻も厭わない。
いわば、自分の私怨の為に子供にスパルタ教育を施すダメな父親として描かれている。
本作では序盤の41年前のシーンでは旧作に近い姿だが、現代では白髪の老人姿となっている。
超によるとサイヤ人は80歳を超えると老化すると言われているため、恐らく40歳ほどでブロリーの父親になったのだと思われる。意外と晩婚だったのかもしれない。
戦闘力は4200と、老体でありながら関連書籍で公表されているナッパ(4000)を上回る数値。
ブロリーと何十年も訓練を続けてきただけあって、エリート戦士の名に恥じない戦闘力を持つ。
+その顛末
仇敵であるベジータ王の息子にブロリーをけしかけたまでは良かったが、その後悟空も交えた三者の戦いはパラガスの予想をはるかに上回るレベルへと激化。
「ベジータ王の言っていた事は正しかったかもしれない」とパラガスに思わせる程に、ブロリーは暴走を続ける。
しかし、その様子を観察していたフリーザはブロリーの戦闘力を更に引き上げようと画策。
かつてクリリンを殺された悟空が怒りで覚醒した出来事をヒントに、戦いを見守る事しかできなくなっていたパラガスを奇襲。
そのフリーザの攻撃によってパラガスは即死する。
パラガスの死を知ったブロリーは錯乱し、フリーザの目論み通り超サイヤ人へと覚醒する……。
以上、あまりにもあっけない死に様であった。息子に手ずから引導を渡された旧劇場版とどちらがマシであろうか……。
ゲームにおいてはデータカードダス『ドラゴンボールヒーローズ』に参戦。
モアを始末したエネルギー波に「デッドパニッシャー」というやけにかっこいい名前が与えられている。
逆に言えば現時点ではこれしか必殺技がないが。

「自分の子供に殺されるとは…これもサイヤ人のさだめか…」


ニコニコ動画でのパラガス

映画本編ではシリアスな背景を持ち、且つ重要なポジションの悪役だったのだが
如何せんまともに戦うシーンがなかったせいかゲームなどの登場にも恵まれず、どちらかといえばマイナーな存在だった。

しかしネット文化が盛んになった昨今では映画そのものにツッコミどころが多かったことで話題に上る機会が増え、
それに伴いパラガスへの注目も集まり始める。
そして家弓氏の演技による渋い声や妙に味わい深い独特な台詞回し及び空耳ネタ、
迫りくる股間、逆再生ネタなどで人気を確立していったパラガスはブロリーMADにおいても欠かせない存在となっていった。
原作と違って、親子仲はまずまず(?)なことが多い…が、
超サイヤ人化したり、おとなのおねえさんに夢中になったり、ロリータ帝国を築こうとするなどやりたい放題した挙げ句
そのツケを払わせられるかのようにブロリーによるポッド潰しの刑にかけられる…というのが定番。要するにオチ担当。
また、パラガスの死亡フラグともいうべき一人用のポッドだが、乗り込む描写があれば他のキャラクターも潰されたうえで投げられることがある。
ポッドがBB素材化されてからは誰もが放り込まれるようになった。
本来トラウマになりそうな壮絶な場面だったのだが、最早同シーンは笑いなしでは見られない。

彼の台詞を編集した「親父ロイド」のほか、MikuMikuDanceのモデルまで創られてしまった。さすが親父ぃと褒めてやりたいところだ!
やがて何を間違ったのか「 マジキチパラガス素材シリーズ 」なるものが派生してしまった。
親父ぃ…そして彼に魅せられたパラガスト達、何処へ行くんだぁ?

「シュワット!!」(正確には「しまった!!」)


MUGENにおけるパラガス

ディグダクラッコの製作者であるわにわに氏(旧名:どん氏)によって製作、公開されている。
常時一人用のポッドに乗ったまま戦うのが特徴で、一見のりもの系のキャラに思えるがアーマーを持たないため攻撃を受けるとのけぞる。
というかのりもの系とされるキャラと比べてみた場合、その要素はポッドに乗っているということくらいか。
同氏のブロリーとは専用の特殊イントロがあり、原作とは真逆の熱い展開を見せる。
「ブロリーが俺のコントロールから外れ、伝説のサイヤ人になってしまった以上…
 親の私がなんとしても止める!!」
「一人用のポッドでかぁ?」

ポッドにはパンチグローブやチェーンソー、キャノン砲などが装備されている。キャノン砲を装備するとまるでボール
そのほかシャモ星人やならずものをストライカーとして呼び寄せる。
攻撃すると爆発するじいちゃんは、飛び道具を持たない相手には厄介な代物だったが2011年8月以降のバージョンで削除された。
また、ダッシュ(転がる)し続けるとスピードが増していき体当たりで相手にダメージを与えられるが
中の自分にも負担がかかるらしく体力がどんどん減っていき、0になるとKOになる仕様だった。
「自分の乗り物に殺されるとは…これもサイヤ人の(ry」

2011年8月の更新で仕様が大きく変更され、「ならずものファング」などの設置技がオミットされたほか
ダッシュで転がらなくなり体力が減少することもなくなった。…見た目はすごいシュールになったが。
依然素の状態では全体的に心もとない性能だが、追加された新技「弾きだしたデータインストール」で各必殺技を強化することで
大幅に性能が向上するので一気にたたみかけることも可能になる。
しかしゲージと体力が自動減少し、ゲージが0になった時点でしばらく動けなくなってしまうので使いどころを考える必要がある。

超必殺技では顔だけ大猿化して口から光線を放ったり、銀河のいたるところから集めたならず者たちが押し寄せてきたり、ブロリーがポッドを潰して投げつけたりする。
後者はブロリーがポッドを潰して投げ飛ばすシーンのカットが入り、
戦闘画面に戻ってしばらく時間が経つとポッドが高速で飛んできて相手に大きなダメージを与えるが、自分の体力は0になっている
画面に現れるまでに上下に操作でき、敵に当たって倒せればすんでのところで一命をとりとめるが、命中して倒せなければ自分が死んでしまう。
ちなみにこれまでの記述を見ればわかるがパラガス自身が攻撃する技は殆どない。まあ原作でもブロリー任せだったからしょうがない

現在は削除されたマイリストコメントによると当初はビリリダマを作っていて、
それが進化系のマルマインになり、そしていつの間にかパラガスになったらしい。
まあどちらも"丸い"ということは共通してるし、さほどおかしい話でもないかもしれない。

……などと、その様な事があろうはずがございません。

牛獅子氏、亞氏によるAIが存在したが現在は入手不可。

2013年9月28日に再びリメイク、再公開された。

2013年10月28日にめそっぷ氏のAIが斧ロダで公開された。10段階にレベル調整が可能。

またSustina氏が「多分エイプリルフールキャラ」として
「MK(MajiKichi)-Paragus(マジキチパラガス)」(パラガスSTでも可)を作成している。
グラフィックが上記の「マジキチパラガス素材シリーズ」で構成されており、凶悪な性能を持つ。

「これで、お前は私のモノだ…。
 後でじっくり調教して、私の言うことしか、聞けぬようにしてやる…」

出場大会

出演ストーリー


*1
本作での制御装置は旧作のようなコントロール装置ではなくもっとシンプルな電気ショック装置であり、その痛みによってブロリーを支配していた。世が世なら立派な虐待である。

添付ファイル