高坂桐乃







「バッカじゃないの!?
    アンタさー、生きてて恥ずかしくならないワケ?
    もう死ねば?」



プロフィール

身長:165cm
体重:45kg
学年:中学2年生
BMI:16.53
スリーサイズ:B82/W54/H81
バストサイズ:D
CV:竹達彩奈

伏見つかさ著、電撃文庫のライトノベル『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(通称:「俺妹(おれいも)」)に登場するヒロイン。
主人公にして語り部の高坂京介の実妹。

県内でトップクラスの進学校に通い、陸上部では期待のエース。
更には雑誌の専属モデルを勤め、友人も大勢いるなど、表向きは文句のつけどころのない美少女。
しかしその実態は美少女ゲームやアニメ、ゲームをこよなく愛する筋金入りのオタク
世間体を気にして、誰にもオタク趣味を打ち明けられず悩んでいた所、
偶然に京介に秘密を知られてしまい、それまで冷戦状態であった兄に人生相談を持ち掛けたことから物語が始まる。

妹もののギャルゲーをこよなく愛しており、プレイしながら奇声をあげたり、ベッドを転げまわったり、
京介に推しのゲームをノートPCごと押し付けて一通りやるよう強制的にノルマを課すなど、
一度バレてタガが外れてしまうと色々とアレで残念なことになった。
しかも、押し入れの秘密のスペースには本来は買ってはいけないR-18のエロゲーも山積みになっている。
なお、この事実が警察官である父に発覚した際には当然のように家族会議が開かれ、大変な修羅場となった。
みんなも年齢制限はちゃんと守ろう!
因みにこれらの軍資金は自身のモデルの仕事で稼いだお金を使用している。

類が友を呼ぶのか、元々仲のいい読者モデル仲間や、オフ会で知り合ってぶつかり合いながらもだんだんと打ち解けていったオタク仲間など、
仲良くなる相手はなぜか大変アクが強い人物ばかり揃っている。
そして濃い人物たちの軋轢の中で割を食うのは、当然我らが主人公である。ラノベゆえ致し方なし…

本項冒頭の暴言台詞や立ち絵からも察しが付くように、かわいいのは外面だけで登場人物のほとんど(特に女性陣)との仲は険悪。
アニメ版では兄や同級生への暴力と金に汚い描写に加えて竹達女史の演技も相まって生々しさが加速した。
この影響か、竹達女史が演じる某アイドルが中の人ネタでボディーブローされるイラストが多数投稿されたり、
ニコニコニュースで行われた「悪役以外で嫌いなアニメキャラ」のトップ3になるなど、
特にツンデレの大半がツンなキャラ性に抵抗のあるファンからの反発も少なくなかった。
また、同じ理由でランクインしてる女性キャラも数名がMUGEN入りしているが、ここでは伏せる。

+ネタバレ注意
実は幼い頃から実の兄である京介に惚れている
陸上をやっている理由も「兄の背中に追いつきたかったから」、というのが原典。
のだが、ある女性からその想いを否定された事で京介から距離を置くようになり、それがやがて冷戦状態になった。
妹もののギャルゲーに執着するのも、「ゲームの中なら兄と妹でも結ばれる」からである。


電撃文庫FIGHTINGCLIMAXにおける高坂桐乃

素早い動きと様々なコスプレで戦う、傍若無人なトリックスター。
予測不能な行動で元気良く駆け回り、相手にラッシュをかけて翻弄する。
セガの宣伝隊長コスプレもあるぞ。
(以上、公式サイトより)
尚、ラブコメもののラノベ出身なので、当人に特殊能力だとか戦闘能力はない筈なのだが、
まぁそこは格ゲー補正なのだろう。女子小学生も殴り合いに参加してるし


MUGENにおける高坂桐乃

  • kohaku氏製作版
MUGEN1.0以降専用。
電撃FCのスプライトを使用しているが、製作者のオリジナルシステムを使用しているため、
原作と同じような感覚で使おうとするとやや戸惑うかも知れない。
性能は火力の低さを機動力の高さで補う形になっている。
飛び道具対空技・突進技の三種の神器持ちの為、比較的誰が使っても扱いやすいと言える。
デフォルトAIは搭載されていないが、ホルン氏、shao氏がAIを製作している。
どちらも細かい性能の調整ができる。
下はyoutubeのキャラ紹介動画(非最新版)


これ以前にも国内でゆ~とはる氏によって原作再現仕様の桐乃が製作されていた。
しかし、司波深雪の製作動画削除を受け、氏の意向で公開及び紹介と動画使用や外部AIを禁止したためニコニコ動画での出番は絶望的。
が、しかしこの度2017年12月26日に解禁宣言となり、めでたく再公開された。なお後述通り「動画使用の際は自己責任」という条件が新たに付け加えられている。

2017年12月現在、ある程度年月が流れ、kohaku氏などによりアレンジ版が製作されたことによって再び電撃FCのキャラを動画で見かけるようになった。
桐乃も今後は目にする機会も増えていくことだろう。
しかし、版権キャラ故に権利者権限で削除される可能性が消えたわけではないことに注意。

出場大会

  • 「[大会] [高坂桐乃]」をタグに含むページは1つもありません。


添付ファイル