レインボー・ミカ






「レインボーッ!」

  • 出身地: 日本・北陸地方
  • 生年月日: 3月15日
  • 身長: 168cm
  • 体重: 62kg(ZERO3)、70kg(V)
  • スリーサイズ: B97 W72 H93
  • 血液型: O型
  • 好きなもの: ザンギエフ様のプロレス理念
  • 嫌いなもの: 年下の礼儀知らず
  • 趣味: 砂浜ランニング・指立て伏せ・首ブリッジ
  • 特技: 大食い
  • キャッチコピー: リングの一番星(ZERO3)、七色ボンバー(V)
  • CV: 竹内順子 (ZERO3)、 五十嵐裕美 (V)


ZERO3
プロレスラーとしてのデビューを
ひかえた、レインボー・ミカ

期待の新人として売り出すべく
考え出されたプロモーションとは

名のあるストリートファイターと
野試合をして世界を巡るというもの

「リングの星」を目指し
ミカはプロへの一歩を踏み出した


ストリートファイター』シリーズのキャラクター。初出は『ストリートファイターZERO3』。
後に『ストリートファイターV』にもプレイアブルキャラクターとして参戦している。


キャラクター設定

本名は七川美華
中学卒業後、女子プロレスラー「ハルマゲドン陽子」
勝利ポーズで登場するスクーターに乗った女性。腰を痛めて引退)に弟子入りし、徹底的に鍛えられる。
タッグパートナーは「大和・ナデシコ」(カプコンシークレットファイル表紙に登場)。
プロレスラーの大先輩であるザンギエフのファイトスタイルに理想を見出し、彼に憧れを抱いている。
『ZERO3』ではデビュー戦を控え、武者修行とプロモーションを兼ね、
更には憧れの赤きサイクロンとの対戦を夢見て、ストリートファイトの世界へと飛び込んでいく。
その実力は高く、彼女を「レスラーの巡業」と馬鹿にしていた神月かりんを実力で認めさせ、
「有名になったら、スポンサーとなる」と約束させた程である。

新人レスラーながらトップスター顔負けの華やかなコスチュームと、長い金髪のツインテールがトレードマーク。
性格は典型的な熱血系スポ根体育会系で、語尾に「~っス!」を付けるのが、特徴。
ただしこれは年長者に対してのみで、年下のさくらユーリユーニいぶき
あと何故かジミーちゃんに対しては態度が違う。このあたりが良くも悪くも体育会系である。
更には涙脆くもあるらしく、憧れとのザンギエフのバトル後には感動して、
「今日この感動を三代末まで語り継ぐですっ!!」と、号泣もしていた。
勝負に勝つと、嬉しさのあまり、バンザイしながらピョンピョン飛び跳ねる。可愛い。

外部出演は『STARTLING ADVENTURES 空想3×大冒険』。パッケージにも登場している。

(以上、Wikipediaより転載・一部改編)

プロレスラー故にかなり派手な見た目の彼女だが、上記のように声優が少年キャラを演じることが多い方で独特の口調のため、
実際見てみるとイロモノと呼ぶほどではないが、お色気よりも元気さが印象強く、色々な意味で健康的なキャラである。

「時代が早すぎた」「今出せばもっと人気が出る」と言われ続けた彼女であるが、『V』にて初期キャラクターとして再登場。
担当声優が変更され、ボイスも可愛らしい路線に変わった。
「性的過ぎる」との理由でβ版では実装されていたクリティカルアーツで尻をパシンと叩く演出が規制されるなどの逆風もあったが、
当初のコンセプト通りの活躍を続けている。
また、所属している鰯ヶ浜日本女子プロレスの設定が大幅に掘り下げられた。

また、最強クラスの戦闘力を持つと思われる。色々と、デカい。しかもその戦闘力でもってして、ボディプレスも使う
そして腹筋に至っては、数多くいる女性キャラ(ミス・ファッティは脂肪なので除く)の中で、ぶっちぎりでふとましい。*1
胸の大きさや格闘に耐え得る筋肉のことを考えたら、彼女等の体重や肉付きの方が適正だと思うのだが
(貴重なBMIが標準である22前後(『ZERO3』)、25前後で筋肉質(『V』)の女性キャラである*2)、
現在の格ゲー界では、まだまだ稀有な存在であるだろう。
???「すげえよミカは」
一応『V』では、ミカを含めた女性キャラが軒並み10kg近く増量しているため、ミカ以外も標準体重にはなっている。

『ZERO3』における彼女のエンディングに出てくるザンギエフ様は、相当なイケメンである。憧れるのも、うなずける。  
ちなみにザンギエフは後に、「日本人女性と結婚した」とされる非公式設定もあるが、そうなるともしかして…?と思わせる話である。


キャラクター性能

ザンギエフと同じく、多彩な投げ技を持つキャラではあるが、「フライングピーチ」等の、ヒップアタックを中心とした打撃技も多い。
というか、投げキャラの割には投げ技の範囲はそれほど広くはないので、投げより打撃にウェイトを置いた戦闘を要求される。
また、技も発生まで遅いか、発生後の隙が大きいと全体的にリスクを伴うものが多く、立ち回りがかなり難しい。
以上のことから、キャラランクでは最下位クラスとされている。ただし、通常技は癖があるものの、使いやすいものが多い。

『V』では大幅に性能にテコ入れが入り、尻もちがなくなり使いやすくなった「シューティングピーチ」以外は全て投げ技というピーキーな性能に。
相手を画面端に投げる打撃投げ(特殊技扱い)である「情熱ロープ投げ」や、EXシューティングピーチなど相手を画面端に追い込む能力が高く、
また、Vトリガーで相方である大和ナデシコを乱入させるツープラトン技によりガード方向を惑わせたり択にフォローをかけるなど、
攻めに特化した性能となっている。ヒールレスラーでもないのに乱入して良いのかは不明


MUGENにおけるレインボー・ミカ

+ 悪咲3号氏製作
  • 悪咲3号氏製作
氏の引退により長らく入手不可であったが、現在は2022年4月の活動再開に伴い再公開されている。
悪咲氏お馴染みの『CVS』アレンジなミカ。
吉村かば夫氏の協力もあるため、揺れが増加している。プルルンッ!
カプエスのシステムやエフェクト、もちろんグルーヴも搭載されている。
また、技についても改編が行われており、超必殺技「サーディンズビーチスペシャル」が削除され、
代わりに某主人公裏ボムを彷彿とさせるオリジナル超必殺技が搭載されている。

AIは未搭載だが、ホルン氏による外部AIが公開されている。
恒例のコンボ・立ち回り・反応・ガードレベルに加え、ブロッキング・ジャストディフェンスの使用頻度やグルーヴ設定が可能。
想定ランクは強との事。
この他、かつてはsyuri氏及び蓬莱氏のAIも存在したが、いずれも現在は入手不能。

+ Fido氏製作
  • Fido氏製作
現在は入手不能。
氏が製作しているMXシリーズの1キャラ。
エフェクトが美麗かつ派手になっており、さらにブロッキングとジャストディフェンスも装備している。
が、ガードゲージが搭載されており、ゼロになるとガードが崩されるという仕様になっているので、乱用は出来ない。
あと悪咲3号氏のミカに比べて若干太ましく、褐色の肌をしている。

+ Infinite氏製作
  • Infinite氏製作
悪咲3号氏のミカに凄まじいアレンジを加えた改変キャラ。MUGEN1.0以降専用。
グルーヴなどの『CVS』要素はオミット。例によってReadmeも何も無いので詳細は不明だが、
とにかくド派手なエフェクト付きで、魅せ要素が満載のキャラとなっている。
AIもデフォルトで搭載されており、中々の強さを誇る。
DLは氏のOneDriveから。


この他、改変キャラに「Bunny Girl」が存在するが、未完成なのか、色々と技やらモーションやらが足りない。
ちなみに、『Ⅴ』ではミカのコスチュームにバニースーツがある。
また、RYO2005氏がステージを公開している。




 「勉強になるです!
  これからも、精進精進!ですね!」

出場大会

+ 一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
非表示

出演ストーリー

その他



*1
2位のカトレア(W68)を除く。3位のシェルミーですらW63と、彼女より9cmも細い。
ただ、カトレアの場合は公式イラストを見ると分かるが、胸の大きさがB120のNカップと明らかに規格外のため、
乳の異常な大きさに釣られて、ウエストも太くなったとも考えられる。
ちなみに、胸ランク3位の桂言葉(102cmKカップ)は、W60…なお同作主人公の伊藤誠はW58。何故お前の方が…

*2
実はカプコン格ゲーキャラ限定でもBMI22前後の女性キャラは先人がおり、
1994年稼働の『スーパーマッスルボマー』に登場するブラック・ウィドー(覆面レスラーだがエンディングで正体が女性だと分かる)が、
BMI「22.6(身長205㎝・体重95㎏)」とミカを上回る。
エンディングでの台詞を考慮すると、体重は(コスチュームの下に付けた)プロテクター込みの可能性が、
身長の方もポニーテール込み(覆面で誤魔化している)だとすると205cmも無い可能性が考えられるものの、
正体のグラフィックを見ると彼女は非常に筋肉モリモリな女性なので「もっとあってもいいんじゃないか」と思えてくる。


最終更新:2023年02月01日 21:43