輿水幸子


アイドル育成ゲーム『THE IDOLM@STER』のソーシャルゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』の登場人物。
名前の読みは「こしみず さちこ」。姓の1文字目は珍しい字だが「興」ではなく「輿」(神輿の「輿」、中央が「車」)である。
2013年3月にCD「CINDERELLA_MASTER」第4弾のメンバーに抜擢された際に、
CV 竹達彩奈 氏に決定した。

誕生日は同作の川島瑞樹と同じ11月25日(射手座)。

埼玉エリアが解放された際に追加されたキャラの1人で、ジト目とボクっ娘なのが特徴。
エスカレータ式の私立に通っており、それなりに裕福な家の出身らしい。
加えてかなりの自信家であり、何かと自分の事を「カワイイ」と言って憚らない。
その態度はプロデューサーに対しても同様であり、自分がリードを取っているかのような発言が多い。


そんな彼女だが、2012年6月に単独でSレア昇格するという快挙を果たした、
…のだが、その名は「自称・カワイイ」、特技も「自称・溢れる輝き」という、
やたら「自称」を強調したカードが実装されたのを皮切りに、
以降「自称〇〇」が彼女のキャッチコピーになってしまった。

加えて、「第6回プロダクションマッチフェスティバル」で、「自称・天使」として再SR化された際に、
同イベントのR報酬だった浜口あやめによるライブの演出プランを受けて、
「それじゃあボクは天使だから空から舞い降りなきゃいけませんね!」と発言したのが災いし、
何故かスカイダイビングでステージに降り立つ演出をする事が決定し、
マジ泣きしながらジャンプする羽目になったり、
「アイドルサバイバル in テーマパーク2013」で水を思い切りかぶる系のアトラクションに乗り、
こっそりレインコートを購入したPの横でそのままガボゴボガボゴボボ!したり、
公式でもファンの間でもバラエティアイドルもとい女芸人のように扱われている側面もある。

俗に「うざかわ系」と呼ばれるタイプのキャラクターな彼女だが、それ故に抵抗のある人も多く、
中の人ネタで腹パンされる幸子のイラストがニコニコ静画等のイラスト投稿サイトに多数投稿された時期がある
(これ以外に口調や外見から「実は男の娘」説や、「趣味:勉強ノートの清書」から「実は休み時間ぼっち説」などのネタにいじられたりもした)。
しかし、『スターライトステージ』のストーリーにて、幸子が自分の可愛さに拘る理由が「愛されたかったから」だった事が本人の口から明かされ、
以降は腹パンネタは減少し、現在は別の炎上商法うざかわ系僕っ子アイドルにヘイトが向けられている。

他アイドルとの人間関係は意外にも良好(幸子に限らず、アイドル間で価値基準の違いから衝突する事はあっても険悪な描写が無い)で、
白坂小梅・星輝子と三人組のユニット「142s」では内向的で口下手な二人を幸子が引っ張る事もある。
アニメ版では小早川紗枝・姫川由紀と「かわいいぼくと野球どすえ」を結成し、こちらでも体を張った演出を強いられている。


MUGENにおける輿水幸子

cwn氏の製作したキャラが公開中。
外ハネピョコピョコ幸子クソ動画グランプリを見てインスピレーションを受けて作ったとの事で、
「すごく作りの荒いキャラなので使用の際はご了承を」との事。
ヘルパーアーマーキャラで、外ハネの髪をパタパタとはばたかせながら飛行し(!?)、
ボタンに応じて文字を飛ばしてアピールして攻撃するキャラとなっている。
また、7P以降では「リザれくしょん」が可能になる。
AIもデフォルトで搭載されている。

出場大会



最終更新:2021年01月19日 20:23
添付ファイル