ギルド概要


ギルドって何?

ギルド(Guild) : 中世ヨーロッパの同業者組合。同業の発達を目的として成立。
11世紀にまず商人ギルドができ、12世紀に手工業者ギルドが派生。
都市の政治的経済的実権を把握、中世都市はギルドにより運営されたが、
近代産業の勃興で16世紀以降衰退。(広辞苑より抜粋)


……というのが現実での「ギルド」である。このゲーム内では複数のプレイヤーでプレイすることを目的とするグループ、またはそのシステムのことを言う。
ギルドへの所属は、自分でギルドを作ることでも、誰かの作ったギルドに加入することでも出来る。
自分がギルドマスターとなってギルドの方針を決めるもよし、誰かの作ったギルドに加わって
ワイワイやるのもよし。自分の実力やプレイスタイルに合ったギルドを選ぼう。


ギルドの目的って?

ギルドの目的は、大きく分けて三つ存在する。

一つめは、プレイヤー同士の交流および協力。現実の人間の集合であるため、これが本質的な目的であると言っても過言ではない。

二つめは、"ギルドタワー"の増築。こちらがギルドに属する最大の目的と言ってもよいかもしれない。
ギルドには、赤、青、緑、黄、紫の五色の"ギルドタワー"が存在し、クエストやバトルを通じて
手に入れることが出来る「TP」を各色のタワーに捧げることでそのタワーを高くすることが出来る。
タワーを高くすると、ギルドに属しているプレイヤーのカードのステータスが各色のタワーの階数に応じて上昇する。
また、タワーにTPを捧げることでタワーの増築が出来るだけでなく、「ギルドレベル」および「ギルドクラス」も上昇する。
ギルドレベルとギルドクラスについては後述する。
ギルドタワーのページも参照。

三つめは、ギルドイベントの攻略。
ギルドイベントでボスをたくさん倒せれば召喚ポイントとコインが大量に手に入ってゲーム進行が大変楽になる。

どんなギルドがあるの?

結論を言ってしまうと、ギルドは現実の人間のグループそのものである。

一口にギルドと言っても、その中身は様々。まったりやっていくことを目的とした小さなギルド、
学生でワイワイやろうという目的で集まる活気あるギルド、
社会人が集まって礼儀やコミュニケーションを重視する大人のギルド、
ただ適当に人が集まり、烏合の衆となるギルド、
最強を目指してガチで戦うギルド……、などなど、数えればきりがない。

それぞれのギルドで重んじるものは違い、方針も異なる。
礼儀を大事にしようというギルドもあれば、強ければそれでいいというギルドもある。
人物にこだわらず誰でも歓迎するというところもあるし、企業の就職試験よろしく能力や技量、人間性をもって厳正な審査をするところもある。
また、特定の色のギルドタワーを中心に特化して強くするところもあれば、どの色のタワーもまんべんなく強化する方針のところもある。

好みも趣向も方針も多種多様。現実の広さだけ、ギルドの種類も存在するのだ。


やっぱり強いギルドに入った方がいい?

結論としては、強いギルドに入ることが必ずしもいいというわけではない。
どちらかと言えば、自分のプレイスタイルに合ったギルドを選ぶことの方が大事である。

強いギルドに入れば、大抵はサポートは充実しているしタワーもかなり高いため、
クエスト突破やバトルがかなり楽になる。また別ページで紹介するギルドイベントでも、強力な仲間がいれば
報酬も確実に受け取ることが出来る。
しかしこれは裏を返せば、自分も他のメンバーにとって強力な仲間でなければならないということである。
他のギルドメンバーのことを顧みず、自分勝手に遊ぶ者には、そもそも強いギルドに所属する資格がない。
また、自分勝手でなくとも、他のメンバーが求めるサポーターを出せなかったり、必要な貢献が出来なかったりという
力量不足であっても強いギルドに所属、もしくはギルドのメンバーと一緒にやっていくのは難しいだろう。
知識、実力、協調性、そして情熱。一見当たり前ながら、実際に手にするのはかなり難しい要素ばかりではある。
だが、強いギルドというのはこういった要素をしっかり持った人間たちの手でもって初めて出来るものであることをまず念頭に置いておかなければならない。

逆に強さではなくもっと他の要素に注目しているギルドであれば、自分の都合にある程度合わせても大丈夫という場合もある。
まったりやりたければまったりギルド、仕事の都合でログインがなかなか出来ないならログイン条件のゆるいギルド。
フリーダムにやりたいのであればそれを許してくれるギルドを選んで加入すればいい。ともすれば、自分で自分の納得いくギルドを作ってしまってもかまわないのだ。

何度も言うが、大事なのは自分が上手くやっていけるグループを見つけることである。
当然そのグループを見つけるのは簡単なことではないが、見つけられればきっとこのゲームを楽しくやっていけるはずだ。


ギルドに加入するメリット

  • ギルド専用の掲示板を使用できる。初めて書き込むと称号ミッション報酬として魔導石が1個貰える。
  • ギルドメンバーをサポーターに選ぶことが出来る。
    • クエストのサポーターをほぼ固定化し効率的に進めることが出来る。
    • とくもりとっくんボードによる「とくもりパワー」「とくもりクリティカル」「とくもりスキル」はギルドメンバーのみ発動する。
    • 収集イベント、トレジャー見つけ隊の際に所属ギルドメンバー以外を「サポーター」に選択した場合は特効スキルが半減する。
    • なお、以前はギルドメンバーをサポーターにしたときのみサポーターの持つリーダースキルが発動する仕様だったが、ver.10.0.0からは所属ギルドメンバー以外を「サポーター」に選択した際にも「リーダースキル」が発動するよう変更された。
  • 午前4時に再チャージされる「エール」を使用出来るようになる(※加入日翌日から)。
    • エールを受け取ることもできる。
  • ギルドタワーを建設し、タワーボーナスにより各ステータスがUPする(サポーター含む)。
  • 余ったTPの使い道が増える。
  • ギルドランキングに参加し報酬を受け取れる。
  • SNSゲーっぽくなる
  • ギルドイベントに参加しイベントカードやコインが受け取れる。
  • メガどろぼうに参加し「とくもりストーン」を受け取れる。


ギルドマスター・サブマスター

  • ギルドを作成した人がマスターとしてギルドを管理する。また、ギルド管理機能の一部を使用できるサブマスターも任命可能。
    • 「サブマスター管理」「メンバー除名」「ギルドマスター交代」「まるごと加入の承認」はギルドマスターのみが使用可能。
  • メンバーの追加や除名などもギルド管理から行うことが可能。
  • ギルドマスターは、ギルドを抜けることが出来ない。ただし、ギルドマスターの権利を他のギルドメンバーに譲渡または移行した場合は、その限りではない。
  • ギルドマスターの権利移行は、ギルドマスター本人が任意で変更するか、ギルドマスターが14日間ログインしなくなって最初のゲーム内日付変更(早朝4:00)の場合に発生する。
    • 移行する対象はその時点での貢献TPが最も高かったメンバー。
  • ギルドの解散は、ギルドのメンバーがギルドマスター1人になった時のみ行うことができる。
    • 他にメンバーがいる状況でギルドを解散したい場合、ギルドマスター以外のメンバー全員が脱退するか除名される必要がある。
機能 マスター サブマスター
お知らせ変更
申請承認
勧誘中プレイヤー管理
メンバー勧誘
メンバー除名 ×
まるごと加入申請 ×
まるごと加入承認
タワー建設停止要請
メンバー掲示板リセット
ゲスト掲示板リセット
ブラックリスト管理
ギルド名変更
ギルドプロフィール変更
サブマスター管理 ×
ギルドマスター交代 ×
ギルドを抜ける × ×

まるごと加入

まるごと加入では、ギルドメンバー全員で別のギルドに加入することができる。
まるごと加入を申請した側のギルドのTPは、まるごと加入を承認した側のギルドへ引き継がれる。

ギルドメンバー

  • ギルドに参加するとギルドのメンバーとしてタワー建設・掲示板・ギルドメンバーのサポーターの使用をすることが出来る。
  • ギルドを脱退したい時は、ギルド→ギルド管理→脱退でできる。
    • この時、捧げたTPが全て消えてしまうという警告が出る。これはギルドを抜けると、メンバー一覧に表示される「そのギルドでの個人貢献TP」が0にリセットされるという意味で、ギルドの累計TPにおける自分の貢献分は消えずにそのまま残る。


サポーター

  • 他のプレイヤーのカードを連れていくことが出来る機能。
    • サポーター自体はギルドメンバー以外のプレイヤーも選べるためギルド固有の機能ではないが、ギルドメンバーを選んだ場合は上記の通りメリットがある。
    • 例外としてギルドイベントとメガどろぼうはギルドメンバーからしか選べないが、これらは元々ギルドに所属していないと参加出来ない。
  • プレイヤーは他のプレイヤーがサポーターとして選べるカードを指定することが出来る。
    • サポーターとして選べるカードは各属性のカードから1枚ずつと好きな属性のカード1枚の合計6枚のカードを指定することが可能*1
    • サポーターを設定しない場合は、現在のデッキのリーダーがサポーターになる。
  • 一度つれていったギルドメンバーのサポーターを再びつれていくには以下のいずれかを満たす必要がある。
    • ギルドメンバーいずれかをサポーターとしてつれてから3時間経過する。
      • そのクエストやボスバトルを完了してからの時間カウントとなるため、たとえばクエストを開始してスリープさせている間は時間カウントされない。
    • ギルドメンバーいずれかをサポーターとしてつれてから3時間経過する前にサポーターを10人 (10人以下のギルドの場合は全員) つれていく。
    • 魔導石を使い自分の「やるき」または「まりょく」を回復させる。(Ver.5.3.0から)
    • 自分がランクアップする。(Ver.5.3.0から)
  • そのクエストを失敗、またはリタイヤによってゲームオーバーになった場合は、すぐに再度連れていくことができる。(ボスラッシュ、タワーボスを除く)
    • ボスラッシュ、タワーボスでも、バトルを終了 (結果を送信) せずにアプリを終了させた場合は、そのバトル自体が無効となるため、すぐに再度連れて行くことができる。
      高階層でスキル貯めなどに失敗してまともにダメージを与えられない場合は有効。 (最新のバージョンで対策されていないかは未確認)
  • 同じメンバーでも異なる属性のサポーターは別にカウントされる。
    • 例えばあるメンバーの赤属性のサポーターを連れて行った後、同じメンバーの青属性や緑属性のサポーターをすぐに連れて行くことが出来る。
    • 人数も別にカウントされる。例えばメンバーふたりのサポーターを5属性連れていった場合は10人となり、一度つれていったサポーターを再度連れていくことが出来るようになる。
  • 「わくわくパック」の有効期間中はクエストクリアの度に毎回リセットされる。


ギルドクラス一覧

エール回数は現在は増加しているため正確な数値ではない(情報募集中)。
クラス クラス名称 エール回数 レベル対象
F こぢんまりギルド 3 1~9
E アットホームギルド 6 10~19
D みんなのギルド 9 20~29
C にぎやかギルド 12 30~39
B 噂のギルド 15 40~49
A 有名ギルド 18 50~59
S 名高いギルド 21 60~69
SS 一流ギルド 24 70~79
SSS 超一流ギルド 27 80〜89
LS 伝説のギルド 30 90~99?

ギルドレベル

  • ギルドメンバーがタワーに捧げたトータルTPでレベルが上がる。
  • ギルドレベルが上がる毎に加入メンバーの上限数が1人増える。(上限50人)→ver.10.3.0からはギルドレベルに関係なく一律で上限50人変更。
  • ギルドレベルが上がるとエールの使用回数がリセットされ、再チャージされる。
  • 自分のギルドのギルドレベルをタッチすることで次のレベルまでに必要なTPを確認することができる。

ギルドレベル一覧

レベル トータルTP 備考
2 2,500
3 5,530
4 9,100 
5 13,420
6 18,610
7 24,830
8 32,290
9 41,250
10 52,000 Eクラス
11 64,900
12 80,380
13 98,960
14 121,250
15 147,990
16 180,090
17 218,610
18 264,830
19 320,300
20 386,850 Dクラス
21 460,064
22 540,600
23 629,190
24 726,640
25 833,830
26 951,750
27 1,081,450
28 1,224,120
29 1,381,060
30 1,553,730 Cクラス
31 1,743,600
32 1,952,490
33 2,182,260
34 2,435,020
35 2,713,046
36 3,018,880
37 3,355,300
38 3,725,355
39 4,132,420
40 4,580,191 Bクラス
41 5,072,740
42 5,614,543
43 6,210,529
44 6,866,108
45 7,587,248
46 8,380,502
47 9,253,081
48 10,212,919
49 11,268,740
50 12,430,143 Aクラス
51 13,614,774
52 14,823,098
53 16,055,588
54 17,312,728
55 18,595,011
56 19,902,940
57 21,237,027
58 22,597,796
59 23,985,780
60 25,401,524 Sクラス
61 26,845,583
62 28,318,523
63 29,820,921
64 31,353,368
65 32,916,464
66 34,510,821
67 36,137,066
68 37,795,806
69 39,487,781
70 41,213,565 SSクラス
71 42,956,607
72 44,717,079
73 46,495,156
74 48,291,014
75 50,104,830
76 51,936,784
77 53,787,058
78 55,656,135
79 57,543,300
80 59,449,639 SSSクラス
81 61,375,041
82 63,319,698
83 65,283,801
84 67,267,545
85 69,271,127
86 71,294,744
87 73,338,598
88 75,402,890
89 77,487,825
90 79,593,609 LSクラス
91 81,720,451
92 83,868,562
93 86,038,154
94 88,229,442
95 90,442,642
96 92,677,975
97 94,935,661
98 97,215,925
99 99,518,990
100 101,845,086
101 104,194,443
102 106,567,294
103 108,963,873
104 111,384,418
105 113,829,168
106 116,298,373
107 118,792,256
108 121,311,085
109 123,855,102
110 126,424,559
111 129,019,711
112 131,640,814
113 134,288,128
114 136,961,915
115 139,662,440
116 142,389,971
117 145,144,777
118 147,927,131
119 150,737,308
120 153,575,583
121 156,442,249
122 159,337,578
166 326,024,155
167 331,380,879
168 336,844,737
169 342,417,872
170 348,102,470

+ 参考:ver.10.2.3まで(メンバーの上限数が一律になる前)
参考:ver.10.2.3まで(メンバーの上限数が一律になる前)
レベル トータルTP 加入最大 備考
2 2,500 11
3 5,530 12
4 9,100  13
5 13,420 14
6 18,610 15
7 24,830 16
8 32,290 17
9 41,250 18
10 52,000 19 Eクラス
11 64,900 20
12 80,380 21
13 98,960 22
14 121,250 23
15 147,990 24
16 180,090 25
17 218,610 26
18 264,830 27
19 320,300 28
20 386,850 29 Dクラス
21 460,064 30
22 540,600 31
23 629,190 32
24 726,640 33
25 833,830 34
26 951,750 35
27 1,081,450 36
28 1,224,120 37
29 1,381,060 38
30 1,553,730 39 Cクラス
31 1,743,600 40
32 1,952,490
33 2,182,260 41
34 2,435,020
35 2,713,046 42
36 3,018,880
37 3,355,300 43
38 3,725,355
39 4,132,420 44
40 4,580,191 Bクラス
41 5,072,740 45
42 5,614,543
43 6,210,529 46
44 6,866,108
45 7,587,248 47
46 8,380,502
47 9,253,081 48
48 10,212,919
49 11,268,740 49
50 12,430,143 Aクラス
51 13,614,774 50 ギルドの人数増加はここでストップ
52 14,823,098
53 16,055,588
54 17,312,728
55 18,595,011
56 19,902,940
57 21,237,027
58 22,597,796
59 23,985,780
60 25,401,524 Sクラス
61 26,845,583
62 28,318,523
63 29,820,921
64 31,353,368
65 32,916,464
66 34,510,821
67 36,137,066
68 37,795,806
69 39,487,781
70 41,213,565 SSクラス
71 42,956,607
72 44,717,079
73 46,495,156
74 48,291,014
75 50,104,830
76 51,936,784
77 53,787,058
78 55,656,135
79 57,543,300
80 59,449,639 SSSクラス
81 61,375,041
82 63,319,698
83 65,283,801
84 67,267,545
85 69,271,127
86 71,294,744
87 73,338,598
88 75,402,890
89 77,487,825
90 79,593,609 LSクラス
91 81,720,451
92 83,868,562
93 86,038,154
94 88,229,442
95 90,442,642
96 92,677,975
97 94,935,661
98 97,215,925
99 99,518,990
100 101,845,086
101 104,194,443
102 106,567,294
103 108,963,873
104 111,384,418
105 113,829,168
106 116,298,373
107 118,792,256
108 121,311,085
109 123,855,102
110 126,424,559
111 129,019,711
112 131,640,814
113 134,288,128
114 136,961,915
115 139,662,440
116 142,389,971
117 145,144,777
118 147,927,131
119 150,737,308
120 153,575,583
121 156,442,249
122 159,337,578


情報提供お待ちしています!

  • BBSを見るほど、ギルドに入るほど熱心な人じゃなく、カジュアルにソロプレイする人が増えた感。声を掛けられれば入ってくれてるみたいだね(その後もプレイを続ける人は少ないけど -- 名無しさん (2017-08-22 17:49:14)
  • まるまる冒険団の頃、毎日やってる人の中から新しい団長を決めるスポットライトが私に当たってました(パチュリー団長)。その事があってからか、私は団員時は門番として、団長時はメイドとしてやってます。独り言ごめんなさい。 -- みょん (2017-09-28 02:32:16)
  • メン板が「☆7○○出来ました~」「○○ゲットしました~」→「××さん、おめでとう!」のやりとりでマスターからのお知らせ事項が埋もれてるのがモヤっとする… -- 名無しさん (2018-09-23 14:32:05)
  • 過疎 -- 名無しさん (2020-01-07 19:37:23)
  • 10月下旬のバージョンアップ後にクエストでの「妖精」ドロップ、「みんなとバトル」での「BP」入手がなくなる代わり「TP」を直接入手できるようになります。 -- 名無しさん (2021-10-08 00:16:01)
  • ギルドレベルアップの際はサポーターは再度連れて行けるようにならないんだったか。 -- 名無しさん (2021-12-14 06:35:37)
  • Ver.10.3.0以降、ギルドの仕様変化がいくつかある。「まるごと加入」機能の追加、「サブリーダー」機能の追加、「ギルドからのお知らせ」機能追加、ギルメンの上限が一律50人に増加、「ギルドタワー建築報酬」の廃止(それに伴うお詫びとして、1000万コインと魔導石1個配布)、「ギルド」UIの変更(ギルドタワーは訓練所へ)。 -- 名無しさん (2022-04-12 00:22:00)
  • 情報ありがとうございます。バージョン更新による変更部分を出来る範囲で反映しました(まるごと加入やギルドからのお知らせに関する説明は未記載)。 -- (arrmtndulletr2424) 2022-04-12 07:54:32
  • 最近ギルマスになったんですが、加入申請の承認は却下できないのでしょうか?48時間待つしかない? -- (名無しさん) 2022-06-21 01:01:51
  • レベル226 → 936966746
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2022年09月28日 00:21

*1 Ver.10.3.0から、それまでは1枚のみ指定可能だった。