ソニック・ウォリアー(遊戯王OCG)

登録日:2011/04/10(日) 04:03:35
更新日:2020/03/16 Mon 02:23:15
所要時間:約 4 分で読めます




効果モンスター
星2/風属性/戦士族/攻1000/守0
効果 このカードがシンクロ素材となった時、自分フィールド上に存在するレベル2以下の
モンスターの攻撃力を400ポイントアップする。


遊戯王5D'sに登場した効果モンスター


遊星がずっと愛して使い続けスピード・ウォリアーロードランナーたちと共に遊星を支えてきたカードの一枚である。

効果こそ弱いが、ジャンク・ウォリアーの攻撃力をあげるのに度々一役かったり、
あわよくば守備力0でありながらも壁にもなってくれた頼りになるモンスターである











サイバー流
門下生募集中!一緒にワンキルしよう



















誰 だ お 前 !?








劇中の活躍

遊戯王5D's最終回・不動遊星ジャックとのラストデュエルにて、
互いのエースであるシューティング・スター・ドラゴンスカーレッド・ノヴァ・ドラゴンは壮絶なる肉弾戦により相討ちとなった。

その時に遊星がすかさず発動した罠カード「クラッシュ・スター」により、
ロードランナーと共に特殊召喚されたモンスター、それがソニック・ウォリアーである。
対するジャックも罠カードの効果でレッド・デーモンズ・ドラゴンを復活させる。


星屑を失った遊星の前に立ちはだかる攻撃力3000のレモン。
絶望的な状況で迎えた遊星のターン。ドローしたのは…ジャンク・シンクロン
それを皮切りに、次々と現れる元祖過労死同盟。

スピード・ウォリアー  ロードランナー  ジャンク・シンクロン  ソニック・ウォリアー  ボルト・ヘッジホッグ

「あれは…遊星が使い続けてきたカード達!」
「どんなにレベルが低くても、どんなに攻撃力が低くても、」
「遊星のデュエルをずっと支えてきた仲間達だ!」


画面に映るソニック・ウォリアー(初 登 場


※遊星がモンスター達との結束を示すことによって仲間達に絆を示すという感動的なシーンです
まさか最終回にこんなツッコミ所が用意されているとは……


その後空気を読んで退場シンクロ素材となり、遊星の元祖エースたるジャンク・ウォリアーが満を持して登場。
ソニック・ウォリアーは自らの効果によって、ロードランナースピード・ウォリアーボルト・ヘッジホッグの攻撃力を400ポイントアップ、
ジャンク・ウォリアーの効果を最大限に引き出し、見事、逆転勝利への道を切り開くという活躍を見せた。


と、デビュー戦が最終回の激熱シーンになってしまったがために、
視聴者から「誰だお前!?」と言われる羽目になってしまったモンスター。
それがソニック・ウォリアーである。

同じレベル2の風属性でレモンに潰されたり、ツイン・ブレイカーにフルボッコにされても初期からずっと遊星を守ったモンスターがいたのは割愛


放送後、
「実は出なかっただけで一話からずっとデッキにいた、知らない内にエンジェル・バトンとかで墓地にいた」
「スライとのデュエルで大活躍していた」
「再登場してきたおじさんとの決闘時にこいつがでた時は燃えた」
などあちこちの掲示板で謎の活躍をしている現象がうっすらと起きた。

まれに「ずっとデッキボトムで遊星のディスティニードローを援護していた」とか、
セイヴァー・ドラゴンにずっと書き換わる担当だった」という影の活躍が書かれることもあった。

OCG化

そしてこの度、タッグフォース6の特典カードとしてついにOCG化した!!

最終回の大逆転劇を演出した原作再現を可能とするカード。
そして最終回に視聴者にツッコミをくらったネタ満載のカードである「ソニック・ウォリアー」が、
5D'sカードがOCG化する最後の機会でついに登場したのだ!
コナミマジGJ

効果は、地味に強化された。

このカードが墓地へ送られた場合に発動する。
自分フィールドの全てのレベル2以下のモンスターの攻撃力は500アップする。

発動タイミングが地味に広くなって強化も地味にあがった
『スライム増殖炉』なんかでは中々侮れない全体強化になる。当然ジャンク・ウォリアーとの相性は抜群。

遊星を昔から支えたカードでジャンク・ウォリアーに絆を繋ごう


ソニック・ウォリアー
「ぼくだよ!ソニック・ウォリアー。僕たちはずっと仲間だったじゃないか!」

二十代
「俺にそんな小細工は通用しない。

<●><●>


「あれは…遊星が作ってきた記事達!」
「どんなに観覧数が少なくても、どんなに評価数が低くても、」
「アニヲタWikiの歴史をずっと支えてきた記事達だ!」


この項目が面白かったなら……\ポチッと/