電人ザボーガー

登録日:2009/09/10(木) 22:09:50
更新日:2022/01/17 Mon 23:11:51
所要時間:約 4 分で読めます




\ポキュッ/
電人ザボーガー・ゴーッ!


◎概要


1974年(昭和49年)4月6日から1975年(昭和50年)6月29日までフジテレビ系列で全52話が放送されたビープロ制作の特撮番組。
前番組「鉄人タイガーセブン」が余りにも不人気だったが故に急遽打ち切られ、今作が製作された。
40話より敵が恐竜軍団に代わり、副題に『電人ザボーガー対恐竜軍団シリーズ』がつく。
2011年秋には井口昇監督によるリメイク映画が公開された。



◎ストーリー


訓練を終えて帰国したばかりの秘密刑事・大門豊は、父である大門博士が開発した新エネルギー「ダイモニウム」を狙う犯罪組織「Σ団」の刺客、メカアニマル・アリザイラーに殺害されてしまった。
しかし、父によって埋め込まれていた特殊なペースメーカーの力で甦った。
大門豊は、電極回路(ペースメーカー)の発する「怒りの電流」で、愛車たるオートバイ「マシンザボーガー」から変形して起動するパートナーロボット「ザボーガー」と共に、Σ団とそれを率いる悪之宮博士に対し、敢然と戦いを挑む。


いくらアジトを変えても、悪ノ宮博士!
俺は諦めんぞ…お前を必ず、この手で倒す!必ずだ!!


◎登場人物


【大門豊と彼を取り巻く人々】


大門豊(演:山口暁)
今作の主人公。
インターポールにより地中海にあるコルタ島で訓練を受けた「秘密刑事」と呼ばれる警視庁所属の特命捜査官。
感情を露にすることが多い非常に熱い青年。
非常に屈強な男でその身体能力は、数十メートルのジャンプ力や、警棒をへし折り倉庫の壁を貫通するパンチ力、至近距離での砲撃を受けても平気など常人離れしている。
必殺技は敵に飛びかかり肩を蹴り上げた後、そのジャンプを利用し反転蹴り、更に大回転して飛び蹴りを喰らわせる飛竜三段蹴り
演じるはあのライダーマン
リメイク版ではなんとマッハ全開な勢いレーサーこと古原靖久が青年時の豊を、壮年期を板尾係長こと板尾創路(後のフィフティーン)が演じた。

大門勇博士(演:細川俊夫)
電人ザボーガーの開発者でダイモニウムの発明者。
悪之宮への協力を拒んだ為に殺され、ダイモニウム発生機を奪われてしまった。

新田大五郎(演:根上淳)
かつて大門博士との交友があった警視庁の警部で、大門豊の後見人でもある。
良き上司で「勉強が足らんよ」が口癖。
父の敵を討とうと血気にはやる大門に冷静になれと諭すこともしばしば。
演者はMAT2代目隊長でウルトラの母のリアル夫だったりする。

中野刑事(演:きくち英一)
新田警部の部下で、最初は大門を軽く見ていたものの正体を知ってからは上司と共に協力者となり、
番組後半で新田がフランスに去った後も大門を支えた。
実は帰ってきたウルトラマンの中の人で、本作の殺陣師(他にライオン丸でも殺陣師や怪人の中の人を担当)だったことからこの役になった。そしてリメイク版エンディングではまさかの…。

新田美代(演:星野みどり)
新田警部の娘で、16歳の現役女子高生。
新田警部がパリに旅立った際はザボーガー基地でオペレーターを務めるが、Σ団壊滅後は海外に旅立った。

新田浩(演:神谷政浩)
美代の弟で8歳。
姉が旅立った後は父姉と同様ザボーガー基地で大門と健をサポートする。
他の世界では父親がキカイダーを創ったり、大鉄人と心を通わせあったりした。

浅尾由起(演:本木紀子)
40話から登場。
美代と入れ替わる形で恐竜軍団編のヒロインを務める。
魔神三つ首の秘密を知る浅尾博士の一人娘で、それゆえに恐竜軍団に狙われている。

松江健(演:坂大龍也)
由起と共に40話より登場。
オートバイ「マシーン・バッハ」の所有者で、テント暮らしのワイルドな青年。
血気にはやって失敗する事が多い。
マシーン・バッハのフロント部には二門のバッハ・ボルトというバズーカ砲が搭載されており、
使用する際は「ガッツ・ボルト!!」の叫びと共に恐竜軍団を砲撃する。


【Σ団】

秘密殺人強盗機関。目的は世界征服。
世界各国に支部がある巨大な組織。
怪奇の事件、深夜の事件、殺しの事件はΣの仕業。
恐竜軍団にバトンタッチ後も、OPでΣの仕業と歌われてしまうかわいそうな組織である。
主戦力としてメカアニマル、メカボーグ、Σメカなどを送り込む。
合言葉は「シグマ!!」

悪之宮博士(演:岡部健)
Σ団のボスで科学者。
大門勇とは旧知であるが、ダイモニウムを手に入れるために彼を殺害する。
冷酷な性格で度重なるザボーガーの活躍によって作戦に失敗した部下を平然と殺す。
足が不自由で機銃などを仕込んだ車椅子を常用し、顔の半分がメカとなっている。

ミスボーグ(演:藤山律子)
Σ団の幹部の一人。博士の秘書で前線指揮を担当する。
サイボーグ体になって活動する事も可能。
最後は処刑されてしまう。

レディボーグ(演:吉田多永子)
36話から登場したミスボーグの後任。
Σ団前線基地で指揮を執った。
口紅型の爆弾を所持しており、時速50キロで走ることもできる。

秋月玄(演:風戸拳)
20話から登場した高性能バイク・マシーンホークを駆る男。
孤児で悪之宮によって育てられ、彼の恩義に報いる為にΣ団の一員に。
大門を敵視して何度も挑戦してきた。
正々堂々戦う事を身上としている。
必殺技はサンダーパンチとハリケーンパンチ。

Σ団団員
Σ団の戦闘員。ヘルメットを着用し、警棒などを武器に使う。


【恐竜軍団】

伝説の魔神・三ッ首を首領とする一族。
深い眠りについていたが悪魔ハットによって復活した、Σ団に代わる敵。
恐竜ロボット・メカアーミィが主力。
合言葉は「ド~ラ~ゴ~ン…!!」

魔神三つ首(声:丸山詠二)
恐竜軍団の首領。神奈川県龍虎村にある魔神山の魔神窟に潜んでいる。
下半身は化石化しており、自ら動き回る事はできない。
最終目標は世界の6大陸を沈め恐竜帝国を作る事。

悪魔ハット(演:遠矢孝信)
恐竜軍団に服従する科学者で、三ツ首竜を蘇らせた張本人。
39話で竜面隊を率いてΣ大魔城を襲撃、ダイモニウム発生機を悪之宮から奪った。
その後ダイモニウムを使いメカアーミィを作り出す。
ちなみに中野刑事とは『帰ってきたウルトラマン』からのスーツアクター・殺陣師仲間だったりする。

王女メザ(演:堤光子(現:星光子))
三ツ首竜の部下。三ツ首竜同様、永い眠りについていた。
竜面隊を率いる他、自ら変装して諜報活動も行なう。
演者は「ウルトラマンエース」で南夕子を演じることで有名。

竜面隊
肉食恐竜の顔をした怪人・竜マンによって構成された戦闘部隊。
トゲ付きのメイスが武器。


◎ヒーロー



\ポキュッ/
チェンジ・ザボーガーッ!

電人ザボーガー

大門博士が製作した犯罪捜査用ロボット。
全長2メートル。重量500キロ。耐荷重量35トン。
出力5000馬力。動力源はダイモニウム。
普段はオートバイ形態(マシーン・ザボーガー)をとっている。
大門豊に埋め込まれた電極回路から発せられる「怒りの電流」がロボット形態時の起動キーになっている。
彼のヘルメットに内蔵されたマイクの他、携帯型のマイクからの指示に従うが、大門が共に戦闘することが多いため、ある程度の自律判断が出来るようになっている。
マシーン・ザボーガー形態は地上で時速300キロ、水上では時速130キロで走行可能。
武器は両拳を高速で射出する鎖分銅チェーンパンチ、頭の両側についた飾りを飛ばすブーメランカッター。
必殺武器は口部に装備された速射破壊銃。
頭部には偵察用ミニリモコンヘリ・ヘルキャット、両脚部には小型リモコンカー・マウスカー、背部には小型ジェット機シーシャークを搭載しており、これでΣ団の情報収集・アジトの潜入捜査などを行う。


チェンジッ!ストロング・ザボーガーッ!

ストロング・ザボーガー

ザボーガーが歯が立たないメカアーミィに対抗すべく、
ダイモニウムを搭載したマシーン・バッハとマシンザボーガーが合体した『強力なザボーガー』
大門だけではなく健の指令でも活動可能。
全長2メートル。重量800キロ。耐荷重量80トン。出力は電人ザボーガーの2倍。
武器はチェーンパンチの強化版・ロケットチェーンパンチと兜を飛ばすジェットブーメラン。
必殺技は両腰部に装備されたバズーカ砲の2門同時斉射ストロング・バズーカ・ファイアー。


ザボーガー、追記・修正ッ!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年01月17日 23:11