エクストリームガンダム type-レオス

登録日:2012/07/21(土) 01:45:26
更新日:2018/07/23 Mon 16:24:23
所要時間:約 6 分で読めます





type-レオス――
それはレオスと共に進化するガンダム







型式番号:不明
全高:不明
頭頂高:不明
重量:不明
出力:不明
推力:不明

武装:
ヴァリアブルガン
ビームサーベル×2
ビームダガー×2
ビームライフル
シールド

必殺技:
データプレッシャー
ロードタクティクス

パイロット:
レオス・アロイ
ピーニャ・ハーシー


セシア・アウェアがレオス・アロイのために用意した機体。
ex-のエクストリームガンダムをベースに「常識的」に改良しているが、具体的にどこをどう改良しているのかまでは不明。カラーリングは赤と白を基調としている。
また、セシアによって「仕掛け」が施されているらしい。

Gダイバーは通常、ダイブした世界に現存している機体に乗ってデータの収集を行うが、本機はあらゆる世界で運用可能。
そしてレオスがその世界で得たデータを基に機体を「進化」させることができる(各進化形態の設計もセシアが行っている)。
なお、機体が進化すると共にレオスの性格も変わるが、これは機体の影響によるもの。

武装はビームライフルがヴァリアブルガンに変更され、専用シールドが用意されている。(EXAではex-機と全く同じ武装だが)



格闘進化!!!
ゼノン・フェース!!!

■ゼノン・フェース



武装:
タキオンスライサー
シャイニングバンカーユニット
レオスショット
爆雷球
ファイヤーバンカー
エナジーブラスト

必殺技:
特盛(スーパー)レオスナックル
シャイニングバンカー
ハリケーンラウンドキック
EXAフルバースト



格闘特化形態。
レオスがドモン・カッシュとのファイトで得た格闘戦技術を最大限に発揮させることができる。

腰と両腕、両脚に追加ユニットを装着していて、主に素手による格闘で戦う。
とはいえ丸腰というわけでもなく、ビームサーベルやタキオンスライサーといった武器も装備されている。

更に「極限進化状態」への移行が可能で、この状態だと格闘性能が更に上がる。その際、腕と脚のユニットが展開し、機体の各所が輝き出す。

なお、ゼノンではモビルトレースシステムと同様の操作に切り替わり、レオスも熱血かつ好戦的な性格になる。

ex-機のタキオン・フェイズの開発にはこの形態のデータも使われている。




ターゲット確認
戦闘モードに移行する
■エクリプス・フェース



武装:
ヴァリアブル・サイコ・ライフル×2
ブラスター・カノン×2
投射式ジャミングシステム
単弾頭ミサイル
規格外拠点攻撃兵装「カルネージ・ストライカー」
空間制圧兵装「エクリプス・クラスター」

必殺技:EXAフルバースト


射撃特化形態。
ex-機のカルネージ・フェイズの設計データを基に、今までに得られた射撃系MSの総合的解析データとピーニャ・ハーシーが回収してきたウイングガンダムゼロのツインバスターライフルのデータを組み合わせて生み出された。また、西暦世界で得たGNアームズなどのデータも使用されている。

肩と腰に追加ユニットを装着して高い火力を活かした射撃戦を得意としている。また、射撃主体の機体に必要とされる機能を高次元で融合させることで高い性能を持たせた。
もちろん「極限進化状態」も存在し、オプション装備の使用が可能になる。

エクリプスではレオスの性格が冷静沈着なものに変化する。


ファンネル進化!
アイオスになら、すべて託せる!

■アイオス・フェース

武装:
ヴァリアブル・ライフル
アリス・ファンネル
ビームサーベル(素体で使われているもの)
シールド

必殺技:
円冠戴く希望の極光(ディバインシュート)
付き従うこの慈愛(スプライトチャージ)
跳躍するこの願い(インフィニットチェイス)
呑まれる奔流の絆(ザ・アサルトフォーム)
切り裂かれるこの想い(セイクリッドソード)
君を抱くこの腕(ディスティニーボーダー)
EXAフルバースト

ファンネル特化形態。
ファンネルをはじめとしたオールレンジ攻撃端末のデータを収集して作られ、特にストライクフリーダムガンダムといったキラ・ヤマトの影響を色濃く受けている。

そのため、レオスの口調が女々しくなっている。

8基のアリス・ファンネルを使用し、極限進化状態ではイグニス・フェイズのようにファンネルを複数展開してのゲロビやファンネルライン、相手の周囲にファンネルを瞬間移動させ攻撃等を行える。
が、攻撃名が某聖杯戦争の宝具並みに厨二病である。


11/26のアップデートにより、バーストアタック(EXAフルバースト)でトドメを刺すと、勝利ポーズでEXAフルバーストを放つポーズを取る。




■作中の活躍
パイロットはレオス。

同じGダイバーのピーニャによって彼の元へ届けられる。
ゼロ・ムラサメとマリオン・ウェルチの戦いに割って入り、本来は死ぬはずだった二人を助けることに成功した。

その次のミッションでは刹那・F・セイエイと対決。本来はエクストリームは使わないはずだったが、ex-の差し金で乗り込むハメに。
刹那の駆るエクシアRⅢとの戦いでも、長時間の戦いに縺れ込みながらも、左腕を斬り飛ばす等戦いを優位に運んだ。

しかし、その世界には存在しない機体で長時間干渉した結果、世界が改変されてしまった。
その事態を収集すべく再度刹那に接触するが、ゼノンフェースの使用よる性格を好戦的にされてしまう効果で戦いに溺れてしまう。
しかし、刹那がレオスの真意を知る為にトランザムバーストによる対話を行ったおかげでなんとか改変を最小限に抑えた。

「クロスボーン」の世界ではエクリプス・フェースでディビニダドと闘いを繰り広げる。

「ターンエーの世界」ではセシアの力を借りEXA・フェースを解放。
その余波で「ガンダムX」のアフターウォー世界に迷い込む。

最終決戦では左腕をユウザの攻撃で失うも、EXA・フェースでex-を追いかけ、各世界の戦士たちと共闘する。
そして追撃の果てに元の場所へ戻り、外装を外した素体のエクストリームで同じく素体のex-機と激突。
ビームサーベルの一撃を持って撃破する。

そして『ガンダムEXA VS』では新たなるtype-レオスが登場する。


■立体物
ガンプラ
プレミアムバンダイで発売された。
基本形態のみで、進化形態までは再現不可。ex-のエクストリームのただのリペ品なので耳部分の色やリアスカートの差異が再現されていない。

●ROBOT魂
type-レオス ゼノンフェースが商品化。エクリプス・アイオスの装備はプレバン。
ただ、エクリプスのカルネージ・ストライカーとエクリプス・クラスターがついていない。




■ゲームでの活躍
○ガンダムExtream.VS FULL BOOST

コスト2500で参戦。ゼノンfとエクリプスf、アイオスfの3体が使用可能。
どのフェースも共通の基本形態から換装ゲージが溜まるたびにそれぞれの形態に進化していく。(typeレオス→進化形態[自動換装]→極限進化[任意換装])

ゼノンfは稼動初期に強機体として名を馳せた……悪名だが。
マスターとほぼ同じ横格、スモー涙目の強力すぎる横サブなどによる分からん殺しが猛威を奮った。
調整されてからは良格闘機になったが、壊れ機体の座はバンシィに渡ったのは別の話。
最近は極限より進化の方が強いと言われてる。通常時で300↑コンボ叩き出せるうえに豊富なキャンセルルートで自衛力が高いことが要因か。

エクリプスfは7月24日のアップデートで解禁。格闘を持たない射撃機体(極限進化でBD格闘と後格闘が追加されるが)。ゼノンよりゲージが溜まりにくい、進化が産廃、極限が2500の性能としては微妙ということから現状弱機体扱い…
進化・極限共にメインは撃ち切り手動リロード。
極限射CSの投射式ジャミングシステムはスタン効果があるが自分にも当たってしまうので近距離射撃は要注意。BRなどに当たると一方的に潰されるので、発射直後に敵の弾がヒット→自分だけスタン→フルボッコタイム(自分が)という極限の希望が相手に与えられる。

マキシブーストONでは3フェース共通で被撃墜時に進化段階が1段階戻らなくなった。




追記・修正は極限の希望を見せてからお願いします。
この項目が面白かったなら……\ポチッと/