GNアームズ

登録日:2010/10/30(土) 17:26:19
更新日:2022/05/13 Fri 10:59:43
所要時間:約 6 分で読めます




刹那、ドッキングだ!





GN ARMS



機動戦士ガンダム00』に登場する機体。


セファーラジエルのGNセファーを発展・大型化したガンダムの支援機。

擬似太陽炉が国連に渡り、ソレスタルビーイングが不利になった為、開発を急がせてロールアウトした。

通常は強襲用コンテナの後部にドッキングされており、プトレマイオスの砲台として機能する他、この状態での単独行動や大気圏突入・離脱も可能。
コンテナに格納するガンダムによってアームユニットの武装が異なり、劇中ではガンダムエクシア用の「TYPE-E」とガンダムデュナメス用の「TYPE-D」が登場。ガンダムキュリオス用とガンダムヴァーチェ(ガンダムナドレ)用は開発されていたかすら不明。

中央部にあるコネクタにガンダムのコーンスラスターを接続する事で合体が可能。この形態は「GNアーマー」と呼ばれ、戦闘能力が格段に向上する。




狙い撃つ!!


まだまだ…もう一撃ぃァッ!!





GN ARMS TYPE-E



◇GNアームズ TYPE-E

型式番号:GNR-001E
所属:ソレスタルビーイング
全長:47.4m
全幅:36.2m
全高:15.3m
動力機関:GNコンデンサー
装甲材質:Eカーボン

武装
  • 大型GNソード×2
  • GNビームガン×2
  • 大型GNキャノン×2
  • GNクロー×2
  • GNフィールド



ガンダムエクシア用のGNアームズ。
ラッセ・アイオンをパイロットに置く事で、空の強襲用コンテナ、GNアームズの2形態での単独行動が可能。


◆武装
  • 大型GNソード
アームユニットに備えられた大型実体剣。エクシアのものと機能は同じで、高周波振動とGN粒子効果で高い切れ味を誇る。

  • GNビームガン
GNソードの内側に装備されている。アームユニット自体が大きく可動する為、射界が広い。

  • 大型GNキャノン
コネクタの上部に固定された主砲。本機最高の火力を持つが、射線が正面に限定される。

  • GNクロー
ガンダムの足を固定するユニットの爪先に装備された3本爪の格闘武装。GNセファーから継承され、ガンダム アヴァランチエクシアダッシュにも同様の装備が見られる。

  • GNフィールド
大容量GNコンデンサーを持つ本機は、ヴァーチェと同様にGNフィールドで機体を包む事が出来る。


◆劇中での活躍

トレミーと国連軍の初戦闘の終盤に強襲用コンテナ状態で救援に駆け付け、GN-X部隊を撤退させた。
そしてエクシアを格納して地上へ。アリー・アル・サーシェスガンダムスローネツヴァイ強奪現場に介入し、ツヴァイを体当たりでブッ飛ばした。
それ以降はエクシアの援護に回るものの、卓越したサーシェスの戦闘能力で押されてしまう。

再び宇宙に戻り、最終決戦ではアルヴァトーレの相手を担当。初撃に体当たりをするが、GNフィールドに阻まれコンテナを破棄し、GNアーマーに初ドッキング。
GNファングを凌いで両腕を破壊するも被弾してしまう。最後は大型GNソードを深く突き刺したが、それまでの蓄積したダメージによって大破してしまう。
しかしその爆煙を煙幕にして、エクシアは解体ショーの幕を上げる事が出来た。




悪いが今は狙い撃てないんでね…。圧倒させて貰うぜ!!





GN ARMS TYPE-D



◇GNアームズ TYPE-D

型式番号:GNR-001D
所属:ソレスタルビーイング
全長:47.0m
全幅:36.9m
全高:15.3m
動力機関:GNコンデンサー
装甲材質:Eカーボン

武装
  • GNツインライフル
  • 大型ミサイルコンテナ
  • 大型GNキャノン×2
  • GNクロー×2
  • GNフィールド


ガンダムデュナメス用のGNアームズ。
パイロットがいない為、GNアーマー状態でのみ運用が可能。武装管制はデュナメスからオレンジハロが直接行っている。


◆武装
  • GNツインライフル
右アームユニットに装備された、長砲身の2連装大型ライフル。非使用時は折り畳まれる。

  • 大型ミサイルコンテナ
左アームユニットに装備されている。200発を超える大量のGNミサイルを内蔵しており、一斉射では圧倒的弾幕で面を制圧する。

  • 大型GNキャノン
本体が破壊されても、粒子が残っていればコントローラーを接続して砲撃が出来る。ニール・ディランディはこれで最期の一発を狙い撃った。




◆劇中での活躍

登場は1stシーズン第23話のみ。
負傷したロックオンが待機命令を無視して出撃し、対艦攻撃に向かう。道中でガンダムヴァーチェを嬲っていたGN-X部隊をGNミサイルを一斉射して片付け、目標であるヴァージニア級宇宙輸送艦3隻のうち2隻を沈めるが、スローネツヴァイの奇襲で被弾し、輸送艦のリニアキャノンの直撃で大破してしまう。
なお、スペシャルエディションⅠ「ソレスタルビーイング」では、対艦攻撃のシーンがトランザムシステムを起動してのカットに差し替えられている。




◆GNアーマーTYPE-D(ガンダムサバーニャ)

型式番号:GN-010+GNR-001D

ガンダムEXA』に登場。
エクストリームガンダム戦に投入された機体で、調整の済んでいないビットに代わって予備のGNアームズTYPE-Dとガンダムサバーニャを合体させている。ジョイント部分は規格が合わなかった為、イアン・ヴァスティが新しく造り直した。
その火力は非常に強力。




◆プラモでの仕様

両機ともにHGで発売。HG GUNDAM 00唯一の大型キットで、価格は5000円を超える。
大型かつ左右対称部分が殆どの為、『×2』の工程が多く、うんざりさせられること請け合い。

TYPE-Dのミサイルは白の一色成形で、底面まで塗る場合はミサイルを1発ずつマスキングしなければならない為、労力が尋常ではない。

同梱されるエクシアはトランザムモード(初期設定のコードだけ赤くなるヤツ)、デュナメスは通常版で付属しなかったGNビームピストルが追加されている。
特に後から発売されたTYPE-Dは、アーム以外はエクシアのTYPE-Eと同じであり、更にデュナメスのピストルが付属するプラモデル商品がこのGNアームズセットのみしか発売されなかった為、かなりの不評を買うこととなった。

買わずに放置又はHG GUNDAM SEEDシリーズのストライクノワールのビームライフルショーティで代用する人が出る中、後にガンダムアストレアTYPE-Fが発売された為、ある程度のデュナメス難民が救済されたようだ。
但し、こっちはピストルホルダーのピンの大きさが合わない為、そのまま接続は出来ず、小改造が必要となり、改造後はアストレアには付かなくなるので注意。
まぁ、あげゃトレアはピストルなくても十分カッコイイので移植がオススメかもしれない。

後にプレミアムバンダイ限定でTYPE-Eの単品版が発売された。
こちらにはRGエクシアと接続する為の専用ジョイントパーツと、特製デカールが付属している。


◆ゲームでの活躍

エクシアのアシストとして登場。
GNキャノンを発射しながら突進するが、命中率は低く、強制的に視点が変更されるのでかなり使い辛い。
ガンガンのセイバーガンダムを思い浮かべてくれればいい。NEXTでのエクシアのアシストを務めたデュナメスがあまりに有能だった所為で必要以上に比較されるという憂き目に遭った。
しかし続編のフルブーストから段々と性能が向上しており、キャンセルルートも出来たのでダメアシスト呼ばわりされる事はほぼ無くなった。覚醒技でGNアームズとドッキングして斬り抜け二回からの突き刺し⇒ドッキング解除して斬りつけという原作さながらの攻撃でも登場した。
機動戦士ガンダム Extreme vs. MAXI BOOSTでは、エクシア限定だが覚醒中に格闘CSでGNアームズとドッキングする事が可能となった。高火力かつ広範囲の武装を使用できるのだが、耐久値がエクシア依存のまま巨躯に換装する点や換装せずともエクシアのままでいた方が強いなど散々な言われようだった。
機動戦士ガンダム Extreme vs. MAXI BOOST ONでは、ボス機体にGNアームズTYPE-Dが参戦。アニメさながらの砲撃や、GNフィールドによる防御性能、終いにはTRANS-AMによる超強化までしてくるため油断ができない。
機動戦士ガンダム Extreme vs. 2では、従来のエクシアのコマンドから変貌しGNアームズを呼び出すとその場でドッキングして攻撃するようになった。射撃でGNキャノン照射、格闘で大型GNソードによる斬りつけを行うが、後者は特にSAによる突進性能の強さがあるため不意打ちで使いやすかった。
機動戦士ガンダム Extreme vs. 2 X BOOSTでは、遂にガンダムデュナメスが下格闘でGNアームズTYPE-Dとドッキングできるようになった。射撃でビーム一斉射、格闘でGNミサイル一斉発射という弾幕要員になれたのだが、動きが止まりSAや射撃ガードが無いので非常に的になりやすい欠点を抱える。

ガンダム00初参戦のWARSから登場。
GNアーマーとGNアームズとで個別化されている。
とにかく基礎スペックが高くて使いやすい。近接武装ではGNクローや大型GNソード、射撃戦ではGNキャノンなどで隙が無く、防御面ではGNフィールドを共通して持っているのでかなり堅牢。いざという時は脱出機能もあるので、継戦能力では高い方に入る。
ただし建造コストや手間がかなりかかり、機体サイズもX2Lと非常に大型なので自軍で運用する際はマップ上での幅や出撃枠を取りやすい欠点がある。
この手の多枠ユニットの例に漏れず、マスターユニットとして採用することで出撃枠を1枠に圧縮出来る。マップ上での幅はどうしようもないが大型ユニットは指揮範囲も拡がるので短所ばかりでもない。

WORLDでは何故か耐久値が減少してしまい、GNアームズTYPE-DはGNクローを失ったので近接戦闘武装が無い。
高火力性能は未だ健在ではあるため第一線で使い続けるには十分。

OVERWOLRDでは、GNアームズTYPE-Dにクローが復活。更にGNアームズ状態ではアビリティにGNドライヴが追加されたので、毎ターンEN5%回復の恩恵が得られる。
ただ全体修正としてミサイルの多弾ヒットが無くなっているため、TYPE-Dの方は若干だが火力の伸びが縮んでいる。

CROSSRAYSでは、GNアームズがGNフィールドの展開が可能になり、同時にGNコンデンサーでEN負荷が軽減されるようになった。
GNアーマーは脱出機能が喪失された代わりに分離機能で任意に換装可能*1。耐久値はシリーズ史上最低値になったが、GNドライヴのEN回復とGNフィールド&GNコンデンサーによる防御性能でカバーしきれている。不安ならポイントを耐久値に割り振れば問題ないはず。
武装はTRANS-AMが追加。テンションが超強気以上で無いと使えないのが玉に瑕だが、火力の助長に繋がった。更にTYPE-Eの大型GNソードはGNフィールド突破機能が追加されたので、原作通り太陽炉搭載機を相手にしても不安が無い。
またGジェネのお約束として分離を行った際はパージ前の状態に関わらずHPとENが満タンの中身の機体が出てくる。
GNアームズの武装を乱れ撃ってENが尽きたタイミングで分離。中身のガンダムのENも尽きたら帰還という動きで高い継戦能力を発揮する。
中身で帰還した直後は合体済みのHP1になっている*2のでそこだけは注意。

一気に本丸を追記・修正する!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年05月13日 10:59

*1 一方的な換装なので母艦に戻るまでは再度ドッキングできない点には注意。戦艦のない遊撃グループで出撃している場合はパージしたらマップクリアまでそのまま。

*2 次のターンにHPは整備の能力に応じて回復する。ENは全快。