1998年(SCP Foundation)

登録日:2021/02/27 Sat 22:02:31
更新日:2021/04/11 Sun 16:08:52
所要時間:約 15 分で読めます




─夜明けが、見えてきた。



1998年/1998thはシェアード・ワールドSCP Foundation』のカノンハブのひとつである。
2020年2月8日に成立した、SCP-JP発祥の第4のカノンにして、JPのカノンでは最多の記事数を誇る。



概要

財団世界オカルト連合のような正常性維持機関や世界各国の政府が守ってきた「ヴェール」政策が崩壊した世界を描いた作品群。
カノン名の通り1998年を重大な分岐点としており、ジャンルで言えば歴史改変SFにあたる。

ヴェールについて大雑把にまとめると「平穏で正常な人類社会を維持するために異常存在を世間から隠し通す方針」のことである。
政府は正常性維持機関の権限を認め、財団やGOCは確保、収容、保護、記憶処理、破壊、粛清を行うことでその目的を果たしていた。
しかし1998年の事件で生じた被害は彼らの隠蔽能力を超えており、ヴェールは失われることとなった。

読者の中には「それって『壊された虚構』と同じじゃね?」と思う方もいるかもしれない。
事実、このカノンは発足当初『壊された虚構』の下位シリーズとして扱われており、後に分離・独立している。
その独自性の鍵こそ、世界各地で起こる超常的な出来事と、「"それでも前に進んでいく"人類」「未来への希望」というテーマである。

アートワークを含めた作品数はこの項目が作成された時点で120を超え、ほとんどが未翻訳ではあるが他言語版サイトでもいくつかの作品が作られている。
その半数以上はTaleであり、SCP報告書の数は20にも満たない。またそのTaleにおいても信濃中央新聞という新聞社*1による記事(という体裁のTale)が多数見られるという特徴がある。

特筆すべき点

社会の変化

ヴェールが取り払われたことで、非日常の存在は徐々に日常に組み込まれ、技術は飛躍的な発展を遂げている。
他のカノンでは人型オブジェクトとして収容されていた異常存在も、ある事件を機に「異常性保持者」として社会で生活するようになる。
しかし良いことばかりが起こるわけではない。社会では新たな問題や差別が生まれ、災害や病気が超常的な性質を得て人々を苦しめるようになった。

要注意団体の変化

歴史と社会が変わることで、要注意団体の在り方も大きく変わっていく。
財団やGOCの活動は世間に広く知れ渡ったが、依然として人類の守護者として存在しており、強い影響力を持っている。
本来なら1998年に倒産するプロメテウス研究所は技術の散逸などを恐れた財団とGOCに生かされ、パラテックバブルで業績を回復。世界にその名を轟かせる巨大コンツェルンとなった。
ニッソこと日本生類創研は多額の賠償責任を負い、一度は法的に解体されるも、徹底した自浄努力により、医療機器メーカー「ニッソ医機」として復活を遂げた。
他にもいろいろと大きく変化したり新たに現れたりした団体があるので、詳細はハブを参照してほしい。

数々の超常事件

国家を揺るがす大規模なものから新聞の片隅に小さく書かれるようなものまで、大なり小なり異常な事件が起こる。
後述する「シーズン」のように、特定の事件にまつわる要注意団体や人々のストーリーも数多く投稿されている。
場所を問わず起こる常識外れの大被害により、絶望する人々も現れる。

強き人類

しかしこの世界の人類は、決して高い壁に屈しはしない。
いくら絶望的な事件が起きようとも、最終的には乗り越えて朝日を目にするのである。
そうして急速に成長していった人類の力は、2050年頃には自衛隊(それも淡路島に駐屯していた戦力だけ)でも巨大な神格存在を瞬殺できるレベルにまで達している。*2

タイムライン

先述した通り、1998年の世界では超常的かつ大規模な事件や災害がたびたび起こっている。特定のイベントやテーマにフォーカスを当てた作品群は「シーズン」と呼ばれ、この項目が作成された時点で7つのシーズンが存在している。
それぞれの記事は極力矛盾が起こらないよう設定のすり合わせが行われているが、一部ではタイムラインの分岐も認められており*3、そのパラレル性をテーマとした作品も存在する。

ハブにも年表が記載されているが、より細かく知りたい方は、ハブの下の方にあるリンクから飛べる網羅的な資料集を参照するといい。
タイムライン以外に、用語、事件、人物、よく言及されるロケーション、新聞の形式をとる作品に登場する見出しについても纏められているので、一見の価値あり。

1998年: ワルツの夜

ポーランドは明日、世界に先駆けて新たな一歩を踏み出します。ヴェールの先へ、闇へ立ち向かうために。ポーランドに未来あれ。

このカノンの全ての始まり。1998年初夏のポーランドで発生した「ポーランド神格存在出現事件」とその余波を描いた作品が属する。


2001年: 合衆国の一番長い日

はっきり言おう、奴らの正体がわかった。あれはいわゆる悪魔だ。20分署に所属するエクソシストから裏がとれた。

2001年9月11日にカオス・インサージェンシーが引き起こしたマンハッタン次元崩落テロ事件に関するシーズン。
マンハッタン島は無数の悪魔や怪物が跋扈する地獄と化し、人々は生き残るために行動する。
属する作品は、当時のマンハッタンを舞台としたカノン内シリーズ『マンハッタン・クライシス』と、テロ収束後に事件やマンハッタンに言及したものの2種に大別される。


2006年: 大麻畑でつかまえて

ようこそ、享楽と悪徳の街、幻想国家コロンビアへ。

2006年10月2日、麻薬カルテルに乗っ取られたコロンビア政府は、他国や正常性維持機関からの独立を宣言。
カルテルに協力する悪魔たちにより、一時滞在者を含む4395万人のコロンビア市民は、ボゴタ上空に出現した文字通りの夢の世界「オルタナティブ・コロンビア」へ移行した。
パラドラッグが蔓延し、人や悪魔が享楽に耽って共存する無法地帯と化したコロンビアの内外を描く。


2015年: プルス・ウルトラ

その歩みが遅々たるものであろうと、曲がりくねった道筋であろうと、我々は前へ進み続けねばなりません。

2015年のバルセロナで、要注意人物「トンガラシ翁」*5が神性を獲得。不老長寿を目指していた翁は、スペイン国民の9割をカワウソに変異させて捕食し始めた。
神格存在となった翁は3か月後に討伐されるが、人々の姿が戻ることはなく、スペインは様々な問題と直面する前例のない前進を迫られる。
タイトルの「プルス・ウルトラ」は、「もっと先へ」「もっと向こうへ」「更なる前進」を意味するスペインの標語。


2017年: 東京事変

2017年の12月17日。そこから東京は壊された。26年間も壊され続けた。

東京都を中心とした南関東で、同時多発的な異常現象「東京現実崩壊性広域災害」、通称「東京事変」が発生。東京は以後26年にわたり崩壊を続け、日本は首都機能を移転する。
災害を受けて変化していく日本の情勢だけでなく、地下に逃れた生存者たちのコミュニティ「地下東京」にもスポットを当てる。


2037年: 黎明に轟く咆哮

僕は、人間と何が違うのでしょうか。

いわゆる獣人である「動物特徴保持者(Animal Feature Career;AFC)」たちの、日本での生活と権利をテーマとしたシーズン。


2041年: 病院の窓から覗いた朝

やることははっきりしています。絶望を終わらせるのです。

異常の膾炙により変化した近未来の日本社会を、医療の面から掘り下げていくシーズン。
物語の起点となるのは、2041年に群馬で発生した「サイト-81Q5現実崩壊事件」


これ以外にも、特定のシーズンに属さない「幕間」や、同じく特定のシーズンに依存しない連作である「シリーズ」に分類される、多種多様な作品が存在する。


追記・修正をお願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年04月11日 16:08

*1 財団のフロント企業の1つだが、このハブにおいては全国紙にまで発展している。

*2 ここでの自衛隊は我々が知るものとは異なり、名称こそ同じだが実態は「日本国防軍の対超常特殊部隊」である。

*3 『1998年』の存在が他言語版でも知られ始めたことで、海外で設定のすり合わせがまったくできていない記事が投稿されたことが分岐容認の決定打となった。

*4 PCブラウザ版の再現なので、読む際はスマートフォンを横にするか、PCまたはタブレットの使用を推奨。

*5 SCP-1129-JPを作った本人。基底タイムラインではSCP-1129-JPことアヒージョの意図せぬ脱走により命運が尽き死亡した

*6 大手町駅は時間の流れが非常に早く、地上で13年が経過している間に住人の世代交代が5回も発生している。