CALL OF DUTY MODERN WARFARE 3

登録日:2021/02/28 Sun 00:25:39
更新日:2021/04/16 Fri 19:19:42
所要時間:約 6 分で読めます





 


 

 
世界を破滅へと導くこの戦争は、
たった一人の男の意志によって引き起こされる。

 


2011年に発売されたCoDシリーズ、モダン・ウォーフェアの三作目。
開発は前作に引き続きInfinity Wardで、日本では字幕版と日本語吹き替え版の二種類が発売された。

 

ストーリー


前作において、独善的な暴走を始めたシェパードを抹殺したプライスとソープ。
しかし、マカロフが始めた戦争の火種はすでに世界中へと広がり、"第三次世界大戦"と呼べるほどの規模となってしまった。
シェパードの策略によって非正規部隊と成り果てたタスクフォース141やアメリカ、ヨーロッパ諸国はマカロフ打倒のため、そして依然として進攻を続けるロシア軍に対抗するため、それぞれ世界各地で作戦を遂行する。



登場人物


タスクフォース141

  • ジョン・プライス
吹き替え:石塚運昇

SASで髭とブーニーハットの英国紳士。前作の終盤で国際指名手配された。
新生TF141を率いてマカロフ及び超国家主義者たちとの戦いに臨む。


  • ソープ・マクタビッシュ
吹き替え:岡林史泰

元SASのモヒカンの超人。前作のラストで重傷を負った彼がニコライの隠れ家へ運ばれてくるところから物語が始まる。


  • ユーリ
吹き替え:江川央生

TF141編のプレイヤーキャラ。顔も映るし、台詞も喋る。元スペツナズの腕利きで、マカロフのことを深く憎んでいる。


  •  ニコライ
吹き替え:大塚芳忠

かつてSASに救出されたロシア人エージェント。何気に1から皆勤。
崩壊したTF141を再建させるための人員補充や各種情報入手を行うなど、縁の下の力持ち。
吹き替えを担当した大塚氏はBOにてレズノフの吹き替えも担当し、後のAWでもアイアンズの吹き替えを担当した。



デルタフォース

  • サンドマン
吹き替え:鈴木達央

メタルチームの隊長でコールサインはメタル0-1。サングラスがクールなナイスガイ。
プライスやソープとは旧知の仲で、秘匿回線で彼らと連絡を取りながら、アメリカや世界のため戦火に身を投じる。


  • トラック
吹き替え:楠大典

メタルチームの隊員でコールサインはメタル0-2。大柄な黒人で、ミッションによっては分隊支援火器や大型の電ノコなどを使用する力仕事担当。
吹き替えを担当した楠氏はBOにてクラフチェンコの吹き替えも担当した。


  • グリンチ
吹き替え:間宮康弘

メタルチームの隊員でコールサインはメタル0-3。MK14を愛用し、主にチームのマークスマンを担当する。ベースボールキャップと軽口が特徴的。


  • デリク・'フロスト'・ウェストブルック
吹き替え:なし

アメリカ軍デルタフォース編のプレイヤーキャラで階級は二等軍曹。メタルチームの隊員でコールサインはメタル0-4。
劇中では顔写真が映るが、ミラー仕様のゴーグルとバラクラバを着けているので素顔はわからない。


  • オーバーロード
吹き替え:立木文彦

アメリカ軍の最高司令官。デルタフォースとメタルチームを指揮する。
前作では空気だったが、今回はデルタフォース編のほぼ全ミッションに登場。



SAS

  • マーカス・バーンズ
吹き替え:なし

SAS編のプレイヤーキャラで階級は軍曹。怪しげな積み荷を運ぶ超国家主義者たちの行動を探る。


  • ウォールクロフト
吹き替え:白熊寛嗣

MW1の貨物船のミッションでプライスのチームにいたSAS隊員。約5年の間に出世し、TF141に転属したプライス(ブラボー6)の後釜となっている。
吹き替えを担当した白熊氏は後にBO2にてメネンデスの吹き替えも担当した。


  • グリフィン
吹き替え:遠藤大智

ウォールクロフトの部隊のSAS隊員。彼と同様に、貨物船のミッションにも参加していた。


  • ベースプレート
吹き替え:菅生隆之

SASの司令官。ウォールクロフトの部隊を指揮する。
正体は若かりし頃のプライスと共にザカエフの暗殺任務を遂行したマクミラン。当時の借りを返すようにプライスに脅され、TF141にも仕方なく情報を渡す。
吹き替えを担当した菅生氏は後にGhostsにてイライアスの吹き替えも担当した。



超国家主義者

  • ウラジミル・マカロフ
吹き替え:藤原啓治

ザカエフの後任として超国家主義者たちの指導者となった男。
今作でも毒ガスを使用した無差別テロなどの非道な作戦を展開する。


  • アレクシー
吹き替え:諏訪部順一

マカロフのアジトの一つであるチェコの古城に勤める部下。
大統領の娘の居場所をマカロフに報告した。


  • ヴォルク
吹き替え:麦人

マカロフの無差別テロに使用された毒ガスの輸送を行った人物。フランスに潜伏していたが、デルタフォース及びGIGNに襲撃される。


  • イムラン・ザカエフ
吹き替え:若本規夫

MW1にてソープに射殺されたロシアの超国家主義者。回想シーンにのみ登場する。
吹き替えを担当した若本氏はBOにてドラゴヴィッチの吹き替えも担当した。



ロシア

  • アンドレイ・ハルコフ
吹き替え:なし

ロシア編のプレイヤーキャラ。ワルシャフスキー大統領の護衛のため、大統領や政府高官を乗せたジェット機に同乗した。

 
  • ワルシャフスキー大統領
吹き替え:内田直哉

ロシアの大統領。戦争終結のため、アメリカとの和平交渉を進めようと考えていたが、超国家主義者の襲撃を受ける。


  • アリョーナ
吹き替え:植田佳奈

ワルシャフスキー大統領の娘。超国家主義者の襲撃後は行方不明になる。
吹き替えを担当した植田氏は後にBO2でクロエやミスティの吹き替えも担当した。



その他

  • ワラーベ
吹き替え:志村知幸

ソマリアの武装勢力を仕切るチンピラ。マカロフへの手掛かりとして自身を捕らえに来たTF141と交戦する。


  • カマロフ
吹き替え:林一夫

MW1においてもSASに協力したプライスの古い友人。今回も反マカロフ派のレジスタンスを率いてTF141の支援を行う。




マルチプレイヤー


オンラインで世界中のプレイヤーと対戦できる。またオフラインでも4人までプレイ可能。
6人VS6人(たまに9人VS9人)などの基本的な枠組みはMW2からあまり変わっていない。
本作で導入された新ルール「KILL CONFIRMED」は好評で、後のシリーズにも採用された。
武器技能など新たなシステムが追加されている。

ゲームバランスはとってもカオス。プレデターミサイル→リーパー→AC130の空爆定食、マッチの後半ほぼ確定で飛んでくるEMP、レーザーガンじみた超低反動のサーマルサイトLMGによる定点防御、バカみたいに高性能のバックアップマシンピストルなどなど…。


スペシャルオプス


今作では三つのモードに分かれており、どのモードも二人プレイが可能。
そしてオンラインプレイでは新たに、フレンド登録していないプレイヤー(所謂野良プレイヤー)とも協力プレイができるようになった。


サバイバル

無限に湧いてくる敵兵と死ぬまで戦い続けるモード。ラウンドが進むにつれて敵兵も少しずつ強くなり、人数も増えていく。
プレイヤー側も武器や装備品などをフィールド上のショップで購入し、自身を強化させて戦う。高ラウンドになると、重装備のジャガーノート兵や武装ヘリも敵として登場する。


ミッション

前作のスペシャルオプスと同じようなミニミッション。星三つ(ベテラン)を目指して頑張ろう。
今回も二人プレイ専用のミッションがある。
オンラインで野良プレイヤーとも協力できるとはいえ、やはりオフラインで一緒にプレイできる友達や兄弟がおらず、オンライン環境も無い人には相変わらず星のコンプリートは絶望的である。*1


カオス

DLCにて追加された新たなモード。基本ルールはサバイバルと同じで死ぬまで敵と戦い続けるというものだが、敵兵が出てくるペースが比べ物にならないほど早く、湧いてくる人数も物凄く多い。










追記・修正は誰にだってできる。

──── その意志があれば。

 

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年04月16日 19:19

*1 野良プレイヤーも、ベテランに挑戦しようとする人よりも、レギュラーでのんびり遊ぶ人を方が大多数を占めている。