大塚芳忠

登録日:2012/03/26 Mon 12:34:01
更新日:2022/08/09 Tue 18:50:34
所要時間:約 10 分で読めます




大塚(おおつか) 芳忠(ほうちゅう)は日本の男性声優である。
本名は『よしただ』であるが音読みされる場合が多く芸名を『ほうちゅう』とした。

1954年5月19日生まれ。68歳。
岡山県津山市出身。
血液型:A型。
身長:173cm
体重:63kg
趣味はゴルフ、野球、旅行など。
クレイジーボックス所属。


声優で大塚と言えばスネークで有名な明夫氏やその父、周夫氏がいるがこの人も忘れてはいけない。
因みに血縁ではない。

唯一無二の色気、渋味と愛嬌を持った声は老若男女を問わず、幅広い人気を得ており、洋画の吹き替えなどではもはや必要不可欠な存在となっている。
洋画を好んで見る人ならばおそらく何回も耳にしている声であろう。
またアニメやナレーションなどでも精力的に活動しており、個人の趣向に依らず聞く機会の多い声優の一人でもある。

主な吹き替えの持ち役はジェフ・ゴールドブラム、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、デンゼル・ワシントン等。

演じたキャラクターは数知れず、また役柄も選ばず、どのような役でもキャラの魅力を最大限に引き出せる人である。
男気溢れる熱いナイスガイやおっちょこちょいでおバカだけど憎めないギャグキャラ、
威厳と風格に満ちた敵ボスから卑怯で同情しようのないクズ野郎までまんべんなくカバーしており、どんな役を演じても輝いている人だと言える。

一方で意外にも特撮作品への参加は非常に少ないが、全てレギュラー、準レギュラーの重要な役所を演じており(2020年時点)、存在感は強い。
その中でも『仮面ライダー電王』で演じたデネブには特に強い思い入れがあると公言しており、代表作として『電王』を自ら挙げる事も少なくない。


“日本人”がイメージするアメリカ人の声(吹き替え)で連想するのに最も多いうちの一人がこの人だとか。
芳忠さんすげぇ……。


ルックスはダンディな雰囲気を醸している素敵で優しそうなオジサマといった感じだろうか。

ゴルフが好きでなんと腕前はプロ級だとか。
天は二物を与えずという言葉が嘘だと体言しているようなもんである。



そして猫が大好き。にゃんにゃん。
芳忠さんは猫派らしい。

声優になるキッカケとなったのは、アルバイトとして勤めていた水商売系のお店に来店したスタッフからスカウトされたから(当時25歳)。
劇団などには所属しておらず、演技の基礎などはまったく無かったらしい。

奥さんの弥永和子さん(1948~2014)も声優。「怒ると怖い」と答えており、恐妻家である模様。

死去した仁内建之や小林勝彦、中村秀利、大木民夫から持ち役の一部を引き継いでいる。

【主な出演作品】


・アニメ


・劇場版アニメ


・ゲーム


・特撮


・吹き替え

  • ゼイビアックス(KAMENRIDER DRAGON KNIGHT)
  • ダニー・タナー(フルハウス)
  • データ(スタートレック)
  • フィデル・カストロ/デミアン・ビチル(チェ 28歳の革命/39歳 別れの手紙)
  • キャメロン・ポー(コン・エアー)
  • スチュアート大佐(ダイハード2)
  • ゼウス・カーバー(ダイハード3)
  • トーマス・バトン(ベンジャミン・バトン 数奇な人生)
  • エージェント・スミス(マトリックス)
  • アラゴルン(ロード・オブ・ザ・リング)
  • ピッコロ大魔王(DRAGONBALL EVOLUTION)
  • アンディ・デュフレーン(ショーシャンクの空に)
  • デイヴィ・ジョーンズ(パイレーツ・オブ・カリビアン)
  • ドラキュラ伯爵(ヴァン・ヘルシング)
  • ディヴィッド(インデペンデンス・デイ)
  • ジョン・ドゲット(Xファイル)
  • リチャード・マック・マコヴィッツ(フューチャーウェポン)
  • ハデス(タイタンの戦い/TV放送版)
  • トロン(リンズラー)、アラン・ブラットリー/(トロン・レガシー)

・ナレーション






最後に言っておく!芳忠と追記・修正をよろしく!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年08月09日 18:50