サイエンスコナン 宇宙と重力の不思議

登録日:2022/07/04(月)13:39:03
更新日:2022/07/05 Tue 21:00:29
所要時間:約 14 分で読めます





『サイエンスコナン 宇宙と重力の不思議』とは、名探偵コナンを題材とした学習漫画。

タイトル通り、宇宙飛行士の生活や重力が引き起こす現象など物理学における様々な知識を漫画を通して学ぶことができる。
また本作のストーリーは『宇宙旅行』をテーマにしているため、大気圏外のスペースシャトルで事件が発生し、コナンが地上の管制室から推理をするという破茶滅茶な展開が見所。これに比べればまだ現実味があるのが逆に凄いが。


【あらすじ】
世界初の民間人を乗せたスペースシャトル『WISH』の打ち上げが1か月後に迫り、それを記念して開催されたイベント・宇宙フェスティバルを訪れた毛利一家と少年探偵団。講演会で宇宙飛行士たちの話を聞いた子供たちは、宇宙への憧れを募らせる。
だがその夜、会場に展示されていた宝石『星のなみだ』が盗まれるという事件が発生。コナンたち少年探偵団の活躍によって宝石は奪還されたが、犯人には逃げられてしまった。

お手柄を立てた少年探偵団はご褒美としてWISHの発射場のある『みのりが島』に招待されることになるが、出発直前にも参加者の一人・小泉のホテルの部屋が荒らされるなど不審な事件が起こり、疑念を残したまま打ち上げの日を迎える。
打ち上げは無事成功し参加者たちは宇宙旅行を満喫するが、突然船内で小泉が意識不明の状態で発見される。そして畳み掛けるようにWISHが制御を失い軌道を外れてしまった。

このままではWISHは巨大なスペースデブリに衝突して大破。乗組員は全滅するばかりか、地球はスペースデブリで覆われ、人類の宇宙開発の未来まで永久に絶たれてしまう…!


【登場人物】
♦︎レギュラーキャラクター

今回は事件現場が大気圏外ということもあって、現場主義の彼にしては珍しい安楽椅子タイプの推理を行なっている。
冒頭の星のなみだ窃盗事件の際は、高所から飛び降りる犯人にサッカーボールを正確にぶつけ荷物だけを叩き落とすという神業を披露している。『モンキーハンティング』という物理法則を応用したらしいが、最早そういう問題ではない。
コナン『そこは長年のカンってやつで…』
元太『お前いつからサッカーやってんだ?』

星のなみだ奪還に協力したご褒美としてWISHの発射場に招待され、また生中継での無重力実験コーナーの企画を考えさせてくれることに。
実際に採用された企画は『静電気で引き合う地球と月の模型で、公転運動を再現する』というもの。実際結構面白い。
しかもこれ、コナンと灰原はほとんど立案にノータッチ。なんだかんだハイスペックな子供たちである。

いつも通りクールで、宇宙旅行に関しては『行けるのはどうせお金持ちだけ』とあまり興味を持っていない。
今作ではなんと日本中が注目するビッグイベントの生中継映像に映り込んでしまうという大ポカをやらかしてしまったが、幸い大事には至らなかったようだ。

出番は少ないが、コナンも見惚れる水着姿は必見。

スペースシャトルの実物大模型を見てはしゃいだり、宇宙空間で起きた事件に『エイリアンが犯人だ』と大真面目に推理したりと子供っぽい場面が目立つ。
ちなみに、かつて『水平線上の陰謀』にて白鳥任三郎に「次は宇宙ですか?ロケットにでも乗って」と皮肉を言われていたが、今回で本人は行ってないものの本当に宇宙空間で事件が起きる事となった。

少年探偵団に対して重力についての講義を行う。
エピローグでは事件の振り返りをしたあと、万有引力やブラックホールについての講義を行う…のだが、小1相手には難しすぎ。というかコナンもよく分かっていなかった。


♦︎オリジナルキャラクター

  • 若井学(わかい まなぶ)
  • 向山理科子(むかいやま りかこ)
JAXAからスペースツアーズ社に招致された宇宙飛行士。二人ともNASAのMS(ミッション・スペシャリスト)資格を持っており、特に若井はISS(国際宇宙ステーション)に滞在した経験もあるベテラン。
今回の宇宙旅行ではWISHの操縦を担当するが、想定外の事態が起き対応に苦慮する苦労人。

  • 綾小路宗雄(あやのこうじ むねお)
今回の宇宙旅行を企画したスペースツアーズ社の社長。冒頭で盗まれた『星のなみだ』は彼の私物。
この旅行の成功には社運を懸けており、余計なイメージダウンを避けるため事件を通報せず、関係者にも自ら口止めをお願いする。そのため打ち上げ当日になってなぜか事件のことがマスコミに漏れてしまったことには苦い顔をしていた。
京都府警の綾小路文麿警部とは無関係。

  • 丸川球男(まるかわ たまお)
宇宙旅行の参加者。プロゴルファー。
どっかの誰かさんとは違い世界中の大会で活躍して多くの賞金を稼いできた名選手。
だが、最近はスランプ気味であり、現役を引退してタレントに転向するという噂もある。
小泉を食事に誘ったりと軽薄で軟派な人物で、彼女に邪険に対応されるたびに機嫌を損ねるなど器の小ささが目立つ。
小泉のホテルの部屋が荒らされた際は、ベランダから怪しいロープが垂れ下がっているのを見かけたと証言した。

  • 金沢富有(かなざわ とみあり)
宇宙旅行の参加者。ゲームメーカー『カナザワ・ソフトウェア』の創業者。
彼自身も優秀なシステムエンジニアであり、会長として一線を退いた今でも高いプログラミング技術を持っている。小泉に食ってかかる丸川を宥めるなど性格も温厚。
幼い頃から宇宙へ行くのが夢だったらしく最初は待ちきれない様子だったが、打ち上げが近くなるにつれて浮かない顔を見せるようになった。
小泉のホテルの部屋が荒らされた際は、犯人はロープ一本でベランダまで這い上がれる屈強な男だと推理した。
宇宙旅行中には、意識不明の小泉を発見する。

  • 小泉純(こいずみ じゅん)
宇宙旅行の参加者。女性タレントで、宇宙からの生中継のリポーターも兼ねている。
スポーツ万能、才色兼備の人気タレント…だったのだが、最近はあまりテレビの出番が無いらしく、少年探偵団は彼女を知らなかった。そのためコナンと灰原の世代がバレかけた
また、パソコンを使うのが上手なことでも有名で、ブログ等での活動を最初期に始めた『元祖ネットアイドル』という一面もある。
カメラや小五郎の前では明るく優しい女性という姿を崩さないが、軽薄な丸川に対してだけはシカトしたりパシリにしたりと高飛車な面を見せており、意外な二面性を持った人物である。
打ち上げ前にはホテルの自室を荒らされた上に衣装を切り刻まれると散々な目に遭い、自分に送りつけられた脅迫状の文面から犯人は若い女性だと推理した。
宇宙旅行中には、何者かに頭を打ちつけられ流血し意識不明の状態で発見される。
そして、彼女のパソコンからWISHの制御システムへのハッキングが行われた形跡があり、彼女の唇には何故か窒息によるチアノーゼの跡が見られた。

名前の由来は恐らく某有名政治家。

  • 金沢夫人
金沢の妻。宇宙旅行中の夫のことで気になることがあったらしく、わざわざみのりが島まで駆けつけてきた。


【用語】
  • 星のなみだ
綾小路が所有する、テクタイトと呼ばれる宝石の一種。貴重なもので綾小路も大事にしているらしく、盗まれたと聞いたときは激怒して警備員に指示を出していた。
その正体は、隕石落下の熱で溶けた天然の硝子が固まったもの。特にこれは大きさ・品質共に世界最高峰の代物らしい。怪盗キッドが欲しがりそう。
冒頭で怪しい人物に盗み出されたが、少年探偵団の活躍によって奪還された。だが犯人の本当の目的はこれではないようで…。

  • スペースデブリ
古い人工衛星の残骸など、宇宙空間に漂っているゴミのこと。宇宙開発の大敵ともいえる存在であるため、スペースツアーズ社はスペースデブリの観測データを保有している。
もしWISHほどの巨大な宇宙船が大型のスペースデブリと衝突して大破してしまえば、大量のスペースデブリが発生して他の人工衛星などを破壊し、鼠算式に増えたスペースデブリによって地球は覆われ、人類は宇宙開発のチャンスを永久に失ってしまうという。














以下ネタバレ














  • 小泉純
実は、彼女こそが『星のなみだ盗難未遂』『ホテルの部屋への侵入』『WISHの制御システムへのハッキング』の3つの事件の主犯であり、本作の黒幕である。

星のなみだを盗んだ目的は、真の目的がスペースデブリの観測データであることのカモフラージュと、敢えて派手な犯行を行うことで世間の注目を集めること。だがこの件は綾小路に揉み消されたため、次の一手として自分の部屋が荒らされたように偽装した。
やり方は単純。共犯者の丸川に鍵を渡し、自分がアリバイを作っている間に丸川に自分の部屋を荒らさせるだけ。ベランダにロープを垂れ下がらせたのも外部犯だと思い込ませるためのフェイクであり、脅迫状も自作したもの。
だが、これも綾小路に握り潰されそうになった為、マスコミに自ら犯行声明文を送りつけた。

こうまでしてWISHに注目を集めたかった理由、そしてWISHの制御システムをハッキングし、自分を含む乗員全員を危険に晒した目的は、自分で狂わせたWISHのシステムを自分で復旧させ、『人類の未来を救った女神』として再びスターの座に返り咲くこと。
いわば壮大なマッチポンプであり、世界を巻き込んだ傍迷惑な売名行為だったのだ。
だが制御システムをハッキングしたまではいいものの、不測の事態に巻き込まれて意識不明の重傷を負ってしまう。解除コードを唯一知っている彼女が意識を失ったことで、事態は最悪の方向へと向かう…。

自分の人気取りの為だけに世界中を危機に晒した紛れもない悪女だが、それ以上に恐ろしいのは彼女の行動力とスペックで、明らかに劇場版でもありがちな行動と目的のバランスが合っていない

特に冒頭の星のなみだ盗難未遂事件では…
  • デブリの観測データという極めて重要なデータをハッキングして盗み出す
  • 警備員を突き飛ばし、無数の警備員の追跡から逃げ切る
  • 実物大のスペースシャトルの模型によじ登り、ジャンプしてケーブルからぶら下がる
  • 荷台の上にクッションを乗せたトラックを会場に突っ込ませ、ぶら下がった状態から走行するトラックの上に正確に着地、無傷で生還するという神業
彼女は黒の組織のエージェントか何かだろうか?

最早『スポーツ万能』だとか『元祖ネットアイドル』だとかいう領域を遥かに超越したチートキャラである。ていうかそれだけなんでもできるならなぜテレビから干されたのか…。そうか性格だな。
とはいえ全部が全部完璧ではなく、マスコミに送った犯行声明文は時間がなく手書きだったため、コナンには筆跡であっさり出所がバレていた。

余談だが、星のなみだ事件ではタレントとしての外面とも素の高飛車な面とも異なる、冷徹な男性口調で犯行に当たっていた。芸能人だけあって役に没頭できるタイプなのかもしれない。

  • 丸川球男
小泉の共犯者。
宇宙フェスティバル会場に突入したトラックの運転手や小泉の部屋に侵入した実行犯は彼だったらしい。
現役引退とタレント転向の噂は本当だったらしく、名を売るチャンスだと考え小泉の計画に乗ったようだ。
だが盗難車を手に入れる伝手などないためどこかでレンタルしたトラックを犯行に使ったらしく、小五郎(コナン)によれば警察が本気で調べればいつか足が着くらしい。
誰に対してもタレントとしての外面を崩さない小泉が彼に対してだけ塩対応なのは、軽薄な彼が嫌いなだけでなく、共犯者というビジネスライクな関係だったこともあるのかもしれない。

  • 金沢富有
小泉に重傷を負わせた犯人。といってもほとんど事故のようなものだったが。
姿を消した小泉を探していた金沢は制御システムをハッキングしていた彼女を偶然見つけ、自身も元システムエンジニアだったことから彼女の目的に勘づいてしまう。慌てて止めようと揉みあっているうちに彼女を突き飛ばしてしまい、後頭部を強打した彼女は失神してしまった。
この段階で他の乗員に事情を話して小泉を救助していればここまで事態はややこしくならなかったのだが、このままではWISHは大破し自分も宇宙開発も終わりだと悟った途端、温厚だった金沢は突然豹変

実は彼は不治の病に冒されていた。宇宙旅行参加のための健康診断では偽の診断書を提出していたらしい。
最初のうちは冥土の土産に宇宙に行ければ思い残すことはない思っていたが、打ち上げの日が近づくにつれ、これから宇宙開発が大きく進んでいく時代に死ななければならないことに憂鬱を感じるようになっていった。
そんな彼が文字通り『宇宙開発の未来を手の内に握った』ことで乱心し、大好きな宇宙を自分の死に場所にし、自分の手で宇宙開発の未来を奪おうとする。

また自爆までに小泉が目覚めてしまっては水の泡なので彼女には死んでもらおうと思ったが、自分で手を下す勇気はなかったため、部屋の空調を止めた。(無重力空間では空調設備に頼らなければ空気の対流が起こらず、意識不明の人がいる状態で空調を止めてしまえばやがて二酸化炭素が顔の周りに溜まり呼吸ができなくなってしまう。)

眠りの小五郎の推理ショーでは、証拠は何もなかったため言い逃れることも可能だったが、どの道先がなく自暴自棄だったためあっさり白状する。
だが、本物の診断書を偶然見つけて病気のことを調べた妻が管制室に現れ、最先端の研究機関で手術を受ければ助かるかもしれないと告げられる。
まだ生きられるという希望を得られたことで、ようやく自分が取り返しのつかないことをしたことに気づいた金沢は責任を取って自害しようとするが…。

  • 江戸川コナン
モニターを介して地上の管制室から眠りの小五郎の推理ショーを行う。
今回は現場に立ち入ることすら出来ず、地上で手に入る断片的な情報から消去法だけで推理する厳しい勝負を強いられる。

  • 向山理科子
自決しようとする金沢を取り押さえ、『ゲームメーカーを経営し誰よりも子供たちの笑顔のために働いてきたあなたなら、罪を償ってやり直せるはず』と説得する。
これには錯乱していた金沢も観念し大人しくなった。

こうして船内の事件は解決したが、まだ大きな問題が残っていた。
巨大なスペースデブリとの衝突が目前に迫っていた。

  • 若井学
最後の手段として、船外活動を決断する。
船外活動は宇宙服の気圧の関係で開始前に数時間の調整を必要とする作業だが、その手間すら短縮するまさに命懸けの作業だった。
彼の作戦は、船外活動中に船から離れすぎてしまった際、空気を噴射して戻ってくるための装置の予備をWISHの外壁に括り付け、一斉噴射して軌道を変えるというもの。そんな馬鹿なと思うかもしれないが、無重力空間ならば充分勝算はあるとのこと。
若井は青く美しい地球を見て、必ず帰ると誓う。

そして空気を一斉噴射する。だがWISHは動かない。流石に出力が足りないようだ。
ならばと若井は、自身の宇宙服に備えつけられていた装置も全て起動した。命綱があるとはいえ、噴射し切ってしまえば帰れなくなるかもしれない。それでも全開で空気を噴射し、外壁を押し続けた。

動け!
動けえええええええええええ!

動いた。
ゆっくりとWISHは軌道を変えた。
彼らは遂にスペースデブリとの衝突の危機から救われたのだった。


  • その後
間もなく小泉が目を覚まし、制御システムは復旧。全員無事地球に帰還した。
小泉、丸川、金沢の三人は逮捕された。自業自得とはいえ本気で死にかけたためみな反省し、罪を償った後は子供たちに宇宙の素晴らしさをを伝えるボランティア活動を始める予定らしい。
また、金沢の手術も成功したという。死期が迫り自暴自棄になったとはいえ他の二人と違って本来は善良な人物なので、酌量の余地はあるだろう。

  • 綾小路宗雄
おそらくこの事件の一番の被害者。二つの事件を隠蔽しようとしたことは褒められたことではないが、社運を賭けた一大イベントを邪な目的のために台無しにされてしまう羽目になった。
一方で、彼の行動は計らずも売名という犯人の最大の目的を妨害し、犯人にボロを出させる結果となった。
阿笠博士によればこう見えてやり手の社長らしいので、いずれまた宇宙旅行事業を始めるだろうとのこと。

  • 小嶋元太
アポ無しで管制室に駆けつけてきた金沢夫人に入館証を貸すようコナンに頼まれるが、そのまま推理ショーに入ったことでずっと忘れられていた(笑)。



追記・修正は船外活動をしてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年07月05日 21:00