黒羽快斗/怪盗キッド

登録日:2015/02/20(金) 18:02:03
更新日:2020/05/16 Sat 13:03:32
所要時間:約 5 分で読めます




俺はもうぼっちゃまじゃない
怪盗キッドだ


黒羽快斗/怪盗キッドとはまじっく快斗名探偵コナンに登場するキャラクター。
声:山口勝平

プロフィール
身長:174cm
体重:58kg
年齢:17
血液型:B
誕生日:6月21日

【概要】
『まじっく快斗』の主人公で、江古田高校在籍の高校2年生。
父はプロのマジシャンだったが、物語の8年前にマジック中の不慮の事故により亡くなった故・黒羽盗一。母の黒羽千影は健在だが諸事情により海外で暮らしている。
マジシャンの息子らしく、その腕は父親譲り。
嫌いな食べ物は魚介類全般で、見ただけで悲鳴を上げることも。

工藤新一と瓜二つの公式公認のイケメンで、バレンタインデーには両手で抱えるほどチョコを女子から貰っていた
因みに前の年までは風邪を引いたり足を骨折したりしていたので、バレンタインデーの事を詳しくは知らなかった。

年齢に似合わず、新聞のニュース欄を(授業中でも)読んだりする。
ただし、大抵は怪盗キッドとしての自分の活躍をに関する記事ばかりであるが…。
(レギュラーアニメ版の『まじっく快斗1412』では、時代の流れかタブレット端末を使ってニュースを見ている)
IQ400を誇る天才でもあり、授業中に教師から無茶ぶりで当てられた問題をあっさり解いたり、一瞬で落下速度の計算もできたりする程。
基本的にマジシャンであるため、謎を作り出すことを得意としているが、「ゴールデン・アイ、ダーク・ナイト」や「真夜中の烏」などでもわかるように、逆に謎を暴きだす優れた推理力も持ち合わせている。
普段は幼なじみの青子のスカートを覗いたり冷やかしたりするなど明るくやんちゃな性格。
アニメ版では、調子に乗っている時などによく「ケケケー!」と笑っている。



俺の敵わないマジシャンはただひとり
黒羽盗一



ある日偶然見つけた自宅の隠し部屋で、父親の死の真相や正体を知ることになる。
黒羽盗一の正体――それは巷で噂されている怪盗キッドであった。
そして、父の死は事故ではなく、その真相は謎の組織による殺害だったのだ。
それを知った快斗は「父の死の真相究明とその敵討ち」を果たすべく、父の跡を継ぎ2代目怪盗キッドとなった。
(殺したはずの怪盗キッドが活動を続ける=仇の組織に対する挑発であり、活躍を喧伝することで自らを囮に接触を図っている)
ただ、最近の活躍ぶりから見ても、本来の目的よりも怪盗キッドとしての活動自体を楽しんでる方に夢中と言える。

<怪盗キッド>
黒羽快斗が夜の間だけなる姿。元々は、父・盗一がある目的のために行っていた盗賊(義賊)。
正式名称は「怪盗1412号」といい、数字は国際犯罪者番号を指す。
親子合わせての怪盗キッドによる被害総額はなんと350億円以上であり(器物損壊をも含めればそれをも上回る)、
殺人こそ犯していないものの、日本はともかく、アメリカ合衆国等の実際の司法に合わせれば死刑や終身刑に値するレベルの凶悪犯罪者という事となる。

何故「怪盗キッド」という名前で呼ばれるようになったかというと、とある若手小説家(その正体は工藤新一の父・工藤優作)が、日本を含め各国の警察を子供のように手玉にとる怪盗1412号に興味を持った折、新聞記者が殴り書きした「1412」を「KID」と誤読したため
これがきっかけで日本では「怪盗キッド」で定着してしまい、そう呼ばれるようになった。
マスコミからは「月下の奇術師」「平成のアルセーヌ・ルパン」などとも謳われている。
ちなみに、快斗の母である千影も過去に「昭和の女二十面相」と謳われていた女怪盗「ファントム・レディ」として活動しており、お宝を悪用して荒稼ぎをする者達の妨害を行っていた。
現在の怪盗キッドも、市民からアイドルや権力に屈しないヒーローの様に称賛されている人気者であり、盗みの現場では観戦しに来た一般市民のファン達から熱烈なキッドコールが行われている。

怪盗を自称しているからといっても何でもかんでも盗んでいるわけではなく、本人の目的はあくまでビッグジュエルなので狙うのは基本宝石のみ。
ただし怪盗キッドの名前を騙り宝石以外にも絵画や古美術品を盗むと宣言される事も多々ある。
キッド自身も偽りの怪盗予告に対しても毎回律義に盗んでいる(本人曰く「売られた喧嘩は買う」)ので、世間的には美術品をターゲットとしていると思われている。
他には母が怪盗時代に残した仕事の後始末も任されることがある。

快斗の時と違い、キッドの時は父の「ポーカーフェイスを忘れるな」という言葉のもと、感情を顔に出さないキザな二枚目キャラクターとして振る舞い、セリフも芝居がかった気障ったらしいものになるが、予測不能の事態に動揺したりプロの暗殺者などと正面から渡り合えないなど年相応故仕方ないところもある。
変装を得意とし、声色はどんな人物の声でも自由自在に出せるという特技がある。
これを活用し老若男女誰にでも変装することが可能で、特に女性に変装していることが多く、コナンにこのことを指摘された時は「そっちのほうが萌えるんでね」と答えている。
主な逃走手段はハンググライダーだが、恐らく御袋に教わったバイクに乗っている描写がある。
盗みをする際は母から受け継いだ高い身体能力を駆使し、トランプ銃や催眠スプレー等を使い警察を翻弄している。


現在キッドが追い続ける獲物はビッグジュエル『パンドラ』。
仇の組織が求めてやまない品であるが、それが大きな宝石であること、そして(彼らにとって)不老不死への手掛かりであるらしいこと以外の詳細は不明。
それがダイヤモンドなのか、ルビーなのかあるいはサファイアなのか、どんな逸話を秘めているのかなどなど、誰も正体を知らないのである。

一旦盗んでから品定めを行い、目的外の品だとわかった場合はすぐに持ち主に返している。
また、「盗む」ことで悪徳美術商や闇ブローカーの悪事を暴き、正当な持ち主の手に返されるよう図ったり、時には正当な持ち主のもとへ自ら赴き手渡したりするなど、
義賊としての一面も持っている。
一方で、正体を知らない青子からは父親の宿敵である上に、警察に恥をかかせる為に行動しているようにしか見えない為、「愉快犯」と嫌われてしまっている。
盗んだお宝は返しても、盗みによって生じた器物破損等による損害賠償等は全くしていない為、いずれにせよ莫大な被害総額を出している事実に変わりはない。

また、自惚れの強さやマジシャンとしての技術に頼る傾向から、時として洒落やジョークなどでは済まされない程の損害や被害、犠牲を出してしまう事も少なくない。
世紀末の魔術師』では、宝の隠し場所を特定する為に、変電所を爆破して大阪全体を大停電に追い込むというテロ紛いな暴挙に出ている。
(自家発電システムがあるのを予め予測していたとは言え、人の命に係わる病院等を意図的に停電にしてしまうのは死者を出しかねなかった悪質な犯罪行為である。)
業火の向日葵』では、あらかじめ絵画の『向日葵』を狙う黒幕の正体や目的を知っていながら、誰にも(柔軟な思考をしており、ある意味でキッドを理解していたコナンや次郎吉にすら)犯人の正体を教えようとせず、暗号によるヒントを与えるだけで自らの独力で解決しようとした結果、7枚の向日葵こそ失われずに済んだが、幾度にも及ぶ大惨事を招いている。
(ウメノ夫人に『芦屋の向日葵』に見せたいという寺井の気持ちを汲んだが故かもしれないが、それでも下手をすれば大勢の犠牲者を出すだけでなく、7枚の向日葵全てを失ってしまう最悪な事態になりかねなかった。)

<他作品への客演>
週刊少年サンデー30周年記念増刊号に掲載された番外編「KAITO」にて登場。
鉄刃と宝刀を巡り対決している。


「怪盗は鮮やかに獲物を盗みだす創造的な芸術家だが、探偵はその跡を見て難癖付けるただの批評家にすぎないんだぜ?」
「優れた芸術家の殆どは死んでから名を馳せる。お前を巨匠にしてやるよ怪盗キッド! 監獄と言う墓場に入れてな…」

おそらく世代によってはこちらでの活躍が印象に残っていると思われる。
というか『まじっく快斗』が絶賛休載中のため、キッドは本来ゲストキャラだったにもかかわらず、もはや『名探偵コナン』の登場人物とみなされているフシもある。
青山ワールド自体世界観を共有してる所もあるので違和感は無いかもしれないが。
初登場は16巻『コナンvs怪盗キッド』。
作者曰く、最初は一度限りのスペシャルゲストを予定していたらしい。しかし今やご存知の通りすっかり準レギュラーの仲間入りを果たしており、登場しては空中浮遊や瞬間移動などの神業的な奇術を披露し、コナンと知恵比べをしている。

しかし敵対するばかりでもなく、時には取引を経てコナンに手を貸すことも。
漆黒の特急』では、キッドが変装してベルツリー急行に乗車していることを見破ったコナンに、見逃すことを条件に宮野志保に変装。黒の組織の一員・バーボンと対峙する。
志保の画像を見てその姿を装い、電話越しで灰原と会話しているので、写真の女性が灰原であることは承知しているはずだが、その女性が何者であるかまでは知らない様子である。
なお、黒の組織が銃や爆弾を平気で使う危ない連中だとこの件で初めて知り、危うく殺されそうになったことにはさすがに抗議していた。

また、快斗としての客演ではないがルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIEではルパン三世が怪盗キッドに変装しており、怪盗キッドの正体を知っていると判明した。

アニメ「まじっく快斗1412」ではコナンと続けて放送されるという時間帯もあり、アニオリも含む対決エピソードが多く組まれている。
視点がキッド側なのでしょうがないのだが、こちらでのコナンはどう見ても悪役である。

劇場版には3作目世紀末の魔術師で初出演。
以後も、銀翼の奇術師探偵たちの鎮魂歌天空の難破船業火の向日葵紺青の拳と、他作品のキャラクターでは最多である。
初期の頃には怪盗キッド時のクールな二枚目として描かれることが多かったが、まじ快アニメ版の放送後は本編のような三枚目な素顔も描かれるようになった。




<工藤新一との関係>
快斗の容姿は髪型以外はほぼ新一と同じ。作者が一緒だから似るのはしかたない
彼に変装する際は髪型を変えるだけで良い。
劇場版では天空の難破船以降、キッドの変装の弱点である「顔を強く引っ張られると変装がばれる」という点をカバーする為に工藤新一の姿を利用し潜入するというパターンが使われるようになった。
ただしコナン原作では新一に顔が似ている事を利用するような事はしていない。
(曲がりなりにも推理物である以上、それはアンフェアだろうとの事)
ちなみに少年探偵団に追い詰められて素顔を目撃された際は新一と勘違いされており、それで難を逃れている。


外見自体は全くといって良いほど違いは無いが意外なところで対比されており、

職業:探偵←→怪盗
学生服:ブレザー←→学ラン
家庭関係:両親健在←→母子家庭
などと対比付けがされている


新一の幼少期の声高山みなみが演じているが、
快斗の幼少期はそのまま山口勝平が演じている。


因みに江戸川コナンではなく工藤新一として原作にて一度対決しており、互いに顔も名前も知らないまま新一がキッドを追い詰めた過去がある。

そして、コナンの正体が新一であるという事を知っている一人でもある。
キッドがその事に気づいたのは原作ではなくアニメ劇場版なのだが、後に原作でもコナン=新一だと分かっていると思われる描写がある(特に近年の劇場版シリーズは原作との連動が多い)。

名探偵コナンの公式ガイドでは「2人が似ているのは実は深い理由があるんです」という意味深な一文が存在する。

ちなみに新一の母親工藤有希子シャロン・ヴィンヤードは盗一の弟子達で彼女達の変装術は盗一から伝授したものだったりする。しかも有希子は弟子時代に幼少期の快斗と会ったことがあり、こんな意外なところに関連がある。
更に盗一によれば千影は有希子のエッセイのファンだとか。


<中森銀三との関係>
青山作品で言うキッドがルパンなら銭形警部と言うべき存在の警部。
正直コナン読書からしたらまじっく快斗のヒロインで実の娘である青子やコナンよりもキッドと言えば警部と言う印象が強いかもしれない。

1代目の盗一の頃からキッドを追い続けており、今では怪盗キッドが関わる事件を専任に扱う刑事で捕まえるためならたとえ管轄外であっても構わずにその現場へ急行と人生をキッド逮捕に捧げてるとも呼べる(だだキッドが変わっているのに気づいていない様子)。

普段は口が悪く粗暴でいつもキッドに出し抜かれたりと有能そうなイメージが無いが、キッドの暗号をコナンよりも早く見抜いたり、二度と同じミスを繰り返さないための防犯装置を考案してキッドを迎え打ったりと長年追いかけているだけに有能な一面もある(同じくキッドを追うコナンの事は信頼しており、彼の知恵を借り時もあった)。
また、キッドに対してある程度の信頼感を抱いており、キッドが長期休業した際は悲しんだり、キッドに殺人容疑がかかった時は「これはヤツの犯行ではない…」と彼の無実を信じてた。

この様にキッドは生涯の宿敵とも呼べる存在として見ているが、娘青子の幼馴染である快斗との関係は悪くない。むしろ気に入っており、快斗が家を訪れた際は捌いた鯛の刺身を振る舞ったりもしている(快斗が魚嫌いの為、怯えられていたが)。
一度だけキッドの正体が快斗だと疑った事があるが、今はそれをキッドの変装のレパートリーの1つだと捉えており、快斗を疑う事も無くなった。 白馬探の捜査で快斗がキッドだと判明した時も、「ばかばかしい!」と一蹴して全く信用していない事からどれだけ快斗を信頼しているかが分かり、思い悩んでいた際は快斗の励ましで闘志を取り戻した時もあった。快斗を気に入っている事から青子との仲も全面的に公認している様子。











今宵アニヲタwikiの怪盗キッドの項目を追記・修正のため参上せん
-怪盗キッド-

この項目が面白かったなら……\ポチッと/