寅丸 星

登録日:2009/09/12(土) 15:55:45
更新日:2021/06/05 Sat 20:45:42
所要時間:約 6 分で読めます




東方Project』の登場キャラクター。

読み:とらまる・しょう

能力:財宝が集まる程度の能力

二つ名:毘沙門天の弟子

出演:『東方星蓮船』5面ボス

テーマ曲:虎柄の毘沙門天


種族は妖怪。聖 白蓮が信仰している毘沙門天の弟子。

毘沙門天の弟子なだけあり、とても縁起の良い妖怪である。元々はただの虎の妖怪だった。

古くから毘沙門天を信仰していた白蓮は、寺に毘沙門天を召喚しようと考えたが、毘沙門天は多忙な為中々呼び出すことが出来なかった。
おまけに寺の周りの妖怪達も、自分が毘沙門天に退治されるのではないかと怯えて寺に近寄らなくなってしまった。

そこで白蓮は、山で最も信頼の厚い妖怪を毘沙門天に紹介して、毘沙門天の弟子にすることで、妖怪達を呼び戻して信仰を得ようと考えた。

その妖怪こそ彼女である。多忙な毘沙門天は致し方なくこれを了承。
晴れて彼女はただの虎の妖怪から、毘沙門天の弟子となった。
しかし毘沙門天は完全には彼女を信頼しておらず、その監視役として鼠を遣わせた。それがナズーリンである。

毘沙門天の心配とは裏腹に、彼女は非常に真面目且つ優秀で、特にトラブルを起こすこともなかった。

しかしその真面目さが災いしてか、白蓮が巫女に封印された際、白蓮を助けると自分が妖怪だと人間達にバレてしまい、毘沙門天としての責務が果たせなくなる為、助けることが出来なかった。

彼女は後悔の念を抱きつつも、毘沙門天としての責務を果たし続けた。

しかし白蓮を失った寺は荒廃の一途を辿る。そんな折、白蓮が魔界に封印された際、同じく地底に封印された仲間達が戻って来た(『地霊殿』の怨霊騒ぎの影響)。

もう後悔したくない、逃げやしないと、彼女は妖怪として白蓮を助け出すことを決意。
帰ってきた仲間達に白蓮の封印を解く方法を教え、行動を起こした……



という様に、『星蓮船』における騒動の立役者。

しかし、そもそも村紗 水蜜達が地下から出てきたのはお燐の所為で、そのお燐が異変を起こした原因はお空にあり、そのお空を覚醒させたのは八坂 神奈子洩矢 諏訪子である。

ま  た  守  矢  か  !


おのれ守矢神社!ゆ゛る゛さ゛ん゛!!!



とはいえそのおかげで白蓮が復活できたわけなので、星達からすれば感謝してもしきれないだろうが。

持っている宝塔は、地面に光を放ち宝石を生成できる道具なのだが、八意 永琳によれば放射しているのはγ線レーザーらしい。
土の元素を変質させているらしいのだが……危険というレベルじゃねぇぞ!

実は財宝の妖怪である彼女はあまり体術が得意ではなく、強さの八割は宝塔によるものである。


丁寧な口調で、相手を否定することもなく、穏和な物腰で対応する姿はまさに優等生。
妖怪は皆殺しだぁ!の巫女や、空飛ぶシーフ常識を投げ捨てた現代っ子と比べてみると、どっちが主人公なのかわからなくなってくる。

魔理沙に対して、白蓮の復活を手伝うなら代わりに飛宝を1個だけ分け与える、という密約を交わしたりした辺り、
頭が固いわけではなく割りと融通が利く性格をしているように見受けられる。

だが大事な大事な毘沙門天の宝搭をうっかり無くしてしまう辺り、結構ドジっ娘

ナズーリンは一応監視役に当たるが、彼女は星のことを「ご主人様」と呼んでいることから主従関係のようでもある。
ああ、幻想郷の従者はいつも苦労人……





以下余談

かなり背が高い。立ち絵で見ても魔理沙や霊夢より一回り大きい。
大体、霊夢がドット絵や立ち絵から計算して150cm半ばあるかないかなので、恐らく170cm↑はあると思われる。
小野塚 小町の座を揺るがす存在になるかもしれない。

彼女の名前を英語に直すと、「Tiger circle star」となるが、これを訳すと木星である。
木星の反対側には「太歳星」という惑星が位置するとされ、それを神格化したのが太歳星君である。意外な奴と繋がった

設定を見るとわかるように、彼女は白蓮の弟子であるが、寺の本尊である毘沙門天(の代理)として崇められている存在でもある。
また、彼女の部下であるナズーリンは本物の毘沙門天から派遣されてきた監視役でもある。
このように、命蓮寺勢(ナズーリンは厳密には違うが)の上下関係はかなりややこしい。
形式的には本尊である星が一番偉いが、実際は住職である白蓮が一番偉い。そして本物の毘沙門天との関係もあるのでナズーリンはある意味別格ということになるのだろうか?
一つの指標としては、『求聞口授』によると聖がトップだと認識されているようだ。

5ボスの中ではお燐と同じく自機ハブられ組。
命蓮寺の御本尊様が自機として異変解決に乗り出すのはちょっと無理があるのかもしれない。
住職の白蓮の方がフットワークが軽いというのも多分原因。


○スペルカード一覧

宝搭「レイディアントトレジャー」E/N
宝搭「レイディアントトレジャーガン」H/L

光符「アブソリュートジャスティス」E/N
光符「正義の威光」H/L

法力「至宝の独鈷杵」E/N
法力「隙間無い法の独鈷杵」H/L

光符「浄化の魔」E/N/H
「コンプリートクラリフィケイション」L

へにょりを始めとした各種レーザー弾幕が特徴。
曲がりつつ異様な速さで飛来する通常の時点でスペカ並の難易度を誇る。
宝搭のスペカはナズーリンも使用しているが、流石は御主人というべきか難易度は数段上。
特に3つ目は、鬼畜と名高い星蓮船の中でも上位に位置する。 
ノーマルでルナ並の弾幕を放つクラウンピースの登場までは火焔猫燐と並んで5ボス最難関筆頭候補と評したファンも多い。
もちろんルナにおいては未だに最難関候補である。



以下二次設定


カップリングはナズーリンや白蓮。
キャラ的な意味で八雲 藍、龍虎繋がりで紅 美鈴との絡みもありそう。

真面目な性格はそのままに、扱いはほぼドジっ()で定着。
事あるごとに宝塔を無くしたり、うっかり大ポカをやらかしてはナズに助けを求めている。主従が逆転している例も。

ただ、なずなずを襲うほやほや(笑)やにゃーん(笑)を堂々と追い払う頼もしい姿を見せたりもする(ぬこ科的に虎>>>>>>>普通の猫)。
原作の難易度もあってか、やる時はやるお方なのだ。

『星蓮船』バックストーリーの元ネタ的に阪神ネタが流行るかと思われたが、特にそうでもなかった。

そのボーイッシュな容姿と穏和な物腰からか、女性ファンからの支持も得られるのではないだろうか。
実際、801スレでは早くも可愛いとの声が上がっているとか。
徐々にリグル・ナイトバグに次ぐ「君」付けキャラになりつつある。しかし「星君」と書くと別なキャラを思い浮かべる人もいるとか……。


5ボス従者組の中では例外的に偉そうなオーラを放っているので最もボスキャラっぽく扱われる。
とは言えドジっ虎の印象がすごいためあまり強者っぽくも見えない。



星:「追記・しゅ……しゅ、しゅしゅしゅ……」

ナズーリン:「追記・修正だよ、ご主人様」

星:「つ、追記・修正をお願いします!」キリッ

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年06月05日 20:45