戦国ランス

登録日:2009/10/17(土) 00:54:42
更新日:2021/06/11 Fri 22:24:42
所要時間:約 8 分で読めます




2006年にアリスソフトが発売した地域制圧型SLG。
1989年から続くRanceシリーズの作品で、「RanceVI -ゼス崩壊-」に続く正史7作目である。

今作の舞台は大陸東端の国JAPAN。
ランスが、美しいと評判のJAPANの女性の中でも、最も美しいといわれる織田家の香姫を狙ってJAPANを訪れ、出会った織田信長と意気投合。
信長から織田家の指揮を任され、JAPANとJAPANの女性征服を目指す、というのがあらすじ。

Ranceシリーズの壮大で独創的なストーリーや、魅力溢れる様々なキャラクター、
自由度が高くやり込み要素が強いシステムや神曲揃いのBGM等が理由に、
C†Cやマブラヴオルタ等と並んで、エロゲーの中で最高ランクの評価をされている作品の一つである。
この作品がきっかけで、Ranceシリーズに手を出していった人も多いはず。
ただ恐ろしく中毒性が高く、やめ時が見つからなくなるゲームなのでくれぐれもリアル生活に支障をきたさないよう要注意。

タイトルロゴの"ランス"が"テニス"に見えるせいか「戦国テニス」と呼ばれることも。

その人気から長らくほぼ定価を維持していたが、2014年12月についに廉価版が登場した。
お値段なんと税別2,800円。アリスソフトもえらい太っ腹なもんである。


主な登場人物紹介
ランスと織田家
ランス(Rance)
ご存知我らが緑の主人公。英雄になる素質が十分以上あるのだが、自分勝手でスケベで乱暴で口が大きくてち〇こがハイパーなツンデレ。
世界に二つある、魔人を倒すことのできる武器の片方「魔剣カオス」の所持者。
今作ではわりと成長(?)していて、なるべく和姦趣味。でもやっぱり襲っちゃうこともしばしば。
主人公のくせにユニット性能は微妙。しかも合戦で壊滅すると必ず討死になり、強制ガメオベラ。
だが高得点を狙う場合は攻城戦で出撃させる必要があるという何とも厄介なユニット。
個人戦では高めのレベルとランスアタックで主力になれる。

シィル・プライン
ランスに15000Gで買われた奴隷。放っておくと暴走するランスのストッパー。
ランスとは神認定の運命の人。
ちょっと髪型が変わってるけどもこもこ。
今回は暖かそうな衣装。ひんひん。
合戦ではランスと同部隊だが、個人戦では別ユニットとして扱われる。火力はそこそこあるがものすごく遅い。
レベルはランスより3低い。ランスにヒーリングを使った場合のみ、行動回数も回復する。
これを利用してランスアタックを連発するのが個人戦の黄金パターン。

カオス
ランスの心の友…を自称する剣。
仲良くボケもツッコミも担当する一方で、魔人を断つ「剣」としての非情な部分もフューチャーされる。
今作ではアイテムの一つという扱いで、ランスの強制装備。外せない。効果は与えるダメージを20%増やすというもの。

織田信長
シスコンな織田家当主。嫁の帰蝶にもベタ惚れだったが、亡くなっている。
団子を作るのがとても上手い。美食家のランスが褒めるほど。
ランスが自ら友達と認めた凄い人物。

香姫
信長の妹。ちょいブラコン気味。
つるーでぺたーでろりーだったため、ランスの毒牙にかからなかった。3年後に期待らしい。
料理は上手いが、何故か団子を作ると殺人団子になる。
ルートによってはユニットとして参戦する。職種は足軽。
初期兵数は多いがステータスは加入時期を考えるとやや低め。まあロリっ子がいきなりアホみたいに強くても困るが。
ランス同様、壊滅すると必ず討死し、ガメオベラ。

あのガキ共は絶対に許さない。

3G
織田家に仕える妖怪。喝ーっ!!×3
ランスが興味ない(=ゲーム的に再現しにくい)内政関連は彼がほとんど仕切っているという設定。
貴重なLV3技能の持ち主。

JAPANの武将たち
鈴女
忍者Lv2、くノ一Lv3のJAPANが誇る最強のくノ一。
やたら万能。どこぞのヘボ忍者とは違うでござる。にんにん。
伊賀の手先で、ランスを暗殺する予定だったが、ランスを気に入り仲間になる。
今回かなり重要なキャラ。討ち死にしないし解雇できない。

原昌示
原家当主のおっさん。短小?
最弱勢力の当主だけあってステータスも低めだが、高難易度だとかなり厄介な相手。
仲間にした後は選択肢次第で(妻に対して)ヤンデレ気味になる。

犬飼
伊賀勢力のリーダー忍者。ケモナーなわんわん使い。
進め方次第ではランスと個人戦で戦うことになるが、わんわんを3匹つれているため、行動回数を増やしていないと絶対に勝てない。
ステータスはゲーム中の忍者の中でも最高なのだが、固有スキルが非常に微妙。
敵全体に101ダメージ(強化すると201ダメージ)を与える技なのだが、高難易度だと兵数1000オーバーが当たり前なので大した打撃にはならない。しかも行動を全て消費してしまう。

足利超神
足利家当主の人類。魚類に見えるけど、人類です。ぷぴー!
美的センスが一般人と真逆なナルシスト。
謝罪と賠償を要求するでおじゃる。
好感度をあげると改名する。
元ネタは足利義昭。
ステータス的にも作中の立ち振る舞い的にも無能の極みのようなキャラだが、代々伝わる三種の神器の一つを金に換えないところだけは好感が持てる。

山本五十六
弟を足利に人質に取られている女武将。
若干能力は低いものの、加入が早く、固有スキルが強力なのでじっくり育てれば終盤まで主力として使っていける。
個別√が存在するヒロインの一人。個別EDは必見。

徳川家康
徳川家リーダーの天麩羅大好き狸親父。見ての通り妖怪。
石橋を叩いて渡らない。配下のたぬー達がかわいい。
合戦ではそこそこだが、個人戦では固有スキルが凶悪であり、最強候補の一角。

朝倉義景
朝倉家リーダーのじい様。娘の雪姫が可愛くて仕様がない。が、あっちの方もまだまだ現役らしい。
話し合いで天下統一したいと思っている。
好感度あげたときのイベントがなかなか便利。

上杉謙信
武力で天下統一を目指す勢力を成敗している上杉家リーダーの女侍。
JAPAN最強の侍で、単独戦では敵なし。軍神と崇められることも。
戦の時に敵のランスに一目惚れし、重度の恋を患う。
2周目以降、条件を満たすと個別√に進める。
簡単に仲間にできるのに初期ステータスが高く、固有能力もチートな強ユニット。付いてくる直江愛も軍師でやっぱり強い。数少ない使える武士の一人。
「毘沙門天の加護ぞある!」

武田信玄
武力で天下統一を目指しているJAPAN最強の勢力武田家の当主。
てばさき軍団を操る。
常に重厚な鎧兜を身に付けていて、誰も素顔を見たことがない謎の多い人物。
ちなみに当ゲームの武田勢が優遇されているのは当初武田領から話が始まっていた時の名残らしい。

北条早雲
全国の鬼を退治している陰陽集団北条家の当主。
初代早雲に最も近付いたといわれる程の腕前を持っている。
生真面目バカ眼鏡で童貞。幼なじみの蘭が大好き。
全国版ではバカップルになっている。
陰陽ユニットでは最強クラスだが、加入条件がなかなか厳しい。

南条蘭
早雲LOVEっ子。でもお互い素直になれない。
個別√があるヒロインで、2週目以降NTRることができるが…?
色んな意味で不幸。

今川義元
ハニー軍団のリーダーハニーキング?
今川焼が上手い。

名取
巫女機関のリーダー。殺人マ〇コ。
凄くわけのわからない髪型をしている。X
そこらの武士ユニットより普通に強い。
固有スキルの巫女の嵐2は敵全体の30%を削るという超性能。防衛戦ならこのスキルと適当な足軽だけでどうにかなることも。
才能限界は58と非常に高いが、個人戦では巫女の宿命で火力不足。
キャラクリが最も難しいキャラの一人。なんといっても裏ボスを倒す必要があるのだから。

種子島重彦
種子島の鉄砲隊を率いるリーダーな□。
コパンドンから買い取ったチューリップを参考にして鉄砲を開発した。
種子島家はスク水セーラーな柚原柚美ちゃんが最重要。

性眼
日本人の大半が信仰している「天志教」の大僧正。
若く見えるが還暦を迎えている。
イベントを進めていくと、戦闘開始時に全付与50%(武田4将軍と同様の効果)が付く。
固有スキルは敵全体の25%を削る死神の鎌。名取と一緒に使えば敵全体の55%を削れる。
才能限界は51と高めだが、個人戦では僧侶ユニットの宿命で火力不足。

明石風丸
すっかり弱体化してしまった明石家の新当主。
ヒゲを書いてはいけない。味方にした後の育て方によっては、かなり使えるユニットに。

坂本竜馬
死国から飛び出し、毛利家の一部を奪って作った国タクガのリーダー。
呪い付きの男の娘。深く考えてはいけない。
ステータスは汎用忍者に毛が生えた程度だが、敵で出てくるときは兵数がやたら多く鬱陶しい。

毛利元就
ヤンキー軍団毛利家当主のとんでもジジイ。公式曰く、元就は知将のイメージが強いから真逆路線でいってみようとのこと。
呪い付きになり巨大化し、一気に勢力拡大した。
三人の可愛い娘がいる。
固有スキルの元就パンチは200固定ダメージ。兵数1000越えが当たり前の合戦では微妙だが、個人戦(特にラスボス)では頼りになる。

島津ヨシヒサ
島津家当主。女こまし4兄弟の長男。黒姫にぞっこん。
何気に戦国ゲーとしては島津4兄弟が全員揃うのはレア(他は信長の野望ぐらい)。
が、プレイヤーからはある事情でものすごいヘイトを集めている。
元ネタは島津義久。

独眼流政宗
妖怪軍団リーダー。現妖怪王。
とてつもなくかっこいい目玉。鬼〇郎の親父ではない。
嫁が4人いるモテモテ目玉。かっこいい。
元ネタは伊達政宗。
ステータスは高いが、特に技能を持っているわけではないので加入時期の遅さもあって合戦では今一つ。
さらに妻のひとりであるお町さんの強さが凄まじいため、どうしても見劣りしてしまう。
ただし個人戦では高レベル、行動回数6と非常に強力。

その他
魔人ザビエル
約500年前、天志教によって封印された魔人。
日本人をとても憎んでいる。
多くのルートでラスボスになる。全体攻撃が非常に厄介。
ルートによっては合戦で出てくることもある。

小川健太郎
異世界から美樹を追いかけてやって来た少年。
世界に二つある、魔人を倒すことのできる武器の一つ「日光」を所持している。
最初どの勢力に所属しているかはランダムだが、ある程度法則がある。
ルートによっては魔人になる。魔人なので合戦では必ず1残るステキ仕様。カズヒサやトシヒサが出てきたら的にしよう。

来水美樹
リトルプリンセス。前魔王ガイによって、魔王の後継者にさせられる。
現在ヒラミレモンで魔王化を抑えながら健太郎と逃亡中。
魔王化を止められないと魔王ルートに突入してしまう。頑張って進めても最後は強制ガメオベラ。
魔王ルートの合戦では敵ユニットとして登場する。この美樹には一切ダメージを与えられない上、自身含むすべての味方ユニットに50%付与。
さらに9000ダメージ固定&使用後の待機時間極小の消えちゃえボムを6発も使ってくるという魔王の名に恥じないチート性能。
だが、合戦はあくまでも戦果で勝敗が決まるので、うまく戦えば勝つこともできる。

傾国
正史には登場しないトリックスター的キャラ。
if√で色々暗躍する。…が、どうやら『9』でのミラクルの発言によると正史でも存在するようだ。

オロチ
やりこみ用裏ボス。ものすごくでかい蛇でJAPANで地震が起こるのはこいつのせい。
正史でもランス一行が征伐したことになっているので頑張って挑戦してみよう。

大陸からの援軍
過去作に登場したキャラ6名+1名を満足度ボーナスを溜めることで援軍として呼べる。
見当かなみ
ランスにベタ惚れしているリーザスの王女リア直属のヘボ忍者。かえるパンツ。
ランスとは神認定の運命の人。
今作はランスの増援として登場する。
これまでの作品では、ゲーム的にそこそこ活躍出来ていたが、今回は運用には愛が必要。にょう。
初期兵数が多めなので作戦許可証要因としては有用。

マリア・カスタード
鉄砲の元になった「チューリップ」の開発者。戦うときもチューリップを使う。
今作では、リーザスから増援に来る。
ランスとの関係で悩んでいたが、なにか吹っ切れた模様。

レイラ・グレクニー
リーザスの親衛隊隊長。リーザスNo.2の腕前。
今回ランスとのHがない珍しい女性キャラ。リックが好きなので、ランスとの関係に線を引く?
魔軍戦には要注意。

リズナ・ランフビット
とんでもない魔法耐性と淫乱な体をもつ女性。かなり騙されやすい性格。
ゼスから増援にくる。
現在淫乱な体をパパイヤ製の薬で抑えているが……。
長らく時間が止まっていた影響か一気に歳をと…セクシーに。

ウルザ・プラナアイス
ランス6の時、レジスタンス「アイスフレーム」のリーダーだった娘。
ゼスから増援にくる。軍師なのにステータスが非常に高く、才能限界も高いので個人戦もバッチリ。
特に合戦では必殺技の精密射撃が大活躍し、謙信+ウルザ配置がチート並の強さを誇る。
個人戦でも他の軍師は火力がお察しで付与をつけるしか仕事が無いのに対し、ウルザは通常攻撃を1.5倍の威力で出せるという凄まじさ。しかも高レベルで5回も行動できる。
謙信、お町さんと並び、いるといないとでは難易度ががらりと変わる強ユニット。

マジック・ザ・ガンジー
ゼス王ラグナロックアーク・スーパー・ガンジーの一人娘。でこ。
今作は魔法使いが使いにくいものの、白色破壊光線が強力で敵を焼き尽くしてくれる。
ただ仲間になる時期が微妙。

魔想志津香
マリアの親友。ツンツン。
ランスとは神認定の運命の人。
今回、クリアデータでボーナスを付けないと仲間にならない。オマケだからイベントも無い。
後にJAPAN来訪が正史になった。





追記・修正よろしく。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年06月11日 22:24