レシェール・アルヴェイユ
lexerl alveiju

レシェール・アルヴェイユ*1
生年月日 1985年3月7日
出生地 リパラオネ共和国・アルザッツァ
没年月日 -
死没地 -
出身校 ユエスレオネ中央大学哲学部
所属政党 ユエスレオネ社会党ステデラフ・イェスカ派→ユエスレオネ統一社会党
立場 レアル・イェスカ主義
武力革命論再考
配偶者 -
親族 -
サイン -
レシェール・アルヴェイユ(理:Lexerl alveiju fon leal for levenervixen yszaplorca alfiiju)は、ユエスレオネ連邦のイェスカ主義者、政治家、思想家である。レシェール・ヴェンタフの孫に当たるため、「例の孫」(理:vixenestan)との通り名がある。また、思想史上では省略名称であるレアル(理:Leal)で呼ばれることが多い。


概要

 phil.1985年にレシェール・ヴェンタフの孫として旧リパラオネ共和国・アルザッツァの中流家庭に生まれる。7歳のときに第二次国家統合戦争を経験し、銃後で戦争が及ぼす世の中の明るさと暗さを体験する。13歳の頃より、「ファスマレー国語化運動」からターフ・ヴィール・イェスカの存在を知り、世界の人々を幸せにする一心でイェスカ哲学を学び始めた。2000年にユエスレオネ人民解放戦線が設立されると、彼女は加入を望んだが年少者過ぎることから役員に一度は断られたものの、出入り口でしょんぼりするイェスカが彼女をこっそりと部屋に呼び寄せたことから、レアルは加入はしていないもののイェスカとの親密な関係が続いた。18歳、ユエスレオネ内戦が始まるとレアルはイェスカに青年を革命に動員することを主張し、人民解放戦線系武装組織『ユエスレオネ人民解放戦線青年部』を設立し、内戦中は自衛に務めた。ユエスレオネ連邦が成立するとイェスカの命令によって『青年部』は解体されたが、本人から直接社会党の青年組織の長をやらないかと打診される。しかし、彼女は『青年部』の仲間たちを忘れられず、これを拒否することになった。2005年(20歳)、ユミリア政権が樹立され、政治活動が自由になるとレアルは『連邦人民戦線青年部』を設立し、ユエスレオネ中央大学哲学部に通いながら指導にあたった。
 アイン・シャント・M・リーツェによる新イェスカ学派を批判しながらも、ユミリア主義や民主イェスカ主義の「政治的維持思考」を批判するレアルの思想はレアル・イェスカ主義と呼ばれるようになった。
 2020年選挙に向け、アレス・デュイネル・アレンに牛耳られた社会党に抵抗するため、ターフ・ヴィール・ウォルツァスカイユとともにユエスレオネ社会党ステデラフ・イェスカ派(IDLT)を設立し、共同党首となった。
 2020年におけるユエスレオネ第三政変によって連立政権が樹立されるとレアルは首相に就任するも持病の偏頭痛が悪化し、職務に支障が出るほどになり入院してしまうことになった。

人物

  • 偏頭痛持ちであり、頭痛薬を常に持ち歩いていた。2020年選挙で自分が首相となる連立政権が成立すると症状は悪化し、遂には入院する羽目になってしまった。
  • 耳につけている安全ピンはイェスカに貰ったものであり、上着の前を閉めるために貰ったものであるが嬉しさのあまり耳に付けてしまった。イェスカは困惑したという。

引用

  • 主体的統一は交換性誤謬に対する普遍主義的な乗り越え方なのである。(Ixfanto cilylista es paskadaleranasch jecsukel el inferlnen ixvarlunsarl.)
 レアルが親子三代続けて思想家だったということとそれによる彼女の立場を表した明晰な発言として有名である。

関連リンク

最終更新:2024年03月06日 23:00