ヴェフィス(淮:Vaifise)とは、リパラオネ系民族の一つである。スキュリオーティエ叙事詩に登場するユフィア・ド・スキュリオーティエ(淮:Yfia de Skyliautie ylia、理:skurlavenija.jurfheija)などが有名。


概要

 ヴェフィスはリパラオネ系民族の一つであり、現代に至るまで明確な民族性を示している集団である。これらは、ラネーメ王朝時代におけるヴァイフィストなどにおいて文化を形成しており、リパラオネ系民族の伝統に強い影響を与えている。早期から民族的概念を樹立していたが、市民革命期に形成されたリパラオネ人概念に強く同調的であるため、リパラオネ人と言われてもそれほど気分を害することはない。
 プライドが高く自己犠牲の精神を持ち、不正義を許さない気質を持っているが、一方でフィメノーウル信仰の全てに意思を持っていると考え、世界全体に対する慈悲を見出すという傾向もあるとされている。

言語

 ヴェフィス人は主にヴェフィス語を話すことが多い。大半のヴェフィス人はヴェフィス語に誇りを持っており、外国人から話しかけれられても、国際語である現代標準リパライン語で返すことは少ない。現代標準リパライン語を使うことに反感を抱くものは多いが、時代の流れとユエスレオネ連邦の強大な影響力によって考え方は変わりつつある。

信仰

 リパラオネ人の元来の信仰と言われるフィメノーウル信仰リパラオネ教を信仰するものが半々と言われている。信仰と生活はそれほど結びついているわけではなく、文化的影響力のほうが強いとされることもある。

家構造

 ヴェフィス人は本家とそこから派生した分家をまとめた単一の氏族を単一単位として、アレス王家か貴族家に仕えた。
 ケートニアーは武士として戦場に向かって貴族家を守護することに努めるヴェフィサイト集団を構成し、ネートニアーはお手伝いとして貴族家の家政婦を担うメイド組織であるメイェニエ集団を構成し、初老からは(貴族家の)フィメノーウル信仰を支えるタミア集団を構成した。
ヴェフィスの一家がアレスの一家に対応していることも珍しくなく、その関係が今まで続いている場合もある(レフィアリー)。

人物


関連リンク

最終更新:2024年01月19日 00:05