ウェルフィセル(理:werlficel)または、ウェールフープ学的四次元とはウェールフープによってのみ移動できる空間。3+1次元ミンコフスキー時空間やユークリッド計量空間における四次元とは異なる概念*1*2。悠里創作においては単に世界(理:unde)とも呼ばれ、あるウェルフィセルから見て別のウェルフィセルのことを異世界(理:waxunde)と呼ぶ*3
 なお、リパライン語の "werlficel" の発音は「ウェールフィセル」と転写するのがより正確だが、日本語文献では2018年から慣例的に「ウェルフィセル」と呼ばれている*4*5*6*7。本項では混乱を避けるためにこの表記を継承する。


概要

 ウェルフィセルはウェールフープによってのみ移動できる空間である。人間や物質はウェールフープを用いることによってウェルフィセルを移動することができ、悠里世界の歴史はファイクレオネを中心にウェルフィセル同士の繋がりによって複雑な展開を見せている。
 悠里創作において異世界とは、厳密に「あるウェルフィセルから見て別のウェルフィセル」のことである。

現存するウェルフィセル

 悠里創作においてウェルフィセルの追加や削除は創作世界に大きな影響を与えるために慎重に行わなければならないとされる。以下は総合創作サークル「悠里」が創作に関係するウェルフィセルの一覧である。

関連項目

最終更新:2024年03月20日 20:45