レクセウス


スクウェア・エニックスとディズニーのコラボゲーム『KINGDOM HEARTS』(以下『KH』)シリーズの登場人物。
初出は『チェイン オブ メモリーズ』。
声は無印『COM』では 神藤辰也 氏(スクエニのモーションディレクター)、以降の作品では 立木文彦 氏が担当している。

ハートレスに襲われた(あるいは何らかの要因で心を抜き取られた)人間の肉体が闇の世界で再構成された怪物「ノーバディ」であり、
元となった人の姿を保てる上級ノーバディにして、自身と同じ上級ノーバディ達で構成された「XIII機関」のNo.V。
外見は赤みがかった茶髪で碧眼の屈強な男性。
XIII機関メンバーの中でも屈指の武道派で、設定上はサイクスやザルディンと並びロクサスに次ぐ実力者として数えられる猛者だが、
粗暴な振る舞いをする人物ではなく、常に思慮深い言動を崩さない。
一方で、普段こそ寡黙で無口だが、戦闘時は一転して荒々しい雄たけびを上げながら、
巨大な戦斧のような大剣「アックスソード」を振るい攻め立ててくる。
そのパワーもさることながら「地」の力を持ち、大地や岩を操って攻撃したり重力で攻撃する能力も持つ。
また、闇のオーラで相手を吹き飛ばしたり自身を強化する技も使用する。

本体の人間は賢者アンセムの弟子の一人でもあるエレウスという青年。
研究を手伝う傍ら、親衛隊としてレイディアントガーデンの城門衛も務めていた。
人間時も寡黙な方だが、見ず知らずの他人であるヴェントゥスに危険な魔物が出現していることを教えて注意したするなど、根は善人である。

『COM』の劇中ではマールーシャがソラを傀儡にして下剋上を画策している事を察知して、
ヴィクセンゼクシオンと共に阻止するべく動いた。
ヴィクセンがソラの手により消滅したことから、いざという時の対抗策(兼捨て駒)として、
城に迷い込んだリクを手に入れるべく挑むが返り討ちに会った。

なお、無印とリメイクではその後の内容が大きく変化しており、
無印版ではキーブレードも持たず闇の力に頼っていないまま戦ったリクに真っ向から戦って敗れ、
消滅の間際に悪足掻きとばかりに闇の力を解放してリクを闇の中に呑み込み、彼の中の闇を覚醒させようとする顛末であった。
闇の力に頼らずともリクが十分強いのを証明する描写であったが、同時にレクセウスの機関メンバー上位の実力者という設定が台無しの醜態であった。
もちろん、マールーシャへの対抗のために生け捕り前提で戦っていたというのも敗因であろうが。
リメイク版である『Re:COM』ではやはり生け捕り前提で戦ったものの善戦するリクに手こずり、
トドメとばかりに飛びかかってきたリクを温存を断念した本気の攻撃で天井へ叩き飛ばし気絶させたものの、
その攻撃でリクが気絶した事で彼の心の中に潜んでいた闇の探求者アンセムが覚醒。
リクの身体を乗っ取ったアンセムに一瞬で斬り捨てられて致命傷を負い、
同時にリクの中に宿る闇の存在が自分達のリーダーであるゼムナスの片割れである事に気付き、
無謀な勝負を挑んだことを後悔しながら消滅するという顛末になっている。


MUGENにおけるレクセウス

Xatoku氏の製作したキャラが存在。
公開先だったサイトは閉鎖されているが、Mediafireのデータは健在であり現在もDL可能。
主なモーションは『COM』準拠となっているが、見た目に反して機動力はそれなりに高め。
超必殺技は床を砕く「ロックブレイク」。
AIは未搭載。

出場大会

  • 「[大会] [レクセウス]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2022年12月13日 15:55
添付ファイル