クリストファー・ベルモンド


『悪魔城ドラキュラ』シリーズの登場人物。
シモン・ベルモンドの時代より100年前にドラキュラ伯爵を封印したとされる伝説のヴァンパイアハンター。
第1作『悪魔城ドラキュラ』の公式ストーリーでは「英雄クリストファーが退治した魔王ドラキュラが復活し~」と名前だけが登場していたが、
その後発売されたゲームボーイソフト『ドラキュラ伝説』及び『ドラキュラ伝説II』、Wiiウェアでリメイクされた『ドラキュラ伝説Rebirth』で主人公を務めた。
発売順で言えば、シモンに続く二番目のベルモンドという事になる。
『I』の15年後が舞台の『ドラキュラ伝説II』では、成人(14歳)となった息子ソレイユがドラキュラによって操られてしまい、再び悪魔城に挑む事になる。

シモンの先祖という事は、もちろんラルフ・C・ベルモンドにとっては子孫という事になるのだが、
発売順の関係上『ドラキュラ伝説』のストーリーではラルフの名前は一切登場しない。
ちなみに発売日は『ドラキュラ伝説』は1989年10月27日、『悪魔城伝説』は同年12月22日発売とわずか2ヶ月差である。
当然ながら、ジュスト、リヒターユリウスらも彼の子孫となる。


原作中の性能

ステージ中に存在する蝋燭を破壊した際に出現する水晶玉を取得するとムチがパワーアップし、
第3段階になるとムチの先端からファイヤーボールを発射する事が出来るのが大きな特徴。
全く制約なしに繰り出せる遠距離攻撃として重宝する。
ベルモンド家の中でこの能力を持っている者は他におらず、クリストファーの大きな特徴として印象深い。

……が、初登場作の『ドラキュラ伝説』では、ハッキリ言ってしまうと全ベルモンド中最弱*1なのではないかという程に性能が低かった。
彼の他の特徴……というか弱い部分を挙げると、
  • 足が遅い。初代ゲームボーイの液晶性能のため仕方ない部分もあるが、とにかく遅い。
  • サブウェポンが無い。最初から最後まで先祖伝来のムチ一本で乗り切るしかない。しかも……(以下次項)
  • ムチの振りがちょっと遅い。致命的なほどの遅さではないが、どうしてもワンテンポ遅れる。
  • ムチが第3段階になるとファイヤーボールを発射出来るのは上で述べた通りだが、ダメージを受けたらパワーダウンする。二回殴られたら振り出し。
この人本当に英雄なのか……?
……と思うかもしれないが、逆に言えばこの能力でドラキュラを倒したのだから、そりゃもう英雄じゃない訳がないとも言える。

と、そんな感じで(おもに主人公の性能面で)異質な部分の多い作品ではあるが、質の高いグラフィックやBGM、独自のギミックなどもあり、
決して駄ゲー・クソゲーの類ではないという点だけは誤解しないでいただきたい。
……まぁ、その独自ギミックのほとんどが即死に直結しているのも確かなのだが。

続編の『ドラキュラ伝説II』では移動などの速度がかなり向上し、さらにクロス(十字架)と聖水をサブウェポンとして使用可能になるなど、
15年の歳月を経て衰えるどころか一層の技の冴えを見せた。元が弱すぎたんだけどな
ゲーム内容の方もかなりボリュームアップし、こちらは問題無く人に勧められる名作である。

ドラキュラ伝説Rebirthでのクリストファー

2009年10月27日に配信開始された。
Wiiポイントは1000円分と安い。気になる人は買ってみるといいだろう。


この作品ではクリストファーの性能がガラリと変わっている。変更点を挙げると、
  • ムチの三段階目が時間制になった。遠距離はファイアーボールに頼らず、サブウェポンを使う様になった。
  • サブウェポン増加。クロス、聖水以外にナイフ、斧、時計が追加された。
  • ロープ移動が無くなった主役になれなかった時期が長かったためか、ロープの昇り降りを忘れてしまったんだろうか。
  • が追加された。リヒターのようには使えない。
等、色々と変わった。normalモードとは他にclassicモードがある。
classicモードは、ジャンプ中軌道修正が出来なかったり、サブウェポンがクロス、聖水だけになる。

+ TAS動画におけるクリストファー
GBという制約が多いハードのため異様な高速移動方法が編み出されておらず、
バグを利用した驚異的突破方法も使われていないため、かなり地味な存在。
そのためにベルモンド家に残された数少ない良心として名が挙がっていた


そして、2017年7月にWii版のTASが作られた……。
+ あのまともなクリストファーが変態になるはずがあるまい…
……案の定変態だった!

Wii版のTAS(海外版)

バグによる超火力、異様な機動力や変態挙動、メモリの海の中を泳ぐショートカットなど歴代変態要素ではなく、
ステージ内の区切りとなる扉をくぐると同時に死ぬ事で敵も地形トラップも完全に無視する無敵状態で進めるという新技を繰り出してきた。
悪魔城のあらゆる妨害を全て無視して、無人の野を行くがごとく突き進む姿は紛うことなき変態。
ニコニコ大百科では悪魔城の世界観を如実に現した名曲「trezire de spirit」の歌詞になぞらえ、
「力尽きても魂がある限り戦い続ける変態」と命名された。あと「デンジャラスゾンビ」とも

かくして、これまで歴代最弱のベルモンドと言われ続けてきた彼が、一気に史上最強クラス*2にランクアップ。
数少ないベルモンド一族の常識人と言われた「あの」クリストファーが遥か未来の伯爵の転生体よろしく死にながらひたすら前に進む変態へと身を堕とし、
まともなベルモンドは脳筋のラルフ黒歴史にされたソニアTASが無いため影の薄いレオンだけになってしまった。
また、クリストファーのTASとほぼ同時刻にレオンが主役の『キャッスルヴァニア』のTASのパート1が公開されたため、
もし、レオンに変態挙動が発見されてしまった場合、ベルモンドの常識人はラルフしかいなくなってしまう。
そのラルフも『悪魔城伝説』の研究が進んでいる現状かなり怪しい。グラントのバグワープの共犯とも言えるし
……が、レオンTASはパート2で止まってしまっているため、今後の研究が待たれる状態にある。


MUGENにおけるクリストファー・ベルモンド

烈迅氏によるGB版『ドラキュラ伝説』『ドラキュラ伝説II』仕様が存在していたが、現在は入手不可。
GB版のドットが使われており、やっぱりというか何と言うか、移動はものすっごく遅い
操作体系はアクションゲーム風にボタンでジャンプする仕様で、一般的な格ゲーのようにレバー上ではジャンプしない。
しかもXボタンとYボタンでは何も起こらない。説明書に書いてある事なのだが、うっかり知らずに使うと戸惑う。
また、元々がアクションゲームのキャラという事もあってかガードが出来ない。
最大ゲージ数は1本で、ラウンド開始時に全快、試合中に徐々に自動回復する。
ゲージ0.1本消費のクロスとオノはほぼ無制限に撃ち放題である。

単独のキャラとしては、歩行が遅すぎるし、アクションゲームのキャラらしくガードが出来ないので一度攻め込まれると絶望的になってしまう。
しかし毎ラウンドゲージ全開で始まる仕様、ゲージ自動回復機能、1ゲージの時間停止、鞭とクロスの攻撃など、
タッグ戦の後衛キャラとしては相当働けると思われる。
最大ゲージ数が標準の3になっている相棒と組めば、「毎ラウンド試合開始と同時に時間停止、さらに2ゲージ残り、ゲージ自動回復付き」という事に。
AIは未搭載だが、改変、外部AIの製作は自由との事。

+ 技紹介
Bボタン。
確かにベルモンド家としては遅く感じるが、かなりのリーチがあり、鞭の部分に喰らい判定は無く、格ゲーでこの性能なら中々のもの。
鞭を振り上げた時に、背後への攻撃判定もある。
残念ながら、クリストファーの象徴と言える鞭からの弾は出ない。

  • ジャンプ
Aボタン。
歩行よりはちょっとだけ速いかな?と思える移動手段。ジャンプ鞭によって攻撃判定を出しながら移動出来るのが強み。
後方移動は格ゲー的な「相手の方を向いたまま後ずさりする」ではなく、
アクションゲーム的に「相手に背後を見せて移動する」というグラフィックだが、
後方ジャンプ鞭はきちんと相手のいる方向に攻撃してくれる。このへんは格ゲー的。
アクションゲーム原作では、ジャンプの着地間際に攻撃すると地上に降り立った時も地上攻撃に移行してくれたのだが、
MUGENでは普通の格ゲーのキャラ同様に着地モーションに移行し、攻撃判定は無くなる。

  • クロス
6+Cボタン。ゲージ0.1本消費。
多段ヒットするブーメラン。帰ってくる時もきちんと判定がある。
連射アイテムを持っているわけではないので、一つ投げていると次のは出ない。聖水やオノも同様。
鞭の先端を当てていく間合いをキープして戦いたいため、距離の関係上、最も多用する事になると思われる。

  • 聖水
2+Cボタン。ゲージ0.3本消費。
聖水が入った瓶を放物線状に投げ、着地したら多段ヒットする炎を噴き上げる。
当たれば大きいのだが、投げつける距離が短すぎて、鞭の先の方を当てていく間合いでは届いてくれない。

  • オノ
8+Cボタン。ゲージ0.1本消費。海外版で追加されたらしい。
放物線状に手斧を投擲する。上方向への唯一の攻撃手段。
無敵時間があるわけではないのだが、対空飛び道具なので本体が殴られてもとりあえず相打ちになり、距離を離せる。

  • 懐中時計
4+Cボタン。ゲージ1本(全部)消費。
4カウント時を止める。敵に攻め込まれた時の対抗策として有効。
この間に近付いてクロスや聖水で一気にラッシュを……と思ったら、何故かDIOのナイフのように投げ付けたサブウェポンまで停止する

出場大会

出演ストーリー



*1
後年、ジョナサン・モリスが歴代ベルモンド家のヴァンパイア・ハンター達を召喚する「グレイテスト5」という技を使うのだが、
レオン、ラルフ、シモン、ジュスト、リヒターが登場するのにクリストファーは除外されている
他に呼ばれていないベルモンド家のハンターは、居なかった事にされたソニア・ベルモンド、
ドラキュラに操られた事しか事跡が残っていないソレイユ・ベルモンド、
悪魔城シリーズ本編に出ていない(しかも最初は敵に捕まっている)シモン・ベルモンドIII世、
ジョナサンの時代よりも未来に生まれるユリウス・ベルモンドとココロ・ベルモンド……と、
それぞれ呼ばれない理由は何となく分かるのだがクリストファーは偉大では無いとでも言うのか
シモンの時代では伝説の英雄扱いだったのに……。
あとドラキュラ倒してないジュストが入ってるのに。功績を考えれば明らかにクリストファーの方が格上のはず……。
また、歴代の英雄達を魔導書に記された記述をもとに召喚する『Grimoire of Souls』でも、またしてもクリストファーは呼ばれなかった。
次代のシモン、先代のラルフはとても良い扱いをしてもらえたのに……。
後世で操られたソレイユ以上にやらかしたリヒターをヴァンパイアキラーに込められたサラの魂が拒絶したあたり、
ソレイユの失態と自分の不覚をクリストファーの功績・記憶を代償に帳消しにしたのだろうか。

後年TAS動画の研究によって実は史上最強の一角だった事が判明したが、流石にこれはノーカンなのであろう。

*2
同点一位は『月下の夜想曲』冒頭の回想シーンでマリアの力で無敵化したリヒター
これも誰も倒せない。タイムオーバーによる死すら無い。伯爵は完全に詰む。
……が、これはリヒターがドラキュラに敗れた所をマリアが復活・無敵化させたという展開の状態であるため、
偉いのはリヒターではなくマリアである。それどころかリヒターは実力では負けてたという話になってしまう……。


最終更新:2022年08月18日 14:15
添付ファイル