魔法使い族

魔法使い族はなかなかのステータスと強力な効果を併せ持つため爆発力が高い。
しかし他種族のサポートモンスターが多い割に魔法使い族自身でまとめるメリットがやや薄く、装備も属性で割れてしまうという欠点を持つ。

デッキリーダー能力

  • レベル5以上:味方同族強化(500) 敵特定種族弱化(悪魔500) 支援範囲拡大
  • レベル2:味方同族強化(200) 敵特定種族弱化(悪魔200) 支援範囲拡大 地形変更(闇)
エースのスカルビショップがあのブルーアイズを超えるには、同族強化500が必要。ちなみに悪魔族DLの対。
歩くだけで厄介なウィルスを破壊できる地形変更も悪くないとはいえ、やや分が悪い。

主な強化カード

  • ホーリー・エルフ:光属性全体800。活動。自身が魔法使い族。
  • 黒いペンダント:闇属性の魔法使い族単体500。
  • 秘術の書:闇属性以外の魔法使い族単体500。
  • 電撃鞭:女性単体500。中堅のアタッカーに対応。
  • サイバー・ボンテージ:同上。
  • 悪魔のくちづけ:同上。悪魔族にも対応。
  • エルフの光:「エルフ」単体700。上昇値が高くピンでも投入する価値はある。
  • 闇:フィールドカード。

スタンダード

前述のとおり全体的な纏まりに欠ける面があるため単体の能力の高さで安定を狙っていく形が基本形か。
呪縛を利用して召喚パワーを稼ぎ、直接攻撃よりステータスの低いモンスターを殴ってのダメージを狙う。
他のカードのDCをなるべく抑えて大味なスペルを扱うのも一興。状況に応じて戦闘スタイルを変えていく必要がある。

聖なる魔術師
主に闇の訪れを使い回す。ホーリー・エルフにも言えるが魔法使いより光属性向きである。

サターナ
安定した優秀な足止め要員。ただし融合に使えるわけでもないので拘る必要が無い。

スカルビショップ
同族強化での最大数値3150は実質通常召喚モンスターでは最大となる。切り札。入手は転生かフィーバーに限られる。

暗黒の眠りを誘うルシファー
レベル、DC共に高いが効果は強力。闇の訪れで使いまわしたい。

厳格な老魔術師
ホーリー・エルフで強化できる「闇をかき消す光」。

太古の壺
呪縛カウントを止める。魔法使い族は呪縛効果が多く、特に暗黒の眠りを誘うルシファーと併せるとエグい。


一角獣のホーン
強化が乏しいのでスカルビショップピンポイントでも採用を検討したい。

闇の訪れ
なにかと活動効果の多い魔法使いとの相性は高く、腐りにくいのでできるだけ投入。

魔法を打ち消す結界
ホーリー・エルフとはアンシナジーだがメインではないので素のステータスで戦える分、意外と強力。

人魚の涙
強化が足りない分は弱化と呪縛で。

ブラック・マジシャン

闇属性で固める事により強化しやすくなった魔法使い。しかしその分下級アタッカーに恩恵が回らない点に注意したい。
後半から畳み掛けるタイプなのである程度の出し惜しみは必要。ヘルゲート・ディーグ等を使い一気にブラック・マジシャンを捨てるのも手か。
上級六枚が必須で必然的にDCがはね上がるため、低コスト効果モンスターや融合、儀式での調整は意識しよう。

ブラック・マジシャン
能力はスカルビショップに劣るが、ガールの強化に一役買ってくれる。

ブラック・マジシャン・ガール
素の能力はブラック・マジシャンに劣るが効果により非常に強くなれる。入手が難しいのが難点だが入手条件が明確なので頑張れ。

ダーク・エルフ
無理に入れる必要は無いがコスモクイーン狙いで入れるのも面白い。

コピックス
魔法使い族の苦手な草原を得意とし、高い攻撃力を得られるコピーモンスター。強化カードが多い分スタンダードより扱いやすい。

悟りの老樹
展開力が高くなく単体強化中心なので罠対策は重宝する。コスモクイーンの素材となる紅葉の女王の融合素材。

魔法解除
DC1で節約に使える。しびれ薬やフォースの対策になる強力なカードだがブラック・マジシャン・ガールと噛み合うかは状況による。

コスモクイーンの祈り
黒いペンダントや女性強化を共有でき、また闇の訪れとの相性もいい「コスモクイーン」の降臨に必要。
剣の女王とアルラウネを投入しておけばそこそこ狙える。地形変更効果込みで戦力としては十分で、DCの節約にも役立つ。

仮面の契約
縛りが緩くDC節約になる「闇と光の仮面」の儀式。素材の闇の仮面は割と便利で負担にはなりにくい。しかし別段強くもない。

カオス-黒魔術の儀式
上昇値300で効果なしと悲惨だが、強化カード以上のDC節約。構築にも響かないし格好いいから入れてみる?

エルフ

エルフの光や秘術の書をフル投入するための専用構築。融合パターンが複数存在する。
レベル4にステータスの高い女性モンスターが揃っており、かなりの高火力を出せる割にはコストが軽い。
単体重視でモッサリした魔法使い族では珍しい、比較的回転率の高いコンボデッキである。

ヂェミナイ・エルフ
攻撃力1900でDC27とコストパフォーマンスが高い主力。DL能力とエルフの光で強化すれば3000を上回る。

ダーク・エルフ
攻撃力2000。少しだけDCが高く闇属性なので採用は見送って、エルフ+闇魔法使いの融合だけでいいかもしれない。

ホーリー・エルフ
効果で自身を強化できる。同名を並べるほど相乗効果を得られるため三枚積みか。エルフ+天使族の融合体。

エンシェント・エルフ
他と比べて貧弱だがホーリー・エルフで強化が見込める。また、1450はウィルス地形上で最大の攻撃力。

ダンシング・エルフ
エルフかつ天使族。DC5。無理やり強化して使えないこともないが、闇地形を苦手とする。

ウィング・エッグ・エルフ
同上。DC18。サクサク融合していこう。

魔法のランプ
ダーク・エルフの素材の中でもDCが軽く、ダブってもランプの魔人にはなる。

マハー・ヴァイロ
強化カードの効果がさらに+200アップする。サポートだけでなく、自身も光属性なのでガンガン強くなる。

右手に盾を左手に剣を
ホーリー・エルフの攻撃力をなんと1200アップ。他のモンスターとの相性は悪いが相手のデーモンなどにも有効。

死者蘇生
下級中心なおかげで積める高DCの強力スペル。ホーリー・エルフをブン回す。

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2013年01月23日 08:42