天使族

融合パターンが扱いやすく、光属性や女性に属するモンスターが多いので低コストでも高攻撃力を並べやすい。
また相手モンスターの強化をリセットするハッピーラヴァーや北風と太陽を強化すると手が付けられなくなる。
スペルは「山」と強化魔法以外はそんなに気にしなくて良いだろう。単体では弱いがこれだけ強化が充実しているので罠は不要と思われる。

デッキリーダー能力

  • レベル5以上:味方同族強化(500) 敵特定種族抹殺(悪魔) 敵特定種族呪縛(アンデット) 味方同族抗魔 支援範囲拡大
  • レベル2:味方同族強化(200) 敵特定種族抹殺(悪魔) 敵特定種族呪縛(アンデット) 味方同族抗魔 支援範囲拡大 LP回復 直接ダメージ半減
レベル2以下なら能力7種類で全種族中最多。2種族しか習得できない同族抗魔をはじめ、数だけでなく質も高い能力が揃っている。
ぜひ全部使ってあげたいところだが、抗魔を生かすならレベル5以上で同族強化を底上げした方が良いかもしれない。
…ちなみにこのデッキでダークネスルーラーと戦うと君の前には這いつくばった悪魔たちを踏みにじる天使の軍団が現れることであろう。ご愁傷様である。

主な強化カード

  • ホーリー・エルフ:光属性全体800。活動。
  • スーパースター:光属性全体300。活動。
  • シャイン・キャッスル:光属性単体500。
  • 銀の弓矢:種族単体500。
  • 天使のトランペット:種族全体600。ホーリー・エルフよりやや優先度は低い。
  • 山:フィールドカード。

ヴァルキリー融合特化

女性+天使で作れるお手軽融合モンスターを主軸としたデッキ。レベル1の融合素材が多いためDCをかなり抑えられる。
素のサイズは弱いがサポートが厚く意外と攻撃的。単体強化ですばやく回すか全体強化でガッツリ固めるかでプレイスタイルが結構変わる。
また女性、天使族と双方に対応したモンスターが存在するためか、毎ターン融合出来るほどデッキの回転率がすごぶる良い。

キーメイス
ヴァルキリーを作る融合素材。効果はあまり使わなくてよいが、一部のカードには有効。

ダンシング・エルフ
エルフで女性な天使族。複数の融合パターンを持つが基本的にはホーリー・エルフになる。DC5。

北風と太陽
ヴァルキリーの融合素材だが、強化出来ればヴァルキリー以上の強さを誇るためこっそり入れるのも面白い。

聖なる魔術師
魔法や罠カードを再利用できるためかなり便利。序盤で複数引いてもヴァルキリーの融合に使えるため腐りにくい。

薄幸の美少女
女性の中ではダンシング・エルフに次ぐ低コストで偵察に使える程度の効果持ち。ただし魔法使い族。

悪魔のくちづけ 電撃鞭 サイバー・ボンテージ
ヴァルキリーはとにかく強化カードが豊富なため強化カードは好きなのを選ぼう。

闇をかき消す光
効果モンスターや呪縛で手詰まりしてしまわないように。

闇の訪れ
ホーリー・エルフ、聖なる魔術師とのコンボ用。安定性と回転率が犠牲になる代わり爆発力を得られる。

王宮のお触れ
厄介な罠カードを防ぐためのカード。デッキ内の総DCが低いのでコストの高さを気にせずに投入出来る。

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2013年03月15日 02:46