エンジェルナイト・パーシアス

光属性の融合モンスターが作りやすい天使族中心のデッキ。
全体的に小粒なモンスターが多いが、融合素材として便利なカードが多く融合がしやすいのが特徴。
最初の名前を、「ダイスキ」、「しんご」、「つよし」、「やぐち」の内、どれかにすると選択可能。

026 プチリュウ
026 プチリュウ
033 フェアリー・ドラゴン
050 月明かりの乙女
088 炎を操る者
133 月の使者
133 月の使者
172 ジャジメント・ザ・ハンド
184 王座の守護者
185 伝説の剣豪マサキ
185 伝説の剣豪マサキ
207 アイルの小剣士
232 シルバー・フォング
244 マスター・アン・エキスパート
244 マスター・アン・エキスパート
275 セイント・バード
277 マブラス
278 ドレイク
283 クジャック
370 戦いの神 オリオン
370 戦いの神 オリオン
373 ハーブの精
373 ハーブの精
374 キーメイス
378 月の女神 エルザェム
383 スーパースター
391 誕生の天使
392 エンジェルナイト・パーシアス(DL)
393 死の沈黙の天使 ドマ
463 ホワイト・ドルフィン
542 ララ・ライウーン
543 サンダー・キッズ
559 アンモ・ナイト
559 アンモ・ナイト
657 レインボー・フラワー
661 グリグル
691 山
735 天使のトランペット
763 銀の弓矢
781 シャイン・キャッスル
804 人魚の涙

狙える主力融合モンスター

ヴァルキリー(攻撃力1800)
王座の守護者、月明かりの乙女などの女性モンスター + キーメイス、誕生の天使などの天使族

ジャッジ・マン(攻撃力2200)
ジャジメント・ザ・ハンド + 月の使者、伝説の剣豪マサキなどのレベル3以上の戦士族

紅陽鳥(攻撃力2300)
マブラス + クジャックなど鳥獣族

デッキ解説

天使族を中心とした数多くの融合を駆使して戦っていくデッキ。
天使族のサポートカードが目白押しなため、簡単に作れるヴァルキリーを量産してがっつり強化するのが基本戦術か。
フィールド魔法、罠も入っているため全体的な攻撃力の低さはそれほど気にならないだろう。
ヴァルキリー以外の融合も数多く作れるため色々な融合を試したい人にオススメ。


デッキ強化

女性モンスターとその融合素材の数々が初期から入っているため女性軸を目指すのも面白いが、
ここでは天使族一本に絞って強化していく方針を述べることとする。
とは言え天使族の上級がそれほど強くないため女性モンスターであるヴァルキリーを作るデッキに目指したほうが無難だ。
強化カードの多さもヴァルキリーのメリット。よほどのことがない限りは彼女を強化して殴るデッキがいいだろう。


赤薔薇編

天使族関係のカードが一切手に入らないため強化するには厳しいルート。
後半戦に備えてヴァルキリー対応の強化カードである悪魔のくちづけ、シャインキャッスルは是非ほしいところ。
強化カードは足りない場合は罠を使って相手の弱体化を狙おう。
もちろん転生やデッキマスターKで主力カードを増やすのを忘れずに。


白薔薇編

最初からいるアンズと戦うだけなので楽に強化出来るはずだ。
主力カードあり、強化カードありと一通り揃っているため補強するにはもってこいの相手。
使えそうなカードが手に入った場合、すぐに天使族以外のカードと入れ替えてしまおう。
ここでスーパースター、ダンシング・エルフを複数入手しておくと今後はかなり楽に。
特に後者は融合でホーリーエルフが作れる素材だが、アンズのDLなので入手が楽でDCが5とかなり便利。
ホーリーエルフは天使族を強化でき、天使族が苦手な闇で強くなるのも大きい点だろう。
ホーリーエルフそのものはアンズがたまに融合して出してくるときがあるためこちらを狙うのもアリ。
強化カードが足りない場合はマーガレッドから入手しておけば問題ないだろう。
ただし一通り揃えてしまうと後はデッキを弄らずともゲームクリアまで進めてしまうほどの強さを誇る。
サクサククリアしたい場合ならいいが、歯ごたえを残したいならばほどほどで切り上げよう。

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2014年05月16日 22:15